山と自然の贈り物の記録
25年鍋足山花便り

003_top1sdgsdg.gif





 なんと言っても「鍋足山」の花は、「イワウチワ!」。25年ぶりです。 



4月6日。朝日が出てきたので、「アズマイチゲ」の畑を覗くと、「白」に「薄紫」に「濃い紫」と
いっぱい咲き誇っています。竹林の隙間から射し込む日差しは、風が吹くたびにゆらゆらとそよぐ様
に動いています。照らされた花、陰に隠れた花、コントラストがとても綺麗で、見とれてしまいます。
「ぜひ、yoshinariさんにも見ていただきたい!」とメールをしてお誘いをしました。

気持ちが高揚したか、ご案内途中から夫がそわそわしだしました。「久しぶりに、鍋足山の花を
見てみたい」と言うのです。お茶を飲んでいる間に、「チョッと花の写真を撮ってきます」と言い
残し、お客様と腰痛の私も残し、そそくさと出かけた夫の「鍋足山イワウチワ讃歌」レポートです。



・「雨と暴風」が来る前にと、里美から林道終点まで、車を乗り入れます。天気の崩れが遅く、
風が少し出ているだけなので、「カタクリ」があるらしい場所を探しましたが、見つかりません。
替わりに、緑の葉と木漏れ日の中に「アオキ」などのの赤い実をたくさん発見。
IMGP2705.jpg

IMGP2706_20130407194937.jpg



・30分ほどで「鍋足山」に到着。岩稜から引き剥がされた「コナラ」の大木に驚かされました。
IMGP2707.jpg



・早速「イワウチワ」の群落へ下ると、期待通り満開に近い状態です。
IMGP2709_20130407194936.jpg



IMGP2717.jpg



IMGP2719.jpg

IMGP2720.jpg

IMGP2721_20130407195220.jpg




・大きな斜面いっぱいに、「淡いピンクの蝶が舞い遊んでいる」写真を撮りたくても、腕なのか機材なのか?。
IMGP2724_20130407195440.jpg

IMGP2725_20130407195440.jpg

IMGP2727_20130407195439.jpg




・「舞い遊ぶ蝶の姿」は無理でも、「花いっぱい」を撮るために、ひとまず「Ⅱ峰」に移動。
IMGP2728.jpg



・こちらの方が、ピンクが濃いように見えます。ひいき目かもしれませんが。
IMGP2730.jpg

IMGP2733_20130407195438.jpg

IMGP2735.jpg



・ここは、壁を登った岩棚なので、奇妙なミズゴケと岩松の下に、イワウチワが群生しています。
IMGP2736.jpg

IMGP2737_20130407195752.jpg


IMGP2738_20130407195751.jpg


・ピークから本峰とのコルに下ると、みずみずしい「ヒメギボウシ」。食べようとはしません。
IMGP2742_20130407195751.jpg



かつては、里美から登った頂上岩場とか、本峰とⅡ峰の岩稜に、踏んでしまいそうになるほど
「小さな岩松」が密生していたのに、どうしてしまったのだろう?影も形も見当たりません。
それに引き換え、「イワウチワ」が残っているのが不思議です。盗掘しようと思えば、盗り放題
のはずなのに、以前と全く変わりがありません。登山路脇に、こんな咲き乱れていると言うのに。

自然を荒らしてはいけないと思ったら、「岩松」はなくならないし、
そう言えば「イブキジャコウソウ」の姿もありません。
もしかしたら、「鍋足山」が花の山だと知れ渡っていないのかも。

天候は大荒れに崩れる予報とはいえ、午前中は良い天気です。里美から登った車は
私1台だけ。山に入ってから下山するまで、ただの一人にも会いませんでした。
今日「イワウチワ蝶の乱舞」を独り占めに出来たのもラッキーでしたが、
盗掘されていないと言うのも、私にとって、信じられないほど嬉しい出来事です。

気分を良くして、ここからトレイルランナーに変身。10分ちょいで駆け下りました。





hdfhdhd003_top2.gif
スポンサーサイト
Posted by tomo
comment:4   trackback:0
[
comment
イワウチワ、可愛い花ですね。
これだけの群生があるとつい一株と思ってしまいます。
でも持ち帰っても気候が違うので生育は無理でしょう。
現地に行かず映像を楽しんでいます。
有難うございます。
2013/04/10 14:38 | | edit posted by レイタンタン
イワウチワ咲いてますね。
清楚で可愛くて好きな花の一つです。
奇麗に撮れてます。
2013/04/11 19:46 | | edit posted by yamasanpo
yoshinariさんへ
きれいでしよう!
以前は、携帯での写メだったので、
絶対満開のときに、絶対きれいな写真
を撮っておきたいと思って行ってきました。
こんな群落は無理でも、大子あたりでは、
どこでも咲くものです。庭でも咲きますよ!
2013/04/12 06:00 | | edit posted by nagai
yamasanpoさんへ
yamasanpoさん達のツアーで、満開を
確信して行ってきました。
盗掘されていなかったのが、嬉しい
限りです。いつまでも、この大群落が
のころと良いですね!
2013/04/12 06:05 | | edit posted by nagai
comment posting














 

trackback URL
http://snowdrop724.blog118.fc2.com/tb.php/175-c4fbed7a
trackback