FC2ブログ
山と自然の贈り物の記録
30年 奥久慈の紅葉

003_top1sdgsdg.gif



エーッもう12月!奥久慈の紅葉にもご挨拶しなければ!


・全国的に晴れの2日。北ア朝日岳の五輪尾根の紅葉で満腹していたのですが…左の町道から登り、竜神川に降ります。
DSCN7251.jpg



・予報では快晴の筈なのですが曇り空。現地に着くころには晴れるだろうとお出掛けしたのですが、ここもどんより…。
DSCN7253.jpg

DSCN7256.jpg

DSCN7258.jpg

DSCN7268.jpg



・モミジ狩りには太陽の光と青空が無いと、と不満げにしているのを察して頂いたのか、サアーっと陽が射し、また曇り空へと。
DSCN7260.jpg

DSCN7271.jpg

DSCN7279.jpg

DSCN7281.jpg

DSCN7283.jpg

DSCN7286.jpg

DSCN7288.jpg

DSCN7291.jpg

DSCN7296.jpg

DSCN7298.jpg

DSCN7299.jpg



・今日は諦めよう!と来た道を戻っているところに追いついてこられたのが「和子&哲也」さんご夫妻。つい長談義になりまた。
お陰様で夫はご機嫌を持ち直し、車で移動して展望台から登り明山に向かうあたりのモミジ谷にも足を延ばすことが出来ました。
DSCN7314.jpg



・樹上を見上げると寂しい冬枯れの様相でしたが、例年は緑が多い谷底の方まで紅葉していて、奥久慈らしさが見られました。
DSCN7302.jpg

DSCN7304.jpg

DSCN7303.jpg

DSCN7307.jpg

DSCN7313.jpg

DSCN7321.jpg



・帰りは道標の先から、案内は無いけど明瞭な踏み跡の左手に折れ、いつもの「上山モミジの主」に会いに行きました。
DSCN7324.jpg

RSCN7328.jpg



お天気予報では、「日本列島が大きな高気圧に覆われ全国的に晴れ」だった
のですが、「どんより曇り空で、時々陽が射すとラッキーか?」くらいでした。
共通の知人を持つ山友さんにもお会いでき、曇天を晴らす一日になりました。




hdfhdhd003_top2.gif
スポンサーサイト



Posted by tomo
comment:0   trackback:0
[茨城の山
30年 今年もヒラタケをゲット

003_top1sdgsdg.gif




登山マラソンから中一日。私陶芸、夫は奥久慈の山偵察へ
(以下は夫のレポートです)



・妻が出かけた後、どんより曇り空に。パソコンに向かっていると、ピーカンの青空。急遽、キノコと紅葉偵察です。
DSCN7182.jpg


・登山口に着いた頃には、再びピーカンからどんより曇り空に。モミジは貧相だけどダンコウバイがあでやか。
DSCN7184.jpg>


・登山客が増えているはずなのに、沢山あった案内板がなくなり、旧来の「釜沢越」の表示板だけが残っています。
DSCN7185.jpg



・今日の第一目的はヒラタケ。第二に紅葉の進み具合の確認。雨が無く、湯沢源流の「奥源流」は流れが止まっていました。
DSCN7186.jpg

DSCN7187.jpg

DSCN7189.jpg



・そしてたどり着いたのが、昨年と同じ倒木。初対面から久しく、次第に数が減ってきたヒラタケ。今年も抱きしめました。
DSCN7190.jpg

DSCN7191.jpg

DSCN7192.jpg



・今回は裏縦走路に上がらず、表縦走路に出て、釜沢越に戻ります。
DSCN7193.jpg

DSCN7194.jpg

DSCN7195.jpg

DSCN7196.jpg

DSCN7198.jpg

DSCN7199.jpg

DSCN7200.jpg



・モミジに期待していなかったのですが、今はダンコウバイの黄色が元気。緑のモミジの見頃には、あと10日くらいかな?
DSCN7201.jpg



釜沢越からの下りで追いついた3人パーティは、今年は全然ダメ!と諦め
の言葉を放っていましたが、きっとモミジ谷の紅葉が始まり、楽しめますよ。
台風の風や猛暑の影響なのか、落ち葉が多いので豪華さはありませんが
いま現在緑のモミジが、驚くほど真っ赤に変身した紅葉が楽しめる筈です。




hdfhdhd003_top2.gif
Posted by tomo
comment:0   trackback:0
[茨城の山
30年 そろそろ雨巻山のキノコだね

003_top1sdgsdg.gif




今年も雨巻山のキノコを見たい。あわよくばタマゴダケを…




・これが一昨年にブログにアップしたキノコの一部。暑さで、早くなるのか遅くなるのか、偵察を兼ねて出かけました。
キノコ②
キノコ①



・予報では晴れなのに雨巻山は雨上がり。駐車場はほぼ満杯。足尾山からグルっと周回予定です。
IMGP0475_20180911183919b9f.jpg

IMGP0477_20180911183916930.jpg



・足尾山沢コースから、次々と現れる筈のキノコを楽しむはずでしたが、一本のキノコの姿も無し。
IMGP0472_20180911183913da0.jpg



・お天気が変わり、強い雨も。尾根コース分岐で「帰るか?」と聞かれて、間髪を入れずに「帰る!」。
IMGP0473.jpg

IMGP0470_2018091118390732b.jpg



・お会いできたのは、この一本だけ。毒キノコでも端正な姿に見入ってしまいます。
IMGP0469_201809111839024cd.jpg



昼食は登山者用駐車場のある、大川戸。ドライブインのうどんが美味しいのです。
店主らしいおばさんに、夫が色々とご質問。今年は猛暑だったのと、雨が少ない
ので、キノコはこれからだそうです。本当に、これから出てくれると良いのですが 。






hdfhdhd003_top2.gif
Posted by tomo
comment:0   trackback:0
[茨城の山
29年奥久慈のモミジ谷

003_top1sdgsdg.gif




「行く!」声を掛けたら即答です。お友達のNさんとモミジ谷へ




29日。一日晴れの予報。2か月前に紅葉に歓喜してしまい、奥久慈は…と思って
いたのですが、Nさんが行きたいというので、私にも元気が出て、モミジ谷ツアーに
出かけることにしました。篭岩~上山コース。一枚岩から竜神川源流を楽しみます。


・私達の登山は、いつも二人だけ。HGな時だけ夫の単独。でも、たまにはお友達と。夫は篭岩展望台で講釈を長々と…
IMG_7117.jpg


・「初めての方は、必ず登らなければならない」なんて、夫にそそのかされてNさんが登ります。
IMG_7121.jpg IMG_7120.jpg
DSCN5156 (1)



・東屋から登りだして直ぐにそびえるモミジ。例年以上に見事な紅葉ぶりです。
DSCN5159.jpg



・ツクバネも例年になく豊作です。沢山の登山者が登りますが、たくさんの実を付けているの見ると嬉しくなってしまいます。
DSCN5162.jpg



・すこ~し遅かったものもありますが、今まで見たことが無い、黄色のモミジを沢山見ることが出来ました。
DSCN5166.jpg

DSCN5164.jpg

DSCN5167.jpg

DSCN5169.jpg

DSCN5171.jpg

DSCN5172.jpg



・いつも明るいNさん。今日はさらにテンションアップ。お友達が喜ぶと、私達まで嬉しくなってしまいます。
③上山

DSCN5174.jpg

DSCN5178.jpg

DSCN5181.jpg

DSCN5183.jpg



・お友達がいると、いつもより優しい夫。一枚岩手前の笹薮にも元気いっぱいなNさん。
④上山

DSCN5186.jpg



一枚岩で休憩。いつもは山屋らしい、淡白なエネルギー補給だけなのに、
今日はミカンに干し柿にスポーツ羊羹。そして飲み物はショウガココア。
朝のうち体調不良だったのに、お友達の元気につられて、私も元気に!



・勢いにのって竜神川源流にも下ってみました。この頃になって雲が広がり、紅葉もイマイチ。例年の鮮やかさがありません。
DSCN5189.jpg

②上山



・一旦車道まで下り、行き止まりに停めた車まで戻ります。その後、集落最大と思われるこのモミジ。目を見張る赤・赤・赤!
RSCN5204.jpg

DSCN5200.jpg

DSCN5196.jpg



・時間は大丈夫?大丈夫!ダイジョウブ!とNさん。パノラマラインで男体山の麓の大円地山荘へ。
IMG_7147.jpg


・時間が遅かったので営業はしていませんが、それを承知なのにズカズカと中の様子を見に行く夫。
IMG_7149.jpg IMG_7150.jpg



・今日は最高の一日でした。例年にないほどの紅葉・黄葉と、お土産にナメコまで、すこ~しだけですが。
DSCN5206.jpg



残念だったことが一つだけありました。夫が大喜びしていたコハクチョウさん。
Nさんにも見せたいと、田んぼに寄り道したのですが、お留守の様子でした。
遅くなった帰り道。もう帰っているだろうと諦めない夫ですが、又もやお留守。







hdfhdhd003_top2.gif
Posted by tomo
comment:0   trackback:0
[茨城の山
29年湯沢源流モミジ谷

003_top1sdgsdg.gif




湯沢源流のモミジ谷も興味津々ですが、ヒラタケの方が…
(私はお友達のリース作りのお手伝い。以下は夫のレポートです。)



・24日。湯沢源流への目的は、第一がヒラタケ採集。そして第二に、モミジ谷紅葉の進み具合を確認すること。 驚きました!
こんなところに大型バスが停まっています。湯沢源流から篭岩に向かったか、釜沢越から篭岩山に向かったかのどちらかです。
DSCN5078.jpg



・釜沢越への尾根筋から見た紅葉は、例年と少し違っています。モミジの赤も、ダンコウバイの黄色も今一です。
DSCN5083.jpg DSCN5084.jpg

DSCN5085.jpg DSCN5105.jpg



・釜沢越から湯沢源流を渡り、「裏縦走路」という怪しげな名前の源流の左岸尾根を辿ります。
DSCN5086.jpg



・一昨年からだったか、この山域の笹が枯れ始め、ご覧のような光景に。お陰様(?)で明るくなりました。
DSCN5088.jpg



・このあたりの谷と言う谷は、すべてがモミジに覆われています。意外に紅葉が遅くて、あと一週間位はかかりそうです。
DSCN5089.jpg DSCN5090.jpg
DSCN5092.jpg DSCN5093.jpg



・多分ここが湯沢源流第一のモミジ谷。竜神川のモミジと同様に、12月ならないと見頃にはならないようです。
DSCN5094.jpg

DSCN5095.jpg



・尾根筋では、2年前に採集したムラサキシメジを探したけど姿無し。ヒラタケを求めて湯沢源流の「源流」に降ります。
DSCN5098.jpg

DSCN5104.jpg



・あったあった! ほんの少しだけだったけど、大きなヒラタケです。これからも頑張って生き延びてもらいたいものだな!
DSCN5099.jpg



・昨日かなりの雨が降ったから、普段は涸れている源流にも水が流れています。時雨れた雨も上がり、落ち葉にも冬景色。
DSCN5102.jpg

DSCN5101.jpg



・釜沢越に戻る頃には、朝にも増した青空に。ほとんどの木々は緑ですが、色づき始めたものは、こんなに鮮やか。
DSCN5109.jpg

DSCN5112.jpg

DSCN5107.jpg



・駐車した位置から男体山方向を眺めると、男体山・入道岩・長福山。長福山が、こんな富士山似だったとはね~。
DSCN5117.jpg

DSCN5116.jpg

DSCN5119.jpg



・ヒラタケもモミジ谷の紅葉も、期待したほどではなかったなぁ。でも一番の大物がこれ。昨年は2キロも採りましたからね~
DSCN5122.jpg







hdfhdhd003_top2.gif
Posted by tomo
comment:0   trackback:0
[茨城の山
| HOME | next