山と自然の贈り物の記録
27年紅葉ウィークの北穂池

003_top1sdgsdg.gif





北穂池にするか奥又白の池にしようか、悩んだのですが…
紅葉はやっぱり北穂池。池と紅葉をおつまみにワインで乾杯





最近の夫のスケジュールはタイト。東稜から一週間で、一人で平ケ岳行き。
次の日、病院の検査日。3日おいて今回の山行。帰った翌日は入院日。
話をしていないのに、宿のご主人が「生き急いでいる」と言う。オーラかも。




・二週間前と同じく、今回も「Pしるふれい」で前泊。私達にはボリュームがあり過ぎました。
IMGP1731_201510011612308c1.jpg IMGP1733_201510021307487f1.jpg



28日から29日にかけての天気図。晴れがやってきそうなのですが、強風が吹く予報です。
28日天気図 29日天気図





 初日は、上高地~横尾谷本谷左俣~北穂池(テン泊)




・28日。今週が紅葉ウィークだと言うので、大勢のお客さん。
IMGP1735.jpg




・予報どおり強風が吹き、青空に。徳澤園のテント場にも、秋が近づいています。
IMGP1737.jpg



・今日は、それぞれの飲み物に朝定一人前。こんなに量がありますから、二人で頂きました。
IMGP1740_20151001161227b30.jpg IMGP1741_201510011612264b3.jpg



・食事しながら外を眺めると、混雑前の穏やかな光景が広がっています。
IMGP1748_20151001161521a1a.jpg



・本谷橋。前回はここから涸沢に向かいましたが、今日は沢を辿ります。
IMGP1750_20151001161521c57.jpg



・毎年来ていますが、今回は水量がとっても多い。水の色も今までになく碧くキレイ。
IMGP1753_2015100116152036b.jpg IMGP1755_20151001161519c6b.jpg




・二俣手前にある大岩。紅葉のピークだと言いまずが、このあたりは少し早いようです。
IMGP1760_2015100116151819c.jpg



・左岸の尾根が崩落して、こんなに谷を埋めています。
IMGP1762.jpg




IMGP1767_201510011619103df.jpg IMGP1770_20151001161909029.jpg

IMGP1772_20151001161909cae.jpg IMGP1774_2015100116190848b.jpg



・お気に入りの「三平岩」の髪の毛が、今年は少し薄くなりました。
IMGP1769_2015100116190716b.jpg



・色付き始めた左岸にビックリ!。魔女が休んでいるように見えます。
IMGP1768.jpg



・二俣に着きました。左俣から大滝を経由して、北穂池を目指します。
IMGP1776_20151001162329bec.jpg



・一直線に大キレットに突き上げていく左俣。近くに見えても、なかなか大滝は近づいてこないのです。
IMGP1780_201510011623295be.jpg


IMGP1784_20151001162328a8c.jpg




・今日、明日が、涸沢や北穂池の紅葉がピーク、だと聞いてやってきたのに、少し早かったような気がします。
IMGP1786_20151001162327d5b.jpg

IMGP1789_2015100116232511d.jpg


IMGP1791.jpg




大滝の先、左俣の二俣に立ちはだかる舳倉のような岩山。大滝を横目に左沢に入ります。
IMGP1794_20151001162755294.jpg


IMGP1797_20151001162753426.jpg

IMGP1792_20151001162754987.jpg

IMGP1799_20151001162753b40.jpg

IMGP1800_2015100116275282d.jpg



IMGP1806_20151001163818b1f.jpg IMGP1805_20151001163604a99.jpg




・前回までは、大滝を登攀していたのですが、北穂池へのノーマルルートの左沢を登ります。
IMGP1809_201510011636032ec.jpg

IMGP1811_20151001163603b9a.jpg

IMGP1816_20151001163601182.jpg



IMGP1818_20151002055620c2e.jpg IMGP1876.jpg



・左へのガレもありましたが、本流を詰めてA沢のコルからのルートに合流します。
IMGP1822.jpg




・後ろを振り返れば、南岳南壁が大きく立ち上がっています。
IMGP1823_20151002055921d1c.jpg

・下を見れば北穂池のあるカール。四つの池が点在してます。
IMGP1827_20151002055920217.jpg

・カールに降りると、いつものように水がコンコン湧いていますが、雪渓はほんの少しだけです。
IMGP1828.jpg




・残念ながら雲がかかってきましたが、北穂池のナナカマドと南岳はいつもの輝き。
IMGP1831.jpg

IMGP1832.jpg

IMGP1837.jpg

IMGP1840.jpg

IMGP5147.jpg




・今日は風が強くて気になりますが、テント場は砂地で絶好のロケーションです。
IMGP1853.jpg



IMGP1877.jpg IMGP1878.jpg



IMGP1851_20151002062051eff.jpg

IMGP1857.jpg

IMGP1856_201510020936347ab.jpg




・一日遅れのお月見。夫はおつまみ、私はお饅頭、そしてワインで乾杯です。
IMGP1843.jpg IMGP1847.jpg




・テントの中から見る、南岳の夕焼け。
IMGP5149.jpg



・夕暮れとなり、スーパームーンが昇ってきて、そろそろお休みです。
IMGP1862.jpg





 二日目は、北穂池~東稜のコル~北穂沢~涸沢~上高地



・強風の一夜が明けました。渦巻く風がゴウゴウと音を立て、テントごと飛ばされないかと心配でした。
IMGP1870.jpg

IMGP1869.jpg




・まだ雲が多く、すっきりした朝焼けにはなりませんでした。
IMGP1864.jpg

IMGP5164.jpg




・少し風がおさまりだすと、ヘリが行ったり来たり、とても賑やか。
IMGP1874.jpg


・さざなみが消えた僅かな合間に、池に写る「逆さ南岳」も撮影できました。
IMGP1884.jpg


・夫はまた来年と言っていますが、私は見納めにしたいなぁ~。
IMGP1886.jpg




・さあ!東稜のコルまでガレを登ります。ほんの30分位と思っていたら、ずいぶん遠いようです。
IMGP1894_20151002101331148.jpg




・北穂池が、なかなか離れません。あれが一番大きな池です。
IMGP1902_20151002101330df7.jpg


・私達は、左から二番目の池の端にある、白い砂地のテントでワインを楽しみました。
IMGP1908.jpg



・ガレの左側に寄って行くと、かすかな赤ペンキがあります。
夫が、この踏み跡がルートだと言うけど、道には見えませんね。
IMGP1904.jpg




・北穂岳小屋でホバリングするヘリ。紅葉ピークに向けた荷揚げだったようです。
IMGP1899.jpg

・次第に踏み跡がはっきりしてきて、北穂池への下降点まで登りつきました。この少し下で、
ルートを外して下っていたオバサンに南岳へのルート案内しましたが、大丈夫だったかなぁ…
IMGP1909.jpg




・右奥のピークの最低コルから北穂沢のガレ。涸沢に降りるため、南稜の登山路にトラバースします。
IMGP1910.jpg





・この辺りは、葉が飛んだり落ちたりしていますが、カール底は今が見頃の様です。
IMGP1911.jpg

IMGP1912.jpg

IMGP1913_20151002104203218.jpg

IMGP1919_201510021042029aa.jpg

IMGP1915.jpg




・カール下、モレーンを彩るお約束のナナカマド。登山者よりカメラマン、撮影目的の半観光客が大勢です。
IMGP1923_201510021058031c1.jpg


・真っ赤もよいですが、こんな風に黄色がかっているのも、新鮮な感じがして良いですね。
IMGP1922_20151002105802cfe.jpg


・右も左もナナカマドの紅葉。ナナカマドの間から、青空をながめてみました。
IMGP1925_20151002105801fdf.jpg




今回はピークには登りませんでした。一番やさしいルートで北穂池。そこで
お泊り。一日遅れのお月見でワインの乾杯。翌日、ささっと涸沢に降りる、
紅葉見物目的だけの、のんびり山行でした。帰りには余裕が出てきたので、
涸沢から横尾まで、久しぶりの駆け下りを試してみたり、満喫してきました。

カッパ橋で、いつものカッパコロッケを食べてBTに着くと、連休を思わせる
人混みで驚き。臨時バスでPしるふれいに戻り、かけ流しの湯に浸ります。







hdfhdhd003_top2.gif
スポンサーサイト
Posted by tomo
comment:2   trackback:0
[北アルプス
comment
こんにちは。

自分のブログアップが精いっぱいでゆとりなく・・・
久し振りにお邪魔しました・・・m(__)m

北穂の池でテン泊、ナイスな場所で紅葉を楽しまれたんですね。
いいなぁ。。。
くろすけは、2008年の9月末頃行ったきりです。今一度行って見たいところです。

お庭でも畑でも秋の彩りと収穫・・・いつものように楽しみが続々・・収穫祭の季節ですね。

パパイヤのお料理には興味津々です。
どんな感じなんですかね?・・・(*^^*)
2015/10/18 17:25 | | edit posted by まっ黒くろすけ
まっ黒くろすけさんへ
次々と、秋の沢登りを楽しんでらっしゃいますね。
北穂池は、毎年この時期に訪れていますがテン泊
は初めてでした。今まで誰にも会うことがなく、
本当に静かで良いところですね。

パパイヤは、実そのものは淡白で色々なお料理に
合うのですが、パパイン酵素が体にとっても良い
というので、植えてみました。
2015/10/19 11:15 | | edit posted by snow drop
comment posting














 

trackback URL
http://snowdrop724.blog118.fc2.com/tb.php/394-b1e0fe04
trackback