山と自然の贈り物の記録
29年磐梯山BCスキー

003_top1sdgsdg.gif





夫は二日前に会津駒に行ったばかりなのに、明日は全国的に…と



・たまたまBSNHKで磐梯山を見たばかりだったので、名前を出すと、二つ返事で決まりました。 
②磐梯山




・登山口を9時。「おぉーっ、誰もいない」と準備していると、同年配くらいの登山者が次々に到着。
IMG_5118.jpg IMG_5117.jpg



・ヘリコプター風の写真を撮ってと夫。ザックにスキー板4枚を着けて、悦に入っています。
IMG_5120.jpg



・夏道より右側の、境界線に沿った小尾根を登って、中の湯。湯気が立ち上がって、とても惜しい気がします。
IMG_5121.jpg



・雪を拾って、右へ右へと登っていきましたが、いよいよ夏道へ。爆裂口を覗き込みながら休憩します。
IMG_5129.jpg



・山腹をトラバースする夏道は、ヤブが多くてとてもいやらしい。敗退する?と言いながらも、弘法清水付近に着きました。
DSCN2985.jpg

DSCN2986.jpg



・でも、山頂までは雪が続きません。出来るだけ頂上に近づけるルートを探っていきます。
IMG_5135.jpg



・後ろを振り返れば、檜原湖やグランデコスキー場。
DSCN2995.jpg

DSCN2996.jpg



・この時期に! と、思いもかけずに霧氷に出逢えて、ビックリしてしまいました。
DSCN3004.jpg



・立ち寄りりませんでしたが、「弘法清水小屋」が雪の中から顔を出しています。
DSCN3007.jpg



・いよいよ雪渓が途切れたので、スキーをデポして夏道のわずかな雪を辿ります。
DSCN3009.jpg



・まったく雪の無い磐梯山山頂。南に猪苗代湖。西にアルツや猫魔スキー場。
DSCN3010.jpg

DSCN3013.jpg

DSCN3014.jpg



・スキーデポに戻りました。滑降を最大限にと考えて、夏道の左手の谷に滑り込んでいきました。
DSCN3016.jpg

DSCN3021.jpg



・少し狭い沢ですが、ファンスキーの私達には十分。左手からの雪崩跡がありましたが、とても素晴らしいルートでした。
DSCN3025.jpg

DSCN3027.jpg


IMG_5163.jpg


DSCN3033.jpg



・沢筋をそのまま滑降していくと駐車場から離れてしまうので、途中右手に50㍍ほど登り緩やかな沢を下ります。
DSCN3037.jpg

DSCN3038.jpg



・若くて美人なブナ林を抜けると、今朝ほどスタートした、駐車場に戻ることが出来ました。
DSCN3044.jpg

磐梯山ルート

DSCN3045.jpg




スタート時に顔を合わせた数パーティの車は、もうありませんでした。きっと
「あの夏道の藪と嫌なトラバースに行き当たったら、敗退するんじゃない?」
と夫が言っていた通りだったのでしょう。とても新しい発見の、磐梯山でした。
これからも残雪の磐梯山を訪れる機会があったら、私たちは滑降したルート
をたどって、直接弘法清水まで登るつもりでいます。とても良いルートでした。




磐越道に乗ってからの磐梯山のお姿。来年も残雪が多いと嬉しいなぁ!
IMG_5167.jpg







hdfhdhd003_top2.gif
スポンサーサイト
Posted by tomo
comment:2   trackback:0
[山スキー
comment
こんばんは。

山スキーの楽しい季節になってきましたね。
天気の良い日にザラメ雪を滑るのは本当に楽しいですね!
私たちは、カッパの膝の具合が良くなく、今年は何回かスキー場でお茶を濁して終わりました。
2017/05/02 21:57 | | edit posted by ピテカン&カッパ
ピテカン&カッパさんへ
天気が良いとのことで、またBCスキーに出かけてお返事
が遅くなってしまい、申し訳ありませんむでした。
カッパさんたちのお花探しも羨ましいですが、我が家では
6月くらいまでスキー、スキーになりそうです。
カッパさんの膝、無理をせずどうぞご自愛くださいね!
2017/05/05 18:07 | | edit posted by snow drop
comment posting














 

trackback URL
http://snowdrop724.blog118.fc2.com/tb.php/558-a3dff5b0
trackback