山と自然の贈り物の記録
27年猫魔岳お散歩スキー

003_top1sdgsdg.gif





春の長雨の合間の12日、青空の中で再びの猫魔岳に!




こんな天気予報は、運動禁止中の夫には、少々気の毒ですが…
12日天気図




先生からは「普通の人の散歩位にすること」、と言われていることを逆手に
とって「散歩程度なら良いだろう?」、一人で出かけそうな夫には困りもの。
購入したリフト券も残っているので、お散歩約束で猫魔岳にでかけました。




・前回は、コース①だけで早々に温泉に入ってしまったので、今回は①~③まで、ゆっくり
ゆっくり時間をかけて歩く、お散歩プチプチBCスキーと言うことで、私が監査役で一緒です。
猫魔ゲレンデ③



・4月中旬だと言うのに、たくさんのお客さんがいます。
IMGP0427.jpg

・絶好のBC日和ですが、どうか、夫がはしゃぎ過ぎないように!
IMGP0428.jpg




 コースその①




・磐梯山がとても恰好よく、ボーダーやスキーヤーが見入っています。
IMGP0429.jpg




・登山届は出してありますが、この標識は気になります。
IMGP0430.jpg




・前回と雪質が違うし、板も替えました。緩やかに下って行きます。
IMGP0433.jpg




・いつものコルには、こんなに大きな雪屁が張り出しています。
IMGP0436.jpg




・尾根からの方が良いと思うのに、いや、雪屁の切れ目から行け!と言うので…。
IMGP0437.jpg





・下から見上げると、こんなに大きく雪屁が張り出している。春山な感じがします。
IMGP4862_20150414142647ed5.jpg





・夫が尾根を目指してトラバース気味に滑り、私が追いかけます。
IMGP4860_20150414142647fed.jpg

IMGP0441.jpg

IMGP4861.jpg




・チョッ、チョット。病人らしく、もう少しお散歩風に出来ませんか?
IMGP4864_20150414142644d57.jpg




・前回は、やっと振り回していたスキーだったのに、私も快調に滑ります。
IMGP0443.jpg

IMGP0444.jpg






 コースその②




・猫魔リフト終点から、立ち入り禁止のロープをまたいで入ります。
直登するのはきついので、右から捲くようにして尾根に上がります。
IMGP0446_20150414143709a63.jpg




・尾根に出ると、雄国沼の向うに飯豊山かな?jまだまだスキーが楽しめそうな光景です。
IMGP0449_201504141437081bf.jpg




・リフトトップの上部に登りつくと、①で滑ったコース(赤ライン)が良く見えます。
IMGP0451_20150414143707b86.jpg




・かつて、このスノードームから、ゲレンデ側に切れ落ちている
沢の源頭で、ボーダーが雪崩にあって、死亡者が出ています。
IMGP0453_20150414143707602.jpg




・丁度私の帽子の上が、猫魔岳山頂。磐梯山が、高く、厳しそうにそびえています。
IMGP0454.jpg





・磐梯山の前景になる、V字の稜線。右の斜面が、猫魔岳の北面になります。
IMGP0456.jpg




・始めての、おやつタイム。いつも、このぐらいはしたいのに~!
IMGP4865_20150415055857c71.jpg




・左手の、小さな露岩が猫魔岳山頂。写真を撮るから、先に行けと言うので…
IMGP0458.jpg

IMGP0464.jpg




・山頂からゲレンデ側に、一気に滑るのです。手前のシュプールは先行者のもの。
IMGP0460_201504150558551f5.jpg

IMGP0461.jpg

IMGP0463.jpg




・夫は、とても嬉しそう。一気呵成に急斜面を滑ってきます。
IMGP4870.jpg

IMGP4871_2015041506090099e.jpg




・あわただしく夫が追い越し、今度は、下から撮ってくれました。
IMGP0465_20150415060902e8c.jpg




・斜面が緩やかになったところで、逆行に輝く大斜面を振り返ります。
IMGP0469_201504150609010d3.jpg




後は、ゲレンデ沿いの沢筋を右に左に、春ならではのクルージング。
北斜面のため、滑り出しはガリッガリっとしましたが、①のコースより
かなり長いため、プチプチBCとしては、楽しめるたコースどりでした。






 コースその③



 
・もう満足したのですが、〆は丸山リフトトップから、ぐるりと東の尾根を回ります。
ひろ~い雪原を抜けると、少し混みあった樹林がありますが、なんのそのです。
IMGP0472_20150415061742821.jpg




・散歩程度だから…と言いつつ、どんどん先に行ってしまう夫。とんでもない病人なのです。
IMGP4876.jpg

IMGP4877_20150415061135d7e.jpg




・滑り込んだブナのジャングル台地。真っ直ぐ行き過ぎると、スキー場の下まで
行きそうなので、左手にゆ~るく登ると駐車場が見え、最後の斜面に立ちます。
IMGP0477.jpg




もう止らない夫を追いかけて出たところが、大駐車場脇。初心者用の短い
リフト一本分だけゲレンデ内を滑り、第②駐車場に停めた車に戻りました。
今日は、①~③の駐車場が一杯。その上の大駐車場まで車がありました。







hdfhdhd003_top2.gif
スポンサーサイト
Posted by tomo
comment:6   trackback:0
[山スキー
comment
晴天のもと気持ちよくスキー、気分転換になりますね。
ご主人はドクターストップとは見えませんが。
屈強な方ですからね。

これからは夏山、いち早い回復を願ってます。
そして今冬にはマラソンを。
一緒に走れることを楽しみにしてます。
2015/04/15 18:55 | | edit posted by yamasanpo
アフターケアーのスキー!
ご主人様の思い切りのエンジョイ感が伝わって来ます。
やっぱ、大自然が一番のドクターなのでしょう・・・。
監査役の奥様も、逞しいご主人に呆れながらも、
あらためて見なおしてる感が伝わって来ます。
お二人仲睦まじくとってもいいですね・・・!(^^)!
2015/04/15 21:46 | | edit posted by まっ黒くろすけ
こんばんは。

わ~!・・春スキー、気持ちよさそうですね~!!
わたしたちは、猫魔スキー場から雄国沼、
雄国岳からラビスパ裏磐梯に抜けたことが、何回かあります。
春のこの季節だと、雪もザラメ雪で、楽しいですよね~!
それにしても、お二人のスキーの腕前(足前?)素晴らしいですね!
いつまでたっても下手くそのカッパは、超うらやまし~・・
2015/04/16 23:47 | | edit posted by ピテカン&カッパ
yamasanpoさんへ
本人はいたって元気なので、抑えるのが難しいのです。
勝田マラソンの数日後から検査を繰り返し、手術が
決まったのが大子マラソンの2日前と言う、最悪の
タイミングでした。
検査の合間に、200㎞以上も走りこんでいたのに、
残念でした。もちろん日立ロード、柴又100Kmも
欠場。少しずつに、慣れてくれると良いのですが…
2015/04/17 08:59 | | edit posted by snow drop
まっ黒くろすけさんへ
体は元気なのに、ドクターストップされているので、
扱いがとっても難しいのです。
不満ながらも、お医者さんのアドバイスを受け入れて
いるところをみると、少しは不安があるのでしょう。
散歩程度のスキーと称して、次々とプランを繰り出して
きて、困っています。
2015/04/17 09:09 | | edit posted by snow drop
ピテカン&カッパさんへ
猫魔スキー場周辺は、本当にスノートレック向きな
地形ですよね。今年は雪が多かったと見えて、4月
とは思えないほどの様相でした。
残雪期の山は、ゲレンデや新雪とは違った楽しみが
あって、当分は雪山散歩が続くことになりそうです
が、少しは自重してもらいたいものです。
2015/04/17 09:20 | | edit posted by snow drop
comment posting














 

trackback URL
http://snowdrop724.blog118.fc2.com/tb.php/352-2227197e
trackback