山と自然の贈り物の記録
24年横尾本谷~西穂高岳

003_top1sdgsdg.gif





9月14日。「北鎌尾根」に続いて、登山道に頼らず「沢から頂を目指すルート」、を選びました。

今年のメインディッシュ「北鎌尾根」は、思いっきり、楽しく完登することが出来ました。
ところが、夫にはまだ不満が残っていました。「沢登り」です。北アルプスでは「赤木沢」、谷川岳
では「本谷」、奥只見では「袖沢」、鳥海では「沢コース再チャレンジ」等と、夢を描いていたのに、
夏山に夢中になってしまっている間に、秋が直ぐそこまで、来てしまっていたのです。


夫は、かなりのアイディアマンです。私が「ノー」と言わないように、「沢登り」と
「私の未体験ルート」を組みあげてきました。ついつい、夫の術中にはまってしまいました。

14日、晴れ予報。「横尾本谷右俣から南岳」~「大キレツト」~「北穂高岳」か「奥穂高岳」。
15日、時々曇り予報。「北穂高岳か奥穂高岳」~「西穂高岳」~「新穂高ロープウェイ」下山。

「妻のために練り上げた」「貴方のためだけのルートですよ」と言う、ふれこみです。





・5時20分。タクシーの運転手さんが太鼓判を押す「晴れ」。予報どおりの河童橋です。
IMGP1627_20120917173717.jpg

・前回よりも早いので、当然「朝焼けの宿」明神館は静かです。
IMGP3419.jpg

・「徳沢園」はオープンしていますが、メニューは飲み物だけ。カフェラテが、とても美味しい。
IMGP3420.jpg

・今日の明神岳は、元気一杯な感じがします。前回、「色褪せた感じ」と書いたからでしょうか。
IMGP3423.jpg

・横尾から遠望する、「穂高連峰」と、左手には「屏風岩」の大岩壁。
IMGP3424.jpg

・7時20分。横尾本谷に向かいます。「カフェ」のお陰で、予定より30分ほど遅れてしまいました。
IMGP1630_20120917173715.jpg

・40分程で「本谷橋」に着くと、多くの登山者が休んでいます。
IMGP3428.jpg

・行き交うのに「渋滞」するためか、すぐ上流に小さな橋が、増設されていました。
IMGP3427.jpg





・谷沿いの行く手には、赤で「×印」があり、「見咎められそう」と言われて
いましたが、私達が遡行を開始しても、誰も関心を示す者はなく、一安心です。
IMGP3430.jpg

IMGP3435.jpg

IMGP1631.jpg





・なぜか「フィックスドロープ」が左岸にあります。斜面を登った所にも2箇所。不思議です。
IMGP3436.jpg





・涸沢が分岐するので見上げていると、「夏道」あたりで、こちらを見ている人影があります。
アーッ、沢を下ってきます。私達の姿に、惑わされたのでしょうか。腕で「×印」を作って、
「来ないで!」と言っているのに、ギゴチない足取りで降りてきます。「本谷左俣」を溯って
「南岳」に登るのだそうです。後ろから付いてくるのは奥さんの様ですが、大丈夫ですか?
IMGP3440.jpg

・余り心配しても失礼なので、「気をつけて!」と言って、ゴーロを急ぎます。
IMGP1633_20120917191130.jpg





・後ろを振り返ると、圧倒的な迫力の「屏風の頭」が立ち上がっています。
IMGP3442.jpg





・「渡渉」と「ボチャン」で靴下を濡らすというので、替えを持ってきたのに、そんな場所はありません。
IMGP3447.jpg

・ほんの少しだけ、残雪が残っています。広く、明るい、二俣に着きました。
IMGP3450.jpg

IMGP3452.jpg





・「左俣」は短く、大キレットに真っ直ぐに突き上げていきます。
谷は細かな岩で埋まっていて、ザレの中を登るように見えます。
IMGP3454.jpg

・「右俣」は、急傾斜のゴーロが続き、水が豊富に流れています。
上のほうで、左にカーブしているらしく、稜線は遠くのようです。
IMGP3455.jpg

・「右俣」のゴーロを詰めていくと、難関だという、大岩が見えてきました。
IMGP3458.jpg

・左岸を登りますが、難しくはありません。ロープもフィックスされています。
IMGP3461.jpg

・「大岩」を過ぎると、ゴーロがますます急になり、稜線が近づいてきました。
IMGP3462.jpg





・ガレ場が終わって、安定した渓相となってくると、お花も見えてきました。「ナナカマド」です。
IMGP3473.jpg

IMGP3472.jpg

・「ミゾホウズキ」と言うそうです。ここにだけ、一面に群生していました。
IMGP3466.jpg

・「カラマツ」のような形ですが、名前は分かりませんでした。
IMGP3469.jpg





・見上げるとカールの縁が、堰堤のようになっていて、越えれば楽園かもの予感。
IMGP3476.jpg

・最後の「堰堤」を越えます。果たして、楽園が待っているか?ダマされることが、多いのですが。
IMGP3477.jpg






・見事に、予感が的中しました。「ここはどこ?、涸沢?」と思わせる、光景が一気に広がりました。
IMGP3481.jpg





・稜線にばかり目がいきますが、流れも澄み切っています。
途中のガレ場で飲んだものとは、別物のように美味しい水です。
IMGP3489.jpg

・昔あったらしい登山道が、「今なくて」嬉しくなってしまいます。
IMGP3482.jpg

・流れの湧出口。生まれたての水。本当に「コンコン」音がします。
IMGP3507.jpg






カールを流れる水も素晴らしいのですが、。遅咲きのお花畑が、絨毯のように広がります。
投稿記事に、「国立公園内ではキャンプ禁止なので、ビバーグをしました」と言うものが
ありました。「マネをしないで!」ともありましたが、とても良く、気持ちがわかります。





・「シラネニンジン」でしょうか、アップで撮ってしまいましたけど、小さく可憐でした。
IMGP3494.jpg

・「ウメバチソウ」です。本当に梅の花のような形をしています。
IMGP3495.jpg

IMGP3496.jpg

IMGP3498.jpg

IMGP3499.jpg

IMGP3505.jpg

IMGP3500.jpg

IMGP3502.jpg

IMGP3512.jpg

・「ミヤマニガナ」の花のようです。「ミヤマコウゾリナ」とは違うような気がします。
IMGP3531.jpg

・「オオヒョウタンボク」の真っ赤な可愛い実。潅木帯にたくさんありました。
IMGP3514.jpg





・「チングルマ」の大群落です。雪が消えたばかりの場所では、まだ花が咲いていたのに。
花の季節には、どんな光景になるのでしょう。一面の「チングルマ」が残雪みたいでしょうか。
IMGP1645_20120917195711.jpg

IMGP1652_20120922063503.jpg





・最初に飛び出したカールは、少し傾斜したゴーロでしたが、二段目は完全に鍋底のようなカールです。
IMGP3525.jpg





・進行前方左手には、三段目のカールの縁のような、「緑の縁取り」が見えています。
IMGP3527.jpg






・後ろを振り返れば、「屏風の頭」が、かなり低くなってきました。
IMGP3530.jpg

・カールから稜線へのガレ場は、「オンタデ」を中心にした「草モミジ」が始まっています。
IMGP3535.jpg





・12時45分。稜線まで、ガレ場と草付きで足場が悪く、思いのほか時間がかかりました。
IMGP3538.jpg





・残念ながら、「槍ガ岳」の穂先はガスの中です。手前に、殺生小屋の赤い屋根が見えます。
IMGP3539.jpg





・「天狗原」への、地味な案内板。派手な北アルプスの中にあって、ホッとする暖かさを感じます。
IMGP3543.jpg

・大きな「てんとう虫」が、私達を待っていてくれました。
IMGP3546.jpg





・稜線から覗き込む「右俣カール」。三段目とその下の二段目。その陰に最初のカールがあります。
IMGP3547.jpg





・「南岳」に向かって左手の斜面。登るにしたがって、秋色が深まります。
IMGP3549.jpg

・尾根が険しくなってきました。この上部では、何段かの鉄梯子もあります。
IMGP3552.jpg

・右手、天狗原方面は、岩だらけのカールが広がります。稜線の際だけ草が繁ります。
IMGP3553.jpg





・鉄梯子を登った所から、何気にカールを覗くと、このパノラマ。右手の岩が、特徴ある形をしています。
IMGP3556.jpg

・「菊花石」と言うのがあるそうですが、菊花状の節理もめずらしいですね。
IMGP3555.jpg





・「オンタデ」の黄葉が、間もなくの冬を偲ばせます。
IMGP3561.jpg

IMGP3560.jpg





・13時45分。「南岳」~「槍ガ岳」の稜線に合流しました。「天狗原」分岐からここまで、
予想以上に手こずり、カフェタイムと合わせて、予定より約1時間以上の遅れとなりました。
IMGP3564.jpg





・飛騨側を見下ろすと、懐かしい「槍平小屋」の赤い屋根と、テント場が見えました。
IMGP3565.jpg





・14時10分。やっと「南岳小屋」に着きました。小屋もテントサイトも綺麗です。
IMGP3568.jpg





小屋で「CCレモンとドーナッツ」を購入し、「北穂高岳」に向かいます。下り始めて間もなく、
上から大きな呼び声がして見上げると、「ゼエゼエ」と小屋番のお兄さんが、息を切らしています。
「どこまで行きますか?」→「北穂高岳で~す」→「どの位、時間をかけますか」→「2時間半で~す」
「今日はどのコースを、何時間かけましたか?」→「上高地から本谷右俣経由で7時間で~す」
心配して追いかけてきた様子なので、1時間程短く答えてあげました。驚くべきハイペースの筈です。

「そのペースなら大丈夫ですね。小屋は予約してあるんですね?」→「テントで~す」→「テントは
張ってあるんですか?」→そんな訳はないでしょう「ザックに入ってま~す」→「???気をつけて!」
→「ご心配ありがとうございま~す!」→「よく理解できないけど、大丈夫らしい」と分かって頂いた?

余りにも「コンパクトなイデタチ」だったので、「こんなに遅く、大キレットに向かった」と言う情報
で、小屋番のお兄さんが追いかけて来られたらしい。本当に、ご迷惑をおかけいたしました。

前回の山行から、さらに軽量化を進め、コンロも昔使っていたメタクッカーを再登場させたため、
ザックがよりコンパクトになり、軽装備のハイカーに見えてしまったようです。






・無罪放免になった気分で、大キレットの底に向けて下っていきます。それほど険しくはありません。
IMGP3570.jpg

IMGP3571.jpg

IMGP3572.jpg





・「屏風の頭」の手前に小さな雪田。すぐ左に「北穂の池」。左俣には滝で落ち込みます。
IMGP3577.jpg





・「草付き」を登っている姿があります。「左俣遡行のご夫婦」が、まだ、あんな所にいます。
とうに、「南岳小屋」に着いていなければならない筈なのに、奥様にはお気の毒なペースです。
IMGP3578.jpg





・「最低コル」までは「キレツト」の片鱗もありません。ごく普通の縦走路です。
IMGP3579.jpg

・「南岳」方面が、ガスに覆われてきてしまいました。雨もパラついて、嫌な雲行きです。
IMGP3582.jpg

・「風の通り道、最低コル」に感慨が起こるのは当然ですが、これは無いでしょう。無粋です。
IMGP3586.jpg

IMGP3588.jpg

・本谷左俣のツメは、ここが正解のようです。踏み跡も見えます。ご夫婦は、右に寄りすぎていました。
IMGP3592.jpg





・「飛騨泣き」の難所があると聞いていましたが、ここでしょうか。
ペンキが多すぎる感じがしますが、安心してルートを進むことが出来ます。
IMGP3594.jpg

IMGP3598.jpg

IMGP3600.jpg

IMGP3603.jpg

IMGP3604.jpg





・「北穂高岳」への登りには、参りました。「あと200m」の標識は「高さですか」「距離ですか」?。
16時40分。「北穂高小屋」に辿り付く寸前に、大雨になってしまいました。夫が当然のように「テン泊」の
申し込みをするかと思っていたら、「予約なしですけど、泊まれますか?」嬉しいけれど、どうしました?
歩き出してから、もう11時間を過ぎています。内心、雨の中でのテント設営は嫌です。ホッとしました。
IMGP3608.jpg





・狭い食堂ですが、清潔で、飾りつけも、とても山小屋の中とは思えません。
IMGP1665_20120918222109.jpg

IMGP1663_20120918222109.jpg

IMGP1660_20120918222531.jpg

IMGP1667.jpg






・目の前でスライスしてくれる「生ハム」を、ワインの隣に置かないで下さい。
IMGP1668_20120918222530.jpg

・私の「還暦祝い」なのですが、「赤」ワインより「白」ワインを選びました。かすかな抵抗ですか。
IMGP1655.jpg

・食事の後、クラッシック音楽がながれる、食堂の一角を占有して乾杯です。
IMGP1656_20120918222108.jpg

・良く見ると、ワインのラベルにも山の「ウンチク」が。とても美味しくいただきました。
IMGP1659_20120918222108.jpg

・夫は、ついに「生ハム」をオーダーしてしまいました。ワインとよく合います。
IMGP1661.jpg




「北穂高小屋」に泊まったのは、ただの偶然ではありませんでした。夫の話だと、
一番目の目標は、「穂高岳山荘」までで、そこでテン泊。二番目、工程に遅れがあったら、手前の
「北穂高山荘」でのテン泊。三番目、テン場が遠く、条件が余りに悪ければ、小屋泊まりにする。
と言う、腹つもりだったそうです。工程に1時間ほどの遅れがあって、大粒の雨が降ってきました。
私には相談なしで、「北穂高小屋」「還暦祝」「赤ワインで乾杯」と頭の中で描いていたようです。

そんな夫の善行で、「両サイド板壁」「入り口はカーテン」4人くらい余裕の、まるで個室のような
二畳のスペースが割り当てられました。なんとラッキーなのでしょうか。いや、明日も頑張れと?





15日、5時少し前、小屋の朝が始まりました。雨も上がって、岩が乾くことを期待します。
IMGP3615.jpg

IMGP3616.jpg





・5時20分出発。こんな可愛い案内板なのに、手振れを起こしたのが、とても残念です。
IMGP3617.jpg





・「槍ガ岳」が少しだけ影を見せてくれましたが、雲の動きが早く、ご来光を拝むことは
できませんでした。「涸沢岳」に向かう途中、岩稜の切れ目から朝日を迎えました。
IMGP3618.jpg






・「最低コル」。一昨年の6月。ここからスキー滑降をして、「山登りの心」が再燃した場所です。
IMGP3619.jpg





・「涸沢岳」から数人降りてきます。いつまでも、しがみついていたのに、
「この先危ないところが一杯ですから、気をつけてください」と、親切です。
IMGP3622.jpg

IMGP3626.jpg

・みなさん、こんなに大きなザツクを背負っているのです。
IMGP3627.jpg

・雲のかなたに、「立山」「剣岳」が浮かんでいます。
IMGP3628.jpg

・稜線の「イワベンケイ」の鮮やかな赤色に、目が覚めます。
IMGP3629.jpg

・この上が、「涸沢岳山頂」です。「穂高岳山荘泊」の登山者が、何人もすれ違いました。
IMGP3631.jpg





・これまでのコース、岩が濡れていたので慎重を期し、約1時間20分かかりました。
IMGP3633_20120919201922.jpg






・「奥穂高岳」はガスに覆われています。ここからの200mは、あっという間でした。
IMGP3634.jpg





・7時40分。山頂は、大騒ぎを繰り返す、学生風ご一向に様に占領されています。
IMGP3636.jpg





・これから向かう「ジャンダルム」は、ガスをまとってスケールが大きく見えます。
IMGP3645.jpg

・私と、「ジャンダルム」。これから逢いに行きますよ。
IMGP3646.jpg

・私のブロッケンです。「後光が射している」と叫んでいる人もいました。
IMGP3649.jpg

・夫が「馬の背」に向かいます。ここは、ただの「岩屑の尾根」です。
IMGP1669.jpg

・またブロッケンが見られ、夫にも「後光」が射しました。神を、気取っています。
IMGP1671_20120919203715.jpg

IMGP1673_20120919203715.jpg





・「馬の背」の岩稜が、ガスでまだ濡れています。ここは慎重に下りましょう。
IMGP3650_20120919210010.jpg

IMGP3652.jpg

・降り立ったところに、「ウマノセ」と書かれていました。雨が降ったら、緊張するでしょう。
IMGP3655.jpg






・振り返ると、こんなにエッジの効いた岩稜です。鎖が無いのが、不思議なところです。
IMGP3656.jpg





・「ジャンダルム」が近づいてきました。「奥穂高岳」からの様相とは少し違います。
IMGP3658.jpg

IMGP3660.jpg

IMGP3661.jpg





・スムースに「ジャンダルム」に辿り着けるわけではありません。こんなクライムもあるのです。
IMGP3662.jpg





・核心部をクリアすると、「怪峰ムスターグタワー」のような、岩峰に変身しました。
光と影のイタズラでしょうけど、昔、山岳誌で見たカラコルムに迷い込んだようです。
IMGP3664.jpg





・よほど「ジャンダルム」が好きなのでしょう。1時間近く経つのに、まだ頂上の二人がいます。
IMGP3665.jpg





・「ジャンダルム」の足元から、「奥穂高岳」を振り返ると、さすがの貫禄で佇んでいます。
IMGP3667.jpg





・二人の、「お守りマスコツト」と一緒に、登ってきましたよ。
IMGP3672.jpg

・天使には、サビが出てしまって、「これはなにッ?」と言う感じです。
IMGP3674.jpg





・「天狗のコル」に降り立ちました。実は、これからの方が危ないルートだったのです。
IMGP3676.jpg





・「天狗のコル」からクサリを伝って登ると、こんなに高度感のあるリッジに出会います。
IMGP3683.jpg





・「逆層の長いスラブ」への降り口には、鎖がありません。抜けてしまったようです。
IMGP3685.jpg

・今日は、下を向いて降りていけますが、雨の時にはどうなるのでしょう。
IMGP3687.jpg





・「天狗岳」の岩屑山頂を振り返ります。山頂には、テントサイトも整備されていました。
IMGP3690.jpg





・「逆層のスラブ」への降り口は、こんなに危なさそうに見えます。
IMGP3691.jpg





・「岳沢小屋」の赤い屋根が見えます。この時には、
テントが見えませんが、この後には、一杯になっていました。
IMGP3692.jpg






・「間ノ岳」への登りでは、崩壊しそうな足場とか、鎖があれば、と言う場所がありました。
IMGP3694.jpg






・上高地の「ホテル群」が、こんなに近く、足元になりました。
IMGP3695.jpg






・いくつものピークが連なっているためか、雑に扱われているピークもあります。
穂高連峰の一員なのですから、仲間に入れてあげたら良いのに、と思ってしまいます。
IMGP3696.jpg

IMGP3698.jpg





・11時40分。西穂高岳山頂を占領していた一団が、記念撮影を交替した一瞬の隙に一枚撮りました。
IMGP3697.jpg





・「独標」には、山頂からこぼれそうになる程、人が一杯です。西穂高岳からの下りも、
「これはなにッ!」と言うほどの「人人人」で、大渋滞です。諦めて、ノンビリ行くことにします。
IMGP3702.jpg





・遠望した様子より、はるかに多くの人の花が咲く、「独標」山頂です。
IMGP3704.jpg





・大渋滞を覚悟していたのに、「独標」を過ぎると意外にスムースで、13時10分に
「西穂山荘」に着きました。大混雑!。名物の「ラーメン」も食べられずに下山です。
IMGP3707.jpg





・13時50分に、ロープウェイに着き、迎えのタクシーをお願いしました。出発してから
8時間30分。夫が見込んでいた最大値に近いものでしたが、想定の範囲以内で、「北穂高岳」
から「西穂高岳」の岩稜を歩きと通すことが出来ました。元気な足に、乾杯したいくらいです。
IMGP3708.jpg





夫は、横尾本谷右俣をなぜ登路にしたのでしょうか。最近でこそ、登山路を歩くようになりましたが、
かつての、夫との山行では、「岩」か「沢」か「雪」の上をたどって、山頂を目指していたのでした。

本谷右俣は、かの「ウェストン」さんを、「槍ガ岳」に案内する際に、ガイド役の猟師が「簡単なのは
槍沢から登ることだ」「楽しもうというなら「本谷右俣」から溯るのが良いですだ」と言ったと伝え
られているコースです。夫に、昔の感覚が戻ってきたのかも知れません。

右俣カールは、本当に素晴らしい楽園でした。あわよくば、私達も遭難して、そこに「ビバーグ」
したいと、本気で思ってしまいます。もっと紅葉の時に、もう一度行きたい所です。
それに比べて、穂高の岩稜には食傷ぎみです。
ゲツプがでそうになるくらい登高したので、寝ていても「足を踏ん張ってしまいそうに」なります。

「これからは、秋山をノンビリ歩くんだ」と言う夫に期待して、紅葉を待っています。





hdfhdhd003_top2.gif
スポンサーサイト
Posted by tomo
comment:2   trackback:0
[北アルプス
| HOME | next