山と自然の贈り物の記録
27年安達太良山大滝沢

003_top1sdgsdg.gif





12日、竜神峡の水遊びに続いて、沢歩きに出かけました




IMGP1236.jpg





IMGP1237.jpg IMGP1239.jpg




・今回は足慣らしのつもり。沢登りではなく「沢歩き」と考えて、安達太良山石筵川大滝沢を選びました。
石筵川





・9時過ぎに入谷。前回より大滝が遠く感じたのは、曇天のせいかな。
IMGP1242.jpg

・上段も併せると、15㍍くらいはあります。
IMGP1244.jpg




・下段には古い残置が残されていて、利用することが出来ます。
大滝沢②

IMGP1248.jpg

・・上段も、なかなか良い感じで登ることができます。
IMGP1251.jpg




・すぐにナメが始まり、青空が広がっていれば、ルンルンする筈だったのに。
IMGP1252_20150814114452ba7.jpg

IMGP1254.jpg

IMGP1256_20150814114451d5d.jpg




・「林家三平」さんみたいな岩で終ります。なぜかナメの始まりか
終わりにこの岩があるんだ、と言いながら写真に納める夫です。
IMGP1258.jpg




・次の滝は易しそう。ここからは小さく見えますが、アップにするとなかなかです。
IMGP1262_201508141148054c1.jpg

IMGP1263_20150814114804328.jpg

IMGP1264_2015081411480394e.jpg





・ほらね!と言いながら、三平②にご満悦です。
IMGP1266_201508141148022da.jpg




・次の滝は二段になっていて、上段のほうが大きそうです。
IMGP1273_20150814114801029.jpg

・まず下段を左から登って…
IMGP1269_20150814114801f1b.jpg

・中間から下を覗くと、こんな感じ…
IMGP1271_20150814115559074.jpg

・上段は樋状になってツルツルしています。
IMGP1272.jpg




・なるほど、なるほど、確かに三平③。
IMGP1276_20150814115825f99.jpg




IMGP1277.jpg




IMGP1278.jpg




・少し晴れ間が見えてきて、水の色が引き立ってきました。
IMGP1282_20150814115823ce6.jpg

IMGP1284.jpg





IMGP1286_20150814120623dc7.jpg IMGP1288_20150814120623f0f.jpg





・三平④。これなんか、鼻まで付いているようです
IMGP1287.jpg





IMGP1290.jpg IMGP1291_20150814120621f89.jpg




・一昨年は冷たかった、この滝。夏ですからシャワーしています。
IMGP1292_20150814120620db1.jpg

IMGP1298_20150814120937199.jpg




IMGP1299_20150814120937ade.jpg




・三平⑤。疲れて、とっても沢が長く感じられます。
IMGP1302.jpg




IMGP1303_20150814120935a0a.jpg




・三平⑥とすぐ奥に⑦。沢は蛇行をしながら、まだまだ続きます。
IMGP1304.jpg




IMGP1306.jpg




・やつと二俣に着きました。左が本流ですが、今回は右俣に入ります。
IMGP1307_20150814121449cd6.jpg




・最後に30分近いヤブ漕ぎで、安達太良と和尚山の鞍部に出ました。
IMGP1308.jpg




IMGP1310_20150814121448370.jpg IMGP1312_20150814121447beb.jpg




・稜線から見る、二俣付近から船明神と安達太良山にかけた、ブナの原生林の海が凄い。
10月半ば過ぎ、紅葉が始まったらどんなブナ林に変わるのだろう。一度見てみたいなぁ!
IMGP1313.jpg

IMGP1314.jpg




・登山道脇には、咲き残りや、秋を迎えようとする花や実が見つかります。
IMGP1316_201508141218511df.jpg IMGP1317_20150814121851e32.jpg

IMGP1318_20150814121850a3f.jpg IMGP1319.jpg

IMGP1320_20150814121849c7b.jpg IMGP1321_20150814121848ebd.jpg




・和尚山から石筵牧場方向。こちらのブナの原生林の海も凄い。窪んで見えるのは大滝沢。
IMGP1322.jpg




・ここまで、稜線に出てから一時間もかかってしまいました。
IMGP1323.jpg




・やるやかな下りが延々と続きます。疲れます。疲れました。沢が少し長過ぎました。次第に林が大きくなり、
いろんなキノコがニョキニョキと。そしてクネクネとした木の幹。何気なく見過ごしていたのはヤシオでした。
見事なヤシオの群生です。秋の紅葉も良いけど、春先にはヤシオの一面の花と、トンネルが楽しめそうです。
IMGP1324.jpg IMGP1325.jpg




夫が言うには、本流を詰めないで、右俣から和尚山を経て下山
している記録がほとんどだから、こっちの方が早く帰れるんだろ
うとのこと。結果は裏目に出て、前回より遅くなり5時30分過ぎ
になってしまいました。ルートのせいか、歳をとったせいなのか?




目を疑いました。ゲートが閉まっている!外から鍵がかかっています。
すぐ前、5分くらい前に帰った車もあった筈なのに。看板を見ると、確か
に開場4時30分までとなっていました。一昨年も同じ位の時刻に帰っ
ていたので、なにが起きたのか分かりません。場内を移動しても係員
の姿もなし。グルグル回って、施錠されていないゲートを見つけました。

ゲート締め出し


利用される方は、事前にご確認くださいね
マジ、夫はあせっていました~!







hdfhdhd003_top2.gif
スポンサーサイト
Posted by tomo
comment:5   trackback:0
[沢登り
comment
まずは。お疲れ様でした。
涼しく、感じました。
滝のしぶきを受けながら登るスリルと
いいたいのですが岩に生えた苔で
滑らないか「ヒヤヒヤ」です。
安全具着用していても我が家は素人なので
「ゾー」としてしまいます。
凄いですね。!
2015/08/16 21:23 | | edit posted by reitan
こんばんは。

ご無沙汰しておりました。
林家三平の岩は面白!ですね。。。(*^-^*)
機会があれば是非行って見たいところです。

畑が荒らされたのは、ショックですね。
人間って悲しい部分がありますね。
自然からこのような人は何を学んでいるのでしょうかね・・(ノдヽ)

今夏は、まだ気を張っていて、
夏バテもせず逆に人生初「夏太り」・・・な感じのくろすけです。

六甲山探検隊さんとも交流を持たれてたんですね。
これからくろすけも久し振りにお邪魔してみます。。。m(__)m
2015/08/16 21:34 | | edit posted by まっ黒くろすけ
まっ黒くろすけさんへ
沢に行けば、ゲートで締め出されて慌てさせられ、
家に戻って畑に行けば、盗掘されているしで、
バタバタした一週間でした。
六甲山探検隊さんは、山だけでなく、何気ない
日常の光景を切り取ってアップされているので、
とても参考になっています。
2015/08/17 12:07 | | edit posted by snow drop
初めまして
こんにちは~初めまして☆
アサギ同人のことを調べていたら、若い時の記録からsnow dropさんのHPを覗くことができました。
私は以前、夫さんと同じ山岳会にいたことがあり、この記事の大滝沢や白水沢、山スキーにもご一緒させてもらったことがあります。
50代からまた沢を再開し、この沢は自力で遡行したくて同じ年の紅葉時期に行きました。記事をURLに貼りましたので良かったら覗いてください。
大滝沢は私も驚いたのですが、今は「石筵川」と言われて記録もたくさん出ています。隔世の感があります。
また、蛇足ですが、私の実家が「小山印刷」で、アサギ同人の同人誌を最初に印刷依頼されたのは夫さんからでした。同誌をいただき記録を読むにつけ、羨ましく思っていました。
私を沢や山スキーにいざなってくれたのは夫さんといっても過言ではありません。感謝しています。よろしくお伝えください。
時々、どうされているのか気になっていました。
おかげで、私と同年代のご夫婦がまだまだお元気で山をやっていることを知ることができ、励まされました。
時々覗かせてもらいますね。
それでは☆
2017/10/22 16:41 | | edit posted by 沢風
Re: 初めまして
驚きました!沢風さん
その節には大変お世話になりました。
当時のアサギ同人のメンバーも、ほとんど
山から離れているようです。
私は、当時興味の無かった北アなどが好きなり、
ほとんどの山頂から滑っています。
とくに槍沢はお気に入りで、毎年妻とBC
スキーを楽しんています。
沢は随分溯りましたから、たまに出かけようと
思いますが、天候が悪くて思いが果たせません。
最近では、栂海新道の紅葉に出逢えて、とても
感動をしてしまいます。
沢風さんも、山をますますを楽しまれているよ
うで嬉しくなりました。
2017/10/22 20:06 | | edit posted by snow drop( 夫)
comment posting














 

trackback URL
http://snowdrop724.blog118.fc2.com/tb.php/381-91ca243a
trackback