山と自然の贈り物の記録
28年秋の白峰三山

003_top1sdgsdg.gif





槍ケ岳日帰り登山に気を良くして、白峰三山縦走も日帰りで!


DSCN0652.jpg



6~7日と晴れが続く予報です。のんびりと一泊二日の山旅を楽しめば良いものを、
日帰り登山にこだわって、6日に広河原まで入って前泊。7日、北岳から農鳥岳へ
と一気に縦走したいのだそうです。 私には理解できない、夫一人のレポートです。


07天気図 08日天気図



・一番バスで入っての日帰りが理想だが、遅い始発と早い日没対策で、初めて広河原山荘に泊まりました。
寂しい位に静か。テント数人と、泊り客は私の他に女性が1人。白鳳峠から鳳凰三山縦走するのだそうです。
IMGP4931_20161008184524068.jpg IMGP4933_20161008184523c58.jpg IMGP4932_201610081849288b1.jpg IMGP4934_201610081845239a7.jpg



3時30分出発。暗闇の歩きはキツイ。二俣で先行する灯を見つけました。白根御池
を4時30分に出たそうです。日帰りにこだわる私の勝手定義では、途中まで登っては
一泊二日になってしまうので、0時発でも良いから、登山口から登り始めたいのです。



・池山吊尾根をこえた朝日が、バットレスを赤く染めます。ここは多分、Dガリーからの流れ。
IMGP4935.jpg



・今日は時間稼ぎのため、短時間で山頂に登れる八本歯ルートから。赤焼け変じて、輝くバットレス。
IMGP4937_2016100818452144f.jpg



・山頂は、昨日で3℃だったというから、気温の下がった今日は零下になっているのでしょう。
IMGP4938.jpg IMGP4939.jpg


・縦走路との合流点付近から見る、北岳荘と中白根から間ノ岳への稜線。
IMGP4941_20161008185322462.jpg



・7時20分山頂。滑り出しは順調、予定より少し早く着きました。ネームバリューの
差なのか、先週の槍ケ岳とは比べようもなく静かです。いつも、こうなんだろうかな?
DSCN0648.jpg



・雲の海に浮かんだ、富士山。
DSCN0650.jpg


・りりしい姿の、甲斐駒ヶ岳
DSCN0653.jpg


・とても大きな体の、仙丈岳。
DSCN0654.jpg




今日のペース配分は、北岳に4時間。農鳥岳まで4時間。大門沢下降で4時間。
超アバウトで、根拠はなにもありませんが全行程12時間。余裕で日帰り見込み。



・中白根から振り返る北岳。すぐ間ノ岳と思っていたのに、アップダウンを繰り返した先らしい。
DSCN0656.jpg



IMGP4942_20161008190113068.jpg IMGP4943_20161008190113350.jpg




・標高3位になって人気upの間ノ岳。多くは山荘からのピストン客で、口々に遠かったと…。
IMGP4944.jpg



・富士山が、少し近くなったような気がします。
DSCN0658.jpg


・伊那谷方面は、雲海と言うより、うす~い雲がたなびいているようです。
DSCN0657.jpg


・塩見岳もなかなか険しそう。間ノ岳との間、熊ノ平に見える山小屋も良さそうだなぁ。
DSCN0659.jpg




・予定内の3時間50分で到着。農鳥小屋のオヤジさんは、噂の人間ウォッチング中でした。
DSCN0660.jpg




・大門沢への下降点。遭難の悲劇を繰り返さないよう作られた、立派な案内板です。
IMGP4948.jpg IMGP4947.jpg


・駆け下りようもない、大岩連続の急下降。咲き残りの花やキノコに癒されます。
IMGP4951_20161008191202950.jpg IMGP4953_20161008191201faa.jpg
IMGP4956_20161008191201829.jpg IMGP4957_201610081912007b4.jpg



・大門沢小屋まで二時間弱。残された時間はあと2時間、ここまで来れば楽勝でしょう。
IMGP4958.jpg IMGP4959_20161008191159a6a.jpg


・一部壊れたものもありましたが、南アらしい橋です。
IMGP4960_20161008191633c69.jpg



IMGP4961_20161008191632b83.jpg IMGP4962_20161008191632897.jpg



・右岸の河岸段丘の原始林を、延々とトラバース。キノコキノコ!
IMGP4963_201610081916321cb.jpg

IMGP4964.jpg IMGP4965_2016100819163191b.jpg

IMGP4966.jpg

IMGP4967_20161008192213f5c.jpg



・取水ダムの吊り橋を渡り、新しい砂防ダム下の吊り橋で左岸に戻り登山口へ。
IMGP4968.jpg IMGP4971.jpg


・ここにあった休憩所は撤去されたようです。ゴールまで足して6.5㎞?いや、4.3㎞?
IMGP4972.jpg IMGP4973_2016100819221251a.jpg




全行程12時間の予定。とくにこだわる理由は無いのですが、あと30分。
でも、なんとかいけそうかも?いや、無理だなと考えつつも、緩い下りなの
で、ついつい小走りに。第一発電所まで思いのほか時間がかかったので、
無理無理と決め込んだ筈なのに、温泉手前の橋が見えてきた。つい走る。
走る必要はないのに、また走る。まっ、間に合うか?お寺さんの駐車場を
過ぎたところで広河原に向かう最終バスが向かってきました。乗りたくて、
必死の形相で走っていると勘違いしたバスが停まろうとしてしまいました。
違う!違います!分かってくれて、通り過ぎていきました。ご迷惑をかけま
した。お陰さまで、15時30分50秒。50秒遅れ?でしたが、最後の4.3㎞を
30分で歩き走り、マニアックな日帰り12時間登山を終了し、帰宅しました。







hdfhdhd003_top2.gif
スポンサーサイト
Posted by tomo
comment:2   trackback:0
[HG日帰り登山
comment
すっ、凄過ぎ!・・・v-17
ウルトラ超人、神の足(脚)を持つ男、
凄すぎて、激震が走りました・・・v-12
限りなき挑戦!・・・今度は?
(奥様も嬉しい?ハラハラですね。)
2016/10/15 11:44 | | edit posted by まっ黒くろすけ
まっ黒くろすけさんへ
コメント有難うございます。
二人で行くと、少しペースを落としますが、いつのまにか
ペースアップしてしまいます。これが夫の普通のペースで
特別なことではないようです。走ったりするのも、必要が
あってのことではなく、私には理解できないのですが、
遊び心だそうですよ。
2016/10/16 19:36 | | edit posted by snow drop
comment posting














 

trackback URL
http://snowdrop724.blog118.fc2.com/tb.php/494-edc8ccc7
trackback