山と自然の贈り物の記録
28年紅葉の三岩岳&窓明山

003_top1sdgsdg.gif
(※「HG日帰り登山」とは…夫が勝手につけた名称。ルートそのものの困難性、長さ、高低差、遊び心、等が
尋常でなくハイグレードなものを1日で完結したもの。客観的ではなく、個人的な判断を優先してしています。
「HG日帰り登山・雪」の新カテゴリを追加したのに合わせ、過去記事の中からも分類をし直してみました。)



三週続けて「HG日帰り」ってのも、オーバーワークかなぁ!
と言いながら出かけたのが、三岩岳&窓明山 + 二岐山へ


IMGP5018_201610171243457c7.jpg



船橋に行って風邪をひいた様子の夫。回復したらしく雨が降る前の16日、今度も一人で出かけました。
15日天気 16日天気




三岩岳を周回したあと移動して二岐山に登って、二岐温泉で癒す、と言うなら
駐車場で前泊すればよいのに、面倒くさがり、朝起きで出かけたレポートです。


・登り2時間、縦走して下山に2時間。下調べもしないアバウトさで6時40分登りだしました。
IMGP4974.jpg IMGP4975.jpg



・手入れされた道だけど、出だしの急坂はすごくきつかった。
IMGP4977.jpg


・間もなく追いついたカメラマンの方は「今年の紅葉はダメです。2日前に
行った駒も…」と悲しいことを言うので、期待しないで、ひたすら登ります。
IMGP4976_20161017114254a4f.jpg



・この地域名物の切り付け。米川さんは道作りで、星さんは刈り払いの様子。ブナがかわいそうだな!
IMGP4978_201610171142539f0.jpg IMGP4979.jpg


クマ除けの鈴が聞こえるのに、なかなか先行者の姿が見えません。かなりの
ペースで登っているようです。私の気配を感じると、さらに頑張ってしまっている
ようで、追いつくとガハハおばさんが元気。男性の方はおだやかな笑顔です。


・登り口からしばらく、緑々としていた林に紅葉・黄葉が始まってきました。嬉しい誤算です。
IMGP4981_2016101711581209e.jpg

IMGP4980_201610171158127a8.jpg



・分岐の案内板。エーッ、そんなに距離があったのか!こちらは悪い方の誤算です。
IMGP4986_2016101711581146e.jpg IMGP4983_201610171158110dd.jpg




・また鈴の音が聞こえてきました。若い方で、私を見ると俄然スピードアップ。どうして自分を楽しまないのだろう。
IMGP4991_201610171158105dd.jpg

IMGP4989_2016101711580954a.jpg

IMGP4988.jpg

IMGP4992_20161017121056ca5.jpg

IMGP4995.jpg


若い方を追い越してしばらく、あらーっ、あの鈴の音がせまってきました。
白髪頭の老人に追い越されて発奮したか、追いつき追い越す勢いでした
が、パタッと音が止みました。この山には、こんな人達が多い?ようです。


・昨夜は大分冷え込んだらしく、避難小屋手前の池には氷が張っていました。
IMGP4998_20161017121054769.jpg IMGP4997_20161017121054e5f.jpg
IMGP4999.jpg IMGP5000.jpg



・山頂まで2時間30分。急ぎたくとも紅葉がマッタをかけたのです。
IMGP5004.jpg




・会津駒ヶ岳へのゆるやかな稜線。きっと、春先のスキーでの稜線散歩は、楽しくてしょうがないだろうなぁ。
IMGP5002_201610171213585f6.jpg

・山頂にに近い、手前の方は葉っぱが落ちてしまっているのに、下の方は緑と言う今年の紅葉。
IMGP5005_20161017121358f58.jpg


登りでは、すべての先行者を追い越してきたので、下山ですれ違います。
ガハハおばさんは、相変わらず豪快な声で「エーッ、もう帰ってきたの」と。


・避難小屋に戻って、覗いてみました。すぐ前に水があって、部屋もきれいだけどトイレが欲しいなぁ~。
IMGP5007.jpgIMGP5008.jpg



・窓明山との鞍部に向かっていくと、おいしそうな沢水も流れていました。
IMGP5011.jpg




・冬枯れの湿原。「三岩大池」と言うのは此処のことか? 透明な水底に枯葉が敷き詰められていました。
IMGP5015.jpg

 IMGP5017.jpg

IMGP5016.jpg




・窓明山近くでは、沢筋の紅葉も三岩岳周辺より進んでいて、なかなかの遠望です。
IMGP5020.jpg

IMGP5019.jpg

RSCN0695.jpg



・周回コースのタイムをみると、なんと8時間20分もかかるようです。
IMGP5023_20161017124343cd9.jpg

IMGP5021.jpg



・ここからの下りは、三岩岳のものよりはるかに長いようです。家向山には期待できるブナ林があると聞きます。
IMGP5030_2016101712543460f.jpg

IMGP5025.jpg

IMGP5033_201610171256254d3.jpg

IMGP5034.jpg

IMGP5037_201610171256231c1.jpg

IMGP5039.jpg

IMGP5040.jpg


三岩岳への登りでは、コメツガの大木は目についたが、ブナが寂しい
感じだった。でも、この尾根は違う。ブナ、ぶな、ブナ。素晴らしいブナ
の原始林が広がっていました。路の両岸のイワカガミの群生も凄い。

IMGP5042_2016101713013118f.jpg

IMGP5041_2016101713013183a.jpg

IMGP5045_20161017130130328.jpg



・ここが家向山西峰かな?本峰への道は気づかなかった。
IMGP5046.jpg



・山頂から一本調子の下りだったが、ここからの下りはさらに凄い。真っ直ぐ、まっすぐの、激下りが続きました。
IMGP5048_20161017130129ea6.jpg

IMGP5049_20161017130128153.jpg



IMGP5051.jpg



12時ちょうどに下山。4時間程度と、かるく考えていたのが大間違いでした。
全行程5時間20分。これから二岐山まで移動していると、2時近くになるな。
ここは腰の軽さ。二岐山は次の機会にして、昼食・温泉・お土産を速攻で済
ませ、4時30分に帰宅。朝3時30分に出てから13時間。静かな疾風、秀吉
の「大返し」のイメージ。登山具の整理も終え、妻の帰宅を静かに待ちました。







hdfhdhd003_top2.gif
スポンサーサイト
Posted by tomo
comment:0   trackback:0
[HG日帰り登山
28年秋の白峰三山

003_top1sdgsdg.gif





槍ケ岳日帰り登山に気を良くして、白峰三山縦走も日帰りで!


DSCN0652.jpg



6~7日と晴れが続く予報です。のんびりと一泊二日の山旅を楽しめば良いものを、
日帰り登山にこだわって、6日に広河原まで入って前泊。7日、北岳から農鳥岳へ
と一気に縦走したいのだそうです。 私には理解できない、夫一人のレポートです。


07天気図 08日天気図



・一番バスで入っての日帰りが理想だが、遅い始発と早い日没対策で、初めて広河原山荘に泊まりました。
寂しい位に静か。テント数人と、泊り客は私の他に女性が1人。白鳳峠から鳳凰三山縦走するのだそうです。
IMGP4931_20161008184524068.jpg IMGP4933_20161008184523c58.jpg IMGP4932_201610081849288b1.jpg IMGP4934_201610081845239a7.jpg



3時30分出発。暗闇の歩きはキツイ。二俣で先行する灯を見つけました。白根御池
を4時30分に出たそうです。日帰りにこだわる私の勝手定義では、途中まで登っては
一泊二日になってしまうので、0時発でも良いから、登山口から登り始めたいのです。



・池山吊尾根をこえた朝日が、バットレスを赤く染めます。ここは多分、Dガリーからの流れ。
IMGP4935.jpg



・今日は時間稼ぎのため、短時間で山頂に登れる八本歯ルートから。赤焼け変じて、輝くバットレス。
IMGP4937_2016100818452144f.jpg



・山頂は、昨日で3℃だったというから、気温の下がった今日は零下になっているのでしょう。
IMGP4938.jpg IMGP4939.jpg


・縦走路との合流点付近から見る、北岳荘と中白根から間ノ岳への稜線。
IMGP4941_20161008185322462.jpg



・7時20分山頂。滑り出しは順調、予定より少し早く着きました。ネームバリューの
差なのか、先週の槍ケ岳とは比べようもなく静かです。いつも、こうなんだろうかな?
DSCN0648.jpg



・雲の海に浮かんだ、富士山。
DSCN0650.jpg


・りりしい姿の、甲斐駒ヶ岳
DSCN0653.jpg


・とても大きな体の、仙丈岳。
DSCN0654.jpg




今日のペース配分は、北岳に4時間。農鳥岳まで4時間。大門沢下降で4時間。
超アバウトで、根拠はなにもありませんが全行程12時間。余裕で日帰り見込み。



・中白根から振り返る北岳。すぐ間ノ岳と思っていたのに、アップダウンを繰り返した先らしい。
DSCN0656.jpg



IMGP4942_20161008190113068.jpg IMGP4943_20161008190113350.jpg




・標高3位になって人気upの間ノ岳。多くは山荘からのピストン客で、口々に遠かったと…。
IMGP4944.jpg



・富士山が、少し近くなったような気がします。
DSCN0658.jpg


・伊那谷方面は、雲海と言うより、うす~い雲がたなびいているようです。
DSCN0657.jpg


・塩見岳もなかなか険しそう。間ノ岳との間、熊ノ平に見える山小屋も良さそうだなぁ。
DSCN0659.jpg




・予定内の3時間50分で到着。農鳥小屋のオヤジさんは、噂の人間ウォッチング中でした。
DSCN0660.jpg




・大門沢への下降点。遭難の悲劇を繰り返さないよう作られた、立派な案内板です。
IMGP4948.jpg IMGP4947.jpg


・駆け下りようもない、大岩連続の急下降。咲き残りの花やキノコに癒されます。
IMGP4951_20161008191202950.jpg IMGP4953_20161008191201faa.jpg
IMGP4956_20161008191201829.jpg IMGP4957_201610081912007b4.jpg



・大門沢小屋まで二時間弱。残された時間はあと2時間、ここまで来れば楽勝でしょう。
IMGP4958.jpg IMGP4959_20161008191159a6a.jpg


・一部壊れたものもありましたが、南アらしい橋です。
IMGP4960_20161008191633c69.jpg



IMGP4961_20161008191632b83.jpg IMGP4962_20161008191632897.jpg



・右岸の河岸段丘の原始林を、延々とトラバース。キノコキノコ!
IMGP4963_201610081916321cb.jpg

IMGP4964.jpg IMGP4965_2016100819163191b.jpg

IMGP4966.jpg

IMGP4967_20161008192213f5c.jpg



・取水ダムの吊り橋を渡り、新しい砂防ダム下の吊り橋で左岸に戻り登山口へ。
IMGP4968.jpg IMGP4971.jpg


・ここにあった休憩所は撤去されたようです。ゴールまで足して6.5㎞?いや、4.3㎞?
IMGP4972.jpg IMGP4973_2016100819221251a.jpg




全行程12時間の予定。とくにこだわる理由は無いのですが、あと30分。
でも、なんとかいけそうかも?いや、無理だなと考えつつも、緩い下りなの
で、ついつい小走りに。第一発電所まで思いのほか時間がかかったので、
無理無理と決め込んだ筈なのに、温泉手前の橋が見えてきた。つい走る。
走る必要はないのに、また走る。まっ、間に合うか?お寺さんの駐車場を
過ぎたところで広河原に向かう最終バスが向かってきました。乗りたくて、
必死の形相で走っていると勘違いしたバスが停まろうとしてしまいました。
違う!違います!分かってくれて、通り過ぎていきました。ご迷惑をかけま
した。お陰さまで、15時30分50秒。50秒遅れ?でしたが、最後の4.3㎞を
30分で歩き走り、マニアックな日帰り12時間登山を終了し、帰宅しました。







hdfhdhd003_top2.gif
Posted by tomo
comment:2   trackback:0
[HG日帰り登山
28年紅葉の槍ケ岳

003_top1sdgsdg.gif





北穂池が転じて、槍ケ岳日帰り登山になりました。



RSCN0596.jpg




例年の紅葉見物は、北穂池が定番。昨年も29日に出かけています。
体調が不安な私は遠慮をして、夫だけが出かけるタイミングを待って
いたのですが、ずぅ~っと雨続き。晴れが約束されないと出かけない
夫は、シーズンが過ぎてしまいそうだと、諦めきれない様子の毎日。


30日6時 30日15時


気象協会の天気予報では、30日は一日晴れるはずだったのに、
直前で一日曇りに変更になってしまいました。エーッと絶句しなが
らも、天気図では、雲が出ても晴れる筈、と出かけて行きました。
以下は夫の、槍ケ岳HGな日帰りでの、紅葉登山のレポートです。




・9月中は始発バスが遅いので、29日夕方上高地に入ります。
IMGP4885_201610021510224d8.jpg


・横尾まで入ってしまえば、明日が楽なのですが、日帰りにこだわって、敢えて上高地のケビン泊まりにました。
IMGP4888.jpg IMGP4890_20161002151021f1f.jpg

IMGP4886_20161002151020f1f.jpg



・目指すは北穂池。今年も紅葉が進み、三枚目が30日の朝のものだそうです。
北穂池①
北穂池②
28年北穂池
(南岳小屋のスタッフブログから拝借しました)




30日。 寝坊して、四時過ぎに出発。しばらくして追いついたライトの方
(闇の中)と話をすると、友人が涸沢にいて「今年のナナカマドは終わり
その他の紅葉も良くないらしい 」と言う。当初は、北穂池・北穂高岳の
日帰り登山の予定だったのに、槍ケ岳・天狗原日帰りに変更しました。




・話をしている間に、もう明神。徳澤園にも一時間で着きました。
IMGP4891.jpg



・予定より一時間近く出発が遅れたので、横尾で明るくなりました。
IMGP4895_201610021538480ca.jpg IMGP4893_2016100215384815b.jpg


・間もなく、妻が体調を崩した因縁の二ノ俣谷。一言恨み言を残して…
IMGP4896_2016100215384897b.jpg



・槍沢ヒュッテで、尾根を越えてきた朝日が追ってきました。
IMGP4897_20161002153847a00.jpg IMGP4899.jpg




・朝の出遅れが無ければ、もうちょっとゆっくり出来るのにと、反省しつつババ平。
IMGP4904_20161002155415fa6.jpg

・BCスキーの時とは、少し撮影位置が違いますが、似たような影。
槍沢①




・日照りの後の、台風と長雨の影響か葉が落ちて、今年の紅葉はかなり貧相に見えます。
IMGP4907_201610021554144d4.jpg



・帰りに天狗原にも行く予定ですけど、頂上まで登りついた時間によります。
IMGP4908_201610021554146b4.jpg




・グリーンバンドへの登りあたりから、頭がボーッとするような気がする。ひょっとして高山病なのかな?
上高地からの槍は、遠い。以前の日帰り槍での、新穂高口に比べると、往復10㌖くらいは遠いらしい。
IMGP4912_2016100215541366f.jpg



私はTシャツだが長ズボン。白人に多いのが、上はジャケットを羽織っているのに、半ズボン。
足を真っ赤にしたり、紫にして降りてきます。普通の日本人は、防寒具で上下を覆っています。
春先の立山。茨城訛の私は「もしかしてインバウンドの方?」なんて言われたくらいですから…


・とても寒くて、手がかじかんでしまいそう。それもそのはず、北側はこんなに凍っています。
IMGP4913_20161002155413c89.jpg



・山頂は冷たい強風と、インバウンドの方々の声で占領されていました。
無題



山頂まで6時間と少し。槍ケ岳山荘前で小休止して、11時ちょうどに下山
開始。ア~ァッ、スキーだったら30分もあればババ平に降りられるのに!



・あの滝の上が、天狗原。天狗池の周りの真っ赤なナナカマドと、逆さ槍ケ岳。今年は無理かも知れません。
DSCN0570.jpg



・食事を終えたのか、のんびり毛づくろいに興ずるサル達。
DSCN0566.jpg DSCN0567.jpg



・夕方から雨になる予報なのに、気に掛ける様子もなく次々と登ってきます。
DSCN0574.jpg




・天狗原はやめよう、と考えていたのに…分岐で出逢ったオジサンがナナカマドはダメだけど、風がないから逆さ槍ケ岳が
綺麗だったよ!絶対言った方が良いですよ!と言うものだから、行かない言い訳を失ってしまい、渋々と足を向けました。
IMGP4919_20161002183317b97.jpg



・オジサンが見つけられなかったと言う、真っ赤なナナカマドの株はこれだったのかな?絵葉書のような槍ケ岳です。
DSCN0578.jpg

DSCN0580.jpg




・オジサンの嘘つき!風が無い訳はない、周りは強い風なのに。急いで帰りたいのに、止むのを待ちました。
DSCN0593.jpg



・下山を急ぎたくとも、林の中からキノコたちが声をかけてくるようです。色や姿が可愛かったりして美味し
そうに見えたり、つい々カメラを向けてしまいます。妻には、本当に急いでいたのと笑われてしまいました。
IMGP4900_20161002185157e04.jpg IMGP4921.jpg
IMGP4924_20161002185157194.jpg IMGP4926_20161002185156ef8.jpg
IMGP4925_2016100218515676e.jpg IMGP4929_20161002185155ec0.jpg



・槍沢ヒュッテで、赤と白の「槍ケ岳ワイン」を買ってザックを重くして、自分の首を絞め…
IMGP4927_20161002185547136.jpg



目的を果たした後の、上高地への道は退屈です。いつもは軽量にこだわるのに、
新しいカメラ500㌘を持ったり、ワインを二本も背負ってしまった。一か月ぶりの
山行でもあったので、ボディブローのように効いてきて、随分疲れてしまいました。
上高地BTで4時25分のバス。運動不足もあってと言いたいけど、登りも下りも
2~3年前の軽やかさに遠い気がします。少しずつ、少しずつ衰えているようです。

DSCN0646.jpg

コースタイムでは日帰りを想定していないので、山頂往復+天狗原往復を緩めに
みて約24時間。丁度12時間だったので、衰えたと言っても昔~しとった杵柄?







hdfhdhd003_top2.gif
Posted by tomo
comment:4   trackback:0
[HG日帰り登山
28年平ケ岳&燧ケ岳にお花

003_top1sdgsdg.gif





苗場、会津駒で足慣らしをしたから、一人で試してみるか…と



・9日、気力がわかないなぁ。10日、一人かぁ~。11日今日前泊しないと、13日は雨になりますよ~!
12日天気 13日天気




平ケ岳と燧ケ岳を一日で踏破して、体力を試すと言うのです。
以下は、続いた晴れの最終日に、やっとやっと重い腰を上げた夫のレポです。




・下山時に撮ったもの。朝四時に出発し、移動も含めて午後5時には御池
駐車場に戻る予定ですが、体力・気力が持たなければそこで終了します。

IMGP4667_201607141515253e4.jpg




・もう少しで下台倉山と言うところで朝日が昇ってきました。
IMGP4597.jpg

IMGP4599_20160714152944448.jpg

IMGP4600.jpg




・はるか遠くに、平ケ岳のゆったりした山容が見えてきました。
IMGP4601_20160714152943c9e.jpg



・台倉清水。水量は少ないけど、きれいな水が流れています。
IMGP4603.jpg IMGP4653.jpg IMGP4655.jpg IMGP4656.jpg



・この清水は少し名前負け。白沢ではなく、水たまりみたいです。
IMGP4604_20160714154122ebf.jpg



・今日は体力試しの筈だったのですが。急ぎたいのに、次々と現れて花紀行に変わりそうです。
IMGP4606_20160714154121024.jpg IMGP4608_2016071415412179e.jpg
IMGP4609_20160714154120473.jpg IMGP4610.jpg
IMGP4611_2016071415474320d.jpg IMGP4612_20160714154743351.jpg


・風が強く、寒いくらい。朝露で靴の中までグチョグチョ。でも、体力はとても余裕で、誰もいない姫の池に。
IMGP4616.jpg IMGP4615_20160714155126e8a.jpg
IMGP4618_20160714155125fa4.jpg IMGP4617_20160714155125a5d.jpg


IMGP4619.jpg


IMGP4621_20160714160926a5c.jpg IMGP4622.jpg
IMGP4624_20160714160925192.jpg IMGP4625.jpg


IMGP4626_20160714160924a21.jpg


IMGP4627.jpg IMGP4632_20160714161233cd6.jpg


IMGP4628_20160714161232cb0.jpg


IMGP4637_20160714161231755.jpg


IMGP4634_20160714161232633.jpg


IMGP4638_20160714161231230.jpg

IMGP4639_2016071416211715b.jpg



・登りに約4時間。苗場山と同じく、藪に囲まれた三角点です。
IMGP4642.jpg



・日向で見るギンリョウソウ。こんなガラス細工のようだったとは。
IMGP4645_201607141621160f1.jpg

IMGP4726_20160714162116ff3.jpg



・駆け下りたいところですが、下りは下りの花が目につきます。
IMGP4647_20160714162115af9.jpg IMGP4650.jpg


・暗い中で見たホツツツジ。明るくなってハチがいっぱいです。
IMGP4657_2016071416373500e.jpg

・花が咲いていたかと思っていたら、もう実が膨らんでいます。
IMGP4658.jpg



・まるで、写真で見た「万里の長城」のようなヤセ尾根を、急下降します。
IMGP4659.jpg



IMGP4661_201607141637347e0.jpg IMGP4664_2016071416373334d.jpg



・下り約3時間。とても長い下り。ガクウツギが出迎えてくれました。
IMGP4668_201607141638148fb.jpg




四時前に出発しようとしましたが、入り口まで行って帽子を忘れ、
なんかボウッとすると思ったら眼鏡を忘れた、怪しい出発でした。
駐車中の車が四台あったので山頂で星座でも見ているのかと思
っていたら、人っ子一人いない山頂。車の中で寝ていたのか、釣
り師の車だったのか。今日の入山者で、10台に増えていました。



食事と着替えをし、次は燧ケ岳に。頑張れるかな?



・少しずつ気合が入ってきて、行くか!となったのが12時15分。
IMGP4669_20160714171031ecc.jpg


・泥濘があるとのことですが、さすがに尾瀬。気にならない程度です。
IMGP4671.jpg


・モウセンゴケから茎が伸びて、こんなに可愛い花が付いていました。
IMGP4674.jpg

IMGP4728.jpg



・次々と手招きされているようで、カメラは大忙しです。
IMGP4673.jpg


・キンコウカ、タテヤマリンド、サワランなどなど…
IMGP4676_20160714171028a13.jpg


IMGP4677_20160714171709be4.jpg

IMGP4681.jpg

IMGP4727.jpg



・雪のある時には毎年のように訪れるのに、初めての夏山です。
IMGP4683.jpg

IMGP4686.jpg



・時折り、こんなコラボも姿を見せてくれます。
IMGP4690_20160714171706855.jpg



・平ケ岳でのダメージが大きいので、ゆっくりゆっくり登ります。
IMGP4694_201607141737064bf.jpg IMGP4695.jpg



・振り返ってみる「広沢田代」。もう少し登ると、「熊沢田代」が前方に見えてきます。
IMGP4696_20160714173705dc3.jpg


IMGP4698.jpg


IMGP4699.jpg



・偶然ですが、今年の4月にもここを登り、ほぼ同じアングルの写真がありました。
IMGP4701_20160714174205d4f.jpg

コピー



IMGP4703_20160714175344964.jpg IMGP4702_201607141753441bd.jpg

IMGP4705.jpg


IMGP4706_201607141753439c3.jpgIMGP4707_2016071417534289d.jpg


IMGP4710_20160714175341e69.jpg


IMGP4711.jpg IMGP4712_20160714180031693.jpg



IMGP4714.jpg



・七合目あたりから六パーティとすれ違い、頑張って!と励まされて山頂下のシャクナゲロードに。
IMGP4715_2016071418003021e.jpg IMGP4718.jpg

IMGP4717_2016071418002906b.jpg



・かなりくたびれた足でしたが、約2時間半で登りつくことが出来ました。
IMGP4720_20160714181037766.jpg IMGP4719.jpg

IMGP4722.jpg

IMGP4723_20160714181035ecc.jpg IMGP4725.jpg




「熊沢田代」への下り坂で、一パーティに追いつきました。現金なもので
ヨレヨレだった足に元気が戻り、次々と追いつき、追い越して「広沢田代」
からの下りですべてのパーティを追い越し、約1時間20分でゴールです。

平ケ岳は予定通りの約7時間で往復し、燧ケ岳は4時間弱。単純な標準
コースタイムは17時間20分で、総高度差は約4,400㍍あります。トレー
ニングをしてない中で、予定より1時間位早い時間で往復できて… 





hdfhdhd003_top2.gif
Posted by tomo
comment:0   trackback:0
[HG日帰り登山
27年初秋の平ケ岳

003_top1sdgsdg.gif





お天気が良いのに~と。足慣らしだと言って出かけた夫。




先週お出かけしたので、私はパスします。23日まで晴れが続くので、夫が一人でお出かけです。
22日天気図 23日天気図




平ケ岳を登った帰りに会津駒ケ岳も登ってこようかな、とか言っていましたが
24日は朝早くから病院ですよ。血液検査もあるので、余り疲れないようにした
方が良いかな!早く帰ってきて、ゆっくり静養するようにしよう。以下は夫です。


平ケ岳だけにしたので、慌てることはない。夜明けを待って出発しようと決めて
寝たはずなのに、3時過ぎには目が覚めてしまった。早い者は3時30分頃に
スタートして行きました。カップメンを食べて体を温め、目をつぶるが…なかなか
夜が明けない。出かけていく足音に急かされて、5時に出発してしまいました。




・下台倉沢を渡ると、怪しげなご案内。お先にどうぞ!と言われて
二人の先行者を追い越すと、どの辺りでまた会えるかなだって。
IMGP1644_201509260842569bf.jpg


・出だし好調なのか1時間20分ほどで着きました。ここまで3.3㎞。
山頂まで7.3㎞もあるそうです。ため息をつくと、笑われてしまいました。
IMGP1645_201509260842564eb.jpg

IMGP1647_20150926084255be7.jpg


・はるか遠くに、池ノ岳の大きな山容が見えてきました。先行者はすべて追い越し、快調です。
IMGP1649.jpg


・ホントかな?下台倉山とは、ほとんんど反対の数字だ。足音が
近づいてきて、5時半に出たと言う、ランナーに追い越されました。
IMGP1650_20150926084254138.jpg




・昨夜は、姫ノ池で10人位泊まったそうです。この急坂の途中で、下山してきたご夫婦に教わりました。
IMGP1651_20150926084253d7f.jpg

IMGP1653_201509260846589d4.jpg




・登り始めてから3時間20分。姫ノ池に着きました。こんなテラスで一泊とは、羨ましいなぁ!
IMGP1655_20150926084657aa9.jpg




・さすがのランナーも疲れたのか、追いつきました。ランナーが駆けて行った後、山頂に向かいます。
IMGP1656_20150926084656ea1.jpg

IMGP1658_20150926084655a4e.jpg





・食事をしているのは、テン泊者ではなく、民宿、中ノ又川経由者でしょう。
IMGP1661_201509260846559cc.jpg




・30年ぶりくらいの山頂です。周辺の沢から何度も溯り、草原で寝たこともあります。昔は誰もいなかった山頂だったのに、
目の前にはカラフルな人の賑わいがあります。鷹ノ巣尾根を登ったのは初めて。山頂まで3時間40分と予定より早めでした。
IMGP1663_20150926084654077.jpg





・ランナーさんが休んでいたので、一足お先に下山にかかります。草紅葉とツツジの紅葉に見とれながら。
IMGP1664_20150926094813ad4.jpg IMGP1666_201509260948138cb.jpg

IMGP1670_201509260948126c8.jpg


IMGP1671_20150926094812e93.jpg IMGP1672_20150926094811ab8.jpg

IMGP1675_20150926095812c47.jpg IMGP1678_20150926095811e2f.jpg




・「縫い撮り」を忘れていました。妻のお守りマスコットが、姫ノ池でポーズです。
IMGP1680_20150926095811efa.jpg




IMGP1685_201509260958100c6.jpg IMGP1687_201509260958090c7.jpg

IMGP1688_20150926100722f86.jpg IMGP1694_20150926100721160.jpg




・夜中は快晴だったのに、朝からどんよりした空模様。少しずつ晴れ間が広がって、暑くなってしまいました。
休んでいた二人が、何時に出た?と聞くので5時頃と答えると、アッあの時の、お互いに声が出てしまいました。
早いね、トレラン派?いいえ、ただの早足で…!胸にランナーズって書いてあるよ!これはシャツのロゴですが!
IMGP1693_20150926100721c44.jpg




そして台倉山。こんにちわ、アレッ。今朝お会いした時に下山中だったご夫婦です。
アラーッ私達も歩いていたのに、もう行って追いついて来ちゃったのぉ、と奥さんは
お疲れです。夫唱婦随なのか、テン泊なのと、大きな三脚やカメラをお持ちです。




IMGP1695_20150926100720f55.jpg IMGP1697_2015092610071986a.jpg

IMGP1698_20150926101756279.jpg IMGP1699_2015092610175520f.jpg

IMGP1702_20150926101755ba9.jpg IMGP1708_2015092610175454a.jpg




・左手に派生している尾根に、なにやら聳え立っています。
IMGP1706.jpg

・岩頭に照準を合わせてみると、ヤッタ!ジャンに続いて、またもや人面岩発見!
IMGP1705_20150926112851fe5.jpg




・下台倉山手前の登り返しで、ランナーが追い越して行き、ヤセ尾根を見る頃には姿がありません。軽やかに跳ねて行った
姿がとても羨ましい。時計を見ると、アレッ2時間も経っている。1時間も見間違えていたのです。エーッ何をしてたんだろう。
IMGP1709_20150926112850483.jpg



・下りでヤセ尾根を見ると、本当に痩せていて万里の長城のように続いています。今朝暗闇だった橋を渡りゴール。
登り3時間40分だったから、2時間位の下りと決め付けていたのが間違い。2時間50分もかかってしまいました。
IMGP1712_20150926112850001.jpg IMGP1713_20150926112849ac8.jpg




・ポストには、落し物のヘッデン。私も途中で拾った赤いマットを並べました。
IMGP1714_20150926112848d2f.jpg




・「もういいよ」の看板。ログハウスがあったのは覚えているけど、当時の建物だろうか?
IMGP1715.jpg


・ここはいつから?と聞くと30年前くらいだと。エーッ、じゃ、潰れなかったんだと失礼なことを。
昔話を終え、今の様子に。別名「酷」道352号。バイクが解禁されて、土日は危ない様子です。
IMGP1716.jpg IMGP1719.jpg


・せっかくですから、「きのこ汁定食」でお昼のお腹を満たし、「山ん中」の雰囲気に浸ります。
IMGP1722_201509261201361e7.jpg




・御池に戻ると、もう安心。ブナ林を縫うようにくだり、いつもの清水に癒されて会津を後にします。
IMGP1726_20150926120135068.jpg IMGP1724_20150926120135466.jpg 




帰りに見た、飯館村の水害はかなりひどかった。4年前の桧枝岐の
水害ほどではなかったが、いたるところに山からの押し出しがあり、
冠水した水田は河原のようだし、国道も何箇所か崩落して仮復旧。
被災の皆様は本当に気の毒ですが、会津は間もなく紅葉時期です。







hdfhdhd003_top2.gif
Posted by tomo
comment:0   trackback:0
[HG日帰り登山
| HOME | next