山と自然の贈り物の記録
なんと、クローン里芋




レイタンタンさんのブログで、可愛い過ぎる里芋の水栽培を見たので、
まねをしてみました。「可愛い過ぎる」と言うのは、超ミニサイズの
里芋が鉢にのっていたからです。

話を伺うと、なんと「種芋」から育てたのではなく、切り取った外皮
から芽が出てきたと言うのです。さっそく真似をしてみると、本当に
芽がでてきました。しばらくは台所で育てていたら、しだいに大きく
なり、「このままだと、皮の養分が終わったら枯れてしまうだろう。
直植にしてみたら」と夫が言うので鉢植えにして育ててきました。




・寒さ到来とともに、さすがの里芋も、葉が黄ばんできました。
「芋が出来ていたりしないかな?」。本当に育っていました!。
IMGP3488.jpg


・切り取った外皮だけから、新しい芋が育ってきていました。
IMGP3487.jpg


・新しい芋の下に着いているのが、元々の皮だった筈ですが、
少し膨らんでいます。まず、皮が育って、分株した様子です。
IMGP3491.jpg

・もう一株は、もっとパワフルです。新芋の脇からもう一つ。
IMGP3493.jpg



植物の強さに驚かされてしまいました。バイオ技術でなくとも
こんなことが出来てしまうものなのですね。
せっかくの収穫、クローン芋の味を確かめようと思っています。






スポンサーサイト
Posted by tomo
comment:3   trackback:0
[我が家の自然
comment
おめでとうございます。
来年は、汁物・煮物が美味しく食べられますネ。

当家は、観賞用でしたので食べられませんでした。
(途中、水枯れにて断念しました。)こめんなさい。!
2013/11/12 09:04 | | edit posted by reitan
いつも楽しいアイディアを有難うございます。
レイタンタンさんのブログ、また違った目線で
新しい発見があり、楽しみにお邪魔しています。
里芋のお味は小さくても里芋の食感と味で、ポンと
一口。でも美味しかったです。



2013/11/12 16:49 | | edit posted by tomo
一口サイズは食べやすく、美味しかったでしょう。!
八つ頭見たいな煮物と違って、小粒は食感が
違いますネ。!
(山形のきのこ料理等にピッタリサイズ。)
我が家も再度、チャレンジします。
2013/11/13 07:55 | | edit posted by reitan
comment posting














 

trackback URL
http://snowdrop724.blog118.fc2.com/tb.php/220-f53f36e4
trackback