山と自然の贈り物の記録
もうすぐクリスマスですね!





久しぶりに船橋の我が家へ。息子のライブと街の灯りが眩しい。



・何十年も前から、毎年眺めていた西船橋駅前ロータリーのクリスマスツリー。
IMG_7097.jpg



・ライブの主催になると、出番は一番最後。今日はゲストらしく8時過ぎからです。
IMG_7084.jpg



・二度の台湾ライブの後、ヘルプとかで中国北京に行っていたとか。22日、今日は都内の大塚。ツアーの間に得るものが
大きかったのでしょう… 聴衆へのリード仕方は、硬軟織り交ぜてなかなかのものでした。あること、ないことペラペラも…
IMG_7091.jpg IMG_7087.jpg




親としては、本業の銀行マンに集中してほしいのですが、無理そうですね!
夫も私も、のめり込むタイプです。とくに夫は、会社員と山屋の二足のワラジ
を履きこなして、今はランナーと農業マイスターだなんて嘯いていますから…






スポンサーサイト
Posted by tomo
comment:0   trackback:0
[日常
29年晩秋の我が家の庭





山では、昨年より早い紅葉。我が家は少し遅れているような…



・西金砂マラソンの日も寒かったけど、冬将軍がおこしになるとのことで、左花ユズ、右大実ユズを収穫しました。
DSCN4969.jpg DSCN4972.jpg



・いつになく咲き誇る菊のお花。この時期、お花の種類が少なくなるため、ハナアブがたくさん飛び交っています。
DSCN4973.jpg DSCN4976.jpg

DSCN4992.jpg DSCN4977.jpg



・今年のダンコウバイは、黄色が映える前に茶色に変化してしまい、すこし不満。鉢植えのクヌギの黄葉は見事です。
DSCN5027.jpg

DSCN5021.jpg



・今は無き、会津の駒止峠から頂いてきた実生のカラマツ。今年は黄金色に輝く前に、散ってしまいそうです。
DSCN5053.jpg



・今年の庭の黄葉がいまいちだったのに比べ、紅葉は鮮やかす過ぎるほどになりました。
DSCN4986.jpg

DSCN5061.jpg

DSCN5055.jpg



・毎年、9月の一週目に種を蒔いているコスモス。今年も10~20センチの背丈に、可愛いお花を咲かせてくれました。
DSCN5043.jpg

DSCN5048.jpg



・庭の様子をカメラに納めていると、お客様。時々離れますが、また舞い戻り、一日中最後の秋を池の端で過ごしていました。
DSCN4966.jpg




これから3カ月くらい。我が家の庭も茶一色のモノトーンの世界になりますが、
3月からはアズマイチゲやカタクリの季節が巡ってきます。冬眠間近で~す。






Posted by tomo
comment:0   trackback:0
[我が家の自然
29年西金砂登山マラソン





19日。夫が、三年ぶりに西金砂登山マラソンに参加しました
(以下は、夫一人旅のレポートです)




西金砂③


・コースの最高点は、スタートしてから約9㎞の民族伝承館。ここまで約300㍍を登り、残り5㎞を駆け下っていくのです。

西金砂①

西金砂②


・スタート・ゴールは金砂の湯前。9時過ぎに会場の様子を見に行くと、さすがにローカルレース。賑わい少なく寒々としています。
IMG_0007.jpg IMG_0009.jpg



先月の「水戸黄門漫遊マラソン」を棄権したあと、今度こそは!と練習を
してきたので、少しはスピードにも慣れたはずでした。そんな自信もあり、
スタートから自分なりのトップスピード走ったけど、早い人が多い~ 5㎞
までは、半分ほぼ下り基調で、そこから緩やかな登り。25分でますまず。

6㎞から急登。歩き主体なので時計は見ません。もう少し頑張れたかなも
と思うのは後から。急下降は得意な筈だが少し抑えて、平坦地でゴール。



・心臓手術で離れてから3年。アスファルトの道で、同じ筋肉を使い続ける辛さ。山では辛いなんて感じたこと
もないのに… 60歳代は百人と少し。7割はランクラブに参加している方達なので、その健脚ぶりに脱帽です。
IMG_0023.jpg



・3年ぶりに参加して、約4分縮めることができました。あと、どこをどう頑張ったら良いのか?もっと軽やかに走れないかなぁ!
IMG_0012.jpg



・着替えた後、名物「けんちんそば」のサービスに並び、表彰式をながめながら、おいしくいただきました。
IMG_0013.jpg

IMG_0016.jpg IMG_0022.jpg




ここでタイムを縮めるには?急坂の登下降はあれ以上頑張れそうに無い
なぁ。それが平坦地で出来るか?キロ5分以上はとても無理だろうから、
やはり登りしかないのか?疲れ具合から見るともう少し頑張れたのかも!






Posted by tomo
comment:2   trackback:0
[マラソン
札所巡りにお付き合い





サブ4ランナーのH(夫)さん、御朱印求めて日輪寺(八溝山)に



・18日。都内に住むHさんが水戸に7時着。日輪寺に直行すると早すぎるので、雨が降らなければと滝川渓谷をご案内。
DSCN5062.jpg

DSCN5067.jpg



・日輪寺は八溝山の中腹にあります。向かう途中の矢祭山の紅葉も素晴らしいので、公園も散策。
DSCN5075.jpg

IMG_7062.jpg

DSCN5069.jpg

DSCN5074.jpg




・曇りから豪雨になる予報でしたが、まだ雨粒は落ちてきません。でも寒いですね~ここは。
DSCN5077.jpg DSCN5076.jpg


日輪寺
(上の写真はグーグルから拝借しています)


・那須連山は雪景色。風も強くて寒さに震えますが、茨城県内最後の札所を巡れた嬉しさからでしょうか、笑顔がこぼれます。
IMG_7065.jpg




八溝山頂から下っていくと、手を振るオジサンがいます。林道を栃木県方面に
下った所で、路肩に寄り過ぎて側溝に落ちてしまったらしいのです。電波が届
かないと文明の利器は役に立ちません。JAFに連絡が取れないので、歩いて
車が多く通りそうなここまで歩いてきたようです。請われて、固定電話がありそ
うな日輪寺まで送り届けてあげました。 この後は、「奥の細道」で芭蕉さんが
立ち寄ったという「雲岩寺のモミジ」を車内から愛で、那須烏山のお蕎麦屋さん
「はん田」で本物の十割蕎麦をいただきました。次はお山をご一緒しましょうね。






Posted by tomo
comment:0   trackback:0
[日常
29年秋野菜はとても元気です





久しぶりに聞いた「秋の長雨」と言う言葉。お野菜達は?



・バターナッツカボチャはとっくに収穫を終えたのに、いつまでも繁殖し続けたツルクビカボチャ。でも、寒さには弱い様子で
こんなに枯れてきました。収穫出来そうに赤くなったもの多数。そうでない緑色のものはゴロゴロと数十個。喜び切れません。
DSCN5040.jpg



・一番奥がゴボウで、収穫に辟易しています。真ん中が植え替えをしたネギ。手前は春から植えたままのネギたち。
DSCN5041_201711202133029fc.jpg



・九州の銘品を生んだタカ菜。秋の長雨が好きだったのか、とても元気です。
DSCN5030.jpg



・こちらも九州で栽培されているというカツオ菜。お雑煮には欠かせないものだと聞いています。
DSCN5031.jpg



・赤ダイコンと早生のダイコン。これらも、例年になく虫の被害がなく、柔らかく育ってくれました。
DSCN5034.jpg

DSCN5035.jpg



・白菜・大根・赤ダイコン・聖護院大根・人参と一枚の畑が一杯になっています。
DSCN5036.jpg



・寒さが厳しくなって、サトイモの葉が枯れてきました。収穫が大変なので、そろそろ始めましょう。
DSCN5038.jpg



・こちらの畑は、時間差で蒔いたお野菜達。もう少し寒く、年が押し詰まってから収穫出来るようにしました。
DSCN5039.jpg



・昨年からの自然栽培。ワサビ菜や高菜、カツオ菜は、こうして雑草の中から顔を出し繁殖しています。
DSCN5042.jpg




春野菜も良いけれど、やはり秋冬野菜が一番のような気がします。みずみずしさ
や柔らかさ、なにより虫の被害が少ないのも嬉しい。完全無農薬栽培ですから…






Posted by tomo
comment:0   trackback:0
[農業日誌
| HOME | next