山と自然の贈り物の記録
続・ハタケシメジが…





あらーッここにも!あッ、踏みそうに!キノコ騒動が続きます




・新しく、こんな大きなシメジが現れて、お友達におすそ分けしました。
IMGP8923.jpg




・前回の発見時、次はこの株が大きくなるのを待って、と思っていました。もう少しかな?
IMGP8904.jpg



・昨夜は雨が降り、そして今朝。僅かな時間で、こんなに育ってしまいました。
IMGP8924.jpg




・栗の木で作った花台なのですが、念のため左後ろを覗くと…出ていました。
IMGP8914.jpg

・気を良くして、もしや、もしや?…右後ろにも、しっかりと出てきていました。
IMGP8915.jpg




・花台を上から撮ると…収穫予定の大きな株の右斜め上。土のなかにも。
IMGP8917.jpg

・アップにするとこうなります。育つのを待っていれば、相当な大株になりそう。
IMGP8905.jpg




・他にもあったりしてと探すと、またしてもサンビタリアに隠れて、モコモコと。
IMGP8906.jpg

・もっとお花を持ち上げると、ずうっと奥の方まで、シメジの姿が続いています。
IMGP8907.jpg




・なにげなく、密生した葉っぱの中から、顔を出しているものもあります。
IMGP8910.jpg




・少しグレーがかった色の株もあります。このほうが美味しそうに見えます。
IMGP8911.jpg




・覗いたところには、ほとんどあります。これは鉢の下の隙間にも。
IMGP8920.jpg




・そして極め付きは、これです。庭石と万年青の僅かな隙間に割り込むように。
IMGP8913.jpg

・いつの間にか芝生にまで進出してきました。芝生も好きらしいのです。
IMGP8925.jpg

IMGP8926.jpg




・「ハタケシメジ」だと教えていただいた、お友達のご主人が写真を撮りにきました。ここですか?
と持ち上げたサンビタリア。アラッ、これも採らないとダメですよ。採取済みの株の左にべつの株が。
IMGP8940.jpg




・花台の底が鉄格子のようになった底から、シメジが出てきたものの、頭打ちです。
IMGP8972.jpg




・「ここは諦めて!」と私が言うのに、夫は執念で採取してしまいました。
IMGP8943.jpg





・どんな庭なのか、一坪ほどの箱庭なのに、黄色矢印のように、そこかしこに。
IMGP8919.jpg




・相当離れた場所に出ていましたが、これもハタケシメジらしいのです。
IMGP8921.jpg




・「早くこいよ!」との夫の声。アズマイチゲの畑に、またまたキノコが出現しました。。
これも株立ちは同じですが、人相が悪くて、毒でしょう!。が一応、先生に聞いてみよう。
IMGP8979.jpg

IMGP8976.jpg




夫の知り合いの話だと、近辺でのキノコは不作のようです。それなのに、それなのに、
我家の庭はどうなってしまったのでしょう。嬉しい反面、来年も来てくれるか心配です。
私と言えば、「炒め物」「天ぷら」「汁物」と、立て続けに食べたものですから、香りが鼻
について、最初の感動はどこへやらで、夫、一人「次は付け焼き」と張り切っています。



シメジの異常繁殖の他にも、今年の庭は例年と違っています。




・いつもの「リンドウ」は、蕾はつけても花が開かないまま冬を迎えて
しまうのですが、今年は、生き生きと、濃い紫の花を開いています。
IMGP8954.jpg

IMGP8949.jpg

IMGP8948.jpg

IMGP8955.jpg




・茨城県は甘柿の出来る北限とかで、例年「百目柿」は、渋が抜けきれません
でした。嬉しい。初めてなのです。み~んな甘柿になっているではありませんか。
IMGP8862.jpg

IMGP8863.jpg




・「サルナシ」がいつもより早く熟し、鳥に食べられる前に収穫できました。
IMGP8973.jpg

IMGP8981.jpg

IMGP8982.jpg

IMGP8983.jpg




「ハタケシメジ」の発見以来、我家の庭には良いことばかりが
起きています。が、あんまり「運」を使い過ぎてもと心配も少し。






スポンサーサイト
Posted by tomo
comment:8   trackback:0
[我が家の自然
comment
まるで小判がザクザクな感じ・・・i-282
退屈しないお庭ですね。
キノコの菌て、どんなところからやって来るんですかね。

植物たちも、我が家のわずかなものも毎年ちょっとずつ確かに違ってますね。

楽しみが次から次のお庭・・・なんかイソップの物語みたい!
面白!楽し!・・・i-278
2014/10/28 18:05 | | edit posted by まっ黒くろすけ
まっ黒くろすけさんへ
ほんとうに驚かされる、シメジさん達です。
菌は、どこから運ばれてきたのでしょう。庭の一角
だけではなく、木の後ろ、岩の後ろの方にまで
広がっていますから、とても不思議です。

夫が「霊芝」をみつけ、私は「ハタケシメジ」と、
なぜかキノコに縁がでてきました。
2014/10/29 06:34 | | edit posted by snow drop
凄いですね。
このような庭は嬉しいですね。
我家の庭は雑草しか生えません 笑
柿も不作、数えるほど
来年に期待です。
2014/10/29 19:01 | | edit posted by yamasanpo
こんばんは。

ハタケシメジは、腐生菌なので、たぶん、
地中に、埋もれた木材か何かが、あったのだと思いますよ。
それにしても、すごい発生ですね
わたしたちは、ハタケシメジはなかなか、お目にかかれないでいます~
最後の写真のキノコは、ハタケシメジではないようですね・・

リンドウも美しく・・ほんとに何でもありのお庭ですね!!
春からず~っと山野草が咲き続けるお庭なんて、素敵過ぎます~!!

2014/10/31 00:12 | | edit posted by ピテカン&カッパ
yamasanpoさんへ
ほんとうに凄い量の、ハタケシメジが突然のように
出てきて、驚いています。

こんなに喜ばせてくれるのは嬉しいのですが、
来年出てこなくなったら寂しいね、と今から心配
しています。


2014/10/31 10:55 | | edit posted by snow drop
ピテカン&カッパさんへ
昨年、坪庭風に作り直したのですが、それまで丸太を
輪切りにして囲いにしていたものが、腐って、こんな
恵みをくれたのかもしれませんね。

今年は、野の花もきれいに咲いて、嬉しいことばかり
続いています。
2014/10/31 11:02 | | edit posted by snow drop
(SnowDrop)さんへ
凄いですね。!
キノコ菌、来年も楽しみですね。!
それも「ハタケシメジ」うらやまし~い。
御馳走様でした。
お吸い物でいただきました。
2014/11/03 21:14 | | edit posted by reitan
ハタケシメジの季節も終わり、寂しくなりました。
夫は急に、キノコに興味を持ち始めましたが、キノ
コの見分け方は難しく、来年のハタケシメジ発生を
楽しみにしています。
2014/11/07 06:27 | | edit posted by snowdrop
comment posting














 

trackback URL
http://snowdrop724.blog118.fc2.com/tb.php/310-dd8b7853
trackback