山と自然の贈り物の記録
28年平ケ岳&燧ケ岳にお花

003_top1sdgsdg.gif





苗場、会津駒で足慣らしをしたから、一人で試してみるか…と



・9日、気力がわかないなぁ。10日、一人かぁ~。11日今日前泊しないと、13日は雨になりますよ~!
12日天気 13日天気




平ケ岳と燧ケ岳を一日で踏破して、体力を試すと言うのです。
以下は、続いた晴れの最終日に、やっとやっと重い腰を上げた夫のレポです。




・下山時に撮ったもの。朝四時に出発し、移動も含めて午後5時には御池
駐車場に戻る予定ですが、体力・気力が持たなければそこで終了します。

IMGP4667_201607141515253e4.jpg




・もう少しで下台倉山と言うところで朝日が昇ってきました。
IMGP4597.jpg

IMGP4599_20160714152944448.jpg

IMGP4600.jpg




・はるか遠くに、平ケ岳のゆったりした山容が見えてきました。
IMGP4601_20160714152943c9e.jpg



・台倉清水。水量は少ないけど、きれいな水が流れています。
IMGP4603.jpg IMGP4653.jpg IMGP4655.jpg IMGP4656.jpg



・この清水は少し名前負け。白沢ではなく、水たまりみたいです。
IMGP4604_20160714154122ebf.jpg



・今日は体力試しの筈だったのですが。急ぎたいのに、次々と現れて花紀行に変わりそうです。
IMGP4606_20160714154121024.jpg IMGP4608_2016071415412179e.jpg
IMGP4609_20160714154120473.jpg IMGP4610.jpg
IMGP4611_2016071415474320d.jpg IMGP4612_20160714154743351.jpg


・風が強く、寒いくらい。朝露で靴の中までグチョグチョ。でも、体力はとても余裕で、誰もいない姫の池に。
IMGP4616.jpg IMGP4615_20160714155126e8a.jpg
IMGP4618_20160714155125fa4.jpg IMGP4617_20160714155125a5d.jpg


IMGP4619.jpg


IMGP4621_20160714160926a5c.jpg IMGP4622.jpg
IMGP4624_20160714160925192.jpg IMGP4625.jpg


IMGP4626_20160714160924a21.jpg


IMGP4627.jpg IMGP4632_20160714161233cd6.jpg


IMGP4628_20160714161232cb0.jpg


IMGP4637_20160714161231755.jpg


IMGP4634_20160714161232633.jpg


IMGP4638_20160714161231230.jpg

IMGP4639_2016071416211715b.jpg



・登りに約4時間。苗場山と同じく、藪に囲まれた三角点です。
IMGP4642.jpg



・日向で見るギンリョウソウ。こんなガラス細工のようだったとは。
IMGP4645_201607141621160f1.jpg

IMGP4726_20160714162116ff3.jpg



・駆け下りたいところですが、下りは下りの花が目につきます。
IMGP4647_20160714162115af9.jpg IMGP4650.jpg


・暗い中で見たホツツツジ。明るくなってハチがいっぱいです。
IMGP4657_2016071416373500e.jpg

・花が咲いていたかと思っていたら、もう実が膨らんでいます。
IMGP4658.jpg



・まるで、写真で見た「万里の長城」のようなヤセ尾根を、急下降します。
IMGP4659.jpg



IMGP4661_201607141637347e0.jpg IMGP4664_2016071416373334d.jpg



・下り約3時間。とても長い下り。ガクウツギが出迎えてくれました。
IMGP4668_201607141638148fb.jpg




四時前に出発しようとしましたが、入り口まで行って帽子を忘れ、
なんかボウッとすると思ったら眼鏡を忘れた、怪しい出発でした。
駐車中の車が四台あったので山頂で星座でも見ているのかと思
っていたら、人っ子一人いない山頂。車の中で寝ていたのか、釣
り師の車だったのか。今日の入山者で、10台に増えていました。



食事と着替えをし、次は燧ケ岳に。頑張れるかな?



・少しずつ気合が入ってきて、行くか!となったのが12時15分。
IMGP4669_20160714171031ecc.jpg


・泥濘があるとのことですが、さすがに尾瀬。気にならない程度です。
IMGP4671.jpg


・モウセンゴケから茎が伸びて、こんなに可愛い花が付いていました。
IMGP4674.jpg

IMGP4728.jpg



・次々と手招きされているようで、カメラは大忙しです。
IMGP4673.jpg


・キンコウカ、タテヤマリンド、サワランなどなど…
IMGP4676_20160714171028a13.jpg


IMGP4677_20160714171709be4.jpg

IMGP4681.jpg

IMGP4727.jpg



・雪のある時には毎年のように訪れるのに、初めての夏山です。
IMGP4683.jpg

IMGP4686.jpg



・時折り、こんなコラボも姿を見せてくれます。
IMGP4690_20160714171706855.jpg



・平ケ岳でのダメージが大きいので、ゆっくりゆっくり登ります。
IMGP4694_201607141737064bf.jpg IMGP4695.jpg



・振り返ってみる「広沢田代」。もう少し登ると、「熊沢田代」が前方に見えてきます。
IMGP4696_20160714173705dc3.jpg


IMGP4698.jpg


IMGP4699.jpg



・偶然ですが、今年の4月にもここを登り、ほぼ同じアングルの写真がありました。
IMGP4701_20160714174205d4f.jpg

コピー



IMGP4703_20160714175344964.jpg IMGP4702_201607141753441bd.jpg

IMGP4705.jpg


IMGP4706_201607141753439c3.jpgIMGP4707_2016071417534289d.jpg


IMGP4710_20160714175341e69.jpg


IMGP4711.jpg IMGP4712_20160714180031693.jpg



IMGP4714.jpg



・七合目あたりから六パーティとすれ違い、頑張って!と励まされて山頂下のシャクナゲロードに。
IMGP4715_2016071418003021e.jpg IMGP4718.jpg

IMGP4717_2016071418002906b.jpg



・かなりくたびれた足でしたが、約2時間半で登りつくことが出来ました。
IMGP4720_20160714181037766.jpg IMGP4719.jpg

IMGP4722.jpg

IMGP4723_20160714181035ecc.jpg IMGP4725.jpg




「熊沢田代」への下り坂で、一パーティに追いつきました。現金なもので
ヨレヨレだった足に元気が戻り、次々と追いつき、追い越して「広沢田代」
からの下りですべてのパーティを追い越し、約1時間20分でゴールです。

平ケ岳は予定通りの約7時間で往復し、燧ケ岳は4時間弱。単純な標準
コースタイムは17時間20分で、総高度差は約4,400㍍あります。トレー
ニングをしてない中で、予定より1時間位早い時間で往復できて… 





hdfhdhd003_top2.gif
スポンサーサイト
Posted by tomo
comment:0   trackback:0
[HG日帰り登山
comment
comment posting














 

trackback URL
http://snowdrop724.blog118.fc2.com/tb.php/470-81305b4a
trackback