山と自然の贈り物の記録
28年庭の紅葉も進んでいます




今年の秋は、里山の紅葉・黄葉ががきれいです!




DSCN1162.jpg




夫の紅葉予報通り、奥久慈の山々はそれなりに彩りを増して
きています。寒暖の差だとか、水分量とか言われていますが、
通説通りにならないらしくて、なぜか里山が鮮やかなのです。



・庭では、カラマツが少しずつ黄ばんできました。
DSCN1135.jpg


・イワシノブがこんなに綺麗に色づいたのは初めてです。
DSCN1130.jpg



・ニシキギは真っ赤な葉に、赤すぎる実がついています。
DSCN1142.jpg

DSCN1132.jpg



・ガマズミは、例年より勢いがありませんが、鮮やかさはさすがです。
DSCN1133.jpg


・アブラチャンも初めての色づきですが、撮影が少し遅れました。
RSCN1152.jpg


・ブナも例年になく黄色。早く大木になってほしいなぁ。
RSCN1053.jpg



・どういう訳か、黄葉したり紅葉になったり変化があるリョウブ。
DSCN1144.jpg

DSCN1159.jpg



・一人だけ残念なのがダンコウバイ。鮮やかな黄色にほど遠い色です。
DSCN1161.jpg

DSCN1154.jpg




・寒い日もありますが、やはり暖秋でしょうか?いつの間にかイチゴが美味しそうに!
RSCN1054.jpg RSCN1055.jpg




先日、那須烏山市に住む姉が我が家に来た時、道中の常陸大宮市境の
紅葉がきれいだったと言っていました。フ~ン、そうなのかなぁ!くらいに
聞いていましたが、行ってみて驚きました。ほんとうに綺麗でした。とくに、
黄色の多さ。道路脇にも、こんなにダンコウバイがあったの?驚きでした。









スポンサーサイト
Posted by tomo
comment:0   trackback:0
[我が家の自然
comment
comment posting














 

trackback URL
http://snowdrop724.blog118.fc2.com/tb.php/509-4a073783
trackback