山と自然の贈り物の記録
28年今年もハタケシメジが





諦めかけていたのに、ウッソー、いつの間に?でも大歓迎です


RSCN0929.jpg




我が家の庭にハタケシメジか忽然と姿を見せたのが、三年前。時期を
同じくして、天然のナメタケも沢山出てきました。今年は、春先にハタケ
シメジが出てきたのを最後のあがきかな?と考えて、諦めていました。
それが、それが、ここにも、あそこにも、幸せな気分になってしまいます。


DSCN0924.jpg

DSCN0928.jpg



・気が付いたら、庭のサンビタリアの下から、朽ち木の脇から、芝生の中から出てきていました。
DSCN0906.jpg DSCN0911.jpg
DSCN0908.jpg DSCN0907.jpg
DSCN0925.jpg DSCN0927.jpg




・キノコと違って、こちらは期待通り。豊作全開。食べきれるかなぁ ~?
DSCN0905.jpg

RSCN0932.jpg RSCN0934.jpg




・花ユズは数百個ですが、大実ユズでも百個は実を付けています。
DSCN0917.jpg

RSCN0935.jpg




ハタケシメジは今年も姿を見せてくれましたが、ナメタケは出てきそう
にありません。棲家としていたいた切り株はまだ少し残っているのに、
もう見切りをつけてどこかに逃げて行ってしまったのか。キノコの世界
も、人間界以上にシビアなのかも!もう少し待ってみることにします。







スポンサーサイト
Posted by tomo
comment:0   trackback:0
[我が家の自然
comment
comment posting














 

trackback URL
http://snowdrop724.blog118.fc2.com/tb.php/501-b7ba9d03
trackback