山と自然の贈り物の記録
挫折!猪苗代湖ウルトラマラソンで




夫が 「磐梯高原猪苗代湖ウルトラマラソン」 に参加しましたが…
元気が残っていそうなのに、湖一周でリタイアしてしまいました。


・9月7日5時スタートなので、受付のため前日にリステル猪苗代に来ました。
IMGP6430.jpg

IMGP6433.jpg

・コースは、湖一周65km+湖岸右の赤い線往復35kmと言うもの。
IMGP6431.jpg



前泊が必要なのと、途中に私設エイドステーションが必要だろうと、
息子も巻き込んで、3人でやってきました。 と言うのも、初参加で
勝手が分からないのと、土地勘も全くなし。開催案内が来たので、
スタートとゴール地点の、「リステル猪苗代」の宿泊予約しようとたら
とれず、猪苗代スキー場「猪苗代観光ホテル」になってしまうなど、

不安が一杯なので、息子にもお願いしたのです。



・さらに夫が不安になったのはこれ。手作りはほほえましいのですが、
不鮮明な白黒印刷で、土地勘がない者には、とても分かりにくいのです。
IMGP3164_20130908175006676.jpg

・ネットでみた、前年のコースマップ。見やすいけれど、超アバウトです。
IMGP3163_20130908175005996.jpg



・制限時間も腑に落ちません。ハーフなどは歩いても余るくらいです。

コース案内には、もっと不安が募りました。「湖を回るフラットなコース」
と謳っているのに、高低差300mと書かれているものもあるのです。
前年の「高低図」を見ると、前半40kmまでに50、100、150m程の
登りが計3箇所もあり、トレールランコースのようにも、みえるのです。


IMGP3166.jpg



・4時30分。不安を抱えながらスタート地点に向かう夫。
IMGP3146.jpg

・少し緊張の顔でポーズ。このあと私と息子は43㎞付近で5時間後にサポート
することにして、ホテルに戻って一眠り、温泉、朝食、観光になります。
IMGP3149.jpg



ここからは「秋山浜」までの、夫のレポートです。


スタート地点から緩い下りが続いて、ウォーミングアップに良い感じです。
湖岸沿いのサイクリング道路では、湖からの風が吹いて涼しく、快調。

10km付近。「西湖」と看板のあるホテル前に、もうエイドステーションが。
ここから49号を離れ、「天鏡閣」への山道を、かなり長く登っていきます。

私は「山ヤ」なのに、なぜか登りには弱いのです。でも今日は体調が良く、
次々と追い抜かれる程ではありません。下りになれば、絶好調とばかりに
飛ばして、49号にでました。まもなくの「会津レクリェーション村」には
水、スポーツドリンク、コーラ、くだもの、稲荷ずし、などが溢れています。

エネルギー満タン。そよぐ風の中を、快調に湖岸を走るのは、私だけでは
ありません。ちょっと古いけど、キャンプ場が次々と現れ、夏の賑わいを思
いながら走るだけの余裕が、まだあります。ところが、やっぱり、きました。

かなりの急坂です。湖岸を外れて延々と登っていきます。トップランナーは
分かりませんが、私たちのグループあたりは、皆で歩いてしまっています。
正確度は分かりませんが、前年の「高低図」によると、150mもの登りに
なっているはずです。でも、この辺ではまだ余裕があります。苦しいのは
皆さん同じ。ぜーぜー荒い呼吸もあれば、話し声笑い声も聞こえてきます。

さあ、二つ目の山登りも、クリア。

エイドステーションに駆け下れば、お腹も心も再満タンになったのですが、
「金山林道」と言う難所らしい。いかにも山に登りそうな雰囲気に突入。
ここも100mくらいの登りだと思うのですが、一コブ越えたら平になり
また緩いのぼりにさしかかります。二コブ目を越えたら、今度こそは下り
かと思えば、未だ続きます。さらに「今度こそ峠だろうと」言うところに
エイドステーションが。元気付けられましたが、ダメージが効いています。

ここから、湖岸までの高度差150mくらいを、一気に駆け下ります。
スタートから4時間35分で、40kmの標識を通過。意外に好タイムです。



・「青松浜」の林を抜けて、「船津公園」に予定の5時間で、夫が到着しました。
IMGP3150.jpg



・これからは、ずっと湖岸沿いの平坦地です。「志田浜」は観光客で賑わって
います。ここにも1時間弱で到着したのですが、そこで意外な「65kmで
やめる」と言うので、「まだ走れそうじゃないの」と言っても、譲りません。
IMGP3152_20130908175755276.jpg



・たしかに、国道49号の路肩を走るのは、ランナーの姿らしくありません。
IMGP3153.jpg



・13時10分。ここも見込みタイム通り走り切って、リステルに帰ってきました。
IMGP3156.jpg



・警備員が「100㎞はこっちに来てください!」と大声で呼ぶのに
「リタイアしますから!」と手を振っています。「それじゃあ、ゴールに
行って参加賞を貰って」と言われて、「8時間12分」リタイアしました。
なんと、前回の「柴又100K」より、10分近くも早いのに、諦めたのです。
IMGP3157_2013090818030780b.jpg

IMGP3158.jpg



夫の「敗戦の弁」は、以下のとおりです。



あと35km。最終関門は、ゴール3㎞手前の高速道路下のエイドに
18時。関門通過は出来るだろうが、リステルに13時間、18時までに
ゴールするのはギリギリ。今、8分程度で走っているから、このままだと

間に合うとは思うけど、「心が折れた」。

50km過ぎから、国道の狭い路肩や歩道を走ったのだが、対向者の元気
が良すぎ。「ガンバッ!」とか「拍手!」ですれ違って「トップランナー」
なのかと思っていたら、8時間のフルマラソンランナー。手を挙げるのも
嫌になった頃「志田浜」エイド。しばらくの間は、元気な対向者が少なく
なっていたのに、また現れました。1時間遅れで出発した、7時間フルの
皆さん。 スタートして10㎞位ですから、前にも増して元気。

狭い歩道のすれ違い、お愛想もと、走りにくくて仕方ない。

やっと国道を離れ、静かな田んぼ道を抜けていきます。あと5㎞の標識
を見てからだったと思うが、また一団。ハーフ参加の皆さんです。

「志田浜」手前で、リタイアを決めたのですが、 さらに、リタイアの意が
強くなり、最後の意地で元気良く「挫折のゴール」へ駆け込みました。



「リピート率23%」の意味が、良く分かったレースでした。

車で待っていた息子が、「挫折だ!家族と一緒だと甘えが出るな」と一言。
「リステル猪苗代」の湯船で疲れを癒したのに、帰りの車の中では「挫折だ」
「甘えだ」と、息子にイジラレ続ける夫でした。

夫が言うには、国道走りで心が折れてしまいましたが、途中のエイドは素晴
らしかったようです。バナナ、オレンジ、スイカ、リンゴ、ナシ、たくあん、茄子
の浅漬け、稲荷ずし、コーラ、水、スポーツドリンクと有り余るほどのエイド。
ボランティアの皆さんに感謝しています。

待っている間、観光でもと思い、ガラス館に行きましたが、期待はずれ…。
その後は夫の走りが気になり、夫の追っかけでした。

サポートしながら車を走らせていても、交通規制のない道路を走る危なげな
ランナー。トンネル内では怖いようでした。志田浜~リステル間は左側歩道
を往路、復路のランナーが入り乱れ、いかにも走りにくそうなコースでした。

「来年も出るなら、65㎞だな」と言う夫に、「来年は猪苗代じゃなくて軽井沢
あたりどう?」とささやく私。 長男君お付き合い有難う! 助かりましたよ。

途中リタイアしてしまいましたがご苦労様でした。毎朝のジョギングに背負う
ザックの重さが少しずつ重くなっていくのに気づかず、首をかしげていた夫。
最後は7キロ弱あったんですよ~(笑)。






スポンサーサイト
Posted by tomo
comment:4   trackback:0
[マラソン
comment
お疲れ様でした。!
毎回のチャレンジ、精神力に頭が下がります。
私共は、運動不足、筋力低下等それなのに
チャレンジ精神が不足しております。
見習います。
本当にお疲れ様でした。!
2013/09/12 12:15 | | edit posted by ご家族の皆様!
お疲れ様でした。
暑い最中でのマラソンはキツイなんてものじゃないです。
nagaiさんのチャレンジ、家族でのサポートも素晴らしいものです。
息子さんの「挫折」「甘え」の厳しい言葉は次への激励の意味ですね。
自分はこれからボチボチとマラソン準備です。
2013/09/13 08:51 | | edit posted by yamasanpo
レイタンタンさんへ
コメント有難うございます。
完走できればもっと良かったのですが、
まずまずのタイムでしたので、○です。
次こそは◎を貰えるよう、がんばります。
2013/09/14 08:50 | | edit posted by nagai
yamasanpoさんへ
コメント有難うございます。
前半の「山道多しコース」と後半の「国道沿いコース」は
厳しいものでした。素晴らしいエイドステーションがなけ
れば、いやになっていましたね。
ヨレヨレなのに、65㎞を折り返して100㎞に向かって
いるランナーが沢山いて、心の強さの差を感じさせられて
しまいました。
2013/09/14 09:01 | | edit posted by nagai
comment posting














 

trackback URL
http://snowdrop724.blog118.fc2.com/tb.php/204-bde820ee
trackback