山と自然の贈り物の記録
28年茨城県北アート展





「ちぎり絵」に感動した勢いで、私達の街中にもある県北アートに




県北アート

DSCN1015.jpg


作品展示の準備中に車で通りがかったものですから、ピンクの窓のことは
知っていましたが、アレがアートなの?と言う程度に見ていました。勢いで
「ピンクの窓」を見て回っていると、興味がなさそうだった夫が「面白いなぁ」
と言い始めました。なにが?ピンクのボードではなく、書かれている文字に
感動しています。曰く 「作者が、良く聴き取りをして、分かりやすく、簡潔に
まとめられいて昔のことが分かる」。でも、アートの評価をして欲しいのです。




・代表的なのが、昔の市庁舎の窓が、ピンクのボードで飾られている姿です。
DSCN1019.jpg



・煉瓦色にマッチして、なかなか良いんじゃないのと夫。外国の飾り窓のようにも見えますね。
DSCN1017.jpg



・このあたりから、夫の眼の色が変わってきました。沢山の作品の、一部を紹介します。
DSCN1012.jpg



・日ごろから「名前の由来が知りたいなぁ」と言っていた夫に、満足過ぎるものもありました。
DSCN1013.jpg DSCN1014.jpg
DSCN1024.jpg DSCN1026.jpg



・店をたたんでしまいそうなお店だと思っていましたが、こうして見ると、雰囲気がありますね。
DSCN1022.jpg DSCN1021.jpg



・他にも、とても素敵な建物がありました。カメラで切り取ったということもありますが…
DSCN1016.jpg

DSCN1023.jpg



・これはアートではありません。常陽BKの壁に這うツタが、アートに負けていませんでした。
DSCN1011.jpg



ピンクのボードって、なんなの? 怖いもの見たさのように出かけてみましたが、
意外や意外でした。日ごろ見慣れていたシャッター街に、新しい命が吹き込まれ
たように思えました。県北アート展には30万人もの人が来場され、計画を上方
修正して50万人を見込むそうですが、残念なのは来場者の内訳です。「妻有
アートトリエンナーレ」などでは、県外からが80%と言われているのに、我が県で
は20%なのだそうです。県外の皆さんにも喜ばれるアート展になって欲しいなぁ






スポンサーサイト
Posted by tomo
comment:0   trackback:0
[日常
comment
comment posting














 

trackback URL
http://snowdrop724.blog118.fc2.com/tb.php/505-364715ea
trackback