山と自然の贈り物の記録
29年槍ケ岳BCスキー

003_top1sdgsdg.gif




槍ヶ岳と槍沢の大斜面に、今年も誘われてしまいました。



DSCN3376.jpg


・予想天気図はほとんど変わらないのに、お天気予報は日々変わります。
19日天気予報 21日天気予報



・気になる山頂付近の予報は、土曜日だけの晴れ間から、金~日曜日までの晴れに変わりました。

槍ケ岳天気予報①



槍ヶ岳天気図③




 19日。早朝に我が家を出て、今日は槍沢ロッジまで



・うすく春霞がかかっていた空が、上高地に着くころにはスッキリしてきました。岳沢の雪を見ると、槍沢が楽しみになります。
DSCN3314.jpg

DSCN3317.jpg

DSCN3318.jpg



・こんなにお天気が良いのに、徳澤園のテントサイトはガラガラ。驚いたのは横尾の様子。人っ子一人いないとは…。
DSCN3323.jpg DSCN3325.jpg



・ニリンソウロードは下山時に撮るとして、先を急ぎます。ユリワサビとヒメイチゲ。雪が多くてキスミレはこれからです。
DSCN3331.jpg DSCN3332.jpg
DSCN3335.jpg DSCN3337.jpg



・新しくなった二の俣谷の橋を渡り、しばらくすると残雪が多くなってきました。
IMG_5369.jpg

IMG_5370.jpg



・登山道が雪の下になると、間もなく「槍沢ロッジ」に着きます。
IMG_5371.jpg



・ロッジの前で先へと進む準備をしているのは、韓国部隊の皆さん。ババ平でテントを張るのだそうです。
DSCN3338.jpg





 20日。四時過ぎに出発し、槍ケ岳を往復して上高地に下山



・ババ平にはたくさんのテントがありましたが、ほとんどが韓国からの登山者ばかり。朝食の最中でした。
DSCN3339.jpg

DSCN3345.jpg

DSCN3343.jpg



・朝日を浴びだすと、夫はお得意のシャツ一枚に。気温が高くてアイゼンが滑ります。
IMG_5381.jpg




カールでお休みしてから、最後の急登で槍ヶ岳山荘を目指します。間もなく下山して
きたオジサンが「もしかして去年もお会いしませんでしたか?13、4日の頃ですが」。
そうです。昨年も13日に登っていたのです。それにしても奇跡的な再会ですね。昨年
と一週間ずれているのに、同じ日に、同じくらいの場所で、同じような出会いをすると
は。「短いスキーが印象的だったので」と、覚えていていただき有難うございました。




・山頂は昨年登っているので、槍ケ岳山荘前で展望を楽しんだら、さっそく滑降開始です。
DSCN3347.jpg

DSCN3350.jpg



・一糸乱れない勢いで追いついてくる、と思っていた韓国の皆さんはバラバラ。登頂を諦めた方もいます。
DSCN3352.jpg

DSCN3356.jpg

DSCN3364.jpg

RSCN3432.jpg



・気分的には登りの疲れが吹き飛ぶのですが、あまりに斜面が大きいので、疲れてしまいます。
DSCN3371.jpg

・一休みもそこそこに、次の斜面へと飛び出して行く夫。とてもうれしそうです。
IMG_5400.jpg

IMG_5410.jpg



・私も後を追って滑り、グリーンバンドから天狗原分岐、大曲りへとに向かっていきます。
DSCN3374.jpg

DSCN3378.jpg

IMG_5403.jpg



・昨年は大曲り付近からババ平まで、ズタズタになった雪渓で苦労したのに… 今年は、あっという間でした。
DSCN3385.jpg




山頂から槍沢ロッジまで、わずか一時間。残雪が多いので、ロッジのすぐ手前
までスキーを滑らせることができたからです。往復で五時間半。とっても楽しい
槍沢の滑降でした。ロッジで早い昼食をとり、上高地までのニリンソウロードへ。



・昨日にはなかった「石ころアート」がところどころに。退屈するほど長い行程なので、とても癒されます。
IMG_5437.jpg



・ニリンソウの満開まではもう少し。それでも一面の白いお花にカメラを向けて、スクワットの連続です。
IMG_5444.jpg

DSCN3404.jpg


ニリンソウ


DSCN3405.jpg



・サル軍団はお花畑を縦横無尽に歩き、むしり取って食べています。
IMG_5460.jpg

IMG_5449.jpg



・昨日はまばらだった、徳澤園のテント村。今日はいつもの賑わいが戻っていました。
DSCN3412.jpg DSCN3414.jpg



・ニリンソウは昨年より見劣りしますが、代わりのお花が一杯です。なかでも、ミヤマカタバミの多さに驚かされました。
DSCN3415.jpg DSCN3417.jpg DSCN3410.jpg DSCN3416.jpg DSCN3423.jpg DSCN3424.jpg



・残雪をまとった明神岳。この時期の姿が一番凛々しくて、私のお気に入りです。
DSCN3428.jpg



・気のせいか、登山道沿いの湧水もいつもより清々しくて、たくさん湧いているように見えます。
DSCN3427.jpg



・今年も槍沢を滑ることが出来ました。片道20㎞もある槍ケ岳。二人で130歳、いつまでスキーを担いでいけるでしょうか?
DSCN3431.jpg



・21日。Pしるふれぃの温泉で疲れをとって帰宅すると…庭の生垣にはタケノコの「槍」。そしてヒメサユリも咲いていました。
DSCN3433.jpg DSCN3436.jpg







hdfhdhd003_top2.gif
スポンサーサイト
Posted by tomo
comment:0   trackback:0
[山スキー
29年神楽峰BCスキー

003_top1sdgsdg.gif





平ケ岳から中3日で、神楽峰BCに出かけた夫のレポです。



私のお友達の旦那さんが車の店長さんで、月曜日がお休みです。
指導員と言うこともあるのでしょうが、50歳を過ぎた今でも毎々週
スキーに出かけているそうです。BCスキーに行きたいというので、
夫に紹介したのです。8日、月曜日晴れ予報。条件が一致しました。



8日予報天気図

・上の天気図から、こんな予報を出せるなんて…と、プロの仕事に感心してしまいます。
8日予報



スキー指導員のOさん。燧ケ岳でBCスキーデビューし、八幡平や八甲田も
ご案内したことがあります。久々の同行は、労少なくて楽しめる神楽峰です。



私のお勧めは、なんといっても中尾根で、今日も目指します。



・三俣から神楽第一高速リフトまで、一番で乗り継ぎました。BCに人気の第五ロマンスが終了して、ここから登ります。
DSCN3172.jpg DSCN3173.jpg



・少し不安げなOさんに、中尾根をの良さを、くどいほどに説明しました。
神楽峰①



・雪の状態がとても良いのと、好天に気を良くしてスイスイ登ります。田代湖の向こうに、谷川岳もクッキリと。
DSCN3176.jpg



・中尾根目当てなので、神楽峰ピークを目指さずに「中尾根の頭」へ直行していきます。
DSCN3177.jpg



・40分ほどで「中尾根の頭」。平日の一番リフトだったためか、私たちの他には誰も居ません。
DSCN3181.jpg DSCN3183.jpg



・今年は雪が残っているので「雁ケ峰」へのルートも滑れますが、今日は「霧の塔」のピークは眺めるだけに。
DSCN3185.jpg




・久しぶりに見るOさんの滑り。さすがに指導員の技。滑りが見事にきまっています。
DSCN3188.jpg

DSCN3190.jpg DSCN3191_20170510145255067.jpg

DSCN3192.jpg

DSCN3196.jpg



・4月にも神楽スキー場来たというOさん。初めてだったのにガスガスだったらしく、今日の快晴に気を良くして、次は?と…
かぐらルート




 「せっかくですから…」Oさんの勢いに押され、反射板ルートも滑ります。



・田代側を何度も覗き込んで、神楽ゲレンデまで戻れるのを確認。ガーミンを車に置いてきてしまっていましたので…。
DSCN3199.jpg

DSCN3202.jpg DSCN3206.jpg



・今回は神楽峰を踏んでから、反射板ルートを目指して、滑降開始です。
DSCN3208.jpg DSCN3210.jpg



・田代リフトが昨日で終了しているので、反射板からは思いっきり神楽側に滑り込んでいきます。
DSCN3212.jpg

DSCN3215.jpg DSCN3216.jpg



・心配をしていましたが、うまい具合に神楽ゲレンデに戻ることができました。テラスではビールを飲んで楽しそう。
DSCN3217.jpg DSCN3218.jpg



・私たちは食事だけ。私にはちょうど良い体慣らしだったし、Oさんには喜んでいただいて、大満足です。
DSCN3221.jpg



今日の①ルートは2時間弱、②のルートは地形の確認に時間を使った
ので2時間30分くらい。昨日の黄砂の影響もなく、きれいな雪でした。
神楽スキー場の営業は28日まで。雪もたっぷり残っているので、まだ
まだ楽しめそうです。加えて、第五ロマンスの終点に逢った、悪名高い
KG(かぐらゲート)も片づけられ、干渉されないで、BCが楽しめます。







hdfhdhd003_top2.gif
Posted by tomo
comment:0   trackback:0
[山スキー
29年至仏山~平ケ岳BCスキー

003_top1sdgsdg.gif




平ケ岳に行きたい!何度もつぶやく夫に誘導されBCスキーに



・天気も良さそうなので、3~4日に至仏山から大白沢山。そこから平ケ岳を往復して山ノ鼻に降ることにしました。
3日予報 4日予報

平ケ岳予報





 鳩待峠から至仏山~スズケ峰~大白沢山JCP(泊)



2日。夕方なので、80台しかない、鳩待峠の駐車場まで入ることが出来ました。明日目指す至仏山は、真っ白です。
DSCN3051.jpg



・早朝出発するために鳩待山荘に前泊しました。とても明るいお部屋です。
DSCN3048.jpg

DSCN3054.jpg DSCN3050.jpg



・3日の気温は寒すぎない-1℃。今日もとても良く晴れ、至仏山が白く輝いて招かれているようです。
DSCN3060.jpg

DSCN3057.jpg



・雪が硬く締まっているので、ウロコソールの板にして、急登では引くことにした夫の姿。
IMG_5188.jpg



・小至仏山の先に、至仏山が見えるところまできました。寒がりの私でも、暑くなってウィンドブレーカーを脱ぎました。
DSCN3062.jpg



・山頂の先客は、山ノ鼻から登ってきたのだそうです。北には目指す平ケ岳がドッシリ。南の霞の中には富士山の姿も。
DSCN3074.jpg

DSCN3073.jpg

富士山



・ムジナ沢はたっぷりの雪ですが、大白沢山に向かう稜線には岩が現れ、ヤブも。ガーミンに助けられながらルートを探ります。
DSCN3075.jpg

DSCN3077.jpg DSCN3079.jpg

DSCN3081.jpg



・平ケ岳は何度も行ったことがある夫。私ともこのルートをたどった筈だと言っていたのですが、初めてかもな?と…
IMG_5217.jpg



・まだ縦走する稜線に立てていないのに、「燧ケ岳と尾瀬ヶ原にジャンプしそうな構図だぞ!」なんてはしゃぐ夫。
DSCN3085.jpg



・左手の藪が切れてきた「カッキリ堀源頭」を回り込んで、やっと稜線に。トレースはありますが、誰もいない静かな尾根です。
DSCN3088.jpg



・日崎山を越え、スズケ峰が見えてきました。登りにかかると、突然に登山者の姿。山頂には青いテントの姿までが。
DSCN3091.jpg

DSCN3093.jpg DSCN3095.jpg



・登山者が現れた先から、たくさんの足跡。夫が下山路に一番合理的だと言っていた尾根が、ルートになっていたようです。
DSCN3097.jpg

DSCN3103.jpg



・大白沢山ジャンクションに着いて、振り返る往路と至仏山。昔は分岐と言っていましたが、今はジャンクションが標準語みたい。
DSCN3105.jpg



・燧ケ岳と平ケ岳の両方が見える絶景ポイントに幕営。小豆の甘納豆とミルクの雪氷。お茶も雪からです。
IMG_5231.jpg IMG_5243.jpg

DSCN3117.jpg

DSCN3118.jpg DSCN3119.jpg





ジャンクション~平ケ岳往復~スズケ峰~猫又川左俣~山ノ鼻~鳩待峠



・テントサイトを5時過ぎに出発。直ぐの下りは、大きく張り出した雪屁の下をトラバースしていきます。
DSCN3127.jpg



・下りきったコルには、こんな手形が。冬眠から覚めて、もう動き出したようです。
IMG_5244.jpg



・あの雪屁下をトラバース。コルの林の中にクマの手形。登ってくるのは、ジャンクションでご近所だったパーティの姿です。
DSCN3130.jpg

IMG_5246.jpg

DSCN3133.jpg



・予定どおり2時間で平ケ岳山頂に着きました。重装備は丹後山を目指し、多くは空身でピストンのようです。
DSCN3135.jpg

DSCN3136.jpg



・山頂まで登り終えたら、ご褒美が待っているのがBCスキー。あえいでいる脇を滑降していくのは、少し心苦しいけど…。
DSCN3137.jpg


・みんな防寒着を着ているのに、Tシャツ一枚では笑われそう。いつもの夫のスタイルです。
IMG_5257.jpg



・この滑りの後だと思いますが、すれ違った方が私たちの後ろ姿を撮ってヤマレコにアップされていました。
DSCN3143.jpg

DSCN3154.jpg



・連休とあって、たくさんの登山者とすれ違いました。これを撮影された方は、私達のテントの姿もアップされていました。
平ケ岳滑降



往復4時間弱で、ジャンクションのテントに戻りました。テントを畳んでいる脇で
休まれていたパーティの方は、山ノ鼻のガイドさんに教わって右俣の右岸尾根
を登ったら、良くわからなくて大白沢山まで登ってしまい、1時間も遅れてしまっ
たと嘆いていました。分かりやすく簡単と言われたのに… もう9時過ぎです…。



・後は帰るだけと気が緩んだためか、スズケ峰への登り返しがきつかった。その分、ブナ林の楽しい滑降が待っていました。
DSCN3157.jpg

DSCN3159.jpg



スズケ峰



・猫又川左俣に降りました。祝福するように、前方には鮮やかな環水平アークが。
IMG_5270.jpg

環水平アーク

DSCN3163_201705061655375ab.jpg



・尾瀬ヶ原をウロコソールでスイスイ、と言う夢が…。水の流れた跡がボコボコの溝になって、山行の最大難所となりました。
DSCN3166.jpg


IMG_5274.jpg



・やっとやっと、山ノ鼻のテント村に着きました。鳩待峠に向かう登山路には、まさに老若男女、観光客の姿もあります。
DSCN3168.jpg



・スズケ峰へ登るけど、後は尾根の滑降と原をスイスイ、4時間位かな?と言っていたのに、1時間遅れの3時に下山です。
IMG_5278.jpg IMG_5279.jpg



今回の平ケ岳では、ビックリするほど時の流れを感じさせられてしまいました。
ジャンクションでの幕営では、私達の他にもう一張だけと思っていたのに、下山
していくと、アチコチにテントテント。下りの尾根上にも何か所か。左俣に降りた
出会いはテント村の様相。山ノ鼻への途中にもポツポツとテントの姿。なにより
驚かされたのは、昔の山屋さんとは違う雰囲気。天気が良ければ、誰でもと…



久しぶりにお世話になったシュラーフ。可愛い姿で日光浴をしています
IMG_5282.jpg







hdfhdhd003_top2.gif
Posted by tomo
comment:2   trackback:0
[山スキー
29年磐梯山BCスキー

003_top1sdgsdg.gif





夫は二日前に会津駒に行ったばかりなのに、明日は全国的に…と



・たまたまBSNHKで磐梯山を見たばかりだったので、名前を出すと、二つ返事で決まりました。 
②磐梯山




・登山口を9時。「おぉーっ、誰もいない」と準備していると、同年配くらいの登山者が次々に到着。
IMG_5118.jpg IMG_5117.jpg



・ヘリコプター風の写真を撮ってと夫。ザックにスキー板4枚を着けて、悦に入っています。
IMG_5120.jpg



・夏道より右側の、境界線に沿った小尾根を登って、中の湯。湯気が立ち上がって、とても惜しい気がします。
IMG_5121.jpg



・雪を拾って、右へ右へと登っていきましたが、いよいよ夏道へ。爆裂口を覗き込みながら休憩します。
IMG_5129.jpg



・山腹をトラバースする夏道は、ヤブが多くてとてもいやらしい。敗退する?と言いながらも、弘法清水付近に着きました。
DSCN2985.jpg

DSCN2986.jpg



・でも、山頂までは雪が続きません。出来るだけ頂上に近づけるルートを探っていきます。
IMG_5135.jpg



・後ろを振り返れば、檜原湖やグランデコスキー場。
DSCN2995.jpg

DSCN2996.jpg



・この時期に! と、思いもかけずに霧氷に出逢えて、ビックリしてしまいました。
DSCN3004.jpg



・立ち寄りりませんでしたが、「弘法清水小屋」が雪の中から顔を出しています。
DSCN3007.jpg



・いよいよ雪渓が途切れたので、スキーをデポして夏道のわずかな雪を辿ります。
DSCN3009.jpg



・まったく雪の無い磐梯山山頂。南に猪苗代湖。西にアルツや猫魔スキー場。
DSCN3010.jpg

DSCN3013.jpg

DSCN3014.jpg



・スキーデポに戻りました。滑降を最大限にと考えて、夏道の左手の谷に滑り込んでいきました。
DSCN3016.jpg

DSCN3021.jpg



・少し狭い沢ですが、ファンスキーの私達には十分。左手からの雪崩跡がありましたが、とても素晴らしいルートでした。
DSCN3025.jpg

DSCN3027.jpg


IMG_5163.jpg


DSCN3033.jpg



・沢筋をそのまま滑降していくと駐車場から離れてしまうので、途中右手に50㍍ほど登り緩やかな沢を下ります。
DSCN3037.jpg

DSCN3038.jpg



・若くて美人なブナ林を抜けると、今朝ほどスタートした、駐車場に戻ることが出来ました。
DSCN3044.jpg

磐梯山ルート

DSCN3045.jpg




スタート時に顔を合わせた数パーティの車は、もうありませんでした。きっと
「あの夏道の藪と嫌なトラバースに行き当たったら、敗退するんじゃない?」
と夫が言っていた通りだったのでしょう。とても新しい発見の、磐梯山でした。
これからも残雪の磐梯山を訪れる機会があったら、私たちは滑降したルート
をたどって、直接弘法清水まで登るつもりでいます。とても良いルートでした。




磐越道に乗ってからの磐梯山のお姿。来年も残雪が多いと嬉しいなぁ!
IMG_5167.jpg







hdfhdhd003_top2.gif
Posted by tomo
comment:2   trackback:0
[山スキー
29年リベンジ浄土平BCスキー

003_top1sdgsdg.gif





14日と同じような16日の天気図。「通行止め敗退」のリベンジに



14日天気 16日天気




15日には寒気が入り、東日本は不安定なお天気の一日でした。
14日の、除雪のための通行止めには不満が残りますが、浄土平
に未練が残る夫。強風が予想されますが、浄土平怒りのリベンジ



・予想通りのお天気です。日曜日なのに、ゲートOPENに並んだ入山組はこの程度。強風の中を出発します。
DSCN2799.jpg



・最初は防寒着に身を包んでいましたが、蓬莱山への登りで暑くなり、ほとんどの方が春山姿に変身しました。
DSCN2801.jpg



・一昨日、通行止めの原因になったはずの新雪はどこ?。とても登りやすく、避難小屋までアッと言う間でした。
DSCN2802.jpg

DSCN2805.jpg


・小休止した時にシールを外し、ウロコソールで登ることにします。何気なく後ろを振り返ると、続々と人の波。
DSCN2806.jpg



・鎌沼と東吾妻山。お天気が良いので、一切経山と前大巓とのコルから、五色沼「吾妻の瞳」を目指すことにします。
IMG_5042.jpg

DSCN2813.jpg




・夫の勘違いで、少し「大倉深沢」寄りに降りたので、源頭を登り返します。左手の丘を越えれば五色沼です。
DSCN2814.jpg


・五色沼は「吾妻の瞳」とか「魔女の瞳」と呼ばれているそうですが、まだ冬の姿。魅惑の瞳は見られませんでした。
IMG_5048.jpg

RSCN2849.jpg

IMG_5047_20170417191614bab.jpg




・夫が四十数年前に大倉沢を遡行した時泊まったという、谷地平避難小屋。会いたいとのことで、大倉深沢へ降ります。
DSCN2827.jpg


IMG_5053.jpg


DSCN2828.jpg



・今でこそのGPSのお陰。樹林が濃くても、目標が見つからない雪原でも迷うことはありません。避難小屋に着きました。
DSCN2829.jpg

DSCN2831.jpg




小屋前で休んだ時に地図を見ると、鎌沼に戻るのに1時間30分もかかるようです。
夫は、エッそうなの?コースタイムを調べていなかったの?ウンじゃないでしょうに!
ゆる~く大倉深沢左岸の尾根を下ると短時間で避難小屋に着き、かる~い散策と
考えていたようです。気温が高くて歩くような下りになって、時間がおしてきました。
風がますます強くなり、轟々と唸り声をあげています。心配で、気がせいてきます。




・鎌沼から蓬莱山を右から巻き、ゴールの浄土平を望みます。20㍍を超す強風に背中を押された「帆かけ船」状態です。
DSCN2838.jpg

DSCN2841.jpg



・朝に登ったルートに合流して、驚きました。どれだけ多くの人が登ったんだろう。足跡でボコボコでした。
DSCN2844.jpg

DSCN2846.jpg



浄土平




9時に出発して3時30分過ぎ。もう、ほとんどの登山者は帰ってしまいました。
ゲートが閉まる前に帰れなくては大変、とても焦ってしまいました。あせった分
疲れてしまいました。今日も白い温泉で癒そうと思ってたら…共同浴場は満車
で、入ることができません。こんな時間だから空いているだろう。できれば先日
の家族風呂でノンビリの思いは砕かれ、地元に戻ってから温泉に浸りました。







hdfhdhd003_top2.gif
Posted by tomo
comment:0   trackback:0
[山スキー
| HOME | next