山と自然の贈り物の記録
29年焼石岳でお花見

003_top1sdgsdg.gif




BCスキーをやっと卒業し、焼石岳のお花を楽しみました!


・マップに書き加えてあるのは、40年くらい前に小岩沢を遡行し風窪沢を下降した時、焼石岳直下で
牛の放牧地に入り込んでビックリした経験から。あの牛たちはどこから来て、山を楽しんでいたんだろう?
焼石岳マップ


・晴れ予報の7日(金)。、前回の飯豊石転び沢を日帰りした勢いで、今回も日帰りだと言う夫。
焼石岳①


・今回の目的はハクサンイチゲ。夫がヤマレコで見たこんな写真を、一週間前と勘違いしていたからです。
焼石岳ハクサンイチゲ



・2時半に出発して、5時間弱で中沼駐車場。すでにいっぱいの車が並んでいました。
DSCN3978.jpg DSCN3979.jpg


・焼石岳は、長靴で登るのが地元では常識と言うので、昨日購入してきました。
DSCN3983.jpg



・たしかに水の多い山道でしたが、気になるような泥寧はなく、とても良く整備されています。
DSCN3984.jpg DSCN3985.jpg



・中沼は、想像していたよりかなり大きく、澄んだ水をたたえていて、湖のようです。
DSCN3988.jpg

DSCN3990.jpg DSCN3991.jpg
DSCN3992.jpg DSCN3997.jpg
DSCN3998_201707092004394bb.jpg DSCN3999.jpg



・上沼は名前のとおりに、沼らしいお姿です。稜線のお花畑しか頭になかったのですが、いろんなお花が次々と…
DSCN4002.jpg DSCN4001.jpg

DSCN4003.jpg DSCN4007.jpg

DSCN4004.jpg

DSCN4011.jpg DSCN4014.jpg
DSCN4016.jpg DSCN4018.jpg



・つぶ沼分岐には小さな雪田が残り、リュウキンカやミズバショウが咲いています。
DSCN4019.jpg

DSCN4022.jpg

DSCN4024.jpg DSCN4025.jpg

DSCN4026.jpg

DSCN4027.jpg DSCN4028.jpg



・銀明水は、ほんとうに美味しい。沢沿いに登るコースなので、水には飢えていないのですが、この冷たさはうれしい。
DSCN4032.jpg DSCN4037.jpg

DSCN4043.jpg

DSCN4038.jpg DSCN4042.jpg

・ここの避難小屋は下山するときに確認することにして、大雪渓? 林から抜けたので、太陽が熱~い。
DSCN4044.jpg

DSCN4049.jpg DSCN4052.jpg
DSCN4055.jpg DSCN4056.jpg
DSCN4057.jpg DSCN4058.jpg
DSCN4059.jpg DSCN4060.jpg
DSCN4063.jpg DSCN4068.jpg



・大群落ではないけれど、道端には花、花、花…。すれ違う登山者は女性ばかり。さすがにお花の山です。
DSCN4071.jpg DSCN4072.jpg

DSCN4073.jpg

DSCN4075.jpg

DSCN4076.jpg

DSCN4078.jpg DSCN4080.jpg DSCN4081.jpg DSCN4084.jpg


・そして稜線の西側。西焼石岳に挟まれた沢の源頭。40年前の、「」の記憶がよみがえる光景です。
小岩沢源頭

DSCN4085.jpg DSCN4087.jpg

DSCN4089.jpg



・山頂は、この標柱だけで少しつれない感じがします。焼石神社への道が分からなくて、途中から引き返したご夫婦も
いたし、道不案内なため、行くか行かないかと迷っているオジサン。私たちの様子を窺がってから、後をついてきます。
DSCN4091.jpg

DSCN4093.jpg DSCN4094.jpg



・ハクサンイチゲの大群落がある、東焼石岳に回ります。残念!時期を間違えたのか、チングルマやイワカガミだけでした。
DSCN4096.jpg

DSCN4099.jpg RSCN4130.jpg DSCN4105.jpg RSCN4129.jpg

DSCN4101.jpg



・これからは、チシマフウロの群落がみられるそうですが、咲き残りのハクサンイチゲと湿原もなかなかの景色でした。
DSCN4115.jpg

DSCN4116.jpg

DSCN4120.jpg DSCN4121.jpg



・登りでは、歩くたびにお花に呼び止められ、余り登った気がしなかったのですが、避難小屋まで、結構疲れる下りでした。
DSCN4123.jpg

・小屋の内部はとてもきれいです。トイレも水洗のバイオトイレで、金明水の小屋とともにお泊りしてみたい小屋の一つです。
DSCN4125.jpg DSCN4124.jpg


・上沼まで戻ればもうすぐ?思い違いでした。中沼も遠かったし、登山口までもこんなに遠かったかなぁ~!
DSCN4126.jpg




とても暑い一日でした。山頂気温の予報が16℃だったので、油断していた
からなのか、銀明水や沢の水がなかったら、カラカラに干からびていたかも
知れません。 ひめかゆの湯に入る頃には、31℃の表示が出ていました。







hdfhdhd003_top2.gif
スポンサーサイト
Posted by tomo
comment:0   trackback:0
[東北の山
28年会津駒ヶ岳のお花達

003_top1sdgsdg.gif





7月1日。会津駒ヶ岳の晴れ予報と、お花達が呼んでいます!




・30日はこんな天気図なのに、駒の小屋のブログでは晴れている様子なので、意を強くして出かけます。
30日天気 1日天気




・お天気が良いのは嬉しいけれど、真夏のような暑さの中を登りだします。
IMGP4483.jpg


・しばらくはブナ林の中で、お花もほとんど見かけません。
IMGP4484_20160703104938106.jpg


・登山口では猛暑でしたが、ガスが巻いてきて涼しくなってきました。
IMGP4485_2016070310493738d.jpg



・水場まで約1時間。快調に登って、ユキザサとマイヅルソウロードに入りました。
IMGP4487_201607031049379bf.jpg IMGP4488.jpg 
IMGP4489.jpg



・ギンリョウソウ、ゴゼンタチバナ、アカモノ などなども…
IMGP4490_2016070311050456d.jpg IMGP4492_20160703110503514.jpg

IMGP4493_20160703110503249.jpg IMGP4494.jpg 



IMGP4496_20160703110501125.jpg

IMGP4501_201607031105019a3.jpg



・このあたりからは、ツマトリソウとオウレンの街道に変わりました。
IMGP4499_20160703111110d4a.jpg IMGP4502.jpg IMGP4503.jpg


・痛々しいお姿。出来れば、早めに登山道に木道の整備してほしいですね。
IMGP4505_20160703111109792.jpg


・いかにも痛そうなハリブキにも、こんなお花がつくのですね。
IMGP4506_20160703111109c8e.jpg


・ミツバオウレンが益々勢力を増します。八ツのオーレン小屋って、花の名だったの?と夫。
IMGP4511_20160703111108214.jpg



・高度を上げていくと、今度はモミジカラマツ、ナナカマド、コイワカガミロードが始まりました。
IMGP4508.jpg IMGP4509.jpg

IMGP4513_20160703183825dfb.jpg IMGP4512_201607031838248ef.jpg




・水場から意外に長かった樹林帯を出て、休憩スポットに出ました。
IMGP4518_20160703183823ac4.jpg


・樹林と湿原の、両方のお花が見られるところです。
IMGP4514.jpg


・池溏や湿原の周囲は、ワタスゲとイワイチョウの世界です。
IMGP4519.jpg

IMGP4521_20160703193449ffb.jpg

IMGP4523_2016070319344938d.jpg




・チングルマって、湿原にも咲くお花だったんですね。遠すぎて、良く映りませんでしたが…
IMGP4526_20160703193448ec0.jpg IMGP4524_201607031934485c5.jpg 
IMGP4525_201607031934475bf.jpg




・いつ見ても、とてもメルヘンチックな光景です。左の棟がトイレだなんて信じられません。
IMGP4586_201607031945219bf.jpg




・ハクサンチドリと多分ネバリノギランかな? 湿原の中や歩道脇で咲きだそうとする姿がいっぱいです。
IMGP4528_20160703194520938.jpg IMGP4529_2016070319452060e.jpg 

・ネット検索でネバリノギランが、葉や蕾が似ています。
ネバリノギラン



・駒の小屋前の池溏からは、ハクサンコザクラが主役。こんなに可憐なお花が、なぜこんなに沢山?
IMGP4538.jpg IMGP4532.jpg 

IMG_3352.jpg 

IMGP4540.jpg




・駒ヶ岳山頂裏から中門岳にかけての湿原がお花の天国と聞いて、側道から進んでいくと…
IMGP4545_2016070319565904c.jpg IMGP4547_20160703195658fe4.jpg

IMGP4550_20160703195658d00.jpg IMGP4551.jpg




・トラバースを終えて、駒ヶ岳山頂の裏手に出ました。お花には、少し早過ぎたかな?
IMGP4552_201607031956577a0.jpg

IMGP4553_201607031956562db.jpg




・イワイチョウは、葉っぱだけでも可愛い。これからお花が咲いてくるのでしょうか。
IMGP4554.jpg

・ハクサンコザクラは、もっともっと可愛い。
IMGP4555_20160703200556548.jpg



・木道脇のキンポウゲと遠くに見える群落。「黄色」でも「ショウジョウ」バカマでしょうか?
IMGP4564_201607032005531b2.jpg

IMGP4560_201607032005566a2.jpg IMGP4563_20160703200555a44.jpg



・湿原のお花とも思えないスミレが、とても力強い群落を作っています。
IMGP4561_20160703201319140.jpg




・朝には真夏日のようだったのに、冷たい霧に覆われてしまいました。湿原らしい潤いです。
IMGP4566.jpg

IMGP4567_201607032015124f9.jpg IMGP4568_20160703201512a48.jpg

IMGP4569_20160703201511365.jpg

IMGP4570.jpg




・中門岳からは、行きにパスした会津駒ヶ岳山頂を経由して小屋に戻ります。
IMGP4572_2016070320175906e.jpg IMGP4575_201607032017592af.jpg
IMGP4579_2016070320175828e.jpg IMGP4577_20160703201758939.jpg

IMGP4573_20160703201757d37.jpg




・登山口からずう~っと虫にあわず感激していたのに、ここだけは違いました。
IMGP4580.jpg




・もう一度、大池と駒の小屋、湿原に映るワタスゲを眺めながら…
IMGP4582_20160703202112909.jpg

IMGP4584_20160703202111d81.jpg

IMGP4589.jpg

IMGP4587.jpg



・久しぶりなので、途中バテ気味でしたが、駆け下りてきました。
IMGP4590.jpg

IMGP4591.jpg




・疲れた体を癒したのは、古町温泉赤岩荘で。この色に浸っただけで、疲れが飛んでしまいます。
IMGP4595.jpg IMGP4592.jpg
IMGP4593.jpg




毎年、この時期は疲れます。これまでの下山がスキー滑降モード
だったのから、駆け下りモードに変換しなくてはならないからです。
前回の苗場山が、ゆっくり下山だったので、今回はギアチェンジ。
夫の「お互い衰えてきたよねぇ~」の声が、耳障りに聞こえました。









hdfhdhd003_top2.gif
Posted by tomo
comment:0   trackback:0
[東北の山
鳥海山+大湯滝
003_top1sdgsdg.gif






8月28日(日)朝5時自宅を出発し、鳥海山に向け高速に乗る。

 今回もまた、「栗駒にしようか」「鳥海にしようか」悩んだ夫に振り回され、
前夜にでも出発すればよいものを、早朝の出発となってしまった。

 5時間くらいかな?と予想していたが、11時近くになって「湯の台」に到着。
休憩所のある駐車場は満杯で、全く余地が無い。
行き止まりまで行ってしまったので、苦労してUターンしようとしていたら、
帰る準備をしていた親切な方が、スッと出ていただき、路上で片づけをして頂いた。

有難うございました。

茨城は、今にも振り出しそうな空だったのに、月山パーキングをすぎたあたりから
青空が広がり始めた。
 登りだしは、青空の下。11:20分に出発。
樹林帯の中、緩い登りの石畳から抜け出し、沢にかかった橋を渡る。

と、ここで夫が立ち止まる。

上流を見上げると、真っ白い大岩が積み重なった涸れ沢から、滝を連ねて
高山植物の咲き誇る、お花畑に突き上げているように見える。


110828_11487E01(1).jpg  110828_11447E03.jpg  110828_11427E01.jpg



十数年前、小さかった子供達と登った時の、登山道添いに沢の流れる音、川原宿
小屋前に川となった雪解け水を思い出したのだ。

「ヨシ!今日はこの沢を詰めよう!」と、突然のご宣託です。

「滝の小屋」すぐ手前の沢で、たしかに、白く輝く滝の上には、お花畑が見えそうだ。
そう思って、うかつにも、その誘いに乗ってしまった。

ひさし振りの沢歩きは楽しい。
今は伏流水となっているため、白い大岩がゴロゴロ積み重なっている。岩は素晴らしく
フリクションが利いて、登山靴でも全く不安は無い。
天気も上々。さらに青空が広がってきた。
数メートルの小滝では、滝つぼにプールのように澄んだ水が蓄えられている。

始めは、恐るおそる夫に続いていたのに、二箇所ほどフィックスドロープを見つけた
ことから、この沢が登りに使われていることが分かり、気分は高揚。


110828_11467E01.jpg  110828_11337E01.jpg  110828_11317E01.jpg


夫は、「黒部の赤木沢も、こんななの?」と聞いてくる。
「ウン。こんなだったかな。もっときれいだったかな?」と、天下の美渓である「赤木沢」
と比べてしまう、私がいた。
高度をグングン稼ぎ、素晴らしい涸れ滝の連続を登り、両岸のキスゲなどの花を眺め
二人で歓声の連発です。
と、そこに、Oさんからのメールが着信です。
「ここまでメールか」と思ったものの、直ぐに写メを撮って送信してしまいました。
「青い空と白い滝、ここは鳥海山だよ!」っと。


110828_12197E01.jpg  110828_12057E01.jpg  110828_11597E01.jpg 



有頂天はここまで。
連瀑を登りきって、沢は緩やかに蛇行し始めてきた。
予定では、もうすぐ、川原宿小屋近くに飛び出すはず。
ところが、ゴーロの沢床は続くものの、笹や潅木の枝がうるさくなってきた。
草原に飛び出しそうになっても、また後戻りの繰り返し。

ここでの夫の決断が、天国から悲しみに、私を転落させてしまった。

「登山道は、沢の直ぐ右岸にある筈。藪を漕いで、道に出よう!」と。
実は、ここまでは、全て夫の頭の中で描いたイメージだけで、
行動してきてしまっていたのです。
夫は、地図を見ていなかったのです。いや、地図を見る気も無かったのか、
車に置いてきてしまっていたのです。

後で分かったことですが、夫のイメージしていた「本物の沢」は、「滝の小屋」を
過ぎたところで横切る「小さな沢」、だったのです。
私達は、一本手前の、「素晴らしそうな沢」に誘い込まれてしまっていたのでした。

沢から、右岸の笹薮をのぼり気味に行くが、一向に登山路に出ない。
この間に、悲劇が起きました。
アッと気がついたら、さっきOさんに写メをメールした後、ポシェットにしまった筈の、
携帯電話を亡くしてしまっていたのです。
ファスナーのフックが藪に引っかかり、開いてしまったのだろうか?

押し分けてきた藪は元に戻り、何処を歩いてきたかの、痕跡が見つからない。

藪にウンザリしてきていたのに、携帯まで失って ‥ ‥ ‥ ‥。
結局、30分以上かけて「川原宿小屋」脇を流れる「本物の沢床」に出ました。
11:30分着です。

子供たちと来たのも、丁度同じ時期。
あの年は、大雪の年だったのだろうか。轟々と音を立てて流れていた光景が、
うそのようです。

ゆっくり休み、夫の慰めを何度も聞き、少し気を取り直しました。
「山頂小屋まで、あとどのくらい?」と聞くと、「2時間くらいかな!」と平然と答える夫。
「あと2時間もあるのかぁ~…」と見上げた山稜には、ものすごい急坂が待っている。

1:50分出発。
藪漕ぎと携帯亡失で意気消沈していた身体は、今一パワーが出ない。
そんな私を見透かして、夫は雪渓の右。大岩の積み重なる、沢床を登る。


<奥に見えるのが川原宿小屋>
110828_15307E01.jpg 110828_14587E02_20110903100221.jpg


  <心字雪という残雪です>
110828_15187E01_20110903114656.jpg

  

トラバースしてきた登山道と合流して、いよいよ薊坂と呼ばれる急登だ。

少しの間雪渓に沿って登り、夫の汲んでくれた出来立ての雪解け水飲み、
喘ぎながら、一歩一歩登る。
「大丈夫?」「無理するなよ!」と声をかける夫は、涼しい顔。
「少し黙っていてよ!私は大丈夫だから!」。

少しずつ気分が乗ってきて、ペースも上がってきた。そうなると不思議なもので、
遠くに思えた稜線がアッと言う間に近づいて、急坂が終わってしまった。

あとは稜線漫歩。でも、お花が見当たらない。
子供たちと来た、あの夏は、登山路脇はお花が満開で、蝶が一杯飛び交っていたのに。
                         

   <ぼけていますが頂上小屋遠望です>
 110828_15387E01.jpg 110828_15417E01.jpg 110828_15597E01.jpg



行者岳を過ぎたところで、外輪山からハシゴを下って、内壁に沿った道に降りる。
よくも、こんなところに登山路を付けたものだ。
他の山なら、「落石の恐れあり」とかで、通行禁止となってもおかしくないところだ。

とくに、小屋に登り出す付近は、最近の大地震で落ちてきたのでは?と思わせる
大岩もゴロゴロ。

先客たちは、小屋の広場で缶ビールパーティをしている。その横に飛び出したのが、
4時ちょっと前。

宿泊の受付を済ませるやいなや、疲れた私を横目に、缶ビールでグビグビのどを鳴らす夫。

頂上小屋のトイレは真新しい「バイオトイレ」、外見に比べ小屋の中も新しく、毛布も清潔そう。
与えられたブースも二人専用のような所で、ラッキーです。
食事は出来合い物で、やや貧相。でも、味噌汁はおいしかった。

食事を終えたら、外の広場に。
丁度、太陽が生みに沈んでいくところで、とっても眩しい。ギンギンの日差しのような強烈な夕日。


   <山小屋の壁に寄り添う影が写りました>
110828_16237E01.jpg                110828_16237E01.jpg


水平線で雲の中に入り、真っ赤に膨らんだ太陽が、ひときわ輝いたあと、急にしぼんでいった。

すると、間近の日本海に、飛島が。夕日が邪魔しなくなって、暗い海に浮かんでいるのが、
良く見えるようになったのだ。

明日の好天、ご来迎に期待して、7時過ぎには毛布を被った。

8月29日。
昨日の夜、小屋の人が、「頂上まで40分くらいかかるよ」と言っていたので、4時に起床。
そそくさと準備をしていると、一人また一人、と起きだしてきた。

暗い中を、ヘッドランプを点けて出発。
視野が狭いせいもあるが、なんと言うガレ場なんだろう。
「小さかった子供たちが、こんな所を、よく登ったよねぇ!」「よく連れてきたねぇ!」
「大地震がきたら、どうなるんだろう。生きて帰れないよ。怖いよねぇ!」。

110829_04317E01.jpg
  110829_04417E01.jpg  110829_04427E01.jpg


約20分で頂上に着いてしまったので、まだ真っ暗。
夫婦二人だけで待っていると、後続が1ペア。私たちと同じ位の年齢だ。
薄明かりに、ガラガラ、ゴツゴツの岩屑が浮かんでくる。

110829_04427E02.jpg

一体この山頂はどうして出来たのだろう。溶岩ドームが破裂して、岩屑の山が
出来たように見える。
5時5分。地平線が丸く見え、たなびく雲の間から少しずつ、少しずつ太陽が浮かんできた。

110829_05027E02.jpg  110829_05037E01.jpg  110829_04557E01.jpg

 
日本海を見ると、雲海の上に鳥海山の影、「影鳥海」だ。
なんと運のよい私達、贅沢な私たちだろうか。お隣の、ご夫婦も同じ事を言っている。

<ぼけていますが、影鳥海です>
110829_05077E01_20110903123439.jpg



下ってみても、岩屑の山は険しい。
若かった私達は、ここを平気で小さな子供を連れ歩いていたのだ。
いや、そう思う様になったのは、年をとったと言うことかも。

山小屋で食事をし、6:15分に下山開始。
薊坂の苦しさがウソのようで、沢の詰めでの藪漕ぎもウソのよう。
快調に駆け下って、駐車場に8時過ぎ着。

川原宿小屋でも、滝の小屋でも、駐車場でも、「エッ、もう降りてきたんですか」
と聞かれて、自慢げな夫。付き合う私は、大変なんだから!

『帰りは川原毛地獄にある大湯滝へ』
折角、東北に来たんだから、温泉に入ってから帰ろう。
どうせなら、秘湯中の秘湯と言われている、「川原毛地獄にある大湯滝」にしよう。




↓・秋田県湯沢市のHP観光案内の写真を転載しました。
IMGP1201.jpg



IMGP1202.jpg


・大湯滝全景です。40℃という適温の湯が落ちてきます。
IMGP1206.jpg



・絶品の湯船ですが、裸の殿方には閉口します。
IMGP1205.jpg




電池切れで、写メが撮れなかったのですが、ネットで検索した通り、天然の滝壺が
丁度良い湯加減となった、素晴らしい湯滝でした。
一つ苦言を言えば、「男のみなさまも、水着を着けて欲しい」と思いました。

興味のある方は、「川原毛地獄」で検索すると、たくさんの投稿がありますから、
ご覧ください。






hdfhdhd003_top2.gif


Posted by tomo
comment:0   trackback:0
[東北の山
| HOME |