山と自然の贈り物の記録
29年ちぎり絵に力が入って…





奥又白池が絶賛され、飯豊もと思ったのに、不満げなご様子で…



ならばグーのネも出ないものを、と気合が入りすぎてしまいました。
創作意欲もマックス。久しぶりに、朝から夜まで力一杯。体全体で。



・私が選んだ題材は、コレ。乗鞍岳大雪渓からスカイラインを見下ろしたもの。
乗鞍②

IMG_4879.jpg

IMG_4880.jpg



・知恵を絞って完成したのに「もっと原画のような、残雪模様が…」。今回もご不満な夫です。
RSCN2381.jpg

DSCN2365.jpg




・「気分転換に、世界遺産の和紙の里にでも行こうか?」。夫が慰めてくれました。
IMG_4886.jpg


IMG_4885.jpg

IMG_4884.jpg




圏央道が開通したという興味と、「細川紙」を手にいれたい思いが
あり、出かけてきました。私たちの近くには「西の内和紙」がありま
すが、繊維が長いと言われる細川紙。沢山購入してしまいました。
一作目より二作目、三作目と力が入ってしまう私。そう思っている
ところに、夫から同じご指摘。ついつい反撃したくなりますよねぇ…。







スポンサーサイト
Posted by tomo
comment:0   trackback:0
[ちぎり絵
29年奥又白池に続いて飯豊もと…





奥又白池を気に入ってくれたので、今度は飯豊・門内沢源頭を




・25年の遅い春。門内沢を滑降した際の、夫の写真から。
キンポウゲ


・キンポウゲの群落と残雪。7月まで雪渓を滑降できたのです。
DSCN2335.jpg


RSCN2338.jpg


「小さいのが見たい」と言うので寸松庵サイズにちぎってみたら、
「雄大さが出ていないなぁ」「大きく作ればよかったのに」だって






Posted by tomo
comment:2   trackback:0
[ちぎり絵
29年久しぶりに、ちぎって、ちぎって





「最近ちぎっていないんじゃない?」と心無い夫の言葉に発奮




26年秋、奥又白での夜明け前。テントの向こうにたなびく雲海。
手前には、奥又白の池の鏡のような水面。とても幻想的なので…



夜明け前



・透明なクラフトプラバンに極細油性ペンで風景を写し取り、その上に透明なプラバンを載せて、和紙を張り合わ
せていきます。夫には和紙の買い足しや、「そこは…。太くない?」などと、口先介入を受けながらの作業です。
DSCN2320.jpg DSCN2319.jpg



・「オッ いいじゃない!」休んでいたのに、格段に腕を上げたように見えるとお褒めの夫。
DSCN2333.jpg



昨年11月。ひたちなか市で開催された「彦坂」先生のちぎり絵展で
ヒントをいただきました。トレーシングペーパーからプラバン二枚に変
えたことで、下絵とちぎり絵、そして写真との確認作業がとてもしやす
くなり、スピーディに仕上がり、感謝感謝で、もう一枚と意欲も……。






Posted by tomo
comment:0   trackback:0
[ちぎり絵
「ちぎり絵」の新しい世界





「こんな世界感も出せるのねぇ~」、素晴らしい出会いでした!



DSCN0998.jpg
(タイトルは忘れましたが、吹雪に立ち向かうかのような、おばあさんの姿の「ちぎり絵」から、顔だけをアップにしました。)




新聞のイベント情報を見ていると、「ちぎり絵」の展示会のご案内が…
私の最近の「ちぎり絵」は、静物から風景に力が入ってきていました。
見てみたいなぁ、と遠慮がちに口にすると、いつもは重~い腰の夫が、
あっさり「行くか」と…。どうやら、夫の知り合いの会場だったようです。




・どんな作品が展示されているか、知らないまま出かけたのですが、オッオッ、オッー!
DSCN0982.jpg



DSCN1008.jpg



・たくさんの作品の中から、とくにお気に入りだった絵のカードを買い求めました。
RSCN1065.jpg

RSCN1063.jpg

RSCN1064.jpg

RSCN1061.jpg




・遠景でみると、ただの風景画のようですが、アップでは細かな細かな超絶技巧。
RSCN1067.jpg




・上の四枚の「ちぎり絵」などのお気に入り部分を、思いっきりアップしてみてみます。
DSCN0993.jpg

DSCN0997.jpg

DSCN1001.jpg

DSCN1003.jpg

DSCN0994.jpg

DSCN0995.jpg

DSCN0999.jpg




・ほかの作品の画面の中からも、とても参考になった部分をアップしてみました。
DSCN1006.jpg

DSCN1005.jpg

DSCN1007.jpg




先生はとても気さくで、私の「どんな手法で作り上げていくのか?」と言う
ぶしつけな質問にも、丁寧に答えていただきました。私も、我流で風景画
に取り組んできましたが、先生も我流なのだそうです。我流も極めてると、
こんな素敵な作品に仕上げることが出来るようになるんだ、と感動一杯…

家に帰ると、優しい?夫が、せっせと風景のプリントを始めました。それっ
て、本当にプレッシャー。 もう少し、落ち着いてから、始めますからね~!






Posted by tomo
comment:0   trackback:0
[ちぎり絵
再びのちぎり絵。暇を持て余して!





大分回復しましたが、まだまだ養生中で、ちぎり絵を!




・夫が7月に行ったHG日帰り登山の一コマ。素敵な熊沢田代の雰囲気をちぎり絵に。
DSCN0369.jpg




DSCN0368.jpg

DSCN0367.jpg




・田代手前のピークからの俯瞰で、「上から目線」ですが、静かな尾瀬が表現出来たかなぁ??
DSCN0366.jpg




尾瀬沼の三本カラマツは、なぜかイメージしたとおりに、トントンと
出来上がってしまいましたが、これは難産です。夫は、「湿原に
こだわらず前作と同じようにチギッたら」などと、無責任なことを言
いますが、気合が入った私には、受け入れられない言葉でした。
夫の言葉にイラッとしますが、私にもまだまだ修行が必要ですね。






Posted by tomo
comment:3   trackback:0
[ちぎり絵
| HOME | next