山と自然の贈り物の記録
29年奥久慈のモミジ谷

003_top1sdgsdg.gif




「行く!」声を掛けたら即答です。お友達のNさんとモミジ谷へ




29日。一日晴れの予報。2か月前に紅葉に歓喜してしまい、奥久慈は…と思って
いたのですが、Nさんが行きたいというので、私にも元気が出て、モミジ谷ツアーに
出かけることにしました。篭岩~上山コース。一枚岩から竜神川源流を楽しみます。


・私達の登山は、いつも二人だけ。HGな時だけ夫の単独。でも、たまにはお友達と。夫は篭岩展望台で講釈を長々と…
IMG_7117.jpg


・「初めての方は、必ず登らなければならない」なんて、夫にそそのかされてNさんが登ります。
IMG_7121.jpg IMG_7120.jpg
DSCN5156 (1)



・東屋から登りだして直ぐにそびえるモミジ。例年以上に見事な紅葉ぶりです。
DSCN5159.jpg



・ツクバネも例年になく豊作です。沢山の登山者が登りますが、たくさんの実を付けているの見ると嬉しくなってしまいます。
DSCN5162.jpg



・すこ~し遅かったものもありますが、今まで見たことが無い、黄色のモミジを沢山見ることが出来ました。
DSCN5166.jpg

DSCN5164.jpg

DSCN5167.jpg

DSCN5169.jpg

DSCN5171.jpg

DSCN5172.jpg



・いつも明るいNさん。今日はさらにテンションアップ。お友達が喜ぶと、私達まで嬉しくなってしまいます。
③上山

DSCN5174.jpg

DSCN5178.jpg

DSCN5181.jpg

DSCN5183.jpg



・お友達がいると、いつもより優しい夫。一枚岩手前の笹薮にも元気いっぱいなNさん。
④上山

DSCN5186.jpg



一枚岩で休憩。いつもは山屋らしい、淡白なエネルギー補給だけなのに、
今日はミカンに干し柿にスポーツ羊羹。そして飲み物はショウガココア。
朝のうち体調不良だったのに、お友達の元気につられて、私も元気に!



・勢いにのって竜神川源流にも下ってみました。この頃になって雲が広がり、紅葉もイマイチ。例年の鮮やかさがありません。
DSCN5189.jpg

②上山



・一旦車道まで下り、行き止まりに停めた車まで戻ります。その後、集落最大と思われるこのモミジ。目を見張る赤・赤・赤!
RSCN5204.jpg

DSCN5200.jpg

DSCN5196.jpg



・時間は大丈夫?大丈夫!ダイジョウブ!とNさん。パノラマラインで男体山の麓の大円地山荘へ。
IMG_7147.jpg


・時間が遅かったので営業はしていませんが、それを承知なのにズカズカと中の様子を見に行く夫。
IMG_7149.jpg IMG_7150.jpg



・今日は最高の一日でした。例年にないほどの紅葉・黄葉と、お土産にナメコまで、すこ~しだけですが。
DSCN5206.jpg



残念だったことが一つだけありました。夫が大喜びしていたコハクチョウさん。
Nさんにも見せたいと、田んぼに寄り道したのですが、お留守の様子でした。
遅くなった帰り道。もう帰っているだろうと諦めない夫ですが、又もやお留守。







hdfhdhd003_top2.gif
スポンサーサイト
Posted by tomo
comment:0   trackback:0
[茨城の山
29年湯沢源流モミジ谷

003_top1sdgsdg.gif




湯沢源流のモミジ谷も興味津々ですが、ヒラタケの方が…
(私はお友達のリース作りのお手伝い。以下は夫のレポートです。)



・24日。湯沢源流への目的は、第一がヒラタケ採集。そして第二に、モミジ谷紅葉の進み具合を確認すること。 驚きました!
こんなところに大型バスが停まっています。湯沢源流から篭岩に向かったか、釜沢越から篭岩山に向かったかのどちらかです。
DSCN5078.jpg



・釜沢越への尾根筋から見た紅葉は、例年と少し違っています。モミジの赤も、ダンコウバイの黄色も今一です。
DSCN5083.jpg DSCN5084.jpg

DSCN5085.jpg DSCN5105.jpg



・釜沢越から湯沢源流を渡り、「裏縦走路」という怪しげな名前の源流の左岸尾根を辿ります。
DSCN5086.jpg



・一昨年からだったか、この山域の笹が枯れ始め、ご覧のような光景に。お陰様(?)で明るくなりました。
DSCN5088.jpg



・このあたりの谷と言う谷は、すべてがモミジに覆われています。意外に紅葉が遅くて、あと一週間位はかかりそうです。
DSCN5089.jpg DSCN5090.jpg
DSCN5092.jpg DSCN5093.jpg



・多分ここが湯沢源流第一のモミジ谷。竜神川のモミジと同様に、12月ならないと見頃にはならないようです。
DSCN5094.jpg

DSCN5095.jpg



・尾根筋では、2年前に採集したムラサキシメジを探したけど姿無し。ヒラタケを求めて湯沢源流の「源流」に降ります。
DSCN5098.jpg

DSCN5104.jpg



・あったあった! ほんの少しだけだったけど、大きなヒラタケです。これからも頑張って生き延びてもらいたいものだな!
DSCN5099.jpg



・昨日かなりの雨が降ったから、普段は涸れている源流にも水が流れています。時雨れた雨も上がり、落ち葉にも冬景色。
DSCN5102.jpg

DSCN5101.jpg



・釜沢越に戻る頃には、朝にも増した青空に。ほとんどの木々は緑ですが、色づき始めたものは、こんなに鮮やか。
DSCN5109.jpg

DSCN5112.jpg

DSCN5107.jpg



・駐車した位置から男体山方向を眺めると、男体山・入道岩・長福山。長福山が、こんな富士山似だったとはね~。
DSCN5117.jpg

DSCN5116.jpg

DSCN5119.jpg



・ヒラタケもモミジ谷の紅葉も、期待したほどではなかったなぁ。でも一番の大物がこれ。昨年は2キロも採りましたからね~
DSCN5122.jpg







hdfhdhd003_top2.gif
Posted by tomo
comment:0   trackback:0
[茨城の山
29年春の鍋足山

003_top1sdgsdg.gif





そろそろお花の季節かな? と鍋足山に出かけました

マラソン大会翌日の10日。明日も雨だというので、今日がチャンス。
同じように考える方に、またまた出会ってしまいました。林道終点に
着くと、出発準備中のお二人が。まさか、この前の方?間違いない!
前回は1月10日。そして今日は4月10日。出発準備中の所に私達
が到着するという偶然。「日立アルプス」のスドウさんご夫婦でした。



・私たちはコースを辿らず、コルから獣道を下ってショウジョウバカマをみてから、林道へ。岩尾根に
取りつき、シュンランのお花を探してから、二峰を目指しました。 ショウジョウバカマが見頃です。
DSCN2676.jpg DSCN2658.jpg

DSCN2680.jpg

DSCN2681.jpg DSCN2683.jpg



・獣道らしく、今年もイノシシのヌタ場が行く手をさえぎります。
DSCN2660.jpg



・シュンランの時期には少し遅かったらしく、数株しか見ることが出来ませんでした。
DSCN2674.jpg DSCN2662.jpg



・二峰下の縦走路に出ると、ダンコウバイの黄色にお出迎えいただきました。
IMG_5024.jpg

IMG_5023.jpg



スドウさんご夫婦は先に本峰に着いていました。なぜか賑やかだったのは
またもや偶然の出会いがあったようです。盛金富士でイワウチワをみてから
来たと言う郡山のご夫婦。初対面ですが、共通の友達がいたのだそうです。



・今日のお目当て、イワウチワを見に岩場を下ります。 数が少ないような… お花が小さいような…
DSCN2673.jpg DSCN2671.jpg

DSCN2667.jpg



・暗~い杉林の中に、アオキの実の赤がとても鮮やかでした。
DSCN2686.jpg




・松ぼっくりも拾ったし、気分良く鍋足山から帰る途中。我が家の畑に寄ると、ワラビが蕨がこんなにも…。
DSCN2691.jpg DSCN2687.jpg

・期待通りどころか、驚くばかりの芽吹きですが、アク抜きをして、美味しくいただいています。
DSCN2692.jpg



・ワラビが採れたなら… 家に帰りついて裏庭へ。これも美味しそうですが、今日はワラビで満足です。
DSCN2641.jpg DSCN2642.jpg

DSCN2638.jpg




鍋足山のお花は少しものたりませんでしたが、畑のワラビには
大満足です。昨年とほぼ同じ時期に芽を出しましたが、その数
がケタ違いです。探して採る楽しみはなくなりましたが、嬉し







hdfhdhd003_top2.gif
Posted by tomo
comment:0   trackback:0
[茨城の山
29年夫が里山に凝っています

003_top1sdgsdg.gif





走り始めた夫が、里山でのトレーニングが気に入って…


300㍍に満たない山なのでとても簡単に登れるけど、緩やかなアップ
ダウンがあってとても山らしさがある。思いの他整備されているので、
走っても安全。あの道が気になって、とか言いながら何度も上り下りを
繰り返してきたようです。8日。誘われて、一緒に出掛けてきました。



・登山口まで車を乗り入れず、道の駅から歩いて西林道登山口に向かいました。今日のコース
どりは、西コースから東コースへ。そして耕山寺に降らず、浄水場コース~道の駅まで戻ります。
国見山



・山頂に着いて驚いてしまいました。したり顔の夫。別世界のようなゴルフ場が見えます。
DSCN1976.jpg



・ハイキングコースから外れます。MTBメンバーによる案内板です。
DSCN1982.jpg


・今は水府も里美村も常陸太田市ですが、境界争いがあったのでしょうか。三本杭いや、お墓みたいなものまで。
DSCN1980.jpg DSCN1983.jpg



・ハイキングコースでなくとも、こんなに整備されています。
DSCN1986.jpg



・左は妙見山。右の浄水場へと辿り、北と東ルートの分岐。東ルートで浄水場。さらに標識の無い分岐を左へ。
DSCN1985.jpg DSCN1987.jpg



なるほど、成る程。落ち葉の降り積もった道を下っていくと、里川沿いの
旧里美街道に降り立ち、僅かで出発点の道の駅の駐車場に着きました。
今日のコースどりで約6㌖。夫はとても気に入っていて、上り下りを繰り返
せばとても良いトレーニングだと言いますが、私にはとても無理そうです。
雑木林もありますが、杉と桧がたくさん。もうすぐ花粉が舞いそうですから。





寒い日もありますが、もうそこまで春が来ています



・部屋の中では「オンシジューム」の黄色が華やかです。
DSCN1972.jpg


・どうしたわけか、二年ぶりに「寒アヤメ」が咲きだしました。
RSCN1971.jpg



・暖かいのでしょうか?「クリスマスローズ」の一部が、咲きだしてきました。
DSCN1969.jpg DSCN1970.jpg
DSCN1974.jpg RSCN2028.jpg
RSCN2029.jpg RSCN2030.jpg




二年近く走らなかった夫が、市内の林道やハイキングコースに
出掛けています。アスファルトのロードはどうも…などと言ってい
ますが、トレイルランでなくマラソンはみんなアスファルトですよ!







hdfhdhd003_top2.gif
Posted by tomo
comment:0   trackback:0
[茨城の山
29年スノードロップが咲いて

003_top1sdgsdg.gif





暖冬の特徴という寒暖差の激しい冬。お花が顔を出してきました。




・23日。寒い中でも、ブログ名のお花、スノードロップが咲きだしました。
RSCN1888.jpg



・風が強そうですが、夫がジョギングに使い始めた「台山コース」は暖かそう、と出かけました。
台山コース


・隠れて博打を打っていたかは?疑問ですが、何かを掘った坑道があります。
DSCN1896.jpg DSCN1897.jpg

・稜線に出ると林道。ジョギングには良いかもしれません。今日は轟々と風が巻いていました。
DSCN1899.jpg DSCN1900.jpg

DSCN1901.jpg



・見晴らし台からは、海がすぐ近くに見え、高速道路も川のようです。
DSCN1903.jpg



・いくつかある金山跡。その昔、どうやって鉱脈を探し出したのだろう?
DSCN1904.jpg DSCN1907.jpg



・風が渦巻くと言われる、風神山から逃げるように下山すると、南向きの庭先にはもう梅の花が。
DSCN1910.jpg



・家に戻ってから、久しぶりに畑の様子見に。こちらも寒さに負けず。
DSCN1890.jpg


・種蒔きが遅くて諦めていた人参。なんと健気な…甘~く育っていました。
DSCN1892.jpg


・初めてです。こんなに美味しそうな小松菜が育ったのは。
DSCN1893.jpg


・ワサビ菜は、相変わらずのお元気ぶり。少し硬くはなったようですが。
DSCN1894.jpg




台山コースが、ポカポカ陽だまりコースだなどと、夫の大きな勘違い。
海寄りに向かうと、日立市の風神山があります。山頂にある看板には、
「北からと南からの風が渦巻く」と言うようなことが書かれているのです
がその通りでした。前からゴォーッと来ていたのが、後ろからゴォーッ。
陽だまりどころか、寒さで冷え切ってしまいましたが、梅のお花が咲き
だし、畑のお野菜達も青々と元気。春は確実に近づいているのですね。







hdfhdhd003_top2.gif









Posted by tomo
comment:2   trackback:0
[茨城の山
| HOME | next