山と自然の贈り物の記録
夜叉神峠から北沢峠へ

003_top1sdgsdg.gif




四十九日も済まないうちに、登山と言うのもチョットと言う気がするのと、
なによりも、私の気持ちにもゆとりが無くて、もう少し落ち着いてから…と。
夫も、引きずられて元気がありませんが、ラマラソンが迫ってきています。


以下は、一人ではなあ!とボヤキながら出かけた、夫のレポです。



8月12日。ウルトラマラソンの練習に、早川尾根を走ることにしました。


・3時過ぎに起きたのに、闇が怖くて50分になってから登山開始。ライトを
二つ持ったから、少しましですが嫌なものです。夜叉神峠はまだ闇の中。
IMGP6257.jpg

IMGP6258.jpg



・今日のコースタイムは約18時間。途中リタイアはできず、走りきるのみ。
11時間程度で走らないと、最終バスに遅れます。5時20分杖立峠を通過です。
IMGP6260.jpg

・5時40分。尾根を越えて朝日があがってきましたが、うす曇りです。
IMGP6263.jpg



・「南御室小屋」6時30分。まあまあのペース。冷たい水をご馳走になります。
まだ調子は上がらず、いつもより体が重い。そう感じながらがんばっいるのに、
後ろから迫ってくるランナーがいます。軽々と、私の倍速で追い越していきます。
IMGP6265.jpg



・小屋裏からの登りはきつかった。「砂払岳」の岩と砂の間にビランジが一杯。
IMGP6267.jpg

IMGP6272.jpg



・南御室小屋で、冷水をボトルに詰めたのに、どこかに落としたみたいです。
意気消沈して「薬師小屋」で、「アクエリアス」を買って、2本体制に戻します。
IMGP6273.jpg



・「薬師岳」山頂でザックを下ろすと、落とした筈のボトルがポケットに
収まっています。暑さのせいかも知れません。体も重くなってきました。
IMGP6276.jpg



・「観音岳」7時50分。もう4時間が経ちます。若い登山者も増えてきました。
良く見ると、私を追い越して行った「倍速ランナー」がいて、自信が戻りました。
IMGP6280.jpg



・砂と岩の稜線には、白から濃いピンクのビランジのオンパレードです。
IMGP6282.jpg

IMGP6283.jpg



・「アカヌケの頭」8時25分。やっと「早川尾根」に入ります。
IMGP6285.jpg



・さすがに人気のオベリスク。時間も良いのか、静かだった山がにぎやかになってきました。
IMGP6287.jpg



・ほんの二株だけでしたが、ここにあるのだから「ホウオウシャジン」かな。
IMGP6290.jpg



・9時「高嶺」。コースタイムに3分遅れた、と悔やむ?ペアがいました。
「甲斐駒ケ岳」が遠い。左に連なる尾根を、あのすぐ手前まで行くのです。
IMGP6292.jpg



・「白鳳峠」までは、昨年妻と歩きました。ここから先は、40年も前の冬、
単独で「甲斐駒ケ岳から芦安」まで、縦走したとき以来。夏は初めてです。
IMGP6293.jpg



・ここからは、踏み跡がが薄くなり、登山者は少ない様子です。その分、しずかな走りが楽しめ
ます。が、なぜか足に疲れがでてきました。「太もも」が張っています。無理をしないできたのに。
IMGP6294.jpg



・誰もいない、静かな静かな「広河原峠」に10時着。
IMGP6298.jpg



・10時30分「早川尾根小屋」。食事がおいしいと評判の小屋です。
ここも、小屋のすぐ脇に、チョー冷たく、おいしい水が湧いています。
IMGP6300.jpg



・しずかな静かな樹林が続きます。アップダウンも程よく癒されます。
樹林を抜け出すと、「甲斐駒ケ岳」が少しだけ近づいていました。
IMGP6302.jpg



・結構急な登りがありますが、延々続かないので頑張れます。
ここからは岩稜続きで、夏の陽射しがカーッと照りつけます。
「アサヨ峰」は、「仙丈岳」「北岳」「甲斐駒の展望台です。、
IMGP6305.jpg

IMGP6306.jpg

・アサヨ峰を12時30分。岩稜伝いに突端まで行かなくてはなりません。
IMGP6309.jpg



・無事、時間内に帰れることを確信したので、見守り人形で記念撮影。
IMGP6311.jpg

IMGP6312.jpg



・アサヨ峰から意外に遠かった「栗沢山」。ハイマツが登山路を覆っているので、
松ヤニがついてきます。岩稜もなかなか手ごわくて、ルンルン走りはできません。
IMGP6314.jpg



・このコース中、一番長い下りでした。白鳳、広河原峠へも急坂な下りでしたが。
13時30分、別世界です。大勢のハイカーが休んでいる「仙水峠」に着きました。
IMGP6315.jpg



・途中、「仙水小屋」で美味しい冷水をご馳走になり、14時「駒仙小屋」着。
南アルプスの山小屋とは思えません。山小屋と言うより、ペンションみたいです。
IMGP6317.jpg

IMGP6319.jpg

IMGP6320.jpg



・サンダル履きの家族連れと並んで、ゆっくり歩いて北沢峠バス停14時20分。
走りだしてから約10時間ちょっと、少し早いのですが今日のランニング終了です。
IMGP6322.jpg



・「広河原行」は3時30分。余りの観光地化に驚きながら、バスを待ちました。
IMGP6321.jpg



今回のコースは、トレランには少し不向きでした。鳳凰三山では「トレランの聖地か?」
と思うほどランナーがいたのに、早川尾根にはマニアックそうな登山者だけでした。
ランニングとしては、「地蔵岳」までの往復が良いのでしょう。往復?と聞かれました。
トレラン?とも聞かれましたが、登山とトレランを分けて考えるのがおかしいのです。
私は40年も前から、「雪」も「岩」も「沢」も「尾根」も走り続けてきたのです。

今日の成果はまずまず。ウルトラマラソンの練習としては、短かくはありましたが。






hdfhdhd003_top2.gif
スポンサーサイト
Posted by tomo
comment:4   trackback:0
[HG日帰り登山
comment
お疲れ様でした。!
「うらやましい」の一言です。
本当にすごい体力・気力に圧倒されてます。
(tomo)さんも同行している様に感じます。
山野草も綺麗ですね。いろいろな花を拝見出来ますが
始めて見る花ばかりです。山々の景色や花を楽しみに
してます。
2013/08/17 18:47 | | edit posted by (tomo)さんへ
コメント有難うございます。
鳳凰三山の「タカネビランジ」は有名な
花なのです。岩陰だけでなく、砂礫の中に
もポツポツと株があります。
3,000m弱の稜線なので、練習には
なったと思っています。
丈夫な体に感謝です。
2013/08/18 09:45 | | edit posted by nagai
相変わらずパワフルですね。
早川尾根を練習コースにするとは凄いです。
私達は早川尾根を歩く計画があり参考となりました。
2013/08/21 19:09 | | edit posted by yamasanpo
yamasanpoさんへ
早川尾根は、とても静かなコースでした。
早川小屋は「体育の日」までの営業だと
言っていましたので、いつか、のんびり
山行で行ってみたいと思える所でした。
2013/08/22 04:17 | | edit posted by nagai
comment posting














 

trackback URL
http://snowdrop724.blog118.fc2.com/tb.php/200-bc4d390b
trackback