山と自然の贈り物の記録
かわプラザ VS 黄門の郷






常陸・大宮と太田にOPENした道の駅。その後が気になります。




かわプラザ 黄門の郷




以前「かわプラザ」をホームラン、「黄門の郷」をヒットくらいに評して
いたのですが、間違いだったのではないか?と、思い直していた私達。
私がデコメイトでお出掛けしている間に、雨で暇を持て余していた夫が、
「雨の午前中」と言う悪条件でどうなるか、勝手検証に出かけたレポです。




・13日、10時40分。「かわプラザ」、まず野菜などの販売ブース。旅行会の団体さんが入っても、この程度でした。
DSCN0393.jpg DSCN0392.jpg

・当然ですが、フードコートはお客さんが少なく、右の写真は二階から撮ったもの。ガラ~ンが際立ちます。
DSCN0391.jpg DSCN0387.jpg



・二階の展望室から、かわ=久慈川方面の俯瞰。良く整備されています。
DSCN0388.jpg




・ブルーのカッパを着た左のオジサンは草刈り隊。緑が一杯の「かわプラザ」。少し使い切れていないような…
DSCN0385.jpg DSCN0389.jpg


・信じられない程リッチなのが駐車場。植栽に芝生、理想ですね。
DSCN0394.jpg






「かわプラザ」の取材を終えて、20分後には「黄門の郷」へ移動



・雨は降りしきりますが、なぜか、多くのお客様が訪れています。
DSCN0398.jpg



・こちらには団体さんはいませんが、信じられない程繁盛しています。
DSCN0401.jpg DSCN0406_20160913182807361.jpg

・左はフードコートのくつろぎ。右にレストランの「空き待ち」のお客さんが大勢います。
DSCN0407.jpg DSCN0408.jpg



・駐車場には、芝生も植栽もありません。無機質と言えばその通り。
DSCN0395.jpg




「黄門の郷」に軍配! 施設やロケーションは劣りますが!



最初の評価では、「かわプラザ」の充実ぶりに圧倒されていました。
でも、思い直せば「あの広大な芝生や植栽を、どうやって維持していく
のだろう。バーベキューハウスは羨ましいが、回転率は低いと思われ
るし、季節を選ぶだろうなぁ。冬は閑散としないだろうか?。器が大き
いだけに、沢山のお客さんがいないと寂れて見える。比べて、わが町
の「黄門の郷」。正直なところ、こんなに繁盛するとは思ってもみませ
んでした。私達の認識不足でした。多くの人が、こんなにも「非日常」に
飢えていたのかと…。例えば、2P200円、300円の納豆が売れていま
す。今日は500円のものが鎮座していました。野菜売り場は狭く天井
も低い。猥雑さにテンションが上がるのではないか? と言う私たちの

思い直しの仮説どおりの結果になっていました。

念のために申し添えます。隣町の施設を非難する目的はありません。
収支状況は分かりませんが、小さくとも毎日コンスタントに稼いでいる
「黄門の郷」にホッと。今までの振興公社は、大赤字のようですから。
野球に例えれば「松井」と「イチロー」の違い。僕はイチロー派ですね。






スポンサーサイト
Posted by tomo
comment:0   trackback:0
[日常
comment
comment posting














 

trackback URL
http://snowdrop724.blog118.fc2.com/tb.php/487-1db5f257
trackback