山と自然の贈り物の記録
「陶芸友の会」フリマに参加

101205_0940_01.jpg


12月5日。常陸太田市、福祉会館で恒例のフリーマーケットが開催されました。
「陶芸友の会」が参加するようになって三回目。
売り上げの1割を福祉に寄付し、残りは陶芸友の会の活動経費となります。


101205_0940_02_20101219174841.jpg


101205_0941_02.jpg


101205_0941_01.jpg


昨年は、会員みんなの気合が入り、陶芸品のほかに、「ヘンプのアクセサリー」
「松ボックリ」や「真っ赤な唐辛子」「月桂樹の葉っぱ」を使った、
クリスマスリース。
「手作り苔玉」「真っ赤なノバラの実」「つる梅もどき」などの園芸品。
と、沢山準備して望みました。

Kさんの可愛い子供さんが「子供店長」を勤めていただいたこともあり、
売り上げは好調。
さらには、「お店はどちらに出しているんですか?」なんて聞かれて
大満足でした。

ところが、今年の私は体調が絶不調。メンバーも、海外に転居したり、
子供さんの行事が重なってしまったりで、準備不足。

見かねたか、陶芸のS先生だけ張り切って作品を作り、沢山提供して
いただきました。


101202_1829_01.jpg 101202_1826_01_20101219175152.jpg

101202_1832_01.jpg 101202_1817_01.jpg


成さん縄さんにも作品を預かり、

売り子は、私と縄さん。開店準備は私の夫。
夫は、この季節には珍しく休みのため、「1日手伝うぞと!」と張り切っているが、
お客様が逃げ出しそうな勢いのため、鄭重にお断りをした。


101202_1752_02.jpg101202_1752_01.jpg101202_1751_01.jpg


101202_1750_01.jpg 101202_1053_01.jpg101202_1753_01.jpg


昨年に加えた新商品は、ヒマラヤ杉の実をあしらった「クリスマスツリー」。
ツリーのカサを支えるのは、本物の松ノ木。しかも、枝部分から切り離してあるため、まるで根が張ったように見える。
このアイデアは夫で、鼻高々。


101202_1045_01.jpg 101202_1044_01.jpg


先生作の植木鉢、自宅に鈴なりになった「ゆず」も販売品に。

結果です。
子供店長がいなかったにしては、まずまずの売り上げでした。

でも、世相が少し変わってきたのでしょうか?
一昨年に飛ぶように売れた「大きなノバラの実」は「欲しいけど、
大きくて運べない」と敬遠され、
昨年売れ行きが悪かった「つる梅もどき」は完売。
余り出来映えの良くなかった苔球が完売。
それなのに、頑張った「トンボ玉」はほとんど見向きもされず
一部のお客様にしか、理解してもらえず残念。


101203_1644_02.jpg 101203_1648_01.jpg


101203_1642_01.jpg


昨年、bounoさんに教えて頂いた、パンのリースも再現。パンの香りが漂って、評判を呼びました。


101202_1049_01.jpg


101202_1051_01.jpg

101202_1839_01.jpg

でも今年も、「お店はどちらにあるんですか?」と聞かれて、疲れも
吹き飛んでしまいました。
S先生、有難うございました。




スポンサーサイト
Posted by tomo
comment:1   trackback:0
[陶芸
comment
お疲れさまでした
すてき!!!
昨年より一段とグレードアップ!
商品もバラエティに富んでいてうっとりしてしまいますね。
あ~、その場にいられなかったのが残念無念…。

ヒマラヤスギ、白くペイントするとクリスマスにぴったりですね。リースとツリー欲しい!
トンボ玉もかわいい~! またそれを下げてるワイヤーツリーもかわいい~!!
はぁ~客として行きたかったです(笑)
2010/12/20 09:22 | | edit posted by buono
comment posting














 

trackback URL
http://snowdrop724.blog118.fc2.com/tb.php/49-a519a83c
trackback