山と自然の贈り物の記録
25年自家製味噌を仕込みました



市内にある「米菱醤油」さんで、毎年「自家製味噌」作りをしています。

評判が良くて、少しずつ仲間が増えてきています。
「寒作り」と言って、最も寒いこの時期に仕込むのです。
「デジカメを持っていけよ!」と言われていたのに、
忘れてしまい、写メで縦長写真になってしまいました。


①「米菱」さんが材料一式用意をしてくれています。  ②蒸しあがった大豆が届きました。  
130219_1331~01 130219_1344~01



③力と心をこめて練り込みます。  ④形がなくなるまで練り込んだら、「味噌玉」にしていきます。
130219_1344~02 130219_1356~01



⑤力技で味噌玉を樽に叩き込み、空気を抜きます。  ⑥塩を乗せ、山型に整えフタをします。
130219_1359~01 130219_1359~02



⑦蓋をして一樽が完了しました。      ⑧全員が作り終えて、お片付けをします。
130219_1401~01 130219_1402~01



・お片づけまで終わると、「米菱醤油」さんの、「お漬物」と「お茶」で仕込み完了です。
130219_1407~02 130219_1408~01





「米菱醤油」さんは、遠い昔の「巴里万博」にも出品したと言う歴史がありますから、
品質にはこだわりをもっています。仕込まれた樽は、「天地返し」をしていただき
ながら秋まで寝かされてから、それぞれに引き渡されます。

受け取ったばかりの「味噌」は、やや白っぽい色をしていますが、
日を追って熟成して「あめ色」に変わり、風味も増していきます。



来年の仕込みは
平成26年2月18日(火) 13時30から




「力技」のおかげで、肩がパンパン張っていると言うのに、
「オカメ笹が乾燥してしまいますよ!」 「エビラは、いつ作るの??」
と夫が声をかけてきました。


皆さん、お疲れ様でした!








スポンサーサイト
Posted by tomo
comment:2   trackback:0
[日常
comment
今回、味噌作りに参加させていただき、有難うございました。昨年は見学のみでしたが、実際に作ると力の入れ具合、混ぜ具合、なかなか大変です。10月頃の出来上がりが楽しみです。
それから公民館の年間計画はこれからですが、例年エビラ作りは残念だすが12月頃になると思います。

2013/02/22 17:33 | | edit posted by yoshi
yoshinariさんへ
味噌作りお疲れ様でした。
秋になって、手作りの味噌の味わえるのが、
待ち遠しく、楽しみですね! 
夫は、昨日も新しいザックを買ってきました。
完璧に、山スキーモードに入りつつあります。
その前に、「エビラ作り」を頑張ります。
2013/02/23 11:38 | | edit posted by nagai
comment posting














 

trackback URL
http://snowdrop724.blog118.fc2.com/tb.php/158-371380e0
trackback