山と自然の贈り物の記録
久しぶりに観光旅を





息子のご招待で、ゆっくりと山の温泉めぐりを楽しみました!



今年2月で、夫が退職したのを記念して、慰労の旅行を息子がセット
してくれました。例年なら、穂高連峰の新雪を眺めに、蝶ケ岳に登って
いたところなのですが、三連休で、立山、乗鞍の温泉と、世界遺産の
五箇山を巡るのです。立山は、登れる状態なら山頂を目指し、無理な
ようならば温泉でゆったり。翌日直行で帰るのは勿体ないから、途中
五箇山を楽しんでから、乗鞍高原の温泉に、また、ゆったりの旅です。




天気図1 天気図2
31日から1日にかけては、素人目にも雨。ですが、2日の天気図では
ヒョッとしたら、晴れ間が覗くかも知れません。息子のご招待ですから
連休中は、雨が続く予報ですが、私の「運」を期待して出かけました。




11月1日

・船橋の家を5時に出たので、昼前に、静かな立山駅に着きました。
IMGP8993.jpg

・駅のライブカメラの放映。0℃くらいかな?と心配しましたが、暖かです。
IMGP8994.jpg




・「称名滝」では、車窓から写真を撮れるよう、一旦停止をしてくれます。
IMGP8995.jpg




・今年は雨の室堂です。チラッと見えた「立山」の雪も溶けているようでした。
IMGP8999.jpg

・昨年10月19日の写真です。母と姉と私達で立山ホテルに泊まりました。
IMGP6969.jpg

・雨も上がり、なんだか暖かく感じてしまう、今年のミクリガ池。
IMGP9002.jpg




・のんびり歩いて10分。今年は最高所の温泉に、泊まりに来ました。
IMGP9003.jpg

・フロント脇には、登山グッズと、お土産品で溢れています。
IMGP9006.jpg




・山小屋兼旅館のような、お宿なのです。さっそく「白濁の湯」に浸かりましょう。
IMGP9007.jpg


・女湯は、浴槽は一つだけ。「ゴメンナサイ」と書かれていましたが、残念です。
IMGP9009.jpg

IMGP9010.jpg


・ずる~い。男湯は二つの浴槽で、比べると、色の違いが分ります。
IMGP9013.jpg

IMGP9017.jpg



・部屋に戻ると、お風呂の屋根越しに、富山平野の街並みが見えてきました。
IMGP9019.jpg




・夫はビール。しかも2本も飲んでうたた寝。そこに館内放送「雷鳥が姿をみせました!」。
あんな寝入っていたのに、ガバッと飛び起き。なんと七羽も姿を見せて、夕食の様子です。
IMGP9021.jpg



・多くのシャッター音と、フラッシュ。餌付けしているの?と勘ぐるくらい、悠々としています。
雷鳥 3




・私達の夕食時間になりました。山小屋より、チョッとだけお高いだけなのに、
料理は全く違います。とてもヘルシーで、美味しいお品が並んでいました。
IMGP9028.jpg


・夫と息子は「イワナの骨酒」なんぞを特別注文をして、悦に入っていました。
IMGP9030.jpg


・なんか「馬刺し」の赤身もおいしそうと、これは、夫だけのご注文です。
IMGP9026.jpg





11月2日

食事の後もお風呂に入り、硫黄臭プンプンの部屋でぐっすり。今日は山頂を目指さず、
のんびり朝風呂を楽しみます。やりました。期待した通りに、青空も見え出してきました。
IMGP9033.jpg


・昨日の雷鳥さんた達も、朝食を摂るはずだと言う夫のご宣託に、お散歩を兼ねて…。
IMGP9039.jpg

IMGP9040.jpg




・チェックアウト前にもう一風呂。温泉を後にします。
IMGP9041.jpg




・玄関を出てすぐのところで、息子がスマホをかざしています。何をしているの?と訝しがる先に
一羽の雷鳥が。聞けば、展望台の方から降りてきたらしく、すぐに館内放送で喜びを共有しました。
IMGP9046.jpg



雷鳥6



IMGP9043.jpg




・私達は、晴れる日しか出かけません。雷鳥は悪天しか姿を見せません。
ですから、今まで雷鳥さんとお遭いすることが、一度もありませんでした。
室堂BTに向かう間「あそこに雷鳥さんが」と、ご案内をしてしまいました。
IMGP9047.jpg




・雨予報にめげずに出掛けたのが幸いして、雷鳥さんに夜と朝にご対面。
幸せ気分一杯のままバスに乗り、美女平からは派手にペインティングされ
たケーブルカーで下って、白川郷などの世界遺産の一つである五箇山へ。
IMGP9053.jpg




・昨年は、「白川郷」に幻滅したので、今回、鄙びているらしい「五箇山」合掌づくりに向かいます。
IMGP9054.jpg

IMGP9064.jpg




・雨の中を歩きまわる夫。息子が傘をさし掛けて、なかなかな光景です。
五箇山 1




・そして休憩は「てのひら」と言う、小さなお店で。
五箇山 5




・とっても静かです。白川郷程の豪壮さはありませんが、観光地
と言うより、昔の生活の場が、今でも息づいているのが見所です。
五箇山 2


・コーヒーと昆布茶を注文して。窓の外の原風景を楽しみます。
五箇山 4




・傘をさしているのは、観光客ではありません。お孫さんと、散歩しているようです。
IMGP9061.jpg




・家のかどには、豊かな水が流れています。特産の赤カブも瑞々しく。
IMGP9062.jpg




・赤い帽子を被った消火栓。夫は半信半疑ですが、目もあるので~す。
IMGP9063.jpg




・雨が止みそうにありませんから、高山の街並みハイクをパスして、
まっすぐ乗鞍高原に向かいます。今日のお宿は、ふた色の温泉とか。
IMGP9067.jpg




・さっそく露天風呂に。少し青みがかった、炭酸泉だそうです。
IMGP9079.jpg




・内湯は「白濁の湯」。「酸性が強いので」と注意書きがあります。
IMGP9070.jpg

IMGP9074.jpg




・食事は囲炉裏を囲んで、山のものがメインです。おいしいキノコ鍋でした。
IMGP9069.jpg





11月3日

・夜半に大雨が降りましたが、前線が通過して、北風に雪も飛んできます。
IMGP9081.jpg



・陽射しがあれば、黄金色に輝きそうな、カラマツの黄葉。
IMGP9087.jpg

IMGP9084.jpg




・葉を落としてしまいましたが、白樺林がメルヘンチックです。
IMGP9083.jpg





・帰り道は、息子の希望で「大王農場ワサビ園」に立ち寄ることになりました。
IMGP9090.jpg




・4月に来た時には、萌黄色の林の向うに残雪の山が輝いていましたが、今は秋。
IMGP9091.jpg

IMGP9093.jpg

IMGP9095.jpg





IMGP9102.jpg





IMGP9099.jpg

IMGP9101.jpg

IMGP9103.jpg




・こんな張り紙があって、半分ほどしかお散歩できません。
IMGP9105.jpg




・駐車場に戻る橋からの、ワサビ田。上流から見ると、また趣が変わります。
IMGP9104.jpg




・湧水を集めて流れる、透明な川には水草が一杯。クリアボート遊覧が繁盛しています。
IMGP9107.jpg

IMGP9109.jpg




今回は、雨を覚悟して出掛けましたが、降り込められることもなく、
楽しい観光旅行が出来ました。しか~も、白濁、白濁のにごり湯
三昧と、思いもよらなかった「雷鳥」さんのお迎えと、お見送り付で。

今回、「退職記念旅行」をセットしてくれた息子に、ありがと~う!






スポンサーサイト
Posted by tomo
comment:10   trackback:0
[温泉
comment
優しい息子さんで何よりです。
たまには山頂を目指さずにのんびりもいいかもですね。
みくりがいけ温泉は、くろすけも立山三山縦走時に宿泊しましたが、
お風呂から月と大日岳方面を眺めた事など思い出しました。
お互いを思いやれる家族っていいですね。
HAPPYをお裾分けして頂きました。
ありがとうございます。
2014/11/09 16:37 | | edit posted by まっ黒くろすけ
(SnowDrop)さんへ
ライチョウも冬支度ですね。!
もうすぐ真っ白になりますね。
ケーブルカー乗車角度が凄い斜面ですね。
わさび園もツーンとした香りのアイスクリーム
美味しいでしょうね。!
家族での旅、うらやまし~い。
2014/11/09 21:58 | | edit posted by reitan
まっ黒くろすけさんへ
ほんとうに嬉しく、楽しい旅行になりました。
「ミクリガ池温泉」も、リニューアルされて綺麗にな
っていて、少し先の「雷鳥荘」共に、好きな温泉です。

今年は槍ケ岳に行ってしまいましたが、来年の春には
立山か剣の春スキーに行きたいと思っています。


2014/11/10 11:13 | | edit posted by snow drop
レイタンタンさんへ
雷鳥さん、かわいかったですよ~!
夏と冬の間の、ちょうど「雷鳥!」と言う
感じが出ていて、一番良い時期だったかも
知れません。

大王農場では、ワサビコロッケ(カッパコロッケ
の方が美味しいかも)。、運転しない息子は、
ワサビアイスクリームにワサビビールと、楽しん
でいました。
2014/11/10 11:22 | | edit posted by snow drop
こんにちは
あいにくのお天気だったようですが
雨の風情がいい雰囲気ですね♪
ほのぼのとした父と子の相合傘
永久保存版ですねぇ~(o^^o)

私たちが行った時は
ほとんど何も見えなかった室堂
来年の夏、必ずまた行こうねっ…と
夫と話しているんですが
「みくりがいけ温泉」ですかぁ~
いいなぁ~泊まってみたくなりました(^O^)
2014/11/10 12:52 | | edit posted by 森のくまくん
森のくまくんさんへ
ほんとうは、新雪の立山の山頂に立ちたかったのですが、
「ガスが濃くて、何も見られないだろう」と、温泉三昧
に変更したものです。
でも、こんな日にこそ「雷鳥」さんが見られて、悪いこと
ばかりではありませんでした。

夏には、素晴らしい残雪の光景が見られます。
是非、ミクリガ池温泉にもお出かけ下さい。
良いお風呂でしたよ~!
2014/11/11 06:48 | | edit posted by snow drop
記念旅行
tomoさん、

 こんにちは。
 六甲山探検隊です。

 こんな旅行してみたいです。
 山へ登り、山上でのお湯と料理を楽しみ、
 +山麓散歩、、、。
 
 親孝行の息子さんで羨ましいです。
 旅行+その優しさで楽しみが倍増しますね。
 うちも誰か、、、 期待薄です(悲)。

六甲山探検隊
2014/11/11 08:32 | | edit posted by 六甲山探検隊
こんばんは。

のんびりまったりの、温泉と観光の旅、存分に楽しまれたようですね!
カッパもこんな旅が一番好きです~
息子さんがセッティングなんて、羨ましいです~
我が家の息子ではとても考えられません~

立山方面はピテカン君は何回か行ってるのですが、
カッパは行ったことがありません。
みくりが池温泉・・一度泊まってみたいな~・・なんて
思ってしまいました。
2014/11/12 00:07 | | edit posted by ピテカン&カッパ
六甲山探検隊さんへ
コメント有難うございます。

息子は、せっかくの記念なので、沖縄とか屋久島辺りを、
と言っていたのですが、「車でいけるところが良いや」と
面倒くさがる夫に、立山になってしまいました。

六甲山探検隊さんのブログ、いろんなレポがあって、
楽しく読ませていただいています。
2014/11/12 06:17 | | edit posted by snow drop
ピテカン&カッパさんへ
楽しい温泉三昧、の旅行ができました。夫と二人だと、
とてもこんなプランは立ててくれそうにありません。
立山は登れませんでしたが、お宿の前で、あんな近くで、
「雷鳥」さんに出会えるとは思っても見ませんでした。

夫は、「やっぱり、餌付けが出来てたんじゃないの?」
なんて、失礼なことを言っています。
2014/11/12 06:27 | | edit posted by snow drop
comment posting














 

trackback URL
http://snowdrop724.blog118.fc2.com/tb.php/312-786a7cca
trackback