山と自然の贈り物の記録
30年 クリスマスローズが咲き始めました





一日が長くなり、寒波も緩み、お花が開き始めました



・春の日差しを感じてか、庭先のクリスマスローズが、少しずつ咲き始めました。
DSCN5438_20180211101245758.jpg

DSCN5440_20180211101245f19.jpg

DSCN5439_2018021110124448e.jpg



・お部屋の中でも…。例年、数個しかお花を付けなかったデンドロビュームが賑やかに!
DSCN5430_20180211101243b02.jpg

DSCN5434_20180211101243111.jpg



春の日差しと言っても、今日一日だけのようで、明日は一転して寒波が
戻り、日本海側には雪が降るそうです。今まで、どこもかしこも大雪に見
舞われていたのかなと思っていたら、妙高のBCスキーの記事を見てい
た夫が「例年より雪が少ないんだって…」と驚いています。そういえば、
富士山も少ないらしい。 雪害は気の毒ですが、少なくても困ります…。








スポンサーサイト
Posted by tomo
comment:0   trackback:0
[我が家の自然
30年 確かに厳冬です





:厳冬の佐渡市で大規模断水、東京でも水道管破裂のニュース



・8日。体調も回復してきたので庭を散策していると、池の浄化槽から水が…。「破裂」を他人事に見ていた報いかも。
DSCN5422.jpg DSCN5424.jpg


・「初めてだね」と夫に告げると、転がっている青いのも破裂だ!と不機嫌。浄化槽の水を抜いておけばなぁ!と悔やんでいました。DSCN5408.jpg DSCN5419.jpg




そういえば、前回もそうでした。鉄の塊みたいな鋳物の排水弁なのに、
氷に負けてしまうとは思いもよりませんでした。取り替えてから数年。
以前のは欠陥品か、劣化で脆くなっていたと思っていたのに、交換して
から僅か数年。厳冬の威力を、まざまざと見せつけられてしまいました。






Posted by tomo
comment:0   trackback:0
[日常
30年 立春・焼き畑・芝焼き




私はインフルが癒えず、夫一人が畑と庭を焼いています



・原野状態だったカボチャの畑。立春となり、寒起こしのために、枯れ草で焼き畑です。
類焼が心配ですが、風下から風上へ上手にコントロールするとこんなです、と自慢げな夫
IMG_0067.jpg



・一日おいた6日。庭はまだ乾いていないなぁ!とヤル気が無かったのに、緩やかな風に俄かに芝焼きを始めました。
IMG_0070.jpg IMG_0072.jpg



・短てく燃えにくそうだったのに、意外にも勢いよく燃えコンガリと。
IMG_0075.jpg




我が家の恒例行事の焼き畑と芝焼き。いつもは夫婦での仕事なの
ですが、一人で奮闘した夫。畑と庭の両方を仕上げ、疲れています。
歳ですね!と茶化すと、「庭は兎も角、畑は疲れた!野焼きで火事
を起こしちゃいけないから、神経が疲れる」。やっと春が来そうです。






Posted by tomo
comment:0   trackback:0
[我が家の自然
30年 スノードロップが咲きました





軽いインフルだと高を括っていたら、長引いています



咳は出るけれど熱が少しだけだったので、ワクチンのお陰かなと
思っていたら間違いでした。なかなか治らないのでネットをみると
B型とはそんなもののようです。症状が軽いからと油断したせい
か、なかなか調子が戻りません。インフルB型にお気をつけて!



2日。寝ている場合じゃないよ!とばかりに、夫がスノードロップのお花の写真をチラつかせます。
DSCN5407.jpg


・雪景色は大好きなんですけど、胸がむかついて気分がイマイチです。夫は一人喜び、写真を撮っては…
DSCN5403.jpg DSCN5405.jpg



・慰めのつもりか庭を一回りして、ロウバイの写真も。フキノトウも出ているけど、まだ硬い蕾だとか…
DSCN5401.jpg




ひとまず、ブログ名のお花の開花だけアップして、またお布団に入ります。
ご訪問いただいている皆様も、節分で邪気を払い風邪など退散されますよう






Posted by tomo
comment:2   trackback:0
[自然
30年 勝田全国゜マラソン




夫が三年ぶりに、勝田全国マラソンに復帰しました!




勝田②



2005年、55歳のときに初めてフルマラソンに参加。、毎年走り続けていたのに
14年に風邪でキャンセル。15年には走ったものの、直後の健康診断で心臓病
との診断。柴又100Kウルトラマラソンなども走り、健康そのものだったのに…
とキツネにつままれたようでした。三回の手術と、少しずつ山や走りでリハビリ
を進めて、昨年6月には柴又60Kも完走し、久しぶりに勝田に戻ってきました。



・私が陣取るのは22㎞手前の曲がり角。寒さをものともしないランナーが、次々と走り去っていきます。
IMG_7849.jpg IMG_7850.jpg


・友人のHさんは自己記録更新狙いと、アッと言う間に通過していき、トイレと補給を済ませた夫もレースに戻っていきます。
IMG_7854.jpg IMG_7855.jpg



・夫の結果は…。もともとネットで23分がベストでしたから、30分も切ることが出来なかったことにガックリです。
お友達のHさん。記録狙いと言っていた通り、ネットタイムで3時間44分。余裕でサブ4を達成する快走でした。
DSCN5392.jpg
DSCN5391.jpg


・13年のタイム。この位が平均だったようです。14年は風邪(インフル)でキャンセルでした。
勝田2


・夫が満足そうにゴールしたのに、こんなに遅くなったのかと驚いていた15年のタイム。
勝田1



以下は夫自身の評価と反省の弁です

勝田3


20㎞まではほぼ予定通りの走りが出来ていたのに、妻の私設エイドでの
トイレが失敗のもとだったと思う。空いていたと言うのに、急に行列ができた
らしく、トイレと補給で5㎞のラップを5分以上落としてしまった。休み過ぎた
反動なのか、それからの走りのペースが上がらない。加えて、降り出した雪
も影響したかもしれない。 ふくらはぎも、ハムストリングスも硬直してきた。
救いはBよりCのタイムが上回ったこと。Cは交通規制が解除されて信号待
もあったのに、すこ~しだけ最後の意地を見せられようで、すなおに嬉しい。


明けて翌日。私はインフル、夜にはまたもや雪が…


DSCN5393_20180130110955891.jpg



27日から少し咳が出ていたのですが、軽い風邪だとばかり思っていました。
熱がなく体調も悪くはなかったのですが、29日になって咳がひどくなってき
たので念のために病院に行くと「残念でした~インフルB型です」との診断
をいただきまして、昨日お世話した夫に、これから一週間お世話になります。



Posted by tomo
comment:2   trackback:0
[マラソン
| HOME | next