山と自然の贈り物の記録
29年初スキーでアクシデントが!





もう二月も半ば。体慣らしのスキーに出かけましたが…



・16日、9時。平日とは言え、駐車場の余りのガラガラぶりに、驚いてしまいました。
DSCN2031.jpg



・そしてレストハウスの正面。20度くらいの斜面だったところに、巨大なクレーターが。
聞くと、二年ほど前の豪雨で、何か所かの崩落や陥没が起こった内の一つだそうです。
DSCN2033.jpg



・西日本のは大雪に比べ、やや少ない感がします。スキー場までの道路も乾燥していたくらいです。
DSCN2044.jpg DSCN2043.jpg



・昼食の後には、BCに備えて新雪も滑ってみます。思いのほか滑れる雪質でした。
DSCN2048.jpg

DSCN2046.jpg

DSCN2059.jpg


この後、ミッドスキーからファンスキーに履き替えです。夫は125㎝から
88㎝へ。子供用に買ったのに、魚のプリントが子供っぽすぎて使われて
いなかったものです。20年も経ってから手にしたのが不思議な縁です。



・急斜面を滑り終えたところで「短か過ぎてトレーニングになる」と喜んだ矢先。妙な弧を描いて転倒した夫の
足元に、真っ赤な破片が飛び散りました。私が、壊れているよ!と言っているのに、事情が飲み込めない夫。
DSCN2062.jpg DSCN2061.jpg


・プラスチックの劣化。いつかは、と考えてはいましたが、目の当たりにしてしまいました。
DSCN2060.jpg



・経年劣化も、悪いことばかりではありません。シニアからシルバーになり、温泉も半額になっていました。
DSCN2074.jpg DSCN2073.jpg




・翌17日。庭を一巡りすると春の使者「マンサク」と「フキノトウ」を見つけました。
DSCN2067.jpg DSCN2070.jpg




そろそろBCスキーのシーズン到来です。毎年、もう少し雪が安定したら…、
と言っている間に季節が進んでしまっています。今年はもう少し上手に晴天
をつかんで、新しいコースを楽しんでみよう。経年劣化が迫っていますから。






スポンサーサイト
Posted by tomo
comment:0   trackback:0
[山スキー
29年大雪?が降りました!





雪国の方に叱られそうですが、雪にはしゃいでしまいます!




・4時30分ごろに、サラサラと音を立てて霰が降ってきたと思ったら、いつの間にか雪に
変わり、二時間もたたないうちに庭が雪化粧しました。本当に久しぶりの雪が積もりました。
DSCN1991.jpg


・滅多にお目にかかれない雪景色に、愛犬まで駆り出して、記念?写真撮りを楽しんでしまいました。
DSCN1995.jpg DSCN1999.jpg
DSCN2012.jpg DSCN2013.jpg
DSCN2016.jpg DSCN2017.jpg
DSCN2009.jpg DSCN2002.jpg


RSCN2019.jpg




雪でご苦労されている地域の皆様には申し訳ありませんが、私達に
とって、雪が降り、こんなに積もったのは何年かぶりですから、嬉しい
出来事なんです。昨年のように小雪だと、春先から夏前までのBCも
楽しめなくなってしまいますから、これからも、程々にお願いしますね。












Posted by tomo
comment:0   trackback:0
[日常
29年夫が里山に凝っています

003_top1sdgsdg.gif





走り始めた夫が、里山でのトレーニングが気に入って…


300㍍に満たない山なのでとても簡単に登れるけど、緩やかなアップ
ダウンがあってとても山らしさがある。思いの他整備されているので、
走っても安全。あの道が気になって、とか言いながら何度も上り下りを
繰り返してきたようです。8日。誘われて、一緒に出掛けてきました。



・登山口まで車を乗り入れず、道の駅から歩いて西林道登山口に向かいました。今日のコース
どりは、西コースから東コースへ。そして耕山寺に降らず、浄水場コース~道の駅まで戻ります。
国見山



・山頂に着いて驚いてしまいました。したり顔の夫。別世界のようなゴルフ場が見えます。
DSCN1976.jpg



・ハイキングコースから外れます。MTBメンバーによる案内板です。
DSCN1982.jpg


・今は水府も里美村も常陸太田市ですが、境界争いがあったのでしょうか。三本杭いや、お墓みたいなものまで。
DSCN1980.jpg DSCN1983.jpg



・ハイキングコースでなくとも、こんなに整備されています。
DSCN1986.jpg



・左は妙見山。右の浄水場へと辿り、北と東ルートの分岐。東ルートで浄水場。さらに標識の無い分岐を左へ。
DSCN1985.jpg DSCN1987.jpg



なるほど、成る程。落ち葉の降り積もった道を下っていくと、里川沿いの
旧里美街道に降り立ち、僅かで出発点の道の駅の駐車場に着きました。
今日のコースどりで約6㌖。夫はとても気に入っていて、上り下りを繰り返
せばとても良いトレーニングだと言いますが、私にはとても無理そうです。
雑木林もありますが、杉と桧がたくさん。もうすぐ花粉が舞いそうですから。





寒い日もありますが、もうそこまで春が来ています



・部屋の中では「オンシジューム」の黄色が華やかです。
DSCN1972.jpg


・どうしたわけか、二年ぶりに「寒アヤメ」が咲きだしました。
RSCN1971.jpg



・暖かいのでしょうか?「クリスマスローズ」の一部が、咲きだしてきました。
DSCN1969.jpg DSCN1970.jpg
DSCN1974.jpg RSCN2028.jpg
RSCN2029.jpg RSCN2030.jpg




二年近く走らなかった夫が、市内の林道やハイキングコースに
出掛けています。アスファルトのロードはどうも…などと言ってい
ますが、トレイルランでなくマラソンはみんなアスファルトですよ!







hdfhdhd003_top2.gif
Posted by tomo
comment:0   trackback:0
[茨城の山
29年芝焼きの季節です





30日。予報通りのぽかぽか陽気。そうだ!芝焼きだ!




・今年は乾燥しきっています。お陰様で、例年になく炎が順調に広がっていきます。風もほどほどです。
DSCN1943.jpg DSCN1942.jpg
DSCN1946_201701312048310f3.jpg DSCN1951.jpg


・ほんとうに今年は楽です。風邪を送らなくとも、どんどん広がって、こんな模様を…。
DSCN1954.jpg




・フッと気が付くと、我が家の紅梅やロウバイが咲きだし、白梅ももうすぐの様子です。
DSCN1960.jpg DSCN1963.jpg




・そうだ!忘れていた乾燥野菜も作ってみよう。ニンジン、ダイコン、ネギをスライスしてみました。
DSCN1939.jpg DSCN1938.jpg DSCN1940.jpg
DSCN1937.jpg




我が家の芝焼きでは、役割分担が出来ています。消火用の水の
準備と灰の整理は夫。私は、ひたすら火付け役。夫が「火をつけて
いる姿は子供の火遊びみたいだな」と失礼なことを言います。これ
はこれで大変なんですよ!ともあれ、いままでになく、順調でした。






Posted by tomo
comment:0   trackback:0
[我が家の自然
29年勝田全国マラソン応援に





夫が走らない、二度目の勝田全国マラソンの応援です




・「応援ナビ」のサービスで、ランナーの現在地がほぼわかります。
勝田マラソン




・応援の定位置は約23㌖付近。今年も走らない夫には、ランナーの姿を羨ましそうに。少し寂しげです。
IMG_4632.jpg IMG_4633.jpg



・予測時間に着いたHさん。イチゴを頬ばり「自己ベスト」を目指し…
IMG_4631.jpg



・この後yamasanpoが真っ赤なウェアーで現れ、元気一杯でゴールを目指していきました。
IMG_4635.jpg




・姿が消えてからは再び「応援ナビ」の出番。自己ベストは逃し
たらしいのですが、余裕のサブ4達成です。お疲れさまでした!
IMG_4640.png




夫もマラソン復帰を目指して、トレーニングを始めました。一先ず3月の
奥久慈湯の里大子マラソンのハーフで足慣らしをし、6月の柴又100K
にもエントリー。無理をしないで、年相応に運動をして欲しいものです。






Posted by tomo
comment:2   trackback:0
[マラソン
| HOME | next