山と自然の贈り物の記録
29年今年もネモフィラに逢いに!




9日。夫は休養日で、私はお友達と「ひたち海浜公園」に!




・インバウンドの方にも、ネモフィラやコキアが人気で、今日も大混雑の海浜公園です。
IMG_5302.jpg IMG_5304.jpg

IMG_5305.jpg IMG_5306.jpg



・お目当ての、ネモフィラの丘に向かうお客様で、いっぱいです。
IMG_5307.jpg IMG_5313.jpg



・私もその一人ですが、ネモフィラの丘に向かう人波が途絶える様子はありません。
IMG_5312.jpg


・アップで見ると、青い海の一員だったネモフィラが、笑ったような表情をを見せてくれます。
IMG_5311.jpg



・余り気にしたことのない藤棚が満開で、園内の周遊バスも、いっぱいのお客様です。
IMG_5314.jpg IMG_5316.jpg



・夫には笑われてしまいますが、シーサイドカフェで「持ち込み」のお茶とケーキ休憩です。
IMG_5319.jpg






スポンサーサイト
Posted by tomo
comment:0   trackback:0
[日常
次男のライブで寝不足です





奥茨城在住者にとって、渋谷の夜はかなり刺激的です!




・4月20日。早めに出かけて、東急ハンズとモンベルをチェック。ふと気が付くと、
こんな街路樹がありました。逃げ出そうとしていたのか、腕が太く発達しています。
IMG_5075.jpg



・時間が押して、出番は10時過ぎ。船橋の自宅に戻ったのは夜半になってしまいました。
IMG_5076.jpg


IMG_5079_20170423194003a23.jpg IMG_5082_20170423194001552.jpg




翌日。疲れが残り、東京散策でもと考えていたのに温泉に癒さ
れて一日が終ってしまいました。暗いうちから起きだし、太陽と
伴に沈んでいく生活をしている夫は、いつも以上に辛そうでした。






Posted by tomo
comment:0   trackback:0
[日常
29年今年もお味噌作り!





今年も「ヨネビシ醤油」さんで、お味噌作りをしました~



ヨネビシ



・陶芸を午前中で終わりにして、午後からは恒例の「お味噌の寒仕込み」です。
DSCN2075.jpg



・良くほぐした米麹に塩を混ぜ込み、蒸しあがってきた熱々の大豆を練り込んでいきます。
DSCN2076.jpg DSCN2079.jpg

・この練り込みが大変な力仕事。夫に後れをとらないよう、大汗をかいてしまいます。
DSCN2078.jpg DSCN2082.jpg

・こんな可愛い助っ人もいますが、出来るだけ空気を出す工程です。
DSCN2085.jpg DSCN2086.jpg


・味噌玉をこんな風に「タタキこむ」と、美味しい味噌になるのだそうです。
DSCN2087.jpg


・残しておいた塩でフタをしてからアルコール除菌をし、お茶とお漬物をいただいて完了です。
DSCN2088.jpg DSCN2090.jpg DSCN2091.jpg RSCN2094.jpg




この後、夏の「天地返し」と熟成をヨネビシさんにお願いして、10月
初めには、「塩分控えめで香りの高い」お味噌をいただけるのです。






Posted by tomo
comment:0   trackback:0
[日常
29年大雪?が降りました!





雪国の方に叱られそうですが、雪にはしゃいでしまいます!




・4時30分ごろに、サラサラと音を立てて霰が降ってきたと思ったら、いつの間にか雪に
変わり、二時間もたたないうちに庭が雪化粧しました。本当に久しぶりの雪が積もりました。
DSCN1991.jpg


・滅多にお目にかかれない雪景色に、愛犬まで駆り出して、記念?写真撮りを楽しんでしまいました。
DSCN1995.jpg DSCN1999.jpg
DSCN2012.jpg DSCN2013.jpg
DSCN2016.jpg DSCN2017.jpg
DSCN2009.jpg DSCN2002.jpg


RSCN2019.jpg




雪でご苦労されている地域の皆様には申し訳ありませんが、私達に
とって、雪が降り、こんなに積もったのは何年かぶりですから、嬉しい
出来事なんです。昨年のように小雪だと、春先から夏前までのBCも
楽しめなくなってしまいますから、これからも、程々にお願いしますね。












Posted by tomo
comment:0   trackback:0
[日常
29年久慈川に神秘のシガ





友人のFBで、シガが人気になっていることを知りました



・夫は大子町の生まれなので、冬にシガ(氷花)が流れるのは当たり前、と言っていたのに、今年は久々に見られそうだと
わかると、突然のように「行こう!」ですと!検索してみると、昨年、一昨年とシガがまったく発生しなかったとのことです。
シガ




・発生メカニズムは諸説あるようですが、本州では久慈川だけに
みられる神秘の現象だそうで、25日。確実に発生する予報です。
IMG_4562_20170129102728d3a.png



・早い時間が確実でしょうが、10時になってしまい嵯峨草橋ではもう姿が
ありません。停めた車の後ろに、四台も続いたのには驚いてしまいました。
数キロ走って川山橋まで下りました。追いつきました。シガと言う流氷です。
DSCN1922.jpg



・夫は、温暖化がすすんでいるんだなぁ!と呟いています。子供の頃には、もっと大規模に、もっと下流まで流れていたようです。
DSCN1912.jpg

DSCN1915.jpg

DSCN1918.jpg

DSCN1924.jpg




・シガに出逢って気分が高揚。袋田の滝は無理でも「月待の滝」は凍っているだろうと転進。やはり暖冬、イマイチの結氷でした。
DSCN1929.jpg


DSCN1935.jpg DSCN1933.jpg




子供の頃に見慣れていた夫ですら高揚するくらいですから、私が興奮
しないわけはありません。ここ数日、テレビでもシガ・シガ・シガと報道
していただきましたから、人気が出るかもしれません。ほどほどにね…






Posted by tomo
comment:0   trackback:0
[日常
| HOME | next