山と自然の贈り物の記録
台風と豪雨で畑が水没!






私は退院したのですが、台風と集中豪雨で畑が水没入院(?)




・22日の台風、23日には集中豪雨。翌朝の雲間からの月。
DSCN0248.jpg




・元々は田圃ですが、砂目なので冠水しても、すぐに水捌けすると思っていたら…
DSCN0263.jpg


・台風の前日から大雨でしたので、3日は水没しているのでしょう。
RSCN0267.jpg




・私は静養中なので、夫が水の残る畑から、まずはスイカとカボチャから救出へ。
RSCN0269.jpg


・スイカは残り物が少しだけでしたが、カボチャは…。白やピンクは在来種の「里川カボチャ」で大物も。
RSCN0271.jpg RSCN0268.jpg





・バターナッツカボチャは強いから大丈夫だろうと、さらに翌日、水が引いてから救出しました。
DSCN0277.jpg


・昨年収穫したものが傷まないまま残ってるので、強いと勝手判断し
たのが間違いでした。傷んだ場所からゼリー状の液体が出て、腐敗へ。
DSCN0276.jpg




・水没はしませんが、飾り用のトウモロコシ。収穫時期を逃し、雨でカビまでが…
DSCN0278.jpg


・半分位は傷んでしまいましたが、痛みの少ないものを収穫して、乾燥させています。
DSCN0279.jpg DSCN0280.jpg
DSCN0281.jpg DSCN0282.jpg




・こちらも飾り用。いろんなカボチャを楽しもうと思って植えたら、こんなに大量に。
DSCN0283.jpg

DSCN0284.jpg DSCN0285.jpg
DSCN0286.jpg DSCN0287.jpg DSCN0289.jpg DSCN0288.jpg DSCN0290.jpg RSCN0300.jpg




・おもちゃカボチャも色とりどり。黄色だったり、緑だったり、帽子をかぶったり、賑やかです。
DSCN0292.jpg

DSCN0293.jpg DSCN0294.jpgDSCN0295.jpg DSCN0297.jpg




水没してダメになってしまったものには、大根(全滅)ニンジン(半滅)、
ゴボウ(全滅に近い)。根菜類はほとんどが根腐れを起こしてしまいま
した。反して元気になったしまったものに、ショウガや水ナス。中でも
水ナスが元気。当地は三週間位日照りが続いていたものですから…
風の被害もありました。葉の大きなイチジクは幹が裂け、パパイヤは
根こそぎ吹き倒されて回復出来そうにありません。救いは、夏みかん
とリンゴ。大きな実を着けているのに、何の被害もありませんでした











スポンサーサイト
Posted by tomo
comment:4   trackback:0
[農業日誌
逞しいお野菜達です






これって、もしかして、自然農法なのでしょうか?




・これは違います。種から育てたオクラが、毎日実をつけています。
RSCN0152.jpg




・こちらが自然繁殖したお野菜達です。お花が咲いて実がこぼれ、自然発生して元気に育つカツオ菜。
DSCN0110.jpg DSCN0102.jpg


・同じく、高菜とワサビ菜の共生。
DSCN0100.jpg


・白菜も姿を変えて、育っています。
DSCN0103.jpg


・高菜はとてもワイルド。育てたものより逞しく。
DSCN0104.jpg



・もっと凄いおネギ。赤サビ病で廃棄したものが、雑草の中から復活。雑草の中ではワサビ菜も生き生き。
RSCN0154.jpg DSCN0109.jpg




実がこぼれるまで待っていると、大概のお野菜は芽をふくようです。
畑を耕していた夫がまた見つけました。シュンギクが芽ををふいてい
たのです。そうそう、最強の野生児ジャガイモさん。忘れていました。






Posted by tomo
comment:0   trackback:0
[農業日誌
夏のお野菜達が美味しそうに






次男のライブがあった渋谷の雑踏から、田舎に戻りました




・銀行マンとの二股をかける次男。体力不足が心配です。
IMG_3420.jpg




週末のほんの二日。我が家の畑のビフォー&アフター



・週末、出かける前に畑を点検します。小さな小さなポロタンメロン。一個だけですが、とっても甘~い!
IMG_3408.jpg IMG_3409.jpg

・たわわ過ぎるサルナシと、はじめて実をつけた「富士山柿」と言う渋柿。
IMG_3405.jpg IMG_3403.jpg


・春の実がまだ熟していないのに、次の実が出たイチジク。
IMG_3401.jpg


・サルナシと同じ棚のホップ。お互いに張り合っているのか、凄い勢い。ブラックベリーはもっとすごい。
IMG_3400.jpg IMG_3399.jpg

・根元をモグラに荒らされて、チョッと心配なキーウィと、意気揚々とした夏ミカン。
IMG_3398.jpg IMG_3397.jpg

・ほんの少しだけ実をつけたヤマモモと、グングン大きくなる紅玉。
IMG_3395.jpg IMG_3394.jpg





ライブから帰ってさっそくに畑へ。ワオォーッ、すごい!



・春一番に芽を出した、巨大なイチジクが食べごろになっていました。これからが楽しみです。
DSCN0081.jpg RSCN0085.jpg

・夫が余り気乗りしない様子で植えたトウモロコシ。砂糖をかけたように甘く実りました。
DSCN0083.jpg RSCN0084.jpg



・雨が少なくて、水ナスには気の毒ですが、トマトとオクラは元気いっぱい。
DSCN0088.jpg

RSCN0093.jpg RSCN0094.jpg




・種から育てたサラダゴボウ。まだ収穫には早いのですが、余りに
大きくなったので試し掘りをすると… こっ、こんなに育っていました。
DSCN0090.jpg

RSCN0091.jpg



・庭のお花も、いよいよ寂しくなりましたが、夏には夏らしい姿…。今、ミンミンゼミが初鳴きです。
RSCN0077.jpg RSCN0078.jpg





ずうっと都会に住んでいた私達ですが、今は半農・半趣味
の田舎暮らし。庭を散策するだけでも癒されますが、畑に
出るともっと癒されます。そこで見るのは、雑草の逞しさと
お野菜達の意外な強さ。お野菜が自然繁殖もしています。






Posted by tomo
comment:0   trackback:0
[農業日誌
季節が進んでいます






関東は水不足なのに、豪雨被害もあってお気の毒です…





昨年は雨の合い間の収穫。泥にまみれてしまいましたが、お陰様で
今年の関東は農作業日和が続いています。晴れが続いた日に収穫
するというジャガイモ。乾燥していて…。でも、楽あれば苦と言います。




・そう言えば、今年は芽かきもしなかったし、追肥をするのも忘れてしまって
いました。小さな芋が多かったのと、虫の食害で3ケースだけの収穫でした。
IMGP5838.jpg



・珍しいものと思っていたら、たくさん見つかるジャガイモの実。他の人の
ブログでは、食べるチャレンジャーも多いのですが、お味は✖のようです。
IMGP5837_201607091909020db.jpg




・お野菜に比べてとても元気な、フキやワラビなどの山菜。大概のものは
時期は過ぎたのですが、このワラビ。ずうっと、食卓を賑していただきます。
IMGP5836_20160709190901cac.jpg




・アキアカネさんですか?夏もこれからなのにシオカラトンボとバトリながら。
IMGP5843.jpg





農薬をいっさい使っていない、我が家の畑です。ジャガイモが虫?に
食べられたりするのは、無農薬の証かもしれないと胸を張って良い筈
です。ナス・トマト・キュウリにピーマン。夏野菜が畑に冷蔵庫に一杯。






Posted by tomo
comment:0   trackback:0
[農業日誌
ラッキョウを漬けました





ラッキョウを植え付けて1年。エシャレットの時期を過ぎて…




昨年春に植え付けたラッキョウは、冬には食べられそうな
姿になりましたが、ネギより少し膨らんだ程度でした。この
春先からグングン成長を続けて、とっても大きくなりました。




・私が陶芸に出かけている間に、夫が漬けてくれました。この赤はなに?
と言う私に、なんだと思う?と、鼻を膨らませながら、種明かしをする夫…
IMGP4278_2016061414254201a.jpg



・上は赤大根の皮を一緒に漬け込み、下は赤ラッキョウでした。
IMGP4281_201606141425415e5.jpg




・そして一週間経過。まだ、ほんのりの紅ですが、とても美味しそうです。
IMGP4283_201606141425419e9.jpg

IMGP4285_20160614142540a0e.jpg IMGP4284_20160614142540c4b.jpg




夫が言うには、ひと月もすれば「紅ほっぺ」みたいな色から「真っ赤」な
ラッキョウに染め上がるのだそうです。私的には、真っ白なラッキョウも
食べたかったなぁ!と言うと、せっかく喜ばそうと思ったのにですと。






Posted by tomo
comment:0   trackback:0
[農業日誌
| HOME | next