山と自然の贈り物の記録
「明るい農村」に気合が入っています




雪山も恋しいけれど、畑の整備も急がなくては!



私が「トンボ玉」を習っている間に、夫は「一人農業」にでかけました。
「早くしないと、スキーシーズンが終わってしまうから、今週中になんと
かしたい」と言う思いなのです。整備の最初に「枯れ草焼き」をしたの
ですが、まだ「耕起」の邪魔になると言う「草焼き」と「水路」の整備に。



・「焚き火」が大好き。枯れ草を燃やす、嬉しそうな顔が芽に浮かびます。
IMGP7280.jpg



・水路の幅も50㎝くらいに広げたそうです。理由は次の写真から。
IMGP7285.jpg



・切り取ったばかりの土。砂目の田んぼといっても、粘土らしさがありますが。
IMGP7288.jpg



・1日たって、水分が抜けてきたものは、こんなに砂のように変わってきます。
IMGP7287.jpg



・「盛り土」で畑にしないでも、水路を大きくして水はけが出来ると考えたのです。
まる一週間、1日5~6時間、少し私も応援しますが、普通の人には出来ない
マニアックさです。延々、黙々、ひたすら堀り続けけるのが、登山やウルトララン
と共通するのだそうですが、とても還暦を過ぎた、常識ある考えとは思えません。
IMGP7294.jpg



・この後、さらに2本の水路を切り、畑への転換が出来そうになりました。
いよいよ、「こまめ君」が登場。夫も使い勝手が分からず、及び腰です。
IMGP7298.jpg


・夫が一通り使ってみてから、私にバトンタッチ。私も腰が落ち着きません。
IMGP7300.jpg

・慣れてみれば、こんなものです。「明るい農村」の音楽が流れてきそうです。
IMGP7303.jpg>

・夫が「こまめ君」の手入れの間に、ほんの少しだけ「菜の花」を摘みました。
IMGP3929.jpg



・土曜日は暖かい雨。畑はやめ庭にでると、紅梅が咲きそろってきていました。
IMGP3926.jpg

・昨年、母が生花として観賞後に、日陰に刺していただけの「柳」が、
元気に芽吹いていました。生命力が強そうなので、増えすぎに注意です。
ネコヤナギ



・雨が止みそうにもありませんから、「農閑期」と言うことで癒しに。
癒しと言えば、「湯治」。 土日祝のみ営業の、金砂神社の「杜の湯」。
image (2)

・標高が高いので結構雪が残っていて、のんびり農作業の
疲れを癒します。今日のお客様が5人という静かさです。
image (1)



畑の造成が一段落したとはいえ、一年間はびこった雑草を退治するのが
大変です。とくに、「セイタカアワダチソウ」は強敵です。こまめ君が
掻き出した、大きな根っこが無数に転がるので「落穂拾い」の雰囲気で
一日が過ぎてしまいます。夫が、俄かに思いついたのが「携帯ラジオ」。
「農作業というと、NHKの昼の憩いなんて音楽が、ラジオから流れない
と雰囲気がでないなあ!」。どこまでが本気でなのでしょう。



・3月3日。午後から、私も応援した「落穂拾い」で、かなり整備されました。
写真(1)


耕起して黒く見えるのが「畑作」予定地。うっすら見えますが
5区画に区切って、1区目から、徐々に植え付けできるまでに
しようと張り切っていますが、大変な作業はまだまだ続きます。






スポンサーサイト
Posted by tomo
comment:8   trackback:0
[農業日誌
comment
延々、黙々、ひたすら・・・
一人農業+時々奥様で、だいぶ整備されてきたようですね。
しかしホントに広~~~いですね。
畑の基礎を作るという事は、ほんと大変な事なんですね。

近くにいい温泉もあって、
労働の後汗を流せるなんて素晴らしい環境ですね。

柳の芽吹きのムクムク・・・確かな春の兆し、
雨の滴が、とても素敵に捉えられてるお写真ですね。i-278
2014/03/05 00:51 | | edit posted by まっ黒くろすけ
広い農地の耕作、お疲れ様でした。!
豆君の助けで、耕作が容易になりましたが
水路は大変だったでしょう。!
これからは肥料の散布等で、土の改良
そして、野菜の作付…
本当に御苦労さまです。
2014/03/05 07:52 | | edit posted by reitan
こんばんは。

う~ん・・農地の耕作はほんとうに大変なんですね!
それにしてもご主人様の体力と気力には感服します!!

我が家はマンション住まいなので、何年か前にベランダで、
ハーブや野菜のプランター栽培に凝ったことはあったのですが・・
規模が違いすぎですねe-351

でも~・・温泉は気持ちよさそう!!
窓も大きくて、雪景色を眺めながらの湯治・・最高ですね!
2014/03/06 00:26 | | edit posted by ピテカン&カッパ
まっ黒くろすけさんへ
コメント有難うございます。
簡単に考えて始めてしまいましたが、
本当に大変です。機械の無い時代の
農業は、こんなに大変だったのかと
思いを馳せています。
早く仕上げて、雪山とマラソンに出かけ
なくちゃ、とあせり始めています。
2014/03/06 06:24 | | edit posted by snow drop(夫)
レイタンタンさんへ
コメント有難うございます。
一応畑らしくなってはきましたが、
田の耕作が始まる頃に、どんなに
なるのか自信がもてません。
一先ず、ジャガイモを植えつける
くらいでしょうか。土の改良や
野菜つくりは、まだ先になりそうです。
2014/03/06 06:29 | | edit posted by snow drop(夫)
ピテカン&カッパさんへ
コメント有難うございます。
始めてしまってから、大変さが分かってきました。
欲張らずに、簡単なものから少しずつはじめて、
老後の楽しみに加えていきたいと思っています。

写真写りが良かったのですが、温泉は1日数人
しか訪れない、小さなものなのですよ。
2014/03/06 06:44 | | edit posted by snow drop(夫)
おはようございます。
昨日はわずかばかりの菜園の掘り起し、手作業での掘り起しで腰が痛くなりました。
nagaiさんがこまめ君を購入したことを思い出しました。

そこで使いかってなど感想を教えてください。
購入先、費用など教えて頂けたら参考となります。
2014/04/30 07:41 | | edit posted by yamasanpo
yamasanpoさんへ
「こまめ君」は、100坪程度までとありましたが、これは満タンで耕作できる面積でした。満タンで2時間位は働きますので、給油すればいくらでも広いところを耕作できますが、時間と体力も限りがありますからね。

家庭菜園だとすると、もう少し小さいもので充分だと思います。カセットのガスボンベで働く、耕運機のほうが良いと思いますよ。
ちなみに「こまめ君」は、楽天市場の「ホンダウォーク」と言う店から、ジョイフル本田さんなどより2万円近く安く購入しました。

「こまめ」は名前に似合わず、パワフルで使い勝手もとても良くお勧めではありますが。
2014/04/30 19:01 | | edit posted by snow drop
comment posting














 

trackback URL
http://snowdrop724.blog118.fc2.com/tb.php/252-ec3062be
trackback