山と自然の贈り物の記録
26年②神楽峰のんびりBCスキー




003_top1sdgsdg.gif




神楽峰2日目も絶好のBCスキー日和になりました!



・29日。昨日ほどではなくとも、好天が約束されています。
天気図29日



昨晩同宿された方は、私達を含め6名。皆さん、食事も早々に出かける準
備をしています。和田小屋宿泊の特典で「ファストトラック」が楽しめるか
らだと言うのですが、新雪の季節でもないので私達は興味がありません。
スキーヤーが立ち入る前の、7時30分から小屋上部の絶好の斜面を、宿
泊者だけで初滑りできる、と言うのが和田小屋の売りのようですが……。
私達は9時始発の第五リフトの運行にあわせ、八時半に小屋を出発です。



神楽峰~霧の塔~雁ケ峰と少しロングランを目指します。




・昨日から気温が下がらず、すぐに汗ばんでしまいます。曇りのままで
良いのに、次第にうす雲が消えてゆき青空が広がってきてしまいました。
IMGP7510.jpg



・本日は、なぜか好調。昨日の出だしは、雪が硬くて登りに苦労を
しましたが、ウロコソールにピッタリな雪質で、ペースがあがります。
IMGP7512.jpg



・今日の最大の難所は「霧の塔」手前のピークへの、約100㍍の急登。
その手前の小ピークで、ルート判断に悩んでいる先行者の姿があります。
IMGP7516.jpg



・私は夫の指示で、左手の尾根に上がって、先行者を追い越していきます。
IMGP7519.jpg



・次こそが本物の急登。真っ白で大きな、雪の大斜面はサングラス
をかけているのに、とても眩しいのです。体調が良く、信じられない
くらいスイスイと登れてしまい、いつもこんな絶好調でありたいな~
IMGP7525.jpg



・余裕を持って後続者を振り返ります。先行者を置いてきてしまったのです。
IMGP7528.jpg



・急登を登りきった所が無名峰。そして、あの先に見えるのが「霧の塔」と言うことです。
地図上はそうなのですが、地元ではここが「雁ケ峰」で、雁ケ峰は「長峰の平」と呼ばれ
ていると書かれているものありますし、ツアー募集の記事も、そんな名前になっています。
IMGP7533.jpg



・何回も苗場山を引き連れて、登ります。「霧の塔』に着きました。
IMGP7534.jpg

苗場1



・どうしても待ちきれない、夫がいます。こんな青空なのに、慌てない、あわてない!
苗場2

IMGP4157.jpg



・私も、「大斜面を独り占め」を地でいく、今日一番の滑りが始まりました。
IMGP7540.jpg

IMGP7541.jpg



・これがウロコソールの威力。歩くモードで、次のピークを目指して登ります。
IMGP7547.jpg



・登りきったところは、「フタコブラクダ」のよう。手前のコブから、一気に滑り出します。
IMGP7550.jpg

IMGP7552.jpg

IMGP7554.jpg



・コース最後の登りで雁ケ峰(別名長峰の平?)。
IMGP7561.jpg



・しばらくは、ブナ林のなかの大斜面を滑ります。
IMGP4160.jpg



・最後は潅木帯の急斜面。膝まで埋まってしまう位のベタ雪で、雪崩ないのが不思議です。
IMGP7564.jpg

IMGP7565.jpg



・かぐらゴンドラコースの、№9の標識のところに降り立ちました。
IMGP7567.jpg



・このコースはウロコソールには向きません。スケーティングが続いてとっても疲れました。
荷物を取りに、和田小屋に戻るのは夫にお願いして私は休憩。戻ってきた夫は「ゴンドラ
15分、スキーでダラダラ12分の下り、行きたくなかったんだよなぁ…」お疲れ様でした。IMGP4162.jpg



私にとって初めての「小屋泊」での、のんびりBCスキーであり、とても楽しい
二日間でした。和田小屋のお値段も、リフト券の割引も格安だったし、とても良
かったのですが、宿泊者がゆっくりくつろげる雰囲気ではなかったのが残念でした。

「かぐら」から「田代」までの広大なエリアを、自由自在に歩き、滑ることが出来、
夫の言うBCスキー天国は大げさではありません。自宅から三時間余りの手軽さも
魅力です。晴れたに日また出かけてみま~す。








hdfhdhd003_top2.gif

スポンサーサイト
Posted by tomo
comment:3   trackback:0
[山スキー
comment
素晴らしい展望ですね。
天候も場所も雪質も、
何もかも計算されつくされた、
ご主人様の選択されたBCスキー!
まさに天国・・・「素晴らしい」の一言に尽きます。
夫婦で共有・共感できるものをもてて、
幸せですね。・・・羨ましい限りで~す。
2014/03/31 18:45 | | edit posted by まっ黒くろすけ
まっ黒くろすけさんへ
コメント有難うございます。

今回は私の耐力も考え、小屋どまりにしてくれました。

おかげで二日目は体も慣れ、快調に春山を楽しめました。
リフトから離れると大自然に包まれ、テンションが上がっ
てしまいます。

春山は楽しいですね~。
2014/03/31 22:21 | | edit posted by snowdrop
こんばんは。

わたしたちも、ずいぶん昔に、神楽峰から雁ヶ峰のコースを
滑ったことがあります。
短い登りで、大展望に加えて、快適な滑降が楽しめる、
すばらしいコースですね!!

2日とも好天に恵まれて、春の山を存分に楽しまれたようで、良かったですね!
山はやっぱりお天気次第ですよね~
2014/04/01 23:49 | | edit posted by ピテカン&カッパ
comment posting














 

trackback URL
http://snowdrop724.blog118.fc2.com/tb.php/262-fb09a544
trackback