山と自然の贈り物の記録
29年初秋の燧ケ岳

003_top1sdgsdg.gif




紅葉にはすこし早いけど、足慣らしもしないと…と燧ケ岳に


・9日の方が天気が良さそうなのに、山小屋の予約が取れないため、日・月で。なんとか晴れはもちそうです。
燧岳天気② 燧岳天気③



7月の焼石岳長靴登山から、もう2か月。登山靴と勝手が違うのに
無理をしてしまったのか、腰を痛めてしまっていました。そのあとは
記録的な長雨で意気消沈。紅葉シーズンも間近になり、私の登山
モードにスイッチを入れようと、尾瀬散策の誘いがあったのです…


 一日目は、朝に自宅を出て御池ロッジから燧ケ岳往復                                    

・温泉小屋にお泊りしたかったのですが、閑散期で休業中。9時過ぎに御池に到着し、燧ケ岳を往復してロッジでノンビリです。
DSCN4623.jpg DSCN4624.jpg


・紅葉にはまだまだですが、御池の駐車場は満車に近かった。色づいた実や、咲き残りのお花がありそうです。
DSCN4625.jpg DSCN4627.jpg
DSCN4628.jpg DSCN4632.jpg
DSCN4634.jpg DSCN4636.jpg



・快晴の予報に反して、雲が広がったり、陽が照ったりです。お陰で涼しくていいや、と言う夫ですが私は汗が流れます。
DSCN4641.jpg



IMG_6413.jpg



DSCN4642.jpg


DSCN4646.jpg



・夫は昨年も登っていて、花がある筈だと言ってましたが、様子が合いません。あとで調べてみると、昨年は7月でしたから…。
RSCN4697.jpg DSCN4652.jpg
DSCN4653.jpg DSCN4657.jpg
DSCN4682.jpg DSCN4658.jpg
DSCN4661.jpg DSCN4668.jpg

DSCN4666.jpg

DSCN4678.jpg DSCN4669.jpg



・「広沢田代」はあんなに緑なのに、ここ「熊沢田代」はもう秋色。草モミジも始まっています。
DSCN4671.jpg

DSCN4672.jpg

DSCN4677.jpg



・BCスキーの時に、縦じま模様の残雪に見えたのは、山頂からの沢筋。ここには大急ぎで咲くお花が見られます。
DSCN4680.jpg DSCN4681.jpg

DSCN4686.jpg

RSCN4698.jpg DSCN4687.jpg



・御池から登ってきたのは私達が最後ですが、沼からは次々と上がってきて、にぎわい続ける山頂です。
DSCN4696.jpg

DSCN4689.jpg



IMG_6430.jpg



・チングルマに見送られて下山します。
IMG_6431.jpg



・3時前には御池ロッジに帰り着いて、さっそくお風呂に。左が夕食で右が朝食。簡素ですが私達にはお気に入りです。
IMG_6436.jpg IMG_6437.jpg




 二日目は、燧の湯で朝風呂、道の駅桧枝岐、昭和村のからむし織へ               

・夫が係員と話し込んでいます。私達が知っていたのは、建て替えられる前の古~いもの。駐車場には「新燧の湯」とあります。
IMG_6448.jpg IMG_6446.jpg
IMG_6444.jpg IMG_6438.jpg



次に立ち寄ったのが、OPENしたばかりの道の駅ですが、案内所ができ、駐車場も
整備されたくらいで、ちょっと残念。せっかくですから、もう少し何かが欲しかったなぁ!


・その後向かったのが、たびたびテレビなどで紹介されている、「からむし織の里」。昔は
時間が無くて機織り体験ができなかったので、時間のある今日は、と思っていたのです
が、そんな場所はありませんでした。昔の記憶で期待していたのですが残念…………。
IMG_6457.jpg

IMG_6453.jpg

IMG_6452.jpg

IMG_6454.jpg



今日は、いつになくお付き合いが良い夫です。帰り道では塩原温泉郷の一つ「新湯」
の白濁の湯につかり、「ついでだから、那須アウトレットでも」と言ってみると、すんなり
向かってくれました。どんな店があるのか、覗くだけのつもりでしたが、スポーツウェア
のお店が沢山あって、ついつい買い物も…。お陰様でスイッチはしっかり入りましたよ。







hdfhdhd003_top2.gif
スポンサーサイト
Posted by tomo
comment:0   trackback:0
[福島の山
29年晩夏の飯豊山

003_top1sdgsdg.gif




快晴の予報どおりではないけど、ほどほどに青空が広がって、草履塚の9時ころまでは本山がクッキリでしたが…
DSCN4577.jpg


3日、大日杉小屋に向かうと、少しの冬型のせいかにわか雨。4日、高気圧が分かれた影響か、雲に追いかけられました。
天気① 天気③



台風一過で、全国的な晴れ予報。山にはいきたいけど、心の準備が…
などとボヤキの夫。重い腰を上げ、一人でやっと出かけたレポートです。



無雪期は初めての飯豊本山。日帰りで山頂を目指します


・40年も前の二度のBCスキーは川入から。今回は大日杉小屋から地蔵岳~本山~あわよくば地蔵山へとグルっと回れるか?
ルート②



3日夕方、小雨の中を大日杉小屋に着いた。夕方なのに15台くらい駐車中。と言うことは山小屋に泊まっているということか。
DSCN4513.jpg DSCN4514.jpg



明日に備えて登山口を確かめたり、大日杉小屋の水道やトイレの位置を
確認しているところに、大きなワンボックスが1台。私と同年くらいの女性
一人。車で暮らしながら、百名山を目指しているとのことです。呆れている
と、もう一台到着。こちらは山口からのご夫婦で、こちらも百名山ハンター。
この後に、大朝日岳にも行くそうです。話についていけそうにありません。



・今日は地蔵岳~切合小屋~本山往復~地蔵山の周回予定だが、疲れたら地蔵岳から降りよう。コースタイムで約17時間位。
およそ12時間あれば…午後3時ころに帰るには、3時には出発したい。なのに良く寝てしまい、4時15分過ぎになってしまった。
DSCN4516.jpg DSCN4517.jpg


・4時半には明るくなると思っていたのは間違いで、ライト頼りの登りで、船酔い状態。吐き気を抑えるよう、ゆっくり一歩一歩。
やはり今日の足跡だった。地蔵岳を過ぎると、前の方からクマ除けの鈴の音がする。昨夕の、ワゴン車で百名山の方でした。
DSCN4518.jpg DSCN4519.jpg



・「御坪って、なんか由緒ありそうな名前だな」と思っていたら、花いっぱいの坪庭みたいなのが数か所。これが所以かなぁ!
RSCN4617.jpg

DSCN4525.jpg

DSCN4528.jpg DSCN4521.jpg
DSCN4527.jpg DSCN4530.jpg



・間もなく「穴堰」の道標。県指定の文化財とあるけどパス。切合小屋へは小沢を二本横切ります。
DSCN4604.jpg

DSCN4535.jpg


・雪が消えたばかりの沢沿いには、花がいっぱい。あと一か月もしないうちに冬が来てしまうとと言うのに、頑張ってるねぇ!
DSCN4551.jpg

DSCN4546.jpg

DSCN4540.jpg DSCN4542.jpg
DSCN4543.jpg DSCN4547.jpg
DSCN4554.jpg DSCN4557.jpg



・切合小屋は素晴らしい。外観は地味だけど、トイレは水洗と書いてあるし、沢水が小屋前まで引かれています。
小屋に宿泊者の姿はなく、昨日、本山小屋に泊まって大日杉小屋に下山するという女性の方が一人休んでいただけ。
DSCN4560.jpg

DSCN4561.jpg DSCN4562.jpg



・草履塚への登りは、尾根の東側を巻くように路がついている。ここも遅くまで雪が残りそうな地形で、水が流れて花も一杯だ。
RSCN4619.jpg DSCN4564.jpg

DSCN4569.jpg

DSCN4571.jpg

DSCN4575.jpg

DSCN4581.jpg



・写真に夢中になっていると、誰もいなかった後ろから足音。川入からと言うけど、とても速いペースで駆け抜けていった。
DSCN4580.jpg



・草履塚では青空が広がっていたのに、姥神様あたりからはガスに覆われ始め、どんどん濃くなり、すっかり白一色に。
DSCN4593.jpg



・御前坂にあえいで本山小屋に着くころ、ご褒美なのかガスが切れて、青空もチラチラと見えだした。
DSCN4586.jpg

・多分、開けっ放しの被害が多いのだろう。気持ちは分かるけど…ちょっと気分を害する、しつこい注意書き。
DSCN4587.jpg DSCN4588.jpg



・ここまで6時間。地蔵岳までの船酔い気分から考えると、まずまずのペースでした。
DSCN4591.jpg



・往路では気づかなったのに、一瞬でも青空に歓迎されてゆとりが出たせいか、こんなハートも見つけました。御前坂を下り終えるころ、下からクマ除けの鈴。あの「ワゴンで百名山」の女性でした。昨夜は、日帰りは無理かも…と言っていたけど、その気満々だ
ったのを隠していた様子。楽勝じゃない?と声をかけると、イヤイヤと顔を振りましたが、内心は手応えをつかんでいるようだった。
DSCN4592.jpg



・切合小屋で地蔵山周回するか迷ったが、濃くなるガスに30分位近い往路を戻ることにして、また写真に熱中。
DSCN4596.jpg

DSCN4603.jpg


・御坪の付近で出逢ったのは、昨夜駐車場でご一緒した山口からのご夫婦。ノンビリ山行も良いけど、もう12過ぎですよ。
DSCN4609.jpg RSCN4620.jpg
RSCN4621.jpg DSCN4599.jpg
DSCN4610.jpg RSCN4622.jpg



御坪から地蔵岳まで、こんなにアップダウンがあったかな。とても遠く感じた。
やっと下りベースになったら、これも長いし急な感じがする。久しぶりの山行で
疲れも出てきた。長い鎖場を過ぎると駐車場は近い。元気になって駆け下って
いくと道を譲ってくれる女性の方。見たことあるような? お会いしましたっけ?
と聞くと、「今朝、切合小屋で」。そうかそうか道理で、と言いながら追い越そう
とすると、「エーッ、追い越すんですか!」ときた。お互い、お疲れさまでした!



・合計10時間弱、2時過ぎに戻れました。「いいでの湯」で汗を流し、7時前には我が家でビールにありつきました。
DSCN4616.jpg



・山行中とても気になったのに、往復10分を惜しんでしまった「穴堰」とは?驚きました!上杉鷹山のお力のようです。
穴堰飯豊
穴堰の説明







hdfhdhd003_top2.gif
Posted by tomo
comment:0   trackback:0
[HG日帰り登山
29年おもちゃカボチャの収穫です




垣根を覆っていたツルを剥ぐと、オモチャが鈴なりでした



畑の風よけに植えたベニカナメの垣根に、昨年の生き残りが
芽を出してきて、覆いつくしていました。久しぶりの晴れ間に、
畑の整備も兼ねてツルを剥がしていくと…いろんなオモチャが
ぶら下がってきます。なぜ?初めて見る形のものもあります。




DSCN4492.jpg



・きれいなものだけ選別して持ち帰り、残りは今年もベニカナメの根元に返してきました。来年もお待ちしていま~す。
DSCN4482.jpg DSCN4483.jpg
DSCN4487.jpg DSCN4486.jpg DSCN4489.jpg DSCN4490.jpg DSCN4499.jpg DSCN4497.jpg DSCN4500.jpg DSCN4498.jpg



同じような模様なのに、縦型や平型ものがあったり、外見は一緒なのに
色が違っていたり…。ひょっとして、ここで交雑種が生まれていますか?
たくさん過ぎるカボチャたちは、我が家だけでなく、お友達の家までも賑
わせてくれることでしょう。それにしても、実生のものは生命力が強い!





Posted by tomo
comment:0   trackback:0
[我が家の自然
29年茨城は22日連続の雨






東京は40年、仙台はなんと89年ぶりの長雨だそうです



DSCN4469.jpg



間に位置する茨城県も、雷や、梅雨のようなシトシト雨が22日間も続き、25日
夕方やっと青空が見えました。嬉しいのはみんな同じようです。上は夫がカメラ
におさめたもの、下は私のお友達が、夕焼けと虹をSNSにアップしたものです。


IMG_6278.png



・雨続きで野菜が高騰しているらしいのですが、我が家の畑は元気一杯です。水ナスは雨が大好きで、たくさん実を
付け、白ナスやピーマンも。昨年初めて収穫したミョウガも土地に馴染んで、採りきれないくらいお花を咲かせています。
DSCN4437.jpg DSCN4435.jpg

DSCN4439.jpg



・庭のミンミンゼミの声が少なくなり、ツクツクボウシにとって変わり、ツリガネニンジンのお花が、秋を運んできました。
DSCN4462.jpg DSCN4461.jpg DSCN4454.jpg DSCN4456.jpg



・長雨のお陰か、昨年過熟で放置したキュウリやカボチャが芽を出し、食卓を賑したりフェンスを飾ったりしています。
DSCN4441.jpg DSCN4448.jpg



・一株に30個以上も実を付けてきたスイカ。さすがお疲れの様子で、「手のひらスイカ」になってしまいました。
IMG_6219.jpg IMG_6220.jpg



・雑草に隠れるように顔を出したキノコ。今年もハタケシメジがでてきてくれると良いなぁ!
DSCN4450.jpg DSCN4452.jpg




夫が大朝日岳に登ってから、一か月が過ぎてしまいました。今年も沢登り
の季節を逃してしまい残念な気もしますが、その分秋の紅葉を楽しませて
頂けるでしょう。夫は、雨の合い間の高温多湿を走り体を絞り出しました。






Posted by tomo
comment:0   trackback:0
[日常
29年甥っ子の里帰り





12日。姉・甥っ子家族たちと、暑い庭でのBBQ!




大阪に住む甥っ子が、家族連れで那須烏山市に里帰りです。近くの
茨城空港から、我が家に立ち寄ってから向かうというので、昼食は
夫の出番です。BBQ用の炭やお肉の買い出し、コンロや日除け用
タープの確認に余念がありません。そうだ!プールにスイカ割と…



・どうだ!と言わんばかりの夫の後ろ姿。30年近く前に購入したラフティング用の
ボート。子供たちを乗せて激流や滝をダイブしたものが復活!一週間も先なのに…
IMG_6157.jpg



・当日朝方は小雨でしたが、ひるむことなく一人で黙々と準備。勢いに押されたのか
雨も上がって、日差しまで出てきました。準備万端。ボートはプール替わりなのです。
DSCN4394.jpg



・普段はお魚派なのですが、この時ばかりは鳥肉や豚肉に地域ブランドの瑞穂牛。海鮮のエビも好評でした。
IMG_6208.png IMG_6207.png

・玉ネギ・長芋・トウモロコシも焼き、キュウリやニンジンスティックも用意しました。そろそろだ!と夫にせかされてプールに。
IMG_6205.png IMG_6200.png


・最初は恐るおそる水に入ったのに、いつの間にか大はしゃぎ!びしょ濡れになって、子供以上に嬉しそうなのは我が家の夫。
DSCN4396.jpg DSCN4398.jpg

IMG_6195.jpg



・ここまで田舎の夏を楽しんだら、昔懐かしいスイカ割もと。子供達も、アニメの世界で知っているようでした。
DSCN4404.jpg DSCN4405.jpg

・昔のルールで、手拭いで目隠しをし、グルっと回って、小学生のお姉ちゃんが見事にスイカにメンを。(麺棒を使いました)
DSCN4412.jpg DSCN4424.jpg



・スイカ割の後もプールに。お姉ちゃんは、飛び込み技まで繰り出します。
DSCN4433.jpg

IMG_6197.jpg IMG_6198.jpg




一週間も前から倉庫をガサゴソ。子供たちが使ったプールは、処分して
しまったからと言って、これが使えるだろうと持ち出したボート。ヘェーッ
こんなに大きかったんだ。ゴムも劣化していないし、まだまだ使えるなぁ
と言っていましたが、誰が使うんでしょうか?もう私達は老齢年金です。

次は、大好物だという「ソーメン流し」かな。頭に刻んでいる様子です。






Posted by tomo
comment:0   trackback:0
[日常
| HOME | next