山と自然の贈り物の記録
26年益子トレランコースのトレース

003_top1sdgsdg.gif





昨日の私は、1日「ちぎり絵教室」。今日は夫が来年のマラソン
大会のトレーニングだと「益子トレランコース」に出かけました。


以下は、夫のレポートです




トレラン益子プラン-11




11月の「金砂登山マラソン」の練習を始めたのが、10月末でした。
どうした訳か、その時から右膝に違和感があるのです。山に登っても
レースに出てもとなんとも無いのですが、家で鈍い痛みがあります。

膝を痛めたことなど無かったものだから、疑心暗鬼。医者に行くほど
でもと、前回走りきれなかったトレランコースに再チャレンジしました。
スタート、ゴールを「大川戸駐車場」にして、コースを辿ってきました。



・10日朝9時過ぎに着きました。さすがに、今日は少ないお客さん。
IMGP9772.jpg




・前回は、なんの標識もありませんでしたが、林道からコース入り口案内。
IMGP9773.jpg




・「天ガ坂上」に向かうコースは、とても立派。
IMGP9774.jpg




・車道を右に曲がれば、すぐ大川戸への分岐。直進して少しで右折すると
「綱神社」。コースは右への案内ですが、どんなものなのか覗いてみます。
IMGP9776.jpg

IMGP9777.jpg




・萱葺き屋根の、小ぶりで簡素な作り。文化財ですが、価値が分りません。
IMGP9778.jpg

IMGP9779.jpg


・こちらの「大倉神社」は、もっと価値が分りませんが、同じく文化財です。
IMGP9780.jpg

IMGP9781.jpg




・階段を戻って、神社の右すそを捲いて行くと、いよいよ山に入ります。
IMGP9782.jpg


・登って行って右折する所の標識。下ってきたら、そのまま直進しそうです。
IMGP9784.jpg


・送電線の鉄等の下をくぐりぬけるところには、しっかり案内があります。
IMGP9786.jpg




・オッ、霜柱に足跡が。今日は、誰か先行者がいるようです。
IMGP9787.jpg




・林道跡に出たり、鉄塔をくぐったり、的確に案内板が設置されています。
IMGP9788.jpg

IMGP9789.jpg

IMGP9790.jpg

IMGP9791.jpg

IMGP9792.jpg




・いよいよ山らしくなってきました。とッ、道の真ん中で、お腹をボリボリ掻い
ている犬。前回は、雨巻山山頂にいた犬です。またもや、驚かされました。
IMGP9793.jpg




・先行者に追いつきました。とても元気、なオバサン(?)達です。
IMGP9794.jpg


・次のピークは、明瞭に右を捲くのですが、案内は、なぜか直登へ。
IMGP9796.jpg


・そうか、「タイタニック岩」からの眺望を楽しめ、と言うことか。
IMGP9797.jpg

IMGP9798.jpg




・前回は逆コースで、しかも風雨の後で道形も微かだった「足尾山」。
岩場を登った、「御岳山」からの眺めは大きく、鉄塔のムカデが異様。
IMGP9799.jpg




・「足尾山からは、前回も歩いていますから「勝手知ったる」感じです。
IMGP9800.jpg

IMGP9801.jpg

IMGP9802.jpg




・今日は昼前。山頂で食事の方や、学生風の団体さんにも会いました。
IMGP9803.jpg

IMGP9804.jpg




・右が「大川戸」。前回は、直進に立ち入らないようテープがありまし
たが、トレラン標識がしっかりと「板橋林道」にご案内してくれます。
IMGP9805.jpg




・駐車場に戻りました。朝は6~7台だったのに、20台を越えています。
IMGP9806.jpg




・前回食事をした、ピザ屋さんの左下を通過していきます。
IMGP9807.jpg

IMGP9808.jpg


・「親水公園」には1台も車がありません。猪避けのラジオだけ。
ここから「大川戸駐車場」まで2㎞ほど。最後に車道を走ります。
IMGP9809.jpg




・左が「綱神社」で、右が「地蔵院」と言うらしいのです。
IMGP9810.jpg




・道路わきの水田には、こんな氷が張っています。手がしびれます。
IMGP9811.jpg




・ゴール。3時間30分位で、今日、三度目の「大川戸駐車場」です。
コースを整備していただいた方々に、感謝。また使わせていただきます。
IMGP9813.jpg



登山中には、飲み物だけしか口にしなかったので、ここで昼食です。
坂の上のピザ屋さんに入りたいのは山々なのですが、前回一人で
ピザを食べて顰蹙を買ったので…。やっぱり、おばさんの、うどんか
蕎麦にしよう。他にお客さんがいなかったので、食事が終ってからが
長かった。「地元の方が熱心に整備されているんですね」と聞いたら、
「地元では誰も山になんか登らないよ」「昔はゴミが一杯で反対され
ていたんだけど、最近は綺麗にになったんだってね」などと、昼食に
一時間もかかってしまいました。「町の人が熱心に」と言っていました。







hdfhdhd003_top2.gif
スポンサーサイト
Posted by tomo
comment:2   trackback:0
[栃木の山
comment
走られていたのですね。
里山で17キロとトレーニングの場として良いものです。
13日の大会は若い人に紛れて参加しました。自分は上から2番目の年齢とか聞きましたが歳には関係なく楽しめればと思ってます。
尾根を走り爽快感を感じてきました。これで十分満足でした。
2014/12/16 10:02 | | edit posted by yamasanpo
yamasanpoさんへ
雨巻山は、10月に初めて行ったものですから、土地勘が
無かったのですが、コースに標識がが整備されたと聞いて
出かけてきました。
ここしばらく、どうした訳か膝が痛むので、癒しも兼ね
ながらだったのですが、、良いコースでしたね!

適度なアップダウンと、すばらしく整備された登山路で、
しかも周回コース、と理想的です。整備された方々に
感謝しながら辿りました。
2014/12/16 11:24 | | edit posted by snow drop
comment posting














 

trackback URL
http://snowdrop724.blog118.fc2.com/tb.php/326-8779e175
trackback