山と自然の贈り物の記録
明るい農村その後④




大根に続き、お野菜の収穫が始まりました。



毎日採れるようになってなってきたのが、「水ナスと千両ナス」「ピーマン」
「モロヘイヤ」「地這キュウリ」等。ニンジンも、間引きながら食べています。



・「受粉のお手伝いが必要かな?」と気を揉んでいたカボチャが、大きな
実に成長しました。「受粉できたかなぁ」から、一日ごとに育っています。
カボチャimage(2)

カボチャ2



・私の好物スイカ。カボチャが育つのに、スイカは全く気配がありません。
3~4日、目を離していたところ、7個も発見。食べごろになると、鳥が来て
ついばまれてしまうと言うことなので、丁寧にネットをかけて見守っています。
スイカ

IMGP4564.jpg



・葉っぱに覆われていた「地這キュウリ」も次々と。時々大物が隠れています。
キュウリ



・「無花果=イチジク」。字のごとく、花も咲かないのに、いつの間にか。
と言うのは間違いだそうです。実に見えるものがお花のようですね。
IMGP4565.jpg



・ネギの育て方は、チョット腑におちません。4月に苗を植えて、大きくなった
夏前に、半分くらい切り落として、植え替えをするらしいのです。それだったら
今頃に植えれば良かったんじゃないのかな? 今も苗が売られているのです。
IMGP4563.jpg



ネットで栽培方法を調べたり、ご近所さんの畑で学んだり、少しずつ々…
それにしても、畑作業は大変です。一雨降るごとに、新しい雑草の芽が
出てきます。それに引き換え、田んぼ作業はあまり手がかからないようで、
田植えの時期と、毎日の水周り点検くらいで済んでしまっているようです。





スポンサーサイト
Posted by tomo
comment:3   trackback:0
[農業日誌
| HOME | next