山と自然の贈り物の記録
27年燧ケ岳BCスキー

003_top1sdgsdg.gif






小刻みに天気が変わり、日曜日(17日)には快晴の予報がされました。
16日天気図  17日天気図





夫のBCスキーは、6月一杯までがシーズンなのです
私は、そろそろお花見山行に行きたいと、思っているのですが…




実は、この前の水曜日にも晴天の予報があり、夫は燧ケ岳に行こう
といっていたのですが、私の体調が戻らないのを気にかけてくれて
延期になったのです。なぜかあっさり延期してくれたの? と思って
いたら案の定。 「次の晴れ間が日曜日だから、御池ロッジ前泊して、
ゆっくりゆっくり登ろう、予約しておいたから」ときてしまいました。



・私の体調はイマイチなのに、病人の夫が元気です。御池ロッジに前泊して、朝食もいただい
てからの、ゆっくり出発。いつもなら、朝食抜きで、早く早くガシガシと登りだすところです。
IMGP0779_20150520104431634.jpg




・お天気は予報どおりの快晴ですが、見上げた燧ケ岳の雪は少なさそう。気温が低く
7時過ぎの出発でも、アイゼンがサクサク効きます。赤線を辿って頂上を目指します。
IMGP0777.jpg




・最初の急登はいつでも厳しいけど、シール組よりは速い。後ろには白い大杉岳。
IMGP0780_201505201044303eb.jpg




・広沢田代の先にも第二の登りが待っています。直登しないで、左の緩い斜面に取り付きます。
IMGP0781_201505201044294d3.jpg





・ピークから熊沢田代へは40㍍ほど下るので、左手から捲いていきます。
IMGP4957_20150520104428c8f.jpg





・目の前に、燧ケ岳の大きな姿が…。ウウ~ン?大分雪が少ないように見えます。
IMGP0786_20150520104428814.jpg

IMGP0787_201505201047189f5.jpg




・スキーヤーにとって、ヤブこぎは大の苦手。奥のブッシュ帯が気になります。
IMGP0789_201505201050365a4.jpg





・いつもは気持ちが折れるほど、高く遠くに見えるのに、涼しさに元気づけられて登ります。
IMGP0797_20150520105035053.jpg




・最初のブッシュ帯は雪が繋がっていましたが、奥は2㍍ほど途切れています。
IMGP0798_20150520105035fd9.jpg




・俎嵓の肩に向けて、夫はスキー2本を担いで、淡々と登ります。
IMGP4959_20150520144905409.jpg




・私も、一歩一歩登るだけです。今日の夫は、珍しく私の呼吸に合わせたペースを作ってくれました。
IMGP0805_20150520105034a4c.jpg

IMGP0807.jpg





・俎嵓ピークの肩。つぼ足の方もいますが、圧倒的にスキーヤーが多いのです。
IMGP0818.jpg

燧ケ岳④

IMGP0819.jpg




・肩に荷物をデポするのが普通ですが、頂上まで担ぎあげるつわ者も。
IMGP0808.jpg




・尾瀬沼の氷は開けてきましたが、至仏山と平ケ岳は真っ白に輝いています。
IMGP0809_201505201057384a4.jpg

IMGP0811_20150520105737533.jpg

IMGP0814.jpg




・肩に戻って足回りを固めると、もう夫は滑り出していて、後を追うのが大変です。
IMGP0824_201505201106397ed.jpg

IMGP0820_20150520110638a1b.jpg


IMGP0822.jpg




・もっとゆっくり楽しめないのかなぁ。これでも夫は抑えているようですが。
IMGP4961.jpg


IMGP4962.jpg




・雪の切れ目は通過しました。後は熊沢田代まで、大斜面、ツリーランの繰り返しです。
IMGP0830.jpg

IMGP0831.jpg

IMGP0832.jpg

IMGP4965.jpg




・まだ頂上を目差す方もいます。熊沢田代は雪解けしていて、露出した木道を歩きます。
IMGP0835.jpg




・登りで捲いてしまったピークに登り、燧ケ岳の残雪模様を振り返ります。
IMGP0837_20150520111814cf4.jpg




・ピークから広沢田代へは、田代西側の縁ギリギリのむ所を滑るつもりでいたのですが…
IMGP0842.jpg

IMGP0843_20150520112534890.jpg




・チョット気持ちが良過ぎて、ついつい上田代側に逸れてしまったようです。
燧ケ岳⑨




・こんな斜面が続くものですから…
IMGP0849_20150520113117c22.jpg




・「やっぱりガーミンは必要だったな」と夫。地図をザックの底のまま、滑れる方向に行ってしまいます。
IMGP4967.jpg




・どうやら、上田代東端の沢伝いに姫田代・御池田代と来たようです。
IMGP0851_20150520113115066.jpg




・少し歩いて駐車場。多くの雪が残っていますが、例年より雪解けは早いようです。
IMGP0852.jpg




・グリーンのラインが予定の通常コース。結果オーライでしたのが、赤ラインのようです。
IMGP0861.jpg




・7時過ぎに登りだして12時過ぎに下山。ロッジのお風呂と、尾瀬の清水に癒されました。
燧ケ岳⑩





夫には、運動をして良いとのお墨付きは出ていないので、あくまでも
お散歩程度に監視が必要です。夫曰く、「心拍数が120程度が体に
良いと言うのは、普通の人向けだろう?平常値が50の俺は、いくつ
くらいが限度なのかな?」 どこまで山に行きたいのか。すでに次の
山行を思い巡らせているようです。 まだまだ監視の目が必要です。







hdfhdhd003_top2.gif
スポンサーサイト
Posted by tomo
comment:4   trackback:0
[山スキー
comment
お疲れさまでした。!
5時間のうち登りが4時間強と大変ですね。!
翌日に疲れが残りませんように~!
2015/05/22 08:12 | | edit posted by reitan
こんばんは。
お泊り付きで、スキー楽しまれたのですね!
ピテカン君が、とっても羨ましそうに、魅入ってます~
この時期の雪は、お天気が良いと、ザラメで楽しめますね。

心拍数の平常値が50とは~!!
やっぱり鉄人?ですね~
2015/05/22 23:37 | | edit posted by ピテカン&カッパ
レイタンタンさんへ
登りはいつでも大変なんですが、この日は
とても気温が低くて風もあり、街での夏日が
ニュースが嘘のようでした。
登ってしまえば、下りのスキーを楽しむだ
けで、とっても良い1日でした。
2015/05/25 08:39 | | edit posted by snow drop
ピテカン&カッパさんへ
燧ケ岳の斜面はとっても滑りやすく、楽しみな
お山なのですが、登りがきついのが玉にキズと
言ったところです。
夫は、お散歩程度と言うことを言い訳にして、
楽なプランを次々と考えているようで、困っています。
2015/05/25 08:47 | | edit posted by snow drop
comment posting














 

trackback URL
http://snowdrop724.blog118.fc2.com/tb.php/362-09552864
trackback