山と自然の贈り物の記録
28年紅葉の尾瀬

003_top1sdgsdg.gif





例年、冬枯れの尾瀬で黄昏るのですが、なんと紅葉に出逢えました!


DSCN0697.jpg



・金曜日まで晴れて土曜日は雨も、と言う予報から、土曜日も穏やかな晴れ予報に一転しましたが…
21日 22日

・やや冬型の風の強い金曜日から、動きの速い高気圧が去って、晴れからどんどん曇っていきました。
21-06天気 22-09天気



夏に、私が体調を崩してから初めての山行。少しずつジムで体を
慣らしてきている段階なので、山行ではなくて、癒しの山旅という
目的。今回は尾瀬の真ん中、見晴らし十字路の宿でお泊りです。




  21日。燧裏林道から見晴らし十字路、第二長蔵小屋へ



・夫の予想どおり桧枝岐村も紅葉が始まり、七入りの先で小沢を渡ると、絶好調な感じです。
DSCN0700.jpg

DSCN0702.jpg

DSCN0703.jpg

DSCN0708.jpg

DSCN0707.jpg




・モーカケの滝展望台駐車場の先では、大杉岳方面の山肌がパッチワークのように、彩られています。
DSCN0709.jpg

IMG_3849.jpg

DSCN0710.jpg

DSCN0712.jpg




・もう少し高度が上がると、紅葉は終わりです。御池駐車場わきのダケカンバに、少しだけ名残りが。
DSCN0713.jpg DSCN0714.jpg




・癒しの山旅スタートです。これから先は歩いたそのままに、画像を並べていきます。
DSCN0715.jpg DSCN0717.jpg



・すれ違うのは、オジサンばかり。この黄昏感がたまりません。
DSCN0719.jpg



・、ゆったりした平ケ岳。真ん中の沢を登ったり、BCスキーでも行ったことがあったなぁ!遠い昔に。
DSCN0721.jpg



DSCN0722.jpg

DSCN0723.jpg DSCN0724.jpg
DSCN0729.jpg DSCN0725.jpg



・モフモフのミズゴケや、雪に虐げられても負けなかったダケカンバの逞しい幹。
DSCN0730.jpg

DSCN0731.jpg



・どこに田代があるのか分かりませんでしたが、間もなく渋沢分岐です。
DSCN0732.jpg




・御池より大分下で、紅葉は終わったと思っていたのに、この先に残っていました。
DSCN0733.jpg

DSCN0736.jpg DSCN0741.jpg

DSCN0740.jpg

DSCN0744.jpg



・25年ぶりくらいですが、渋沢にこんな立派な吊り橋が出来ていました。
DSCN0747.jpg



・標高がほんの少し下がったのと、地形のお陰なのでしょうか?顔まで赤や黄色に染まりそうです。
DSCN0749.jpg

DSCN0753_20161024190420adf.jpg

DSCN0752.jpg

DSCN0754.jpg

DSCN0758.jpg

DSCN0760.jpg

DSCN0762.jpg

DSCN0764.jpg

DSCN0768.jpg

DSCN0770.jpg

DSCN0779.jpg

DSCN0781.jpg

DSCN0783.jpg

IMG_3775.jpg

DSCN0787.jpg DSCN0788.jpg

DSCN0790.jpg

DSCN0792.jpg

DSCN0795.jpg




・分岐で紅葉ロードはおしまい。モミジ酔いをしそうでしたが、一転してこの後は黄昏た尾瀬です。
DSCN0796.jpg DSCN0797.jpg

DSCN0798.jpg DSCN0800.jpg

DSCN0802.jpg

DSCN0804.jpg



・景鶴山方面のブナ林。まっ黄色も嬉しいのですが、茶色や灰色も素敵な色合いです。
RSCN0904.jpg



DSCN0812.jpg



DSCN0816.jpg

DSCN0815.jpg



DSCN0818.jpg DSCN0817.jpg



DSCN0821.jpg





・まるでペンション村のような見晴らし十字路。私は30数年ぶりで、夫は初めてだそうです。
DSCN0824.jpg



・案内板が白化して良く見えないので、とりあえず奥に向い、Welcomeモード一杯の桧枝岐小屋で昼食。
DSCN0827.jpg DSCN0828.jpg



・今夜のお宿「第二長蔵小屋」はどこ?一番奥、小屋の名前も小さく、建物もこぢんまりと地味。
DSCN0829.jpg

DSCN0831.jpg DSCN0832.jpg

DSCN0833.jpg




・夕食前に周辺を散策していると、こんな明瞭な案内板。入り口のものもこうして欲しかったな!
DSCN0835.jpg DSCN0834.jpg



 22日。沼尻を経由して尾瀬沼、沼山峠に下山。



・女性客は私一人。ゆっくりお風呂に入れました。食事は質素ですが、5時起きはここだけでした。
DSCN0837.jpg DSCN0838.jpg
DSCN0841.jpg DSCN0844.jpg

DSCN0850.jpg

DSCN0843.jpg DSCN0847.jpg



DSCN0851.jpg




・ハイウェーのような新しい木道から、山道らしくなって白砂峠。湿原に映る雲や逆さ樹林が素敵です。
DSCN0858.jpg

DSCN0859.jpg



・湿原の向こうの混交林。ツガやダケカンバに少しのブナが、まるで屏風絵のようです。
RSCN0901.jpg




・長蔵小屋が見えてきました。昨日は疲れてしまいましたが、今日は快調です。
DSCN0861.jpg

DSCN0863.jpg



DSCN0864.jpg

DSCN0869.jpg



・この後、次々と入山者とすれ違います。本格的な登山着や靴…と思えば、丸ごと街姿の方もいます。
DSCN0870.jpg




・御池からの帰り道。茶色ですが、これはこれで、素晴らしいブナの姿です。
IMG_3836.jpg



・入山日には、車を路肩に停めて撮影しましたが、帰りにはモーカケの滝へも散策してみました。
DSCN0872.jpg

DSCN0876.jpg

DSCN0873.jpg

DSCN0880.jpg




・今回は、塩原温泉の濁り湯に入ってみたいと、初めて新湯に立ち寄りました。
DSCN0891.jpg



・一番ワイルドそうな、湯荘白樺のパンフ。温泉街は昔のまま、湯治場の風情です。
IMGP5064_20161024201729fce.jpg IMGP5063_20161024201728f2a.jpg

塩原新湯



・白樺のすぐ奥に「中の湯」。覗いてみると、すばらしく共同浴場らしい姿でした。
IMGP5053_2016102420172707a.jpg IMGP5052_20161024201726c1c.jpg

・すぐ手前には「寺の湯」。浴槽は雰囲気があるけど、混浴なので入浴は…どうかなぁ。
IMGP5054_20161024201725fa2.jpg IMGP5055_201610242017252eb.jpg


・道路を渡って階段を下ると、人気が高いという「むじなの湯」。
IMGP5058.jpg

IMGP5056_20161024202813b9c.jpg IMGP5057_2016102420281253c.jpg



・白樺ではJAFカードを提示すると、入浴料が300円に割り引かれます。
IMGP5061_2016102420281157d.jpg

・上の写真が内湯。昔ながらの湯治場とはいえ、少し狭!下は露天風呂で混浴でした。
IMGP5060_201610242028105d1.jpg IMGP5059_20161024202809ef3.jpg




桧枝岐や尾瀬でモミジ焼けした?顔が、新湯(あらゆ)の白濁のにごり湯
で、さっぱりすることが出来ました。今までは街道沿いの透明な温泉しか
知らなかったので、噴煙と濁り湯、湯治場そのものの姿に感激。我が家で
は東北の湯治場も好きなので、この位のワイルドに驚くことはありません。







hdfhdhd003_top2.gif
スポンサーサイト
Posted by tomo
comment:4   trackback:0
[福島の山
comment
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016/10/26 17:50 | | edit posted by
癒しの山旅、
癒される風景と癒される温泉・・・
復活できてお二人での山旅・・・
ホッコリさせていただきました。
良かったですね・・(*^^*)

くろすけも夫が山を始めて間もなくに晩秋の尾瀬にやはり行きました。
長蔵小屋の付近でテント泊し、お風呂だけ入りに行きました。
あの頃の夫の脚に戻ってほしいものですが。。。ちょっと悲しいです。
2016/10/26 20:54 | | edit posted by まっ黒くろすけ
Re: 桧枝岐からでしたか
コメント有難うございます。
今年の紅葉は「キタナイ!」なんて、心無い言い方をする
方もいますが、きれいでしたよね!干ばつや台風に負けず、
紅葉を楽しませてくれたことに、感謝しています。
2016/10/27 21:15 | | edit posted by tomo
まっ黒くろすけさんへ
燧裏林道の紅葉は、終ったものと諦めていましたが、
思いもよらず楽しめて、とてもラッキーでした。
私の復活まではまだまだですが、体力に見合った
山を楽しんでいきたいと、思っています。
2016/10/27 21:26 | | edit posted by tomo
comment posting














 

trackback URL
http://snowdrop724.blog118.fc2.com/tb.php/498-01122f86
trackback