山と自然の贈り物の記録
26年安達太良山湯川溯行

003_top1sdgsdg.gif





「紅葉が見ごろを迎えています。塩沢登山口をお勧めします」
これを見れば、紅葉の真っ最中だと期待をするのが普通です


「くろがね小屋」のお知らせを信じて、登りは湯川の沢床から紅葉を、
下りも登山道から紅葉を見渡し、温泉にもゆったり浸かる筈ですが…




・天気図では8日が快晴の筈なのですが、なぜか我家も天気が悪く、
10日が快晴・紅葉満開だと言う予報に期待をして出かけてきました。
9日天気図 10日天気図



たしかに出掛けるときには、快晴でした。が、高速道路の「あぶくま高原」辺りから
雲に覆われだして、「塩沢スキー場」に着いても、激しく空が入れ替わっています。




・登山路の裏側に付いた標識。ここから、「湯川」に向かいます。
IMGP8735.jpg

・心配しないように、湯川が見えてきた所にもう一枚、新しい標識。
IMGP8736.jpg



・紅葉を期待して来たのに、一杯の緑です。ゴーロから、やっと沢らしくなってきました。
IMGP8737.jpg




・950㍍付近で、小沢が綺麗な滝をかけて来ます。
IMGP8738.jpg

・アレッ、すぐ奥にも同じ位の水量の小沢が落ちてきています。
IMGP8739.jpg

・なかなかじゃない?と喜ぶと、またもや滝が。3本続いているのでした。
IMGP8741.jpg




・そして、夫がカメラを向けた先には、登山中のカモシカの姿が。
湯川4776

・行ってしまいました。せめて足跡だけでもと、カメラに収めます。
IMGP8742.jpg




・5㍍だと言う滝が現れました。ここは、左手から登ります。
IMGP8745.jpg

IMGP8746.jpg




・続いて小さな滝が現れます。釜が大きいので、意外に見応えがあります。
IMGP8747.jpg




・淀みには、落葉がいっぱい。きっと、上流では紅葉しているのでしょうね。
IMGP8748.jpg




・またまた大きな釜をもった小滝。魚影が無いので、残念そうに覗き込む夫。
IMGP8750.jpg

湯川4777




・天井を見上げると、少しばかりの紅葉。小屋の付近は、本当に見ごろなの?
IMGP8752.jpg




・やっと「三階滝」に着きました。ここは、左手にある登山路を使います。
IMGP8754.jpg

・これが三段目の滝。滝つぼがコバルトブルーに輝いています。
IMGP8755.jpg




私達は、三階滝上から沢に戻りました。そこから少し先の、屏風岩手前に
大きな倒木ダム。倒木を乗り越えたと思ったら、なんと倒木の裏はプール
のように。水に入って滝に取り付くのはイヤなので、三段ほどのナメ滝を
右から捲くことにしました。今日は、ノ~ンビリ紅葉見物の筈なのに……。




・「こんな筈じゃ!」のオーラが見えたのか、夫は、この間の写真を撮るのも忘れてしまい、
紹介出来ません。クイッと沢が左に曲がると、「屏風岩」直下の緩やかなナメになります。
IMGP8758.jpg

IMGP8759.jpg

・頭の上からは、屏風岩の岸壁がのしかかってきています。
IMGP8760.jpg




・今度は右にクイッと曲がるところに、「想恋の滝」がかかっています。
IMGP8762.jpg

・振り返る「屏風岩」。下から見ると、意外に小さく見えます。
IMGP8763.jpg

IMGP8764.jpg


・滝上から振り返ります。
IMGP8765.jpg




・もう、滝は終わりの様子で、おだやかな流れに変わりました。
IMGP8767.jpg




・紅葉も、少しずつ見られるようになってきましたが、「沢から見上げる見頃の紅葉」は無理のようです。
IMGP8768.jpg




・「八幡滝」に着きました。滝の右手に鎖が付いていて、昔の登山路の名残りがあります。
IMGP8769.jpg

IMGP8772.jpg




・そのまま進んで、登山路が横切って来たところで溯行終了。
紅葉らしく、カラフルなカメムシ(?)が、お迎えしてくれました。
IMGP8773.jpg




・「八幡滝」の上流に、「中の滝」「霧降の滝」がありますが、今日は「くろがね小屋」を目指します。
IMGP8794.jpg




・アプローチシューズに履き替えて、「くろがね小屋」に向かう途中、青空が広がってきました。
IMGP8774.jpg




・小屋の周辺は、とっくに見頃は過ぎていました。前回の台風も影響したのでしょう。
IMGP8775.jpg





IMGP8777.jpg




・コンデジで撮ったものより、私のスマホのほうが発色が濃く、雰囲気がでています。
くろがね 1


くろがね 2





・小屋前のナナカマドの実。天気予報はハズレの様で、轟々と風が吹いています。
IMGP8778.jpg

IMGP8779.jpg

・悪天にもめげずに、これから登る人、下る人で、小屋の前は賑やかです。
IMGP8781.jpg




・最初のプランは、湯川をのんびり遡行して「くろがね小屋」に一泊。翌日山頂を往復してノンビリと下る、
と言うものでしたが、残念、金曜日なのに小屋は満室。そこで、小屋までの日帰りにしていたのです。
温泉付の山小屋に憧れていたのですが、BCスキーのシーズンにでも来ることにして、早めの下山です。
IMGP8782.jpg




東北地方を通過した寒冷前線の影響で、強い西風が吹き込み、溯行には嬉しくない
一日でしたが、下山した頃には後追いの高気圧で、晴れ間が広がってきていました。
溯行時間3時間30分、登山路の下りが1時間と少し。あとは、温泉に浸るだけです。

昔は、レトロな公衆浴場「岳の湯」が好きだったのですが、昨年、息子と入った夫が
「源泉にこだわっていて、熱過ぎる…」と言うので、ネットで探した「空の庭リゾート」
の露天風呂に立ち寄りました。温泉には、かなりうるさい私ですが、気に入りました。
内湯も露天風呂も適温に調整されて、ゆっくり「白濁湯」を楽しむことができました。






hdfhdhd003_top2.gif
スポンサーサイト
Posted by tomo
comment:4   trackback:0
[沢登り
comment
お疲れ様でした。!
滝の周囲、オゾンがいっぱい。
頂上付近は、紅葉綺麗でしょう。!
私達はスタミナもなく、無理でしょう。
(うらやまし~い)
2014/10/13 14:41 | | edit posted by reitan
レイタンタンさんへ
私には、「のんびり紅葉を眺めて、ゆったり温泉に浸かる」
と言う言葉に騙されてしまった気分です。

帰ってから湯川を検索して、「結構、滝があったんだな」
と夫。本当に知らないで連れて行ったんですか?と言う
感じもしますが、露天風呂がとても素晴らしかったので、
良い一日になりました。
2014/10/14 06:37 | | edit posted by snow drop
こんばんは。

この時期の沢登りは水が冷たくて、寒くなかったですか?
なかなかぴったりのタイミングで紅葉に出会うのはむずかしいようですね・・
今年は紅葉の進み具合が、早いのでしょうか・・
わたしたちは、キノコで忙しく、紅葉狩には行けそうもありません・・

岳温泉では、いつも、鏡が池碧山亭にお泊まりするのですが、
ここの温泉のお湯は、ほんとに良いお湯ですね!
しばらくご無沙汰なので、又行きたくなってしまいました~
2014/10/15 23:54 | | edit posted by ピテカン&カッパ
ピテカン&カッパさんへ
本来なら、ゆったり紅葉見物のはずだったのですが…。
湯川渓谷沿いの紅葉は大分先の様子でしたし、くろがね小屋周辺
では、葉が枯れたり、落ちてしまったりと、残念でした。
北アルプスの山小屋だと、リアルタイムで正確な情報を伝えて
くれるのですが、私たちが行った10日の状況も「見頃です。
是非お越しください」とあり、少し不親切な思いがしてしまい
ました。

朝のうち、風は冷たかったのですが、水は意外に冷たくなく、
夏ならば水遊びをしながら溯行できそうな沢でした。
2014/10/16 15:19 | | edit posted by snow drop
comment posting














 

trackback URL
http://snowdrop724.blog118.fc2.com/tb.php/304-908ba226
trackback