山と自然の贈り物の記録
29年朝日鉱泉から大朝日岳周回

003_top1sdgsdg.gif





21日。朝日鉱泉から大朝日岳、鳥原山を日帰り周回してきました



・私は庭の草取りを頑張り過ぎた腰痛でお休み。初めてなので朝日連峰の様子を見るつもりだと、夫一人のレポです。
DSCN4252.jpg



・全日晴れに変わり、朝に家を出発して14時間のコースを周回して夕方には帰ってくる、とHG日帰りに出かけていきました。
朝日岳コースマップ

朝日岳天気 朝日岳天気②



・早朝1時、高速に乗る直前に携帯を忘れたことに気がつきUターン。30分遅れなのに、東北道が通行止めのお知らせ。
常磐道を直進して仙台まで走り、仙台南道路から逆走して山形道路。出だしでつまずく不運続きで、慎重に朝日鉱泉まで。、
DSCN4185.jpg



・大朝日岳だと信じて登ったのに、お前はニセピーク。ろくに下調べをしないかった私は、8合目過ぎで本峰を見つけて愕然…
DSCN4187.jpg



・中ツルコースにするか、鳥原コースからにしようかと迷った挙句…ここで決めました。山頂に早く着こうと、中ツルコースです。 
DSCN4188.jpg DSCN4189.jpg

DSCN4191.jpg



・二俣(出会)で最後の橋。暑いのでタップリ水を飲んで、急登100選に選ばれているという坂で、汗を流します。
DSCN4192.jpg DSCN4193.jpg

DSCN4194.jpg DSCN4195.jpg



・思いのほか坂は短くて、すこし楽勝ムード。アレッこのキノコ?もしや、もしや。昨年12月に採ったヒラタケにているけど…。
DSCN4200.jpg

DSCN4199.jpg DSCN4201.jpg



・珍しくたっぷり水を持っていたので、「長命水」にはお世話にならず、先を急いできたのですが、まだ六合目です。
DSCN4205.jpg DSCN4206.jpg


・あれはニセピークなのですが、ここまで来ても本峰の姿は全く見えません。花が多いので、飽きることはありませんが…。
DSCN4208.jpg

DSCN4213.jpg DSCN4215.jpg
DSCN4211.jpg DSCN4209.jpg
DSCN4221.jpg DSCN4220.jpg

DSCN4226.jpg

DSCN4224.jpg DSCN4225.jpg

DSCN4227.jpg

DSCN4232.jpg

DSCN4229.jpg DSCN4233.jpg

DSCN4238.jpg

DSCN4239.jpg

DSCN4240.jpg DSCN4241.jpg



・もうすぐ頂上だと頑張ってきたのに、あの奥にもピークがそびえる。エッー、騙されていた。しかも、とても遠くに見える。
DSCN4243.jpg



・避難小屋が見えてきた。中ツルでは下山者一人、追い越したのが一人と静かだったのに、賑やかな声がここまで聞こえます。
DSCN4245.jpg

DSCN4246.jpg DSCN4250.jpg



・6時過ぎに出発して4時間と少し。誰もいないくて静かだけど、アカトンボが顔にビシバシぶつかる程飛び回っている。
DSCN4251.jpg

DSCN4255.jpg



・避難小屋前を通過して、小朝日岳に向かいます。中ツル尾根の花もきれいだったけど、こちらには違った種類が一杯。
DSCN4256.jpg

DSCN4254.jpg DSCN4258.jpg

DSCN4261.jpg

DSCN4260.jpg DSCN4265.jpg

DSCN4262.jpg

DSCN4267.jpg

DSCN4269.jpg

DSCN4273.jpg

DSCN4275.jpg DSCN4276.jpg



・「銀玉水」の標識で、水の音がする。写真は振り返って撮ったもので、黒俣沢側に回り込んだところに日本一?の名水とか…
DSCN4282.jpg DSCN4277.jpg

DSCN4278.jpg

DSCN4279.jpg

DSCN4283.jpg DSCN4284.jpg



・下りきった鞍部から、小朝日岳への登りは険しそう。見た目と違い、ダケカンバのトンネルで暑さがしのげて、意外にでした。
DSCN4289.jpg DSCN4288.jpg DSCN4290.jpg DSCN4292.jpg DSCN4294.jpg DSCN4296.jpg



・山形は猛暑日になった言うから、とにかく暑い。そこに、この流れ。顔を洗い、水を飲み、水を汲み、とても癒されました。
DSCN4303.jpg DSCN4301.jpg
DSCN4300.jpg DSCN4302_201707260927501f3.jpg



・鳥原小屋を覗いてみます。神社、水洗トイレ、手水の蛇口も。内部もきれいです。ワインを半分空にした方が寝ていました。
DSCN4308.jpg DSCN4304.jpg

DSCN4305.jpg

DSCN4306.jpg DSCN4307.jpg



・水場のある分岐まで戻り、湿原の中の木道を下っていくと池溏が。そして、あんな見晴らし台のような場所に鳥原小屋の姿。
DSCN4310.jpg



・長~い下りでした。一部沢床のような所もあったけど、良く手入れされています。金山沢を渡り、右手の尾根に登り返します。
DSCN4312.jpg



・金山沢から尾根上に出てからも長い。なかなか下らない。路はきれいだけど、緩やかな起伏がずうっと続いた気がする。
やっと急なジグザクに。よく整備され、荒れてもなく、とても駆け下りやすい道だ。弘法水を汲んで、きつい最後の250歩。
DSCN4314.jpg DSCN4315.jpg



・初めての大朝日岳。ぐるっと回って9時間と少し。スキーを持たない下りはとても長かった。風呂の後、蕎麦をいただきました。
DSCN4186.jpg

DSCN4316.jpg DSCN4317.jpg



朝日鉱泉への往路はとても長く感じた。あと11㎞の小さな看板がそのスタート。
もうそろそろかな?と思ったところに、あと7㎞の看板。すれ違いのできない狭い
箇所があったから、そう感じたのかもしれないが、狭くてすれ違いのできない道は
ずうっと続き、ダムの先ではダート道に。まぁ、初めての道はこんなものでしょう。

大朝日岳での賑やかさは、古寺鉱泉からの登山者でした。鉱泉までの道路状況
を尋ねると良い道だったんです。ダートやすれ違えないところは無いのだそうです。
蕎麦を食べた後の帰り道。朝日鉱泉のお兄さんが、もう上がってくる車はないから
大丈夫、と言っていたのに2台も。でも帰路はとても短く感じられ、一般道にゴール。

高速道に乗るともう雨。村山地方や宮城川崎あたりは猛烈な雨だと言っています。
明日から東北三県は記録的豪雨が見込まれて、ラッキーな晴れ一日に感謝です。





hdfhdhd003_top2.gif
スポンサーサイト
Posted by tomo
comment:2   trackback:0
[HG日帰り登山
comment
こんにちは。
HG日帰り。。。相変わらず凄いですね。
大朝日岳は、8年前に古寺鉱泉から目指したことがありました。そのうち縦走したいと思っていましたが、沢に目覚めてしまい時間が取れそうにありません。自由にあちこち鉄人のごとく駆け回れるご主人様には毎度脱帽です。。。(^-^;
2017/07/29 16:16 | | edit posted by まっ黒くろすけ
まっ黒くろすけさんへ
遠い山と誤解していたので、今回が初めての大朝日岳でした。
東北の山が意外と近くて、早出をすれば日帰りも可能だと
やっと気づき、下見も兼ねて歩いています。
はっきりしない天気が終れば、沢登りシーズン到来ですね!
2017/07/30 12:11 | | edit posted by snow drop( 夫)
comment posting














 

trackback URL
http://snowdrop724.blog118.fc2.com/tb.php/577-d72bbeb3
trackback