山と自然の贈り物の記録
尾瀬・ひうち岳(H22,5,9)

5月連休明け、今年最後のチャンスとばかりに、お友達のOさん、S君親子を誘い、
尾瀬国立公園内にあり至仏山と共に尾瀬を代表する、東北地方最高峰
2,356mのひうち岳に向かう。
早朝am4:20自宅を出発、福島県桧枝岐、御池口にam7:20着。
身支度を整え、am8:02駐車場横より登り始める。
体力のない私達の事を考え、夫が一番大きいザックを持参し、
4人分のファンスキーを入れ担いでくれる。

CA3G02880001oyako.jpg

雪山登山、山スキー、初体験のOさん親子も慣れないながらも、
キックステップの練習をしながら
徐々にぺースをつかみ、順調に登って行く。

CA3G02930001nobori.jpg   CA3G02940001nobori.jpg

一山越え、はるか遠くに雪を頂いたひうち岳が姿を現す。
まだ遠いなぁ~。

CA3G02950001new.jpg


この時期は雪が締まり、スキーブーツで山を登れ、山スキーを楽しめるので、
登山者の他、山スキーパーティも多い。
今年の積雪量は昨年に比べるとかなり多く、登りやすい。


CA3G0297000123new.jpg


頑張って、あと二山越え、御池口より3時間半でひうち岳頂上着
頂上直下は急登だが、S君は確実に一歩一歩、夫にぴったりついて登って行く。
その合間にお母さんのサポートも忘れず、振り返っては、『お母さん頑張って!』
『あと少しで頂上だよ!』
『ここまで登れば、平らになって歩きやすいよ!』と、上から声をかけてくる。
頼りになる息子さんの掛け声にお母さんも頑張って頂上到着


CA3G01580002.jpg   
CA3G01550002.jpg

CA3G01520001ue.jpg


頂上から尾瀬沼、尾瀬ヶ原、至仏山の風景を楽しみ、いよいよ滑降開始
ここまで4人分のスキーを背負って登ってくれた夫に、感謝感謝
帰りも私達のザックを全部引き受けてくれました。再び感謝

滑り出す前にS君から一言。『ゲレンデより山は緊張しますねぇ。』

夫が一気に滑り下りていくと、その後を追いS君も一気に滑り下りる
なかなかの滑り!臆することなくのびのび滑って行く。
さすがS君!

CA3G02910001saru.jpg
「さるのこしかけ」

いつもの事ながら、あっという間に頂上から40分足らずで御池口に下りてしまう。


Oさん、S君、初めての雪山登山、山スキー体験いかがでしたか?
小6でひうち岳を滑る子はなかなかいないよ。

凄い!
また一緒に遊びましょう!

CA3G02980001koke.jpg


スポンサーサイト
Posted by tomo
comment:3   trackback:0
[山スキー
comment
尾瀬
雪景色も素敵ですね!
2010/05/21 17:00 | | edit posted by sasa
雪景色
山スキーの写真を見て、白い景色とそこを滑れることに感動しました!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
2010/05/21 22:03 | | edit posted by buono! Junior
今度一緒に行きましょう!
コメントありがとう[絵文字:v-237
あお君からのコメント凄くうれしいです。S君頑張りましたよ。あお君が一緒だったらもっともっと楽しかったでしょうね。あお君はスキーの上達が凄いから、日本に帰って来たときに一緒に特訓して山スキーに行きましょうね!あお君ならすぐ行けますよ。冬に帰国したら連絡してね。スキーに行きましょう。
楽しみにしていますv-237
2010/05/21 22:21 | | edit posted by tomo
comment posting














 

trackback URL
http://snowdrop724.blog118.fc2.com/tb.php/28-6c24dd48
trackback