山と自然の贈り物の記録
30年 勝田全国゜マラソン




夫が三年ぶりに、勝田全国マラソンに復帰しました!




勝田②



2005年、55歳のときに初めてフルマラソンに参加。、毎年走り続けていたのに
14年に風邪でキャンセル。15年には走ったものの、直後の健康診断で心臓病
との診断。柴又100Kウルトラマラソンなども走り、健康そのものだったのに…
とキツネにつままれたようでした。三回の手術と、少しずつ山や走りでリハビリ
を進めて、昨年6月には柴又60Kも完走し、久しぶりに勝田に戻ってきました。



・私が陣取るのは22㎞手前の曲がり角。寒さをものともしないランナーが、次々と走り去っていきます。
IMG_7849.jpg IMG_7850.jpg


・友人のHさんは自己記録更新狙いと、アッと言う間に通過していき、トイレと補給を済ませた夫もレースに戻っていきます。
IMG_7854.jpg IMG_7855.jpg



・夫の結果は…。もともとネットで23分がベストでしたから、30分も切ることが出来なかったことにガックリです。
お友達のHさん。記録狙いと言っていた通り、ネットタイムで3時間44分。余裕でサブ4を達成する快走でした。
DSCN5392.jpg
DSCN5391.jpg


・13年のタイム。この位が平均だったようです。14年は風邪(インフル)でキャンセルでした。
勝田2


・夫が満足そうにゴールしたのに、こんなに遅くなったのかと驚いていた15年のタイム。
勝田1



以下は夫自身の評価と反省の弁です

勝田3


20㎞まではほぼ予定通りの走りが出来ていたのに、妻の私設エイドでの
トイレが失敗のもとだったと思う。空いていたと言うのに、急に行列ができた
らしく、トイレと補給で5㎞のラップを5分以上落としてしまった。休み過ぎた
反動なのか、それからの走りのペースが上がらない。加えて、降り出した雪
も影響したかもしれない。 ふくらはぎも、ハムストリングスも硬直してきた。
救いはBよりCのタイムが上回ったこと。Cは交通規制が解除されて信号待
もあったのに、すこ~しだけ最後の意地を見せられようで、すなおに嬉しい。


明けて翌日。私はインフル、夜にはまたもや雪が…


DSCN5393_20180130110955891.jpg



27日から少し咳が出ていたのですが、軽い風邪だとばかり思っていました。
熱がなく体調も悪くはなかったのですが、29日になって咳がひどくなってき
たので念のために病院に行くと「残念でした~インフルB型です」との診断
をいただきまして、昨日お世話した夫に、これから一週間お世話になります。



スポンサーサイト
Posted by tomo
comment:2   trackback:0
[マラソン
29年西金砂登山マラソン





19日。夫が、三年ぶりに西金砂登山マラソンに参加しました
(以下は、夫一人旅のレポートです)




西金砂③


・コースの最高点は、スタートしてから約9㎞の民族伝承館。ここまで約300㍍を登り、残り5㎞を駆け下っていくのです。

西金砂①

西金砂②


・スタート・ゴールは金砂の湯前。9時過ぎに会場の様子を見に行くと、さすがにローカルレース。賑わい少なく寒々としています。
IMG_0007.jpg IMG_0009.jpg



先月の「水戸黄門漫遊マラソン」を棄権したあと、今度こそは!と練習を
してきたので、少しはスピードにも慣れたはずでした。そんな自信もあり、
スタートから自分なりのトップスピード走ったけど、早い人が多い~ 5㎞
までは、半分ほぼ下り基調で、そこから緩やかな登り。25分でますまず。

6㎞から急登。歩き主体なので時計は見ません。もう少し頑張れたかなも
と思うのは後から。急下降は得意な筈だが少し抑えて、平坦地でゴール。



・心臓手術で離れてから3年。アスファルトの道で、同じ筋肉を使い続ける辛さ。山では辛いなんて感じたこと
もないのに… 60歳代は百人と少し。7割はランクラブに参加している方達なので、その健脚ぶりに脱帽です。
IMG_0023.jpg



・3年ぶりに参加して、約4分縮めることができました。あと、どこをどう頑張ったら良いのか?もっと軽やかに走れないかなぁ!
IMG_0012.jpg



・着替えた後、名物「けんちんそば」のサービスに並び、表彰式をながめながら、おいしくいただきました。
IMG_0013.jpg

IMG_0016.jpg IMG_0022.jpg




ここでタイムを縮めるには?急坂の登下降はあれ以上頑張れそうに無い
なぁ。それが平坦地で出来るか?キロ5分以上はとても無理だろうから、
やはり登りしかないのか?疲れ具合から見るともう少し頑張れたのかも!






Posted by tomo
comment:2   trackback:0
[マラソン
29年水戸黄門漫遊マラソンデビューのはずが





水戸マラソン



IMG_6861.jpg




初参加予定の夫には、お天気が気になって仕方が無いようです。開催の可否は
大会HPで29日、大会当日の朝5時以降に知らされるということでしたが、実際
には、28日に発表されていました。横浜が中止なのに、水戸は開催決定です。
この決定が凶とでるか吉とでるか?口にしないまでも夫は決めていた様子です。



水戸マラソン③

水戸マラソン②



夫の記録はコレ!棄権です!。準備に自信がなかったのか、「晴れの日だけ登山隊」には、雨が苦手のようでした。
永井




・私は板橋区在住の友人Hさんと、ご主人のゴールを待ちながらのランチです。応援ナビで確認すると、Aさんも頑張っています。
浜


・Hさんがゴールしました。すごい!雨の中、ビニール袋みたいなものをかぶって走っていたのに、楽々のサブフォーでした。
浜②


IMG_6863.jpg

IMG_6864.jpg



・記録内容も見事です。ご主人の性格なのか、ずうっと同じペースです。ペースを守り切る脚力はもっとすごいです。
浜③



結果的には、水戸の判断が吉と出ました。雨は降っていましたが1時過ぎまでは
大雨にはなりませんでした。その後、夫がゴールするはずだった時間に大雨となり
2時過ぎに土砂降り、3時過ぎには雷もなりだしました。3時終了予定でしたから、
大過なく終了してとてもラッキーだったと思います。私は楽しいランチタイムでした。








Posted by tomo
comment:2   trackback:0
[マラソン
29年柴又100Kを走りました





当日予報は最高気温26℃。夫がウルトラマラソンに復帰です。




柴又タイトル



・夏日が続き心配をしていましたが、2日の予報では最高気温が24℃と、やや低め。
柴又天気


・なのに当日予報では26℃。でもラッキー、すこ~し西高東低なのが効いて、風の強い一日になりました。
3日 4日



・電車の中にランナーの姿が沢山ありますが、付き添い付きは、我が家の夫だけの様子。
新設された「サクラさん」と「寅さん」銅像にご挨拶し、帝釈天を抜けて会場に向かいます。
IMG_5609.jpg

IMG_5610.jpg

IMG_5613.jpg




・今回は60㎞の部に参加です。第一回大会で100㎞を完走しているのですが、心臓の手術以来フルも走っていないからです。
IMG_5615.jpg IMG_5620.jpg

IMG_5626.jpg IMG_5624.jpg



IMG_5619.jpg



・キロ8分のペースで走って8時間。6時前後には戻るからと言って、9時50分にスタートしていきました。
IMG_5633.jpg IMG_5635.jpg

IMG_5639.jpg



・この後は船橋の家に戻り、「応援ナビ」で夫の現在地を確認しながら、お買い物にでもと…

応援ナビ



・ランフォトの、折り返し点30㎞付近の写真。まだまだ元気で両手を挙げています。
柴又30K



・10㎞くらいまでペースが早過ぎると思っていたら、40㎞からダウン。6時には戻れ
ないゴール予想だったのに、なんと50㎞からペースアップ。慌てて柴又に戻りました。
IMG_5642.jpg



・どうしたわけか、ナビの予測を大きく上回り、5時44分にゴールのテープを切りました。
IMG_5660.jpg

IMG_5662.jpg

IMG_5665.jpg

IMG_5669.jpg

IMG_5670.jpg



・50㎞を越えてからペースアップしたのと、最後の2㎞ではゴボウ抜きだったと自慢げ。
「43分ゴール」と言っていますが、残念ですねテープを切ったのは02秒遅れていたのです
葛飾タイム



DSCN3521.jpg DSCN3520.jpg



・一昨年に心臓手術をしたので昨年は走らず、今年もフルは走らずハーフを二回。帝釈天の水がおいしそうでした。
IMG_5630.jpg IMG_5629.jpg

IMG_5673.jpg



柴又ゴール



以下は夫のコメントです。                                         

往路は向かい風がすごかった。スタート直後の未舗装路は砂埃がモウモウ。
土手に上がると、時折り10㍍近い北西の風。ペースが近くて大柄な人を見つ
けては風よけにしていたけど、私の後ろにも密かに誰か付いていたようです。
お互い様だけど、風よけを見つけるのはとても難しい。いつの間にか遅くなった
り、ペースを上げて行ったりと、ずっとご一緒することはできません。      

ヒトの体も不思議だ。30㎞過ぎからふくらはぎかが痛くなっていたのに、40㎞
過ぎに気が付いたら痛みがなくなってきていて、「脳内モルヒネか」と喜んでい
ると数キロで痛みがぶり返し「薬が切れたか」と言う感じ。そして50㎞を越すと
「ゴールが近い」と精神的にテンションが上がる。疲れ切って、やっと歩いている
人を見つけると「優越感からか」元気が出てくる。いやな性格なのか、皆さんも
そうなのか聞いてみたいものだ。                   

残り3㎞で恐る恐るペースアップしてみたら、イケる。2㎞手前からの未舗装路
の土の感触に、さらに元気アップ。妻の姿を見つけて手を振ると、妻も思いきり
手を振ってくれている。 …が…、手を振っている写真、撮ってくれたかなぁ?
やっぱりない、撮っていない。手を振っていたんだから撮れるわけはないよな!






Posted by tomo
comment:2   trackback:0
[マラソン
29年日立桜ロードレース






大子マラソンを上回ることを目指して、桜並木をスタートしました



日立桜ロードレース




・偶然です。ご近所のSさんと娘婿さんにも出逢い、雨模様の中を出発していきました。
IMG_5011.jpg IMG_5009.jpg

IMG_5007.jpg




・時々土砂降り状態の悪天候でした。出発してから二時間過ぎ、雨水を滴らせながら戻ってきました。
IMG_5017.jpg IMG_5019.jpg



・2時間くらいで…と言っていたのですが、大子より3分遅れの結果でした。
① 日立②



参加し始めた十年くらい前には、楽に2時間が切れていたのに、
次第に遅くなってきています。トレーニングを始めたら、ビールと
ご飯が美味しくなって…と、体重が落とせない夫。それに加えて
頭から靴先までずぶ濡れで重たかったのでしょう。でしたね。






Posted by tomo
comment:2   trackback:0
[マラソン
| HOME | next