山と自然の贈り物の記録
30年 藍の生葉染めⅡ





藍の生葉染めが素敵に仕上がり、いろいろ試したくなりました



・生地コーナーで数種類の絹のストールを購入して、染め上げてみます。
IMG_9199.jpg



・最初に生葉の染色液につけ、軽く絞ったものを空気にさらして酸化させ、中性洗剤で水洗いをすると鮮やかになります。
IMG_9214.jpg



・網戸にピタッと張り付いて、一部始終を見ていたようなアゲハチョウ。
IMG_9194.jpg


・期待したとおり、素敵なターコイズブルーのストールに仕上がりました。
IMG_9219.jpg IMG_9232.jpg
IMG_9226.jpg IMG_9225.jpg



・「叩き染め」を思い出し、いったん染めたものに生葉を載せて叩いたものがこれ。
IMG_9224.jpg



今度は、白地のままのハンカチに「生葉の叩き染め」をしてみたいし、
手間がかかるけれども、 「絞り染め」 にも期待が膨らんでしまいます。





スポンサーサイト
Posted by tomo
comment:0   trackback:0
[日常
30年 梅雨明けが早いと…




ぐずつき気味な夏山シーズンの記憶。早い梅雨明けが心配!



・「梅雨が明けた模様」と言われたものの、各山のお天気は不安定そう。晴れ間を縫って、梅干し作りに初挑戦しました。
DSCN6598.jpg



・池にはシオカラトンボ(♂)がやってきて、ムギワラトンボ(♀)を追っているのか、産卵しているのか?
RSCN6578.jpg

DSCN6575.jpg



・盛りを迎えたラベンダーには、ハチがやってきたりチョウがやってきたり、大忙しの様子です。
DSCN6555.jpg

RSCN6559.jpg



DSCN6438.jpg DSCN6439.jpg



夏到来となれば、春野菜の収穫を終えなければ…。



・ミックスレタスが収穫でき、ズッキーニも巨大に。大根や人参の育ち具合を見ながら、ジャガイモも試し掘り。
DSCN6464.jpg DSCN6465.jpg


・絶好の晴れ間に収穫。左のタマネギ。どうした訳か育ちが不揃い、右のキタアカリは美味しすぎるのか、虫に食べられています。
DSCN6589.jpg DSCN6588.jpg



例年この時期のダイコンは、モンシロチョウの青虫に葉をボロボロにされて
しまうのに、今年は青々としていました。ニンジンも赤ダイコンもそこそこに
育ち、お野菜用の冷蔵庫がパンパン。しばらくは、夏採り用のナス、オクラ
キュウリの収穫。 スイカ、枝豆、トウモロコシが熟すのを楽しみに待ちます。





Posted by tomo
comment:0   trackback:0
[我が家の自然
お庭カフェが進化中!




お庭カフェを「木漏れ日カフェ」と命名。毎日まったりし過ぎます。



・夫が一人で走り回っています。カフェの左手にある岩に続く道は、きっと枯山水。それなら水を流そうと、頑張りました。
DSCN6581.jpg



・源流にそびえる岩山。登山ルートを表示して、登山者も配置しようと言っていますが、ひとまず山頂にホテルを建てました。
DSCN6549.jpg RSCN6550.jpg



・最初は一坪くらいのカフェテラスでしたが、少しずつ増築していって、二坪を超えるくらいに広がりました。
DSCN6584.jpg



・カフェの周りには自然も豊かです。トラノオが咲き、クワガタ、カナブン、アゲハ、ハグロトンボなどが訪ねてきます。
DSCN6557.jpg


DSCN6569.jpg


DSCN6570.jpg DSCN6572.jpg

IMG_9149.jpg


DSCN6596.jpg


RSCN6576.jpg



・カツラの木を見上げて見つけた卵。葉っぱを手にすると、てんとう虫のようでも?調べてみると招かざる客、カメムシでした。
RSCN6605.jpg




「林の中でお茶が飲めたら良いのになぁ!」と言い続け、願い続けて
いて、やっと簡単なものが出来上がったと思っていたら…。しだいに
夫もハマってしまいました。巣箱もつけ、新しい住人を誘っています。






Posted by tomo
comment:0   trackback:0
[我が家の自然
ぐんま県境稜線トレイル





谷川岳から白根山までの100㎞ロングトレイルはどこに?



2年くらい前に、白毛門をスタートに、草津白根山あたりまでの、群馬と
新潟、長野県境に100㎞ものロングトレイルを拓く、と言う新聞報道が
ありました。夫はロングトレイルが好きですし、私も興味を持っていたの
に、昨年はなんの報道もありませんでした。「アドバルーンは上げたけど
諦めたか!」と言いながら検索してみる夫。常識的に考えて「上信越
トレイル」と思っていましたが、なんと群馬県だけの施策だったようです。



・なにかの弾みに、夫が群馬県のHPにアクセスすると、県境トレイルの文字。これだったのかぁ~
群馬トレイル⑥


群馬トレイル②



・我が家では「上信越トレイル」と思いこんでいたので「信越トレイル」にしかアクセスできませんでした。
群馬トレイル⑤



・そして8月11日。「ぐんま県境稜線トレイル」と言う難解な名のトレイルコースが開通するそうです。
群馬トレイル⑦

群馬トレイル①



・た、たしかに信越は入っていないコースガイド。ロングトレイルには興味津々ですが、寂しい気もします。
群馬トレイル④




登山者の私達には、県境なんて関係ありません。北アでも南アでも県境などと
言う名称はでてきません。このロングトレイルも、道が開通すると言うだけでは、
今までと大差はありません。山小屋は無理にしても、避難小屋の新設や、既存
の避難小屋の再整備とか、水場の確保とか、もう少し工夫をして欲しいですね。





Posted by tomo
comment:0   trackback:0
[日常
30年 二男のライブにお付き合い





6月29日。二男のライブで、渋谷の雑踏にもまれてきました。



・センター街のネオンは、繁華街と言うより煩雑街になりつつあります。
IMG_9150.jpg



・ライブに興味のない夫は、すでにお疲れ気味。東急ハンズとモンベルで時間を調整して、新曲の出来栄えに期待します。
IMG_9151.jpg IMG_9154.jpg
IMG_9156.jpg IMG_9155.jpg



・めずらしく、今日はタイムテーブル通りに終わりました。
IMG_9158.jpg



いつもは、9時半終了のはずが10時になってしまったり、延び延びに
なってしまうのですが…。海外の方にも人気の、スクランブル交差点も
淡々としています。いつもの雑踏感がありません。きっと前日のサッカー
のお陰でしょう。ハナキンなのに、整然とした人の流れは、寂しい気も。




Posted by tomo
comment:0   trackback:0
[日常
| HOME | next