山と自然の贈り物の記録
27年山菜採りで~す







夫の退屈しのぎに、コゴミとアケビの芽が餌食に…




・裏庭にある一本のアケビと、蓄養中の筈だったコゴミが夫の手にかかり…
IMGP0423.jpg




・昨年は摘まなかったので、少しは太ったコゴミになりましたが…
IMGP0424.jpg




・積み立てのアケビの芽は、ほろ苦さと、さわやかな香りが特徴です。
IMGP0425.jpg





ほんの一握りの山菜ですが、山より一足早く、季節を運んでくれます。
畑に植えた、コゴミやワラビも、間もなく伸びてくるでしょうから、首を
長くして待つのも、もう少しです。雑草との戦い前の静けさでしょうか?






スポンサーサイト
Posted by tomo
comment:2   trackback:0
[我が家の自然
comment
コゴミ、懐かしいですね。昔、実家の目の前の日の当たる斜面にはたくさんあり、亡母が料理してくれましたが、その頃は全く興味もなく、美味しいとも思わなかったのですが今となってはとても懐かしく亡母との思い出に重なります。

アケビの新芽、頂けるんでしたね。すっかり忘れてました。
我が家のアケビは、くろすけが薔薇のトンネルは、手入れが大変そうだから、
「アケビでトンネルを作って・・・」と大分昔に夫にお願いして作ってもらったのですが、アケビの花の香りがとても気に入っています。
季節季節の自然の恵みをチョットだけ頂いて、
ご主人様の晩酌もすすむことでしょうね…i-278
2015/04/12 18:02 | | edit posted by まっ黒くろすけ
まっ黒くろすけさんへ
アケビのトンネルがあったとは、偶然ですね。
でも…
我家では観賞の対象ではなく、新芽と秋の
実が狙いですから、少し違うかも知れません。
なんとか理由をつけて、晩酌が進みすぎるの
も、困りもので~す。

2015/04/13 17:04 | | edit posted by
comment posting














 

trackback URL
http://snowdrop724.blog118.fc2.com/tb.php/351-18e80ee5
trackback