山と自然の贈り物の記録
「柚子きり蕎麦」を目指して




12月6日(火)。バザーの打ち上げを兼ねて、食事会となりました。

会場は、栃木県烏山、那珂川の橋近くの「半田」さんです。
「おいしいお蕎麦が食べたい!」 メンバーで昨年も訪れたお店です。
その時、注文をした「柚子きり蕎麦」の他に、ご主人考案の蕎麦料理を
ご賞味さていただいたのが縁となりました。

IMGP1835.jpg



・新しい大橋の手前を旧道に右折すると、この看板が目に入ります。
IMGP1731.jpg





・はじまりは「そば豆腐」からです。
IMGP1714.jpg




・「蕎麦寿司」は遊び心を感じてしまいます。
IMGP1712.jpg





・「あんかけ蕎麦」はボリューム感がありました。
IMGP1718.jpg





・ここでは、十割蕎麦だけでなく、さくさくの天麩羅も自慢です。
IMGP1721.jpg






・なんと言っても、「柚子きり蕎麦」がお目当てです。
IMGP1723.jpg






・蕎麦畑も持っているという、こだわりの「十割そば」です。
IMGP1726.jpg






・箸休めには、少し甘味のついた「蕎麦羊羹」がでました。
IMGP1729.jpg






・メンバー全員、少し満腹気味でお店を後にしました。
IMGP1732.jpg





忙しい合間に、工夫を凝らした蕎麦料理を有難うございました。

来年は、小食な私に合わせて「柚子きり蕎麦メイン」プラス、デザートの
メニューでお願いしようと思っております。

ゴチソウ様でした!





IMGP1836.jpg





スポンサーサイト
Posted by tomo
comment:0   trackback:0
[食べ歩き
絶品の蕎麦屋さん塩引き鮭を生む

101212_1238_01.jpg

12月12日。昨年発見した、蕎麦屋の塩引き鮭。

101212_1238_02.jpg


手打ち蕎麦が絶品で、月イチくらいに通っている「待月」。
名前は「待月」ですけど、大子町「町付」にあった旅館が変身して
蕎麦屋さんになったものです。

そこの奥さんが「ウチは普通が売りです」と声の調子を高める。
それは、すぐ近くの「月待の滝」にある「蕎麦処もみじ苑」を
強く意識してのことだと勘ぐります。

「もみじ苑」は、腕は「翁」で修行したあげく全国行脚武者修行。ソバは
選りすぐりの特別品。と、特別づくしの逸品という触れ込み。
最近は、テレビにも取り上げられ、もてはやされているところを見ると、
おいしいことは確かのようです。

が、私達は「待月」のファンです。
普通が好きで、足しげく通っています。


101212_1231_02.jpg


101212_1231_01.jpg


奥さんの、普通へのこだわりはかなり凝っています。
天麩羅蕎麦は、エビが乗っていません。世に言う、かきあげです。
しかも、地元の旬の野菜だけ。
珍しい具材はなにも入っていません。

蕎麦も十割なんて言わず、どうどうと二八。
でも、「引き立て」「打ちたて」「茹でたて」は譲りません。
運が悪いと、「ありゃア、蕎麦を打ち始めたよ!」なんてことも、
しばしばです。

私は、今の時期「けんちん蕎麦」が大好きです。
それは、小食の私が、アッと言う間に平らげてしまう、
数少ないメニューの一つだからです。


101212_1236_02.jpg 101212_1234_01.jpg

101212_1236_01.jpg


今回の感激は、そこで生まれた「塩引き鮭け」です。
新潟、村上の塩引き鮭は、とても有名ですが、
ここ、八溝と言う山の中、しかも蕎麦屋さんが作る
「塩引き鮭」もなかなかの絶品です。

昨年より鮭が良いとかで、「今年はおいしいですよ」
と言うとおり、腕も上がったのでしょう。
八溝降しの寒風に晒されながら熟成した鮭は、「絶品」
の「塩引き鮭」に仕上がってきました。

数には限りがあるようですが、
窓辺に下がった鮭の姿を見るだけでも嬉しくなります。

新しく発見した宝物。いつまでも、続くといいな。
Posted by tomo
comment:0   trackback:0
[食べ歩き
| HOME |