山と自然の贈り物の記録
ウルトラマラソンの準備が始まりました




 夫が「猪苗代湖ウルトラマラソン」の準備を始めました。 



コースは、「猪苗代湖一周で65㎞」+「17㎞余り逆送往復」して100㎞にする
もので、制限時間が13時間と「柴又100K」より1時間厳しいものです。
「フラットなコース」と言う触れ込みにエントリーしてみたら、なんと100㍍の登り
が2箇所もありました。9月一週で暑さが残っていそう、アップダウンもあるのに
準備期間が、1カ月ちょっとしか間が無いことに、気づいたようです。



以下は夫のトレーニングレポです




どこか長い尾根で、トレーニングをしようかと考えていたのに、どうも天候が気
に入りません。仕様が無いから、「奥久慈50K」のコースをトレースしてみる
かと、早起きして準備をしました。

第1回コースのスタート地点である、「竜神ダム」に向かいます。ナビが無いので
いつも「勘ナビ」。「エッここはどこ?」、「金砂の湯」を過ぎて、「犬吠峠」
にさしかかっていました。もうすぐ竜神ダムに着く時間なのに、信じられない。



・まったくの思い込み。コース取りばかり考えながら、運転していたのです。
仕方なく「篭岩駐車場」へ。トレイルコースを変更して、パノラマラインを
袋田まで走り、そこから、縦走路を男体山~篭岩山~駐車場に戻る
ことに
してに走り出しました。体までボケて来たのか、なんだか元気が出ません。
IMGP6130.jpg



・「パノラマライン」の花は、「トリアシショウマ」だけ。体慣らしにゆっくり
走って、「大円地駐車場」。早いせいもあるが、1台も車はありません。
IMGP6133.jpg

IMGP6134.jpg



・「長福山」の集落へ急登してからは、下りがベース。やっと体も馴染んで
きました。国道461号を右折して、縦走路に登る登山路を探していたら、
月居トンネルまで来てしまいました。戻って探したら、大地震の後通行禁止
にしたそうです。迂回ルートを知らないので、そのまま廃道を登ります。
IMGP6135.jpg



・2年以上も放置されていたので、道形不明に猪が追い討ちをかけて、さらに
わかりにくくしています。稜線が近づいたか、岩っぽくなると「ツクバネ」が。
どうやら今年の「ツクバネ」は当たり年のようです。ずう~っと見かけました。
IMGP6138.jpg

・主稜線に出ました。ロープが張ってあるだけで、とても不親切。
IMGP6139.jpg



銃走路は、なかなか良い感じですが、ブヨが耳元にまとわりつきます。
男体山から袋田へは、くだりベースの印象が残り、逆コースの今回は
延々と登るのかと予想していたのに、意外と下りが多く感じられます。

雨が降ってきました。少し濡れたくらいが、蒸し暑いので助かります。
ところどころ、東よりの風で涼しくなるところもありますが、大概は
ベタ凪状態で、汗ダク。首にかけた「手拭い」を、何度も絞ります。

雷がきていたら大変と、男体山山頂はパスし、牧場跡から「大円地越」
を経由して「表縦走路」に出ました。ここにも人の気配がありません。



・林の下に沢山咲いていました。アジサイみたいですけど、ツリフネソウ
に似た葉を付けています。「草アジサイ」と勝手に呼んだら、本当でした。
IMGP6140.jpg


・岩稜には「イブキジャコウソウ」が一杯。ハーブの香りが漂っています。
IMGP6145.jpg


・どこでも見かける「トラノオ」。これがノーマルでしょう。
IMGP6147.jpg

・「フジイ越」手前あたりで、雰囲気の違う花を見かけました。
IMGP6148.jpg

・別種なのか、この辺りの群落の変異種なのか、「尾」の無いものもあります。
IMGP6149.jpg



・今日は日曜日だと言うのに、ここも人影がありません。静かに通過します。
IMGP6150.jpg


・いつもはトラバース道を通るのに、今日は見逃していつの間にか岩稜伝いに
歩いてしまいます。こうしてみる光景は新鮮で、なにか得した気分になります。
IMGP6151.jpg



・ペースと、調子が上向いてきました。と、道端に異様なものが並んでいます。
IMGP6154.jpg

・4~50㎝もある、金(黄)色に輝くランです。思い出しました。
「ツチアケアケビ」と言うレアものです。薬酒にもなるそうです。
IMGP6156.jpg



・山桜の根元、「釜沢越」の道祖神。ここに、どんな生活があったのだろう?
IMGP6157.jpg

・どなたが、こんなに、整備したのでしょう?ベンチがありました。
IMGP6159.jpg



・「釜沢越」から湯沢源流に下ると、こんな立派な道標があります。
「篭岩山」へとつないだことが無かったので、対岸に登り道がある
ものと思っていました。ありません。また、ここでロスタイムです。
IMGP6160.jpg



・「湯沢源流」の滝を越えたここに、魚が沢山います。アブラハヤかな?
茨城新聞社の「茨城の山」では、「さすがに魚の姿はない」と書かれて
いますが、それは間違いです。警戒心のない魚が群れ泳いでいるのです。
「陸封魚」か「放流魚」なのか、気になります。なんとか写真に収めよう
と頑張って、やっとコレです。なんとか一匹の姿を写すことができました。
IMGP6170.jpg



・「篭岩山」山頂南側の露岩には、「イブキジャコウソウ」が満開です。
IMGP6174.jpg

IMGP6175.jpg



・一日中、誰にも会わず、8時間のトレーニングが終わりました。
5時30分~13時30分。ロスタイムもありますが、40㎞弱
IMGP6180.jpg




袋田までの往路は、約20kmです。なぜ「約」なのかというと、GPS時計が
うまく作動しなかったからです 。エプソン社製なのですが、評価にあるように
使用中に意図しないキーに触れてしまうからなのです。ロードでは余り無いので
すが、頻繁にザックの開閉をしたりしていたところ、汗で手の甲にぶつかって何
らかのキーが入ってしまったり、とにかく反抗的な振る舞いをされた1日でした。

朝、大ボケしていたのに、熱中症にもならず走り通すせたのは、奥久慈の山だっ
たからです。蒸し暑いけれども直射日光に当たらない木陰、水は3か所①白木山
分岐手前の小沢②大円地越に取り付く持方の小沢③湯沢源流でたっぷりと補給が
でき、困ることがありません。アルプスも良いが、奥久慈の良さも見直しました。





スポンサーサイト
Posted by tomo
comment:2   trackback:0
[マラソン
comment
またまた過酷な時季に過酷なレースへ。
気力体力とも充実満タンですね。
自分は当面の目的としていたつくばマラソンへが、受付開始早々からランネットは激混みで繋がらずエントリーできませんでした。
目的が無くなったこともあり気力がうせている状態です。
何か次の目的を見つけなければと思ってます。
2013/07/21 11:01 | | edit posted by yamasanpo
yamasanpoさんへ
夏山から、紅葉時期までの端境期なので、
良いかな、と思ってエントリーしたのですが、
まだ暑い時期だったのですね。
ルート変更でフラットじゃなくなったり、
制限時間が13時間と言うのも、大変ですが、
チャレンジするしかありません。
2013/07/23 05:14 | | edit posted by nagai
comment posting














 

trackback URL
http://snowdrop724.blog118.fc2.com/tb.php/196-53594e90
trackback