山と自然の贈り物の記録
国見台ツァー〔八幡平〕


CA3G01820001ura.jpg
今年は連休前に大雪が降り、八幡平アスピーテラインは除雪のため通行止めで
頂上には行けず、
温泉の裏山、毛せん峠から焼山に続く、国見台に出かける。
温泉のすぐ裏から取り付き、快調に登り始めると、
体調が悪いのも忘れテンションが上がる
何故だか山の自然に包まれると元気になるんですよねぇ。


CA3G01920001dake.jpg


昨年より積雪も多く、数日前の降雪のお陰で、真っ白な雪山。目の前を真っ白な野うさぎが駆け抜けていった。
先行者の足跡がある。一人のようだ。
その後をたどるが、この季節は好きな所を自由に歩け、
好き勝手に歩き回ることができ、ついつい遊びすぎてしまう。

CA3G01930001iti.jpg

遠く、毛せん峠に続く尾根筋に雪庇〔せっぴ〕が張り出していてすばらしい眺めだ。

CA3G01910002.jpg


ダケカンバとブナ林の急登を過ぎると、国見台頂上である。

CA3G01960001tyo.jpg


長男が一歳の頃、この頂上で、ザックにすっぽり入り、スヤスヤ寝ていたのを思い出す。
雪の上でよくミルクを作ったものだ。頂上からの眺めを堪能し、一気に滑り降りる
いつものことながら、もっと滑りたかったぁ~。もったいな~い
スポンサーサイト
Posted by tomo
comment:0   trackback:0
[山スキー
comment
comment posting














 

trackback URL
http://snowdrop724.blog118.fc2.com/tb.php/21-0e300000
trackback