FC2ブログ
山と自然の贈り物の記録
31年 至仏山&小至仏山BCスキー

003_top1sdgsdg.gif




また晴れる!と言って会津駒から間二日。夫は至仏山に


6月初めのトレランのための体力作りだと言って、出かけた夫のレポートです


・6時ころの曇り予報が気になりますが、涼しくて登りやすいかも知れません。
23日②

23i日



・至仏山からワル沢ルートを滑り、鳩待峠に戻って、二度目は小至仏山からオヤマ沢ルートへの予定です。
至仏山ルール



・鳩待峠の駐車場が満車のためバスで。雪が多いだろうとは思っていたが、それ以上でした。
IMGP0867_20190425104932d77.jpg

IMGP0868_20190425104931dfc.jpg



・登り始めて20分位は雨でも降りそうな空模様だったけど、いきなり小さな青空。そして見る間に予報通りの空に。
IMGP0869_2019042511091013e.jpg

IMGP0872_20190425110910d8e.jpg



・上は晴れているけど、尾瀬ヶ原にはなごりのモヤがかかって、快晴より雰囲気が良い。
IMGP0874_20190425110909455.jpg

IMGP0873_20190425110908bbd.jpg



・モヤが晴れていくと、尾瀬ヶ原の向こうに銀色に輝く燧ケ岳。不思議なほど透明感がある上空です。
IMGP0877_20190425110908a3b.jpg

IMGP0876_20190425110907e6c.jpg



・小至仏山の山腹をトラバースし、至仏山の登りにかかる頃には、すでに下山してくる方もいます。
IMGP0878.jpg



・絶好の天気に、大勢が休憩と写メ中。峠から山頂まで約1時間50分。快調なペースで登れました。
IMGP0879 (2)

IMGP0880_20190425111209fa3.jpg



・山頂から赤丸の鳩待峠目指して真っ直ぐ滑るのが、 のワル沢ルートです。
IMGP0882 (2)



・この写真は、槍ケ岳BCスキー際にご一緒したマキビトさんの、ヤマレコ動画から切り取ってお借りしたものです。
10.png



・峠まで登り返して3時間弱。再び至仏山を目指すが、足元の雪はグサグサ。オヤマ沢へと滑っても、さらに腐ってくるだろう。
至仏山 (2)



・気温がグンと上がり、腐った雪でトレースが入り乱れるオヤマ沢田代。このあたりで、帰りは 尾根筋を戻ろうと変更決定。
IMGP0886_20190425111207381.jpg



・今回は、朝にパスした小至仏山山頂まで登ります。誰もいない、静かな山頂でした。
IMGP0887.jpg

IMGP0888_20190425112355d95.jpg



オヤマ沢への斜面と沢の雪がグサグサと踏んで、尾根筋を戻ったのが失敗でした。
短いファンスキーには雪が柔らか過ぎ。思い描いていたようには滑らない。それでも
スキーは早い。13時20分、スタートから5時間30分で二往復終了。駐車場近くの
温泉は休みだったので、インターも近い「望郷の湯」で汗を流し、桜も楽しみました。


IMGP0893_20190425112354fbc.jpg




hdfhdhd003_top2.gif
スポンサーサイト
Posted by tomo
comment:0   trackback:0
[HG日帰り登山(雪)
| HOME | next