山と自然の贈り物の記録
26年鮭が戻ってきません





昨年もそうでしたが、鮭の遡上が少ないのです



自宅から百メートル位の県道の下。水深10㎝くらいの小川に沢山の
鮭が遡上して来ていました。毎年、楽しみにしていたのに、どうしたの
か姿が少なくなっています。昨年も数匹しか見えず寂しくなりました。




・リース作りのため、久慈川で野バラの赤い実を採ります。
IMGP9404.jpg




久慈川に、鮭が多く遡上した時には、川岸のバラの実を採
っていると、岸辺に流れ着いた「ホッチャレ」が、異臭を放っ
ていたのです、が、「今日はいないみたいだね?」と話して
いたところ、プ~ンと匂ってきました。川には、ホッチャレが
流れています。産卵を終え使命を全うした姿に合掌します。




・河口に向けて、流れるというより、漂っているような姿です。
ホッチャレ①




小川には、毎日通っています。夫は二匹見たと言っていますが、
私は一匹しかお遭いしていません。明日から雨が降るとのことで
増水に期待します。泳ぎやすくなり、沢山姿を見せてくれるかも。






スポンサーサイト
Posted by tomo
comment:3   trackback:0
[日常
comment
鮭の遡上が見られるなんて、豊かな自然環境ですね。
まだ映像でしか見た事がありません。
少ないという事ですが、何か異変が起きて無ければいいですね。

野ばらの赤い実のリース素敵でしょうね。
刺は鋏でカットするのですか?
2014/11/28 16:10 | | edit posted by まっ黒くろすけ
まっ黒くろすけさんへ
鮭は、多いときには、浅瀬に背中を出して泳いでいたのに、
ここ2~3年は、減ってしまっています。
体中が擦り切れて、白く傷ついているので、ここまでなぜ
溯ってくるの?とも思っていたのですが。

野バラの実は「福祉まつり」のバザーに出品するため、丁寧
に作っていくつもりでいます。福祉だけではなく、私も作る
のが楽しいのですが、一つずつ棘をカットしています。
2014/11/30 09:17 | | edit posted by snow drop
(SnowDrop)さんへ
鮭、珍しいですね。!
中々遭遇しないと思います。
来週、リース作り御指導お願いします。
2014/12/01 18:08 | | edit posted by reitan
comment posting














 

trackback URL
http://snowdrop724.blog118.fc2.com/tb.php/320-752709c8
trackback