山と自然の贈り物の記録
27年神楽峰プチBCスキー

003_top1sdgsdg.gif





ずうっと我慢してきた夫ですが、こんなお天気が続いては…
24日天気図




お散歩程度に…と言う言葉に絆されて、神楽峰プチBCスキーに




・平日なのに雪を求めて沢山のスキーヤーが。はやる夫を抑えて、神楽ゴンドラに向かいます。
IMGP0609.jpg




・今日のコースはこれ。第五ロマンスリフトから、高差100㍍弱の神楽峰に登り、後は滑るだけの超楽々の①と②。
IMGP0698_201504280542566e7.jpg




・三俣スキー場から見上げると、こんな感じになります。
IMGP0610.jpg




・延々とつづくゴンドラは、和田小屋まで運んでくれます。
IMGP0611_20150428054116a29.jpg


・中尾根を眺めながら、もう一本長~いリフトのお世話になります。
IMGP0614_2015042805411667b.jpg


・第五ロマンスリフトへ。降りると、パトロールのゲートが待っていました。
IMGP0616_201504280541155b6.jpg





  ①中尾根を滑ります




・昨年は、登山届けを廃止していたのに、今年は厳重なチェックがありました。
気温が高いので、ノーワックススキーでの登りに絶好。広大な雪原を登ります。
IMGP0617.jpg




・すぐに、神楽峰の白く、おだやかな山頂が見えてきます。
IMGP0619_201504280601354c7.jpg




・できるだけお散歩にと言うことで、山頂を右に巻いて中尾根にトラバース。
IMGP0622.jpg




・「中尾根の頭」へは、少しだけ急な斜面になります。
IMGP0625_201504280601331f9.jpg




・私が登りつくところに、白樺沢からシールをつけて登ってきた登山者。
IMGP0628.jpg




・後ろから写真を撮ってくれていた、夫も登りついてきます。
IMGP4881_201504280601311c8.jpg




・「中尾根の頭」から、後ろにどっしりと控える苗場山と、後続者の姿。
IMGP0630_201504280601308e9.jpg




・中尾根は、適度な傾斜のまま、和田小屋まで滑り続けられるのです。
IMGP0634.jpg





・待ちきれなかった夫。嬉しそうに滑って来て…
IMGP4883.jpg





・私を置いてけぼりにして、そのまま遠くまで行ってしまいます。
IMGP4885.jpg

IMGP4889_2015042806193995d.jpg




・後を追う私は、もう、膝が痛くなってきてしまいました。
IMGP0640_201504280619392a7.jpg

IMGP0641_20150428061938453.jpg






  ②反射板コースを滑ります



・二回目の神楽峰。パトロールは替わったのに、名前を知っていてくれました。
IMGP0642_201504280629312a1.jpg




・中尾根は右手ですが、今回は左手。反射板を経由して田代スキー場に滑るのです。
IMGP0643_20150428062931fe2.jpg





・中尾根の時と同じ。神楽峰のピークは踏まず、左にトラバースして行きます。
IMGP0645_20150428062930bcb.jpg




・今日も、コンビニの食材でランチタイム。お散歩ですからね。
IMGP0648_20150428062929f84.jpg




・反射板尾根への登りは、ほんの僅か。
IMGP0650_2015042806292979c.jpg




・尾根に上がったところから、振り返って見る神楽峰。緩やかな尾根ですね。
IMGP0653_2015042806292893b.jpg




・反射板からは、広大な急斜面が待っています。赤色は昨年のもの。今回はショートカットの青色に。
IMGP0655_201504280643243f5.jpg




・スキー場の向うに田代湖。大斜面から湖に向かって滑り降べるのは爽快です。
IMGP0656_201504280643235c7.jpg


・道迷いをしていたパーティ。案内してあげたのに、颯爽と先行して行ってしまいました。
IMGP4893_20150428064321d2c.jpg




・私達は先行者の後を追わず、大斜面を最も楽しめるように、右にルートを取ります。
IMGP0657_2015042806432381b.jpg

IMGP0658.jpg




・夫は、無理はしていないからね、などと言い訳をしながら、勝手気ままに滑っています。
IMGP4894.jpg

IMGP4895_20150428065659e42.jpg

IMGP4897_20150428065659035.jpg




・大斜面も楽しいのですが、ツリーランはもっと楽しいのです。
IMGP0659.jpg

IMGP0661_201504280656578ee.jpg




・シラビソの森から、ブナ林に変わりました。ウ~ン、私はこっちの方が好きかなぁ!
IMGP0662_201504280656567d5.jpg




・膝が痛くなっていたのに、忘れさせてくれるブナ林。ですが、やはり疲れてきています。
IMGP0664_2015042806565603f.jpg

IMGP0666_201504280708010e7.jpg




・病人の筈の夫は、監督者の私を置いて、どんどん先に行ってしまうのです。
IMGP4900_201504280708003e9.jpg

IMGP4903_201504280707594dc.jpg




・ヤレヤレ!ブナの若木になってくると、間もなく田代スキー場のゲレンデに合流します。
IMGP0669_201504280707588d7.jpg




ここまでは、疲れはしてもとても楽しかったのですが… リフトに乗って滑って、さらに
タラタラ、テレテレの神楽ゴンドラの下のゲレンデは辛かった。ウロコソールの私達の
スキーでは、滑走と言うよりスケーティングのよう。下山完了まで1時間を越えました。






hdfhdhd003_top2.gif
スポンサーサイト
Posted by tomo
comment:6   trackback:0
[山スキー
comment
聖典の中、春スキー。!
爽快感が楽しめましたね。
うらやまし~い。!
雪質が若干、重そうにも感じます。
お疲れ様でした。!
2015/04/28 11:43 | | edit posted by reitan
自由闊達のお散歩・・・楽しそうですね!
ご主人様の笑顔が目に浮かびます。
いつもお二人での行動・・・羨ましい!
2015/04/29 10:18 | | edit posted by まっ黒くろすけ
レイタンタンさんへ
ゲレンデの雪質は良くないのですが、山の中は
ぜんぜん違うのです。とくに、今年は雪面を雨水
が流れた溝が出来てなくて、とっても快適でした。
2015/04/30 21:55 | | edit posted by snow drop
まっ黒くろすけさんへ
神楽スキー場から田代スキー場にかけては、
たぶん国内最大級のスノートレックエリア
です。登山届けを出すと危険地帯を除いて、
どこでも自由自在に滑ることが出来ます。
毎年でも、行って見たくなってしまいます。
2015/04/30 22:03 | | edit posted by snow drop
こんばんは。

まだまだたっぷりの雪ですね!
スキー、エンジョイされてますね~
わたしたちは、スミレで忙しくて・・
なかなかスキーまでは手が回りません

ピテカン君はまだもう少しスキーに未練があるらしく、
羨ましがっています~・・
2015/05/01 23:20 | | edit posted by ピテカン&カッパ
ピテカン&カッパさんへ
ここ数年は、6月いっぱいはスキー中心のお山だったので、
夫はまだまだ雪山を諦めてくれそうにありません。
お医者さんに激しい運動を止められているので、登りが少
なくて、楽しいだけのルートを探しています。
今年は、久々に渓流釣りにも出かけようと思っています。
2015/05/03 05:54 | | edit posted by snow drop
comment posting














 

trackback URL
http://snowdrop724.blog118.fc2.com/tb.php/355-b1d233bd
trackback