山と自然の贈り物の記録
28年今年も鮭が






そろそろくるかなぁ、もう来たかなぁ、と気にしていました



DSCN1125.jpg





我が家のすぐそば、しかも県道の橋の下。源氏川と言う、雅な名前の
小川ですが、橋の所に堰が設置されています。堰の下で回遊していた
り、浅瀬の小石を掘りだして産卵の場所を作ろうと、必死の働きです。




・この小さな水たまりが、回遊場所。小川はこんな感じ。深さは10㎝くらいしかありません。
DSCN1121.jpg   DSCN1128.jpg




・8~9日にかけて雨が降り、水量も増しました。期待通り、増水に乗って鮭が遡上してきました。
DSCN1119.jpg




・よくよく見ると、もう産卵を終えたのか赤○のホッチャレ。青○はこれから新居を目指すペア。
鮭




11月。例年、上旬には産卵のために鮭が遡上してきます。しかも町中の
橋の下に。多くても20匹くらいですが、こんなに環境の悪い小川を故郷に
選んでくれたのが、とてもうれしい。ここは久慈川の支流の支流の又支流。
ほんとうに、お疲れ様です。無理をしないでね。来年もお待ちしています。





スポンサーサイト
Posted by tomo
comment:0   trackback:0
[自然
comment
comment posting














 

trackback URL
http://snowdrop724.blog118.fc2.com/tb.php/507-d0db6a9a
trackback