山と自然の贈り物の記録
29年栂海新道ワンスモア

003_top1sdgsdg.gif





食事が美味しい、ルートが素晴らしい、紅葉も…私も栂海新道に


IMGP5339_20171007092534cee.jpg



・29日は高気圧の前面で予報通りではないが、30日昼から31日にかけては快晴、と力説する我が家の予報士。
29日 30日② 1日 白馬天気③



夫は一週間前に、猿倉から白馬岳を越えて小雨の栂海新道を一日で駆け
抜けていたのですが、余りの興奮ぶりに私も魅かれて栂海新道ワンスモア
と相成りました。今回は、北又小屋口から入山して朝日小屋、白鳥小屋と
二泊三日の山旅。今までは日帰り主体で、二泊するのは初めてになります。


 一日目。北又小屋~イブリ尾根~朝日小屋(6時間40分の行程)


・8時過ぎ北又小屋に着くと、9時じゃなかったのと?管理人さん。遅い入山予定を心配した朝日小屋から連絡があったようです。
IMGP5217_20171002182402aa2.jpg IMGP5218.jpg



・初めから急登だと聞かされていましたが、登りやすいブナの林が続き、美味しそうな?キノコが大迫力でした。
IMGP5222.jpg

IMG_6529.jpg

IMGP5226_20171003030648a8b.jpg



・振り返ると、北又小屋が見えます。夫の予報通り、薄黒い雲がどんどん覆ってきて、心配な空模様です。
IMGP5220_20171003030647fda.jpg

IMGP5236.jpg

IMGP5240_2017100303064659c.jpg IMGP5241.jpg




・オッオー、海が見えるぞ!と大きな声。富山湾が見えて感激してしまいましたが、この後は当たり前の光景になるのです。
IMGP5245.jpg



・十合目のイブリ山に着きました。でも「もうすぐ朝日岳」ではなかったのです。霧雨に霞んでいる、あの上に隠れているのです。
IMGP5249.jpg

IMGP5250.jpg

IMGP5253_20171003031200328.jpg IMGP5255_20171003031159d45.jpg




・朝日岳なのに「夕日が原」とは。前朝日岳の西面をトラバースしていくと、ゴツゴツした岩の間にも池溏が現れました。
IMGP5270_201710030335323b0.jpg

IMGP5259_201710030335348fd.jpg IMGP5262_20171003033533955.jpg

IMGP5263_201710030343444f8.jpg

IMGP5264.jpg

IMGP5266.jpg IMGP5273_2017100303353094f.jpg



・そして、ゆるやかな丘を こ・え・る・と… 突然目の前に現れたのが、朝日平の朝日小屋。 1時前に着きました。
IMGP5272_20171003034622ad8.jpg

IMGP5276_20171003034621e85.jpg



・空いていたためか、日本海が見える部屋に二人。個室待遇になりました。一段落して外に出ると、さっきまでの曇天が嘘のよう。
IMGP5278_20171003034621346.jpg

IMGP5280.jpg



・4時45分から、夫ご推薦の夕食。偏食ではありませんが、余り得意でないものがある私でも…完食してしまいました。
IMG_6545.jpg



・談話室に管理人さんの履歴をうかがわせるグッズや、本がそろっています。明日の「栂海新道」を読みふけってしまいました。
IMG_6549.jpg IMG_6550.jpg




 二日目。朝日小屋~朝日岳~栂海山荘~白鳥小屋(11時間30分の行程)



・4時過ぎは満天の星空。快晴の筈だったのですが、おいしい朝食をいただいて外に出ると、すでに曇天。山頂の日の出も…
IMGP5286_2017100303461909a.jpg

IMGP5288_2017100303461876d.jpg

IMGP5291_20171003043914b8a.jpg



・しだいに雲が晴れて、西側には富山湾がうっすらと見えてきました。この後、何度も見えるのにその度に感動してしまいます。
IMGP5290_201710030439131ce.jpg



・冷たい強風が吹きつける「吹上のコル」。手袋をしていても指先が凍えます。あの白く見える標識から先が「栂海新道」です。
IMGP5292_20171003043913990.jpg

IMGP5295_20171003043912a05.jpg



・やっと、暖かい日差しが届いてきました。縫って歩く灌木が色づき始め、湿原の草紅葉もきれいです。
IMGP5304_201710030439103c4.jpg


IMG_6558.jpg


IMGP5296_20171003043911910.jpg

IMGP5305_20171003045612f07.jpg

IMGP5308.jpg

IMGP5312_201710030456101cb.jpg

IMGP5314_20171003045609dbc.jpg

IMGP5319_20171003050543918.jpg IMGP5320_201710030505430b9.jpg


・長栂山からアヤメ平の紅葉も素晴らしかったけれど、ここ黒岩平はさらにすごい!これでもか!の雄大な湿原の紅葉です。
IMGP5321_20171003050542eda.jpg

IMGP5322_20171003050541ffc.jpg

IMGP5326_2017100305054046b.jpg IMGP5325_201710030505407b4.jpg

IMGP5329_201710030514348ea.jpg

IMGP5331_201710070930556b1.jpg

IMGP5333_20171003051433ca6.jpg

IMGP5336_2017100305143250b.jpg

IMGP5338_20171003051432312.jpg



・黒岩平の紅葉に感激の夫と私ですが、遥か彼方、犬ヶ岳にかすかに栂海山荘の姿。やっと水場までたどり着きました。
IMGP5347_2017100305143055e.jpg IMGP5346_2017100305143004f.jpg



・犬が岳山頂。すぐそこに見える赤い屋根が、栂海山荘。写真には入っていませんが、左手奥にに白鳥山。まだまだ遠くです。
IMGP5349_201710030524540ac.jpg
IMGP5348.jpg

IMGP5350_2017100305245366d.jpg IMGP5352_20171003052452d4f.jpg



・屋根とグルリは真っ赤に塗られていますが、正面は緑色です。パンフには定員50名ですが、ここには40名だとあります。
IMGP5354_20171003052452798.jpg

IMGP5355.jpg IMGP5356_20171003084818c4b.jpg



・今日のゴールは白鳥山頂の白鳥小屋。とても遠く長い道。小さいながらもアップダウンも次々と。
IMGP5357_2017100308481663b.jpg

IMGP5358_20171003084817af0.jpg



・夏場は涸れると書いてありますが、雨がつづいたので流れています。タップリ水を汲んで小屋へと頑張ります。
IMGP5360.jpg  IMGP5359_20171003084814a71.jpg



・出発してから10時間弱。たどり着いた白鳥小屋には、マットや毛布が備わっていて、とても暖かい。窓から海も見えます。
IMG_6582.jpg IMG_6581.jpg
IMG_6583.jpg IMG_6584.jpg

IMGP5365.jpg



 三日目。白鳥小屋~坂田峠~尻高山~親不知海岸(5時間30分の行程)



・最後の朝を、最高のお天気で迎えることが出来ました。天体ショーを見る思いです。
IMG_6588.jpg

IMG_6591.jpg

IMG_6590.jpg

IMG_6595.jpg

IMG_6599.jpg



・暖かくて、とても清潔な白鳥小屋でした。少し心配だった野外のトイレも、怖がるほどでもなく、ホッと一安心しました。
IMGP5374_2017100309065246f.jpg



・シキワリの水場でタップリ水を補給し、坂田峠に着きました。でも、ここからが栂海新道の真骨頂。海まで長い道が続きます。
IMGP5375.jpg

IMGP5379_20171003090650d82.jpg

IMGP5381.jpg

IMGP5385_20171003091911533.jpg

IMGP5393_20171003091910093.jpg

IMGP5395_20171003091910072.jpg

IMGP5394_20171003091909eb0.jpg


・4時間弱で親不知海岸。日本海に手を浸し、疲れが少し和らぎました。パネルのイラストもほんわかしています。
IMGP5396_2017100309190863c.jpg




夫が一週間二度も通ったのには、訳があるのだそうです。朝日小屋や栂海新道
の素晴らしさを、早く私に見せたいと言うほかに…、もう年なので、体力や天気が
そしてスケジュールが、ぴったり合うのはそう無く、今回がチャンスだったのです。

たしかに、とてもすばらしい朝日小屋と良く手入れされた栂海新道でした。途中の
避難小屋もきれいでした。が…、とても長~い稜線には疲れました。黒岩平までの
たくさんの池溏や湿原は何回でも行きたくなりましたが、海までは最初で最後に
なるかな。朝日小屋ベースに、お花や紅葉の季節にノンビリしたいと思いました。







hdfhdhd003_top2.gif
スポンサーサイト
Posted by tomo
comment:0   trackback:0
[北アルプス
28年神々しい雪の上高地

003_top1sdgsdg.gif





穂高連峰の雪景色が見たくて、上高地に行ってきました!


DSCN1622.jpg

DSCN1668.jpg


・雪景色を見るためには、吹雪が続いた後、こんな好天が来なくては出かけられません。
18日 19日




いつもの「Pしるふれい」に前泊して、早朝に「釜トンネル」まで送って頂きました。
トンネル入り口のゲートには、一1℃の温度表示。予報通りの気温と、穏やかな風。



・身支度を整え、ヘッドランプをつけてトンネルに入っていきます。
DSCN1607.jpg


・スキーを背負った今年の3月にに比べて、早く、かる~くトンネルの中間点に。
DSCN1609.jpg DSCN1610.jpg


・「釜トン」の先には、3月には工事中だった「上高地トンネル」。
DSCN1612.jpg


DSCN1616.jpg DSCN1726.jpg




DSCN1617.jpg




・トンネルを歩いているうちに、カラマツの向こう、焼岳には朝日が届いていました。
DSCN1619.jpg




・道がグルッと右に曲がり、目に飛び込んできました。神々しいまでの穂高連峰の姿です。
DSCN1621.jpg




・この先に、どんな上高地が待っていてくれるか、ワクワクしてしまいます。
DSCN1623.jpg




・北風さんも、なかなかやりますねェ~。ようこそ大正池にと、可愛らしい姿でのお迎えです。
DSCN1624.jpg

DSCN1628.jpg

DSCN1630.jpg



・ウッ、ウッー! とっても寒~い。入口より2~3℃は気温が下がったようです。
DSCN1631.jpg



DSCN1632.jpg

DSCN1634.jpg




・これが新雪の上高地。今年の三月にも来ましたが、クリスマス間近の姿には別の感動があります。
DSCN1635.jpg

DSCN1638.jpg

DSCN1641.jpg


IMG_4250.jpg


DSCN1646.jpg

DSCN1649.jpg

DSCN1652.jpg

DSCN1654.jpg



・体の芯まで冷えてしまいました。あったかいワンタンスープでホッ!
DSCN1659.jpg




・ちょっと、出かける時間が早かったみたい。太陽も射さないので冷え込むばかり。引き返しましょう。
DSCN1664.jpg

DSCN1665.jpg

DSCN1672.jpg

DSCN1680.jpg

DSCN1683.jpg

DSCN1686.jpg



・たぶん三十余年ぶり。ゴローであつらえた、マニアックな登山靴を使いました。
DSCN1690.jpg



・いつもバスから眺めていた帝国ホテル。裏に回ってみると、「ここは、どこ?」と声が出てしまいました。
DSCN1695.jpg

DSCN1696.jpg

DSCN1700.jpg



・時々ギクシャクすることもありますが、「仲良きことは…」ですね!
DSCN1706.jpg



・もう少しで、ここまで陽が届きます。一足先に照らされた向こう岸は、暖かそうに輝いています。
DSCN1708.jpg

DSCN1713_20161221212905c81.jpg

DSCN1671_20161221212905d4d.jpg

DSCN1715_201612212129044c0.jpg


IMG_4299.jpg


DSCN1717_20161221212901454.jpg

DSCN1720_20161221213822b2e.jpg

DSCN1723.jpg



・トンネルに入る前に℡をすると、お迎えが来てくれます。
DSCN1725.jpg




雪の上高地は、2月ごろが見頃と思い込んでいたのですが、大雪が
降る前の初々しい姿も素敵じゃない?と気づいて、出かけてみました。
まだ冬の準備ができていなかった体には、とても寒い一日となってしま
いましたが、静かな、しずかな上高地、穂高連峰に逢えた一日でした。



追伸                                                              
・懐かしいダブルの登山靴。ゴローの試作品のようなものです。左が私のもので、革靴にグラスウールを
貼った上に樹脂加工。右の夫のものは改良版で、皮に直接樹脂加工をしたもので、スマートに見えます。
IMG_4327.jpg IMG_4328.jpg






hdfhdhd003_top2.gif
Posted by tomo
comment:0   trackback:0
[北アルプス
28年一ノ俣谷から常念岳へ

003_top1sdgsdg.gif




安定したお天気になったら、易しい沢から山へと願っていたら



・「山の日」まで北アに晴れが約束されたので、9~10日に出かけました。

常念天気予報




「深田久弥」の槍ケ岳登山ルートの谷を辿って常念岳に登り、
そのあとノンビリ蝶ケ岳まで縦走しようと誘われたのです…





一ノ俣谷②




2013年の岳人8月号で、深田久弥の槍ケ岳登山時代には、中房温泉から
入山し、常念乗越から一ノ俣谷上流を下降、途中で中山峠を越え二ノ俣谷
下流を下って槍沢、槍ケ岳に登るのが、ルートであったと教えて頂きました。
その後一ノ俣谷に登山道が開かれたらしく、夫の持っていた古いマップでは、
一ノ俣谷から常念乗越への登山路が描かれていますが、すでに廃道です。

常念岳に登ったことのない夫と私。「久弥の時代の道を逆に辿って、涼しい
沢を歩いて、かる~く常念岳に登ろう」と言うお誘いに乗ってしまいました。



1日目。上高地~二ノ俣谷~中山峠~一ノ俣谷~常念小屋


・山の日の、式典準備中のBT。人出が少なく、とても意外です。
IMGP4729_20160814202836164.jpg



・横尾で朝食。少しの早歩きだったのに、なぜか疲れが出ています。
IMGP4730.jpg




・一ノ俣谷の橋を渡り、少し先の二ノ俣谷に9時過ぎ到着。
IMGP4732_20160814202834783.jpg


IMGP4733.jpg IMGP4734_20160814202833eab.jpg



・簡単な河原歩きと思っていたら、岩が大きくてなかなか手ごわい。久弥の
時代には、どんな靴で歩いたのでしょう。地下足袋・草鞋だったのでしょうか?
IMG_3548.jpg

IMGP4737.jpg IMGP4740_20160814203618136.jpg



・夫の足元から飛び出したイワナに驚いたり、お花に癒されながら溯ります。
IMGP4748_20160814203617132.jpg

IMGP4741.jpg


IMGP4742.jpg

IMGP4745_20160814203905aea.jpg IMGP4746_201608142039051a9.jpg

IMGP4747_20160814203904205.jpg



・沢の両岸が低くなり、広河原になりました。右手のコルが、中山峠(乗越)です。
IMGP4749_201608142039042e6.jpg



・峠への小沢に入ると、ガレの砂地に、人の足跡が残っていました。来る人がいるものなんですね。
IMGP4750_201608142039044da.jpg IMGP4753_20160814204702159.jpg



・本流が左に曲がるところで、右手の枝沢に入ります。後は最低コルを目指すだけです。
IMGP4754_201608142050012ff.jpg


・しばらく冷たい流れがあり、お花も次々と顔を見せてくれます。
IMGP4762.jpg IMGP4761_201608142050008bb.jpg
IMGP4758.jpg



・天気予報に反して曇り空なので、とても水が冷たく感じます。
IMGP4764.jpg



・これは実なのでしょうか?細い葉の途中に、こんな膨らみを見つけました。
IMGP4766.jpg



・水が途切れそうになったところで、私が赤テープを見つけました。
IMGP4765_20160814204959e73.jpg



・しばらくはハッキリした踏み跡があり、体調がイマイチでも楽勝に思えたのですが…
IMGP4769.jpg



・お花や鮮やかなキノコを追いかけ、小さすぎるランにカメラを向けていました。
IMGP4770_201608142103449c1.jpg IMGP4772_2016081421034468a.jpg
IMGP4774_20160814210343ec3.jpg

IMGP4775_201608142103435b6.jpg IMGP4776.jpg

IMGP4777.jpg IMGP4778_20160814210836bea.jpg



・峠直下の高差100㍍くらいは、踏み跡も不明瞭。頭痛もしてきて絶不調。
やっと着いた峠は、切り開きもなく暗いので、早々に一ノ俣谷に降ります。
IMGP4780.jpg

IMGP4781_20160814210835c59.jpg IMGP4782.jpg




・まさか、あそこまでなの?違う々、あれは常念岳と、必死に慰める夫。
IMGP4784_20160814210834ecd.jpg




・ふうっ。わりと簡単に一ノ俣谷に降りることが出来ました。
IMGP4785_20160814211255124.jpg




・滝場を過ぎているので、穏やかな源流の様相。天泊した跡は、あの足跡の主かもしれません。
IMGP4788_20160814211254f2e.jpg



・沢の両岸には、いろんなお花達や木の実が待っていてくれました。
IMGP4789_20160814211254198.jpg IMGP4792_20160814211254603.jpg
IMGP4793_2016081421125324e.jpg IMGP4795_20160814211253633.jpg IMGP4796_20160814211708966.jpg IMGP4799_20160814211708f08.jpg



・右俣に入って、細くなった流れを一歩一歩を追っていくと、左手の枝沢に取水缶、しばらくしてポンプ小屋。
IMGP4798_20160814211707260.jpg IMGP4805_20160814211707ebc.jpg



・ここが右俣の源流。小屋まで、もう少しの頑張りです。
IMGP4801.jpg

IMGP4803_20160814212110780.jpg IMGP4806_20160814212109490.jpg



・体調不良もあって、9時30分入渓で、小屋への到着が17時。かる~くではなく、なが~いコースでした。
IMGP4807_201608142121096aa.jpg IMGP4808.jpg



・一日中こんなお天気でした。体調の回復と、明日の快晴を期待して、今夜は早くテントに入ります。
IMGP4811_2016081421210831f.jpg





2日目。常念小屋~常念岳~蝶槍~横尾~上高地



・夜中から満点の星空となり、夏なのに寒い朝を迎えました。西は赤焼なのに、東は一面の雲海に覆われています。
IMGP4812.jpg IMGP4816_20160814212419b96.jpg

IMGP4817_20160814212418ae7.jpg

IMG_3570.jpg

IMG_3561.jpg

IMGP4819_20160814212418df5.jpg



IMGP4821.jpg IMGP4825_201608142124175c6.jpg




・険しかった常念岳への登り。風邪かな?程度で診療所にもかからず出発したら、今日も体調不良。
IMGP4824_20160815062533ee6.jpg




・常念岳から蝶ケ岳へ。槍穂の展望を楽しみにしていたのに、大変でした。
岩屑の稜線から樹林帯。多くのお花に癒されますが、とても疲れています。
IMGP4827_2016081506253343e.jpg

IMGP4829_2016081506253256f.jpg IMGP4831.jpg

IMGP4832.jpg

IMGP4838_20160815063312537.jpg IMGP4833_20160815063311a6a.jpg

IMGP4839.jpg

IMGP4840_2016081506331085c.jpg IMGP4841_201608150633100e0.jpg



・2592㍍峰から少し下ったところにある池。名前が欲しかったなぁ。
IMGP4842_20160815063309a29.jpg




・前穂高岳から北穂高岳へのパノラマ。涸沢カールは深くて、底が見えません。
IMGP4844_201608150638254e2.jpg


・比べて、北穂高岳と南岳に囲まれた本谷右俣カール。底は浅いけれども形が整っています。
IMGP4843.jpg




・樹林を出ると、蝶槍へ砂礫の急登。常念岳の岩屑より、かなり楽でした。
IMGP4845_20160815063824ca8.jpg




・蝶槍で年配の登山者と話をしていて撮影を忘れ、次の三角点峰から振り返ります。
IMGP4847_2016081506382488c.jpg




・横尾分岐からは、楽な降りの筈でしたが…。登りとは違い、ゴロゴロする岩屑に神経が疲れます。
IMGP4848_2016081506382350f.jpg




・駆け下るどころではなく、体調不良なのか、加齢なのかですね~。
IMGP4849_20160815063823cd7.jpg




IMGP4850_20160815064146a1b.jpg IMGP4851.jpg




・横尾で昼食をいただきました。美味しいおうどんでしたが食欲がなく、完食できませんでした。
余り登山者が少ないので、夫がお店の人に聞くと、今の時期はこんなものなんですって…。
IMGP4852_201608150641450d7.jpg




夫が選んでくれた、深田久弥の歩いた、涼しく・簡単なはずのルートだった
のに、とんでもありませんでした。体調不良を割り引いたとしても、やさしい
けれども、とても長いルートで、簡単とは言えません。ましてや尾根を乗越
すのですから。北アの山は大きいよ…、私の心配が当たってしまいました。







hdfhdhd003_top2.gif
Posted by tomo
comment:4   trackback:0
[北アルプス
28年上高地はお花畑

003_top1sdgsdg.gif





好天の予報で、ニリンソウロードから槍ケ岳BCスキーに




11日には各地で大荒れですが、12日から15日にかけては
登山日和の予報。連休は混雑を嫌って、畑のお手入れをして
いた私達は、満を持しての槍ケ岳。徳澤園のブログによると、
ニリンソウの見頃が15日ころとのことで、お花も楽しみです。




11-12天気予報





12日、上高地から槍沢ロッジまでニリンソウロードから




最近は楽々登山に目覚めてしまって、沢渡のペンションで前泊を
してから、入山していた北アルプス。そのペンションが、まさかの
休業だと言うので、久しぶりに車中泊。そういえば、1月に事故で
大破させられて買い替えをした車は、小さくとも車中泊ができるも
のをと選んだはず。一度くらいは車中泊、と言う思いもありました。




・平日の始発で上高地に到着。急ぐことはありません。今日は槍沢ロッジ泊りです。
IMGP5535_20160516181234403.jpg



・雲一つないという表現かがありますが、どこを探しても雲が見つからない上高地です。
IMGP5537.jpg




・大きな夫のザック。ロッジまで雪が無いので、スキーとブーツ二人分を背負っています。
IMGP5539_2016051618123310b.jpg




・岳沢小屋周辺には、もう雪が見えません。でも、稜線の雪はそこそこにあって、連休には遭難が相次ぎました。
IMGP5540.jpg




・バスターミナルを出発すると、花、はな、花。ニリンソウロードと聞いてはいましたが、こんなに沢山とは…
IMGP5543_201605161812320fd.jpg IMGP5544_2016051618123145e.jpg
IMGP5545.jpg IMGP5547.jpg



・芽吹き始めたカラマツ林越しに見る、穂高岳の白い峰々。
IMGP5548_20160516184648b83.jpg



IMGP5552.jpg IMGP5554_201605161846477bb.jpg
IMGP5555.jpg IMGP5556.jpg



・新緑の向こうから、朝日が差し込んでくるなか、のんびりお花を探していきます。
IMGP5559.jpg



・天を仰いで雄たけびを上げている! 見ようによっては、そう見える明神岳。
IMGP5560.jpg



IMGP5562.jpg IMGP5563_201605161850142fe.jpg

IMGP5566_20160516185804442.jpg

IMGP5565_20160516185803ab7.jpg IMGP5569.jpg





明神館からは「通行止め」。徳澤園手前が崩れているのだそうです。
案内では、梓川を渡って普段通行禁止の、道路を行くのだそうです。
ロープは張ってありましたが、沢渡のBTには「注意して通行とあった
よね」と言う夫の少し?な理屈で、ニリンソウロードに進みりました。




・それはそれは見事なニリンソウ。遊歩道の右にも左にも。朝早くなので、開いていないのが少し残念です。
IMGP5572.jpg

IMGP5571.jpg

IMGP5573_20160516185801f01.jpg



・池は湧き水で、信じられないほど透明。逆さ穂高岳が見られました。
IMGP5574.jpg



IMGP5577_201605170552175be.jpg IMGP3954_201605170552165d8.jpg



・ニリンソウが素晴らしいとは聞いていましたが、こんなにすごいとは思ってもみませんでした。
IMGP5582.jpg


IMGP5580.jpg

IMGP3955_201605170552150df.jpg




・崖崩れがあった場所は、徳澤園のすぐ手前でした。登山者が右岸のう回路を行くためか、誰もいない徳澤園。
IMGP3958_20160517055807c7a.jpg



・ここで朝定食のつもりでしたが、9時で終了。代わりに、カレーとおウドンで満腹に。
IMGP3963_20160517055806056.jpg




・ニリンソウロードは徳澤園でお仕舞いかと思っていたのに、これから先も、どこもかしこも、お花が続きます。
IMGP3965_201605170558067ab.jpg


IMGP3967_20160517055805100.jpg


IMGP3973_2016051705580583b.jpg


IMGP3971.jpg



・何枚も写真を撮ったのに、素晴らしいお花に出逢うたびに、カメラを向けてスクワット。
IMGP3979_20160517062608f38.jpg


IMGP3982_20160517062607bac.jpg



・白い穂高岳の峰々も、後をついてきてくれています。
IMGP3985.jpg




・お花の群れだけではなく、子ザルだけの群れにも出会うことができました。
IMGP3987_201605170626062cd.jpg IMGP3988_201605170626060fe.jpg
IMGP3989_20160517062901f7c.jpg IMGP3990_201605170629008e2.jpg

IMGP3998_20160517142228966.jpg

IMGP3992.jpg IMGP3997.jpg




・槍見河原のはるか遠くから、槍の穂先がお迎えしてくれました。
IMGP4001_2016051714222887e.jpg



・上高地でなければ、ワサビが沢山採れたのに…。せめて、お花だけでもと一枚。
IMGP4004_2016051714222788c.jpg



・下流では「ササ濁り」だったのに、ここまでくると青みがかったサイダーのようです。
IMGP4008_20160517142226264.jpg



・白い稜線が見えてきました。上高地からの長いアプローチを、お花で癒されてきました。
IMGP4007_20160517142225cba.jpg



IMGP4009_201605171440493cf.jpg IMGP4010_201605171440484e0.jpg
IMGP4012_201605171440487e9.jpg IMGP4013_20160517144047f96.jpg
IMGP4015_20160517144047430.jpg IMGP4017.jpg



・いつもこの看板に励まされます。ほんとうに、もうすぐで槍沢ロッジに着きました。
IMGP4018_20160517144910510.jpg IMGP4022.jpg



・ロッジ前で荷物を降ろしていると「早く建物に入って」急がされたのは、このためでした。
IMGP4024.jpg


IMGP4021.jpg




お花三昧の一日。立ったり座ったり、寝そべったり。大きな荷物の夫
には、さぞかし辛いスクワットだったでしょう。これだけのんびりしても、
1時過ぎには着いてしまい、夫は早速缶ビール。750円は高いなぁ!
と呟いていますが、手にしたのは500mlの缶ですよ。嬉しそうですね。

明日は、ババ平あたりからアイゼンをつけて、槍に登ります。








hdfhdhd003_top2.gif
Posted by tomo
comment:0   trackback:0
[北アルプス
28年雪の上高地

003_top1sdgsdg.gif





厳冬期に訪れたかった上高地。春になってしまいました。




3月15日~16日は上高地ハイクにもってこいの晴れ予報です。
15日には中ア宝剣岳の千畳敷カールを滑ってから、沢渡にある
ペンションにお泊りし、翌日のんびりと上高地を散策と考えたので
すが、強風のため計画を変更。NHKテレビで紹介されていた
「ちひろ美術館」が素敵そうで、観光のちスノーハイクとなりました。



15日天気 16日天気




15日。安曇野に昼頃までに着けばよい、と遅~い出発です




・テレビの映像を見ていたので、期待が大きすぎたせいか、ちょっと物足りなかった展示内容でした。
IMGP3312_2016031916561006d.jpg IMGP3313_201603191656106b1.jpg
IMGP3314_2016031916560937f.jpg IMGP3315.jpg
IMGP3317.jpg IMGP3319.jpg




・通り道沿いに「大王農場」があったので、ちょっと寄り道。珍しく夫が嫌がりませんでした。
IMGP3323.jpg IMGP3325_201603191701016e3.jpg

IMGP3322_201603191701028bb.jpg

・先日のテレビで、ワサビの花が咲いていたのですが、どこか特別な場所だったのでしょうか?
IMGP3320.jpg IMGP3321_20160319170103849.jpg




・昨日から雪が降り続いたというのに、屋根の雪も落ちたPしるふれい。
IMGP3326_2016031917123525c.jpg


・ペンション貸し出しのスノーシューを付けて、明日のハイクの練習をしている様子は、ちょっと怪しげ。
IMGP3327_201603191712344cf.jpg IMGP3329_201603191712341c7.jpg


・湯船の底は砂利。透明ですが、良く温まる温泉です。
IMGP3331.jpg


・小食の私達にはちょうど良いボリュームの、和洋折衷の夕食でした。
IMG_2824.jpg IMG_2826.jpg





16日、6時30分。宿の車で、上高地スノーハイクに出かけます。



・釜トンネルまで送っていただいて、これからしばらくは、トンネルを歩きます。
IMGP3332_201603191731183c1.jpg IMGP3334_20160322132030e33.jpg

・出口が見えました。やっとトンネル風の冷たさから解放されます。
IMGP3336_2016031917311769f.jpg




・大正池手前からは、道路にも雪が出てきましたが、ふかふか雪とは違っています。
IMGP3337_20160319173116319.jpg


上高地トイレ


・気温-6℃。かなり冷え込みました。空の青さが物足りませんが、誰もいない静かな朝です。
IMGP3338_20160319173116743.jpg




・期待していなかったのですが、素敵な霧氷の上に焼岳が顔をのぞかせています。
IMGP3341_20160319173115b97.jpg




・大正池の向こうには、明神岳が穂高連山に負けない、荒々しい姿をみせています。
IMGP3342_201603191747213ee.jpg




・霧氷はとっても嬉しいのですが、トンネルで冷え切った体には、とにかく寒い。
IMGP3344_20160319174721d5a.jpg

IMGP3350.jpg




・5時30分には出発したいと言ったら、早すぎると断られてしまいましたが、早く来て良かった~!
IMGP3352_20160319174720334.jpg

IMGP3349_20160319174719cff.jpg

IMGP3353.jpg



・厳寒期には、こんなものではないでしょうが、それでも雪や霧氷に感動してしまいます。
IMGP3339_20160319192059ef9.jpg IMGP3346_2016031919205852d.jpg
IMG_2854.jpg IMG_2846.jpg
IMGP3348_201603191920570f0.jpg IMGP3356.jpg
IMG_2834.jpg IMG_2832.jpg



・大正池ホテル脇からは、道路から離れてスノーハイク。遊歩道に入ります。
IMGP3359_20160319192831858.jpg




・昨日も一昨日も雪が降ったというのに、もう春ですね。スキーがなくとも歩けそうにしまつています。
IMGP3360_20160319192831e78.jpg

IMGP3362.jpg

IMGP3363_20160319192830ec9.jpg IMGP3364_2016031919282915b.jpg

IMGP3368_20160319192829e58.jpg




・「中の瀬」から梓川沿いの遊歩道。大正池からBTまで、一度も歩いたことが無かったのです。
IMGP3375.jpg

IMG_2859.jpg




・春を待つBT。開山に向けて除雪が始まってはいましたが、まだまだ雪の下です。
IMGP3380.jpg




・誰~れもいな、いカッパ橋に着きました。古い雪は固く、新しい雪は少ないので、登山靴でも歩けました。
IMGP3382.jpg

IMGP3381.jpg

IMGP3383_20160319193640f02.jpg




・コンロで紅茶とカップ麺。こんなに美味しかったとは…
IMGP5226.jpg




・せっかくですから、カッパ橋もスキーで渡ってみましょう!
IMGP3391_201603191942101f2.jpg




・帰りは、そのまま梓川右岸の遊歩道を辿ることにしました。すると、河原になにか動くものがいます。
熊?人?…サルでした。冷たい水に入って、川虫を採っています。満足したのか、こんな処でお休みも。
IMGP3393_201603191942104dd.jpg IMGP3394.jpg




釜トンネルに返り着き、スキーを担いでからお迎えをお願いします。
朝とは違い、下り道の帰りは早い。写真撮影に時間をとられ、思い
のほか時間がかかり、初めての雪の上高地は、かなり疲れました。







hdfhdhd003_top2.gif
Posted by tomo
comment:2   trackback:0
[北アルプス
| HOME | next