山と自然の贈り物の記録
25年散々な連休でした

003_top1sdgsdg.gif





今年の連休は、二分割した、少し欲張ったプランをたてていましたが…?


①連休前半→27日日からの三連休を、「岳沢小屋」に一泊二日で、「前穂高岳」と
「「西穂高岳」に登り、それぞれの山頂から「奥明神沢」「「西穂高沢」を滑降する。

②1日中休みをしての後半→30日から5日まで、「後生掛温泉」で湯治をしながら、
「岩木山」と「八甲田山」のツアールートを一本ずつ滑るというもの。


Ⅰ 連休前半(4月27日~29日)⇒BCスキー転じて…… 

週間天気予報だと、問題が起きそうに無かったのに、雪が降り始めてしまいました。
「岳沢小屋」の情報だと、25からの雪が26日も1日降り続き、27日にも降るそう
です。27日の宿泊をずらして、28~29日にしてはみましたが、雪が落ちきるとは
限りません。ひょっとしたら、雪崩が起きる最悪のタイミングになるかもしれません。
両方のルートとも、「雪崩の巣」となる沢筋を登下降するものなので、夫もあっさりと
諦め、日頃手を抜いていた、庭の手入れをすることにしました。


IMGP2820.jpg

案の定とは、このこと。27日に白馬岳大雪渓で雪崩が発生。遭難者が出ました。
上高地から穂高周辺へは、入山規制になりました。なぜか、自慢げな夫がいます。


朽ちかけていた植木鉢から新しい鉢へ植え替え、鉢植えから地植えの植え替え、
枯れてしまった「ドイツトウヒ3本」の伐採、邪魔になってきた「トチノキ」の芯詰め、
病気がちな「ミズキ」「梅の木」の伐採等、いっぱいの仕事が溜まっていたのです。



Ⅱ 連休後半(4月30日~5月5日)⇒大雪に歓迎され……

3日間思いっきり庭の手入れをしたので、30日から「湯治」を目指して、遅い出発を
しました。いつもはノンストップで走り続ける夫が、今回はあちこちのSAに立ち寄り
のんびりしています。高速道路脇の桜の開花はまだまだです。「鹿角八幡平」には、
例年になくたくさんの残雪が見えます。桜は蕾の膨らみさえ、見えないくらいです。

IMGP5588.jpg IMGP5590.jpg

IMGP5585.jpg IMGP5589.jpg

IMGP5587.jpg

・こんな天気図のため、「後生掛温泉」は30日夕方から雨。夜半からは雪に変わり、
なんと4日夕方まで雪が続き、その間、アスピーテラインは終日通行止めが続きました。



・今年はとても雪が多く、「火山探勝路」入り口は、ご覧のとおり雪の壁になっています。
「焼山」の登山案内も、念のため、記録しておきます。まだ、雪が降り出す前の光景です。
IMGP5513.jpg

IMGP5511.jpg



・30日、5月1日は最初から「湯治」の予定でしたから、温泉三昧です。
IMGP5591.jpg



・2日になっても雪が降り続いていましたが、チョッと薄日も射してしてきます。
温泉裏手の斜面を登り、オンドルで温まっている、叔母たちに連絡をしてみます。
IMGP5516.jpg



・窓から見ているところを、こんな風にできるんだと、颯爽と登って見せます。
IMGP5519.jpg



・登りきった雪の台地から、「後生掛温泉」の建屋と源泉あたりを、振り返ります。
IMGP5514.jpg



・そこは一面のブナ林。ブナは「白神山」ばかりではありません。コアエリアに近づけない
「世界遺産」と違い、縦横無尽に歩くことが出来ます。ここから森吉山一帯のブナ林こそ
スノーハイクの別天地。「ブナ岱」などは、GPSが無いと歩けない、ジャングルのようです。
IMGP5522.jpg

IMGP5526.jpg



・ブナの梢は、轟々と音を立てていますが、「サルノコシカケ」を見つけながら、
のんびり散策を続けると、「国見台」の山頂が見えてきました。無理をせず、
今日は下ることにします。昨日からの雪が重くて、滑降とはいきませんが。
IMGP5528.jpg

IMGP5529.jpg

IMGP5532.jpg


・往路を戻り、温泉宿を見下ろす高台に着きました。またまた、叔母たちに電話をして
観客が揃ったところで、一気に滑降して見せました。
IMGP5534.jpg

IMGP5535.jpg



・左手のガスは、温泉の熱湯から立ち上っていますので、右手の温泉神社の祠に向けて滑ります。
IMGP5536.jpg



雪は降り続いていますが、なんとなく「今でしょ!」の予感。雪遊びをしようと声を掛け
たら、叔母と従弟の子(孫)が乗ってきたので「大場谷地」まで出かけてみました。




・最初は恐る恐る歩いていたのに、次第に大胆になってきます。
IMGP5539.jpg

IMGP5538.jpg


・叔母も、孫の遊ぶ姿をカメラで追いかけていきます。
IMGP5543.jpg



・大人では、こんなに無邪気に遊べませんね!童心が羨ましくなってしまいます。
IMGP5541.jpg

IMGP5548.jpg

IMGP5544.jpg

IMGP5546.jpg



・3日の朝までも大雪が降り続きました。朝一番に、記念写真を撮っておきました。
 初日に、念のため撮った写真と比べて、違いがわかります。叔母たちが帰ったあと、
長男が友人と泊まりにきました。晴れたらスノーハイクをする、準備をしてきました。
IMGP5565.jpg

・「旅館部」前の積雪状況。引き込み道路と駐車場にもこんなに雪が積もってしまいました。、
IMGP5563.jpg

IMGP5564.jpg

・屋根の雪も雪崩(?)ています。裏山は、こんなに冬化粧をしてしました。
IMGP5567.jpg

IMGP5566.jpg

・こんな除雪車が待機している位ですから、珍しくはないのでしょうが。
IMGP5568.jpg



・4日になっても、ますます雪が降り続いています。午後には「ミゾレ」気味になり、暗くなる前に
やっと止んでくれました。「八甲田」も「岩木山」も忘れて、夫は温泉と「どぶろく」に浸りきっています。
IMGP5554.jpg



・5日。明日まで残る長男を残して、角館で「お買い物」兼「お花見」と思いまし
たが、街道沿いは全く咲いてなく、角館の町に入って、枝垂桜が2分~3分咲き。
IMGP5576.jpg

IMGP5573.jpg

IMGP5575.jpg

IMGP5579.jpg



・やっと雪や雨が上がり、待望のお花見日和となったためか、今までに無く観光客が一杯です。
IMGP5577.jpg



今回で、私たちの「後生掛温泉詣で」は、「いったん休止」にするつもりで来たのに、
雪に降り込められてしまいました。来年から数年は、「春の北アルプスBCスキー」
に没頭し、歳を感じるようになってきたら、また、お世話になるつもりでいます。





Ⅲ 夫の「100kmマラソン」への挑戦が始まりました。              

6日。朝早くからゴソゴソ音がして、夫は5時30分頃にジョギングに出かけました。
それは、6月1日開催の「東京・柴又100k」にエントリーをしたからなのです。
何事にもアバウトな夫は、「制限時間が14時間」だし「フラット」な筈だからいけ
るんじゃない?と考えたようですが、今になって、危機感を持ったらしいのです。

1日分の食料を背にして、出かけていきました。

里美街道」を「矢祭町」まで走り、国道118号から大子町に入り、「生瀬」を抜け
て「里美街道」に戻り、往路をそのまま自宅まで戻る
、と言うことらしいのです。
「いったい何キロくらいあるの?」と聞いても、100キロ位かなと他人事です。

結果は、「袋田」の先まで走り、4時過ぎにピックアップするまで、10時間超で
約70km。あと、30kmも残す結果となり、夫の目標が「完走」から、「14時間」
で何キロ走れるかに、揺れはじめてきたようです。

内容を聞くと、まったく夫らしいものでした。

①最初は里美街道を行かずに、里川沿いを「我が家の田圃」を確認しながら。
②里美でドリンク一本を購入。コゴミの畑を見つけながら、明神峠を越える。   
③下りながら、フィッシングパークが気になり、わき道にそれて見学をした。   
④左に折れて「山下集落」を走っていたら、「滝川西林道」の終点を見つけた。
⑤118号にショートカットしようと、左の林道を探ったら、「檜山林道」を発見。 
残念ながら行き止まりになり、トボトボと戻る。
⑥「矢祭駅」を過ぎて少し。赤い橋の袂に「奥久慈なかざわラーメン」を発見。
男体山登山口から姿を消した「名店」なのかを確かめるために、お店に入る。
ここで再開したと聞いて、ついつい「ラーメンに餃子」まで注文して反省。
⑦118号を回避しようと、赤い橋を渡ると「そこも行き止まりの集落」。    
食べ過ぎでお腹は満腹。気温は23℃。前にも増してトボトボ戻る。    
⑧「下野宮」で3本目のドリンクを買い、またしても「近津神社」に惹き    
寄せられて参拝。話に聞いていたような、「とても立派な」とは思えなかった。
⑨大子警察署前あたりで雷がなり、雨がポツポツ。SOSの電話を入れる。 
またまたコゴミの大群落発見。感激しながら走って、「食肉市場付近」で
妻のお迎えに! 感謝!感謝! と、この時ばかりの、笑顔を見せました。


夫が言うには、「フルマラソンよりは楽だった」とのことなので、少し
期待して、ウルトラマラソンへの挑戦を応援していきたいと思います。






hdfhdhd003_top2.gif
スポンサーサイト
Posted by tomo
comment:4   trackback:0
[山スキー
comment
お疲れ様でした。
お疲れ様でした。!
計画、天候、実行、すごいですね。!
GPS活用なと安全策もすごいですね。
天候が良かったら最高でしたね。!
2013/05/10 17:01 | | edit posted by レイタンタン
ウルトラマラソン、凄い挑戦ですね。
完走は間違いないでしょう。
頑張って下さい。
2013/05/11 09:28 | | edit posted by yamasanpo
レイタンタンさんへ
30年以上通い続けた後生掛温泉には、
後ろ髪を引かれる思いです。今のうちに、
少し厳しい北アルプスの山頂から滑ること
にチャレンジして、数年後には戻るつもり
でいますよ。
2013/05/11 09:52 | | edit posted by nagai
yamasanpoさんへ
完走は、チョット…?と言う感じですね。
14時間が制限ですので、時間一杯走る
ことを目標にしていきたいと、思っています。
2013/05/11 09:56 | | edit posted by nagai
comment posting














 

trackback URL
http://snowdrop724.blog118.fc2.com/tb.php/181-9d914ad6
trackback