山と自然の贈り物の記録
28年イエローフォール・ゲレンデ・BCスキー

003_top1sdgsdg.gif






マラソンは無理でしたが、スキーには間に合いました



夫は、10月に二度手術をし、あとは経過観察。その間、激しい
運動はしないように何度も念を押されて、近くの山に行く程度に
自重していたのですが…半年近く経ち、術後の結果検査入院。
同室者は重篤な患者さんばかりなのに、「マラソン走っても良い
ですか?」なんて、場違いな質問をする元気な患者なのです。

お医者様のお墨付きをいただき、運動不足な体に合う、スノー
ハイクからと言うことで、裏磐梯五色沼に出かけたのですが…



3月4日(金)初日は予定を変更してイエローフォールに


・雪を見た途端に、現金な夫が行き先変更。綺麗なシュプールに、ため息をついています。
IMGP3180_201603091424374ca.jpg


イエロー③




・裏磐梯スキー場のトップ。スノーハイクコースに人気と聞くのに、意外に地味な入り口です
IMGP3184_20160309142437b57.jpg IMGP3186_20160309142436f6d.jpg




・先行者は、ツボ足もいるらしく、よろめきながらのトレース。
IMGP3218_20160309142435519.jpg




・今日のお供は、ブルーモリス99㎝のウロコソール。今日はシールを付けて、テストしています。
IMGP3191_20160309142435c8a.jpg



・少し霞んできましたが、コース案内図にあった「急登」とは橙色あたりで、目的地は赤丸あたりかな?
イエロー①



・この火口壁が青空に浮かんでいたら、もっと迫力があったでしょうに、益々霞んできてしまいました。
IMGP3199_20160309150556475.jpg




・正面がイエローフォール。ヤマレコ等での評価どおり、こんなものなのでしょう。
IMGP3202.jpg




・よろめきながらたどり着いた先行者がボヤいていたので、夫が「こんなものらしいですよ」と慰めていると、後から
こられた地元の方は「いやいや、こんなもんじゃないよ。今年は一度崩れたからだ」と、大変失礼をしてしまいました。
IMGP3210_20160309150555944.jpg




・醒めた目で見ていた夫も、なぜか熱心に写真を撮っています。
IMG_2781.jpg




・帰り道はシールを外しましたが、滑るほどの傾斜がなく、体慣らしのスノートレックが続きます。
IMGP3213_20160309150553ecf.jpg




・これがレストハウスからのゲレンデ模様。リフトも食堂も営業しているのが不思議です。
IMGP3220_20160309150553ee8.jpg




食事を待つ間の夫。お店の方をつかまえて、何やら根ほり葉ほりの
ご様子。「金~月の営業で、正直、金と月は貸し切り状態なんです」
「レストハウスはいつ頃建て替えたんですか? 猫魔よりずっと綺麗
ですね」とか。「安達太良エクスプレスさえ運行しないのに、週末だけ
でも稼働しているなんて、奇跡だね」、と言うのが本音の様子でした。




・温泉につかった後、お部屋のカーテンを開けると、壁面に映った吾妻連峰の白い峰々。
IMGP3222_20160310101957847.jpg




3月5日(土)二日目。吾妻連峰はお預け、今日は猫魔ゲレンデです。


今年は、この猫魔ででも遭難騒ぎがあったし、今朝のニュースでは、
西大巓あたりでも遭難騒ぎがあって、グランデコの様子が流されて
いました。案の定、厳しい立て看板が。昨年は「この先管理地域外
事故の場合は自己責任」と書かれていたのに「立ち入り禁止の一言
と、コース外を滑った場合はリフト乗車を拒否することがある」とか。


BCスキーに冷たい目が向けられそう、と言う雰囲気に負されてしまっ
た訳でなく、今日はゲレンデで足慣らし。久々にスキーヤー復活です。


でも、夫は次第にコース外。早めに昼食をとって、やっぱり~のBCへ



・いつものコースは①~③の三通りですが、今日は、ほんの少しプチBCのから…
猫魔ゲレンデ③


のゲレンデトップから、大きな雪屁のあるへ。ブナ林を滑ってでゲレンデに
猫魔①



・ここから、スノーシューの数パーティが、尾根を辿っていきました。
IMGP3223.jpg


・立派なトレールは、雄国沼方面に向かっているようです。
IMGP5196.jpg


・左手にルートを採れば、真っ白な新雪がつづきます。
IMGP5199_20160310113603e13.jpg




・昼近くになり、気温がグングン上がり、べたつく重い雪が少し残念。
イエロー②




・滑りが悪いのはウロコソールのせいかも。午前中はゲレンデ用でしたから。
IMGP3227_20160310113602c99.jpg



IMGP3236_2016031011360273a.jpg



IMGP3246_20160310123534ebf.jpg




・ここが大きな雪屁のあるコル。雪は少なく、例年の半分くらいでしょうか?
IMGP5205.jpg




・待って!と叫んでいるのに、待てない夫。子供のように、滑って行ってしまいます。
IMGP5209_20160310123533d6f.jpg



IMGP5210.jpg



IMGP5216.jpg




・尾根と違って深く積もった新雪は、重くて大変。ふかふかを期待していたのに~!
IMGP3253.jpg



IMGP3264_20160310124544928.jpg



IMGP3256.jpg




・待っていてくれたかと思えば、すぐに滑って行ってしまう夫。いつものことなんですが 
IMGP5216_2016031012454352a.jpg




・ゲレンデが近くなり、斜面が緩やかになったところで、やっと待っていてくれました。
IMGP5217.jpg



・ますます重くなった雪に膝近くまで埋まり、疲れ切ってしまった私。
IMGP3273_201603101245425b7.jpg




時間は早かったのですが、②③のルートも重い雪できっと疲れるに違い
ありません!幸い、昨日お泊りしたホテルは、無料で温泉に入れるサー
ビスついていたので、BCスキーはおしまいにして、温泉でのんびりする
ことにしました。やっぱり、雪山歩きとスキーは気分が晴れて気持ちい~







hdfhdhd003_top2.gif
スポンサーサイト
Posted by tomo
comment:4   trackback:0
[山スキー
comment
こんばんは。

イエローフォール、今年はやっぱり例年よりかなりスケールが小さいようですね。
それでも、わたしたちが1月に訪れた時よりも、ず~っとりっぱです!
銅沼も氷が薄く、とんでもない目にあってしまいましたが、しっかり凍っていたようですね。

猫魔からは、何回か、雄国沼からラピスパに滑り込んだことがあります。
確かに、こうスキーでの遭難事故が続くと、BCスキーは、肩身が狭くなってきましたね~
ピテカン君もすぐコース外へと出ていってしまうので困ったものです~
2016/03/11 00:18 | | edit posted by ピテカン&カッパ
ピテカン&カッパさんへ
イエローフォールは、地形を見ても大きな滝になり
そうにもなく、良い状態だったと思っています。
BCスキー、ほんとうに肩身が狭くなってきてしまい
ましたね。少ない雪でも、良いコースを見つけてた楽
しみましょう。
2016/03/11 10:40 | | edit posted by snow drop
元気になられ良かったですね。
元々スポーツマンなのですから多少のブランクは直ぐに取もどせます。
今年10月30日には第1回の水戸マラソンが開催されます。
初回の地元開催の大会に加えて自分の誕生日が重なるという偶然、参加しなくっちゃと思ってます。
ご一緒できればなおさらです。
2016/03/14 16:22 | | edit posted by yamasanpo
yamasanpoさんへ
コメント有難うございます。
先日、すこ~しランニングをしてみましたが、
体がかなり重くなっていました。
水戸マラソンは魅力ですが、それまでに体力と
気力が充ちてくるか、心配していますv-14
2016/03/14 19:00 | | edit posted by snow drop
comment posting














 

trackback URL
http://snowdrop724.blog118.fc2.com/tb.php/437-bfa80051
trackback