山と自然の贈り物の記録
24年秋が深まりました

秋が深まると、我が家の庭も、色とりどりに変身していきます!


 【咲き始めた「イワシャジン」。30年以上も前、「丹沢悪沢」から我が家にきたものです】
IMGP1867.jpg





さすがに長かった夏が去り、ゆっくり秋と思えば、そうではありません。一気に
駆け足をしたり、立ち止まったり、戻ったり、秋はなかなか気難しいのです。

高い山の紅葉を見たり、新雪と遊んだりしている間に、秋が深まってきました。
前回、夏の終わりを記録してみましたが、緑の柚子や柿が黄色になったり、
庭木が紅葉したり、晩秋の花が咲いてきたり、確実に冬が近づいています。




・前回写真に撮った後、直ぐに口を開き始めたので、「ザクロ」を一粒ずつ砂糖に漬け込みました。
IMGP1844_20121115045825.jpg


・昨年は、気がついたら砂糖漬けのシロップになってしまっていたので、観察していきます。
IMGP1927.jpg


・ほとんどシロップになりました。この後発酵して、酸味の濃いザクロシロップの出来上がりです。
IMGP1955.jpg





・「大文字草」って、夏の花ではなかったのですね。少しピンクがかって咲いています。
IMGP1835_20121115045824.jpg


・パノラマコースに、たくさん咲いていた「コウゾリナ」と似ていますが「ニガナ」の様でもあります。
IMGP1836_20121115045823.jpg






・一株だけ連れてきたものですが、まだ生きているのでしょうか。それとも、子孫でしょうか?
IMGP1866.jpg


・北アで見たものと違い、茎が針のように細く、20近くの花穂をつけています。
「か弱さ」が私の好きな「イワシャジン」。源頭一面に咲いていたものです。
IMGP1871.jpg





・「ガマズミ」の鉢植えを買ってきて、地植えにして3年目。やっと赤い実が付きました。
IMGP1838_20121115054023.jpg


・「ガマズミ」は今年も何回も花が咲きましたが、今のものは「狂い咲き」でしょうか。
IMGP1839_20121115054022.jpg


・天候のせいか、ツツジまで「狂い咲き」をしています。山のツツジが、秋に咲くこともありますね。
IMGP1842.jpg






・「ニシキギ」の赤は、今年も際立っています。真っ赤な実が、いつになく多く付いています。
IMGP1849_20121115054021.jpg





・日陰の隅に置かれたヤブコウジ」も、赤い実を付けると目立ってきます。
IMGP1863.jpg


・裏山にあった「寒わらび」も繁殖しています。
栄養がありすぎるのか、ちょっと大きくなりすぎです。
IMGP1834_20121115070633.jpg


・野草ではなく「マユハゲ」と言う、葱ボウズのような観葉植物です。
枯れかけていたものを日陰に移して、水をあげていたら復活しました。
IMGP1860.jpg


・回りの花が枯れたころ、枯れたような茎の先に、大きな「リンドウ」の花だけが顔をもたげます。
IMGP1934.jpg



・庭石の窪みに咲いた、コスモス。背丈が10センチ位なので、
それに見合う小さな花です。私は、こんな花が大好きなのです。
IMGP1959.jpg


・冬が近づくと「お茶」の花が咲くのは、椿の仲間なのでしょうか。花の形も似ています。、
IMGP1943.jpg


・「ホトトギス」のような斑模様の花が咲く「ヒオウギアヤメ」の実。仲間を増やしてくださいね。
IMGP1951_20121115070631.jpg





・案の定、ムクドリに啄ばまれ始めました。柔らかいのが無いと、硬いものにまで嘴をのばします。
IMGP1826.jpg





・いっぱいの「アケビ」がなりました。料理をしようと毎年思うのに、チョッと甘味を味わっただけでした。
IMGP1925.jpg





・「ハナユズ」の名前の通り、花が咲くように実がついて、今年はウレシイ当たり年のようです。
IMGP1929.jpg





・庭一番の人気者は「ツルウメモドキ」です。やっと見つけた時には大感激でした。いまでは、油断
しているとアチコチニ芽を出し、すこし厄介者になって、邪険にするようになってきてしまいました。
IMGP1957.jpg





・やっかいものの「ガガイモ」が、松ノ木でに絡んで黄葉しています。
IMGP1944_20121116043717.jpg


・今年、鉢植えから地植えにした「ダンコウバイ」。天候が合わなかったのか、くすんだ黄葉です。
IMGP1946.jpg


・地味なのですが、よく見ると味わいのある渋い黄葉の「イワシノブ」です。
IMGP1941.jpg


・例年、紅葉ナンバーワンの「スモークツリー」。夏場でお肌の手入れを、間違えたみたいです。
IMGP1953_20121116045646.jpg



・今年の我が家の紅葉ナンバーワンは、毎年「茶色い枯れ葉」を晒していた
「鉢植えのモミジ」です。分からないものです。なにがあったのでしょう?
IMGP1936_20121116045645.jpg





今年は、紅葉にむらがあります。いつも、真っ赤に色づいていたのが、斑に黄葉をしたり、
茶色に枯れてしまったり。逆に、赤く染まったことが無いのに、今年にわかに色づいたり。
同じケヤキなのに、黄ばんだり、紅葉したり、エンジ色になったり。なにが作用している
のでしょうか?今までに無く、今年は、自然の素晴らしさと、不思議を教えてくれます。


もうすぐ冬が来ます。気象庁は暖冬の予報を保留にしたようですが、
きれいな雪と、きれいな氷、久慈川には「シガ」が流れるでしょうか?





スポンサーサイト
Posted by tomo
comment:1   trackback:0
[我が家の自然
comment
賑やかな庭ですね。
花あり実ものありと素晴らしいです。
我家ではユズ、カキ、ハッサク、キンカンなど食べられるものが主体です。
今はイチジクが欲しいなと。
カミさんはツルウメモドキが大好き、赤実になると山の中をウロウロし少し採ってきて楽しんでます。
厄介者になりつつあるとは羨ましいですね。
2012/11/17 19:36 | | edit posted by yamasanpo
comment posting














 

trackback URL
http://snowdrop724.blog118.fc2.com/tb.php/134-fd8a6326
trackback