山と自然の贈り物の記録
御岩山でクライミング再び

003_top1sdgsdg.gif




8月11日(土)。前日に「槍ガ岳日帰り」に行ってきた夫は、まだまだ元気です。
もう一つの目標の「北鎌尾根」の登攀に、30年近いブランクが気になっていた私を
気遣って、「御岩山」の「ロッククライミングゲレンデ」に行こうと、誘ってくれました。

天気予報は、午前中晴れで、のち曇りから雨の予想です。雨が降るまでの勝負です。





・久し振りのクライミングです。新調した、ヘルメットにぜルプストバンドで、身を固めます。
久々にザイルを肩にかけると、50メートルと言うこともあり、ズシリとします。重かったんですね!
IMGP2973_20120816171711.jpg IMGP2976_20120816171711.jpg





・私がポーズをとったところは、苔むして滑りそうでしたが、このフェースは乾いています。
早速、夫がフェース左のリッジから登りだしました。ホールドが大きく3級程度でしょうか。
IMGP2977.jpg

・右のリッジの方が、やや高度感があり3級プラスくらい。ロッククライミングらしくなってきました。
IMGP2981.jpg

・下降は、゜懸垂下降」です。久々なので、少しとまどってしまいました。
IMGP2983.jpg





・今度は私の番です。昔とった「キネヅカ」は生かされるでしょうか。
IMGP2996.jpg

・「懸垂下降」は、さすがに緊張してしまいました。ギゴチない動きとなってしまいました。
IMGP2989.jpg

・ちょっと足が揃いすぎています。目は、だんだん高度に慣れてきはしましたが。
IMGP3009.jpg





・登攀をトップで確保する夫。「ザイル捌き」にもかなり緊張が漂っています。
IMGP3003.jpg





・フェース中央を登りきったところ。ホールドは大きいが、靴先が入らないので、4級くらいの難度です。
IMGP3002.jpg





・登りきったら、また懸垂下降。天気にも助けられて、良いトレーニングができます。
IMGP2999.jpg





・下から見上げると、けっこう高度感が出て、「どこの岩場かな?」と思わせる程です。
IMGP3014.jpg

IMGP3015.jpg





十分なトレーニングが出来たのに、夫はキョロキョロとあたりを窺っています。
天気予報が良いほうに外れて、むしむし、ムンムンしてきました。

登攀目的だけではなく、ストレッチのつもりで、これからも来てみましょう。







hdfhdhd003_top2.gif
スポンサーサイト
Posted by tomo
comment:0   trackback:0
[RCT
comment
comment posting














 

trackback URL
http://snowdrop724.blog118.fc2.com/tb.php/120-86a29b1a
trackback